結婚指輪「魅力を上げる」選び方

結婚指輪は挙式で交わします。
ふと手が動くと、必ず見えるブライダルリング。それは二人を心から結ぶ絆です。
最高に幸せで、希望に輝くその時から、指先まで素敵な夫婦になる選び方を知りましょう。

事前に知っておきたいポイント3つ
(1)薬指の表情には個人差がある。(人気の指輪と似合う指輪は違う場合も少なくありません)
(2)左薬指は、指の左右にある谷間の深さが左下り。(真っ直ぐな指輪は変に傾くことがあります)
(3)ネイルをしなくなった時、指の太さや短さなど、弱点をカバーする効果が指輪にはある。

薬指が素敵に見える指輪の選び方
◎必ず試着する。(画像やケースの中で見たより、指のに着けた方が素敵になった指輪が最適。初めて試す「ウエーブ」や「少し太め」の方が素敵になれる人も多い)

ウエディングリングには永遠が宿ります。素敵な夫婦になる指輪を1級ジュエリーコーディネーターと一緒に確認しましょう。

婚約指輪「心に幸せ輝く」選び方

結婚を意識した時、なぜか浮かぶウエディングリング。
事情があって持たない花婿がいた、そんな時代もありました。
着けていると、つい見つめてしまう指輪です。心も豊かになるリングを選びましょう。

決める前に知っておきたいポイント3つ
(1)エンゲージは愛の証、マリッジは二人の絆、指輪の特別な役割を知っておく。
(2)婚約指輪や結婚指輪のデザインにモチーフやテーマを見逃さない。
(3)男女で同じデザインにこだわらなくても良い。

心も豊かにする指輪の選び方
◎花嫁だけ(ブライド)でなく、花嫁と花婿(ブライダル)の2人が主役になるデザインなのか、意味を持っていのかを確認して選ぶ(見ていると時間を忘れるくらい、トキメキや感動を2人が感じたら最高)。

結婚した夫婦を幸せにするのがブライダルリング(2人の指輪)です。2人の気持ちを尊重しあいながら1級ジュエリーコーディネーターと一緒に確かめましょう。

結婚指輪「着け心地」での選び方

エンゲージもマリッジも、結婚へのリングは必ず薬指に着けます。
しかも、世界中のほとんどが左手です。それは心と血が通う、一番大事な指だから。
憧れの指輪は、手にして初めて知ることがいっぱい、まるで憧れの異性でも会話しないと分らない感性や、付き合ってみないと判らない相性、それが指輪の「フィット感」です。

試着前に知っておきたいポイント3つ
(1)同じサイズの指輪でも、デザインが違うと着け心地が違う。
(2)着け心地の試着は、左薬指だけでなく、着けてチョッとキツくなる別の指でも試す。
(3)試着のときに、指輪をクルクル回したり、表面を撫ぜて触って見ても良い。

着け心地の良い指輪の選び方
◎着け心地は指輪の品質と職人の技量で決まので、試着して「着け外しが滑らかに出来ること」を目安に選びます。

一生付き合う結婚リングです。各自違う指だからの確認を1級ジュエリーコーディネーターがお手伝いします。

婚約指輪「引掛り回避」の選び方

結婚に欠かせないマリッジリング。婚約で贈るエンゲージリング。
挙式や披露宴で幸せを輝かせますが、「普段に使って傷まない?」と心配の声も。
中には弱い指輪もあり、家族や知人が経験していたり。壊れていけない2人の絆です。長持ちする指輪を選びましょう。

購入前の確認ポイント3つ
(1)過去購入者の破損事例をリサーチ。(変形、変色、宝石ゆるみが大敵)
(2)10年使った指輪の修理発生率を確認。(サイズ直し以外の修理1%以上なら使用に注意が必要)
(3)保証の確認。(壊れる事が前提の保証品は×、万一が前提なら○)

使って安心な指輪の選び方
◎変形、変色、宝石ゆるみの発生率を参考に選びましょう(合計でも1%未満が合格)。

素材表示が同じでも、製作元で硬度が違い、職人の技量で耐久性に差が。また金属アレルギーを起こしては大変です。2人の大事な将来のために1級ジュエリーコーディネーターに何でも相談を。

結婚指輪「使って安心」の選び方

せっかくリングを手にしたなら、出来れば毎日使いたいものです。
もしも仕事中は禁止でも、2人のお出掛けには一緒に着ける楽しみにも。
結婚指輪ほど、色んなシチュエーションに登場するジュエリーはありません。
最近はダイアモンドが輝く結婚指輪や婚約指輪に、爪があっても使いやすいブライダルリングが登場しています。

引っ掛りの確認ポイント3つ
(1)宝石の場所を指で撫でてみる。(ザラつかないか、痛くないか)
(2)並んだ宝石を横から見て、表面の高さ・凸凹の差を確かめる。(良品は平らに揃っている)
(3)宝石を留めた爪の角を、指でつまんでみる。(尖りがなければ、引っ掛り難い)

確認するときの注意事項
◎お店や販売員によっては、この確認方法を歓迎しない場合がありますので、一言声をかけてから行ってください。

触れて痛かったり、服を破らないかの心配も1級ジュエリーコーディネーターに聞いて下さいね。

婚約指輪「私に似合う」選び方

以外にも、服を着ない太古の昔、人が最初に着用したもの、それがジュエリーでした。
そして婚姻の指輪は1200年昔のローマ、結婚指輪は800年前のヨーロッパで始まります。
歴史が若い日本では、マリッジリングは「ペア」、エンゲージは「シンプル」とワンパターンでした。
世界的には、個性に合ったウエディングリングを選んで良い21世紀です。

現代の指輪のポイント3つ
(1)結婚指輪は2人が似合えばペアルック、無理をしない別々のデザインもOK。
(2)婚約指輪は結婚指輪と重ねて多く使える、リフォーム不要のリングが主流。
(3)ウエーブや立体感、小粒ダイアモンドが輝くデザインが一般的。

似合う指輪の選び方
◎色々なデザインを試着して、1番似合うリングを見つけます。

人気やトレンドも気になりますが、過去には流行で終ったピンクゴールド製や自分で手作りする指輪なども。10年後も素敵なのが似合う指輪です。

結婚指輪「丈夫さ重視」の選び方

純白の衣装に身を包み、お祝いの声を浴びて始まる結婚生活。
「末永くお幸せに」の気持ちは、ブライダルリングも同じです。
永遠を意味する指輪だけに「丈夫で長持ち」するには品質も重要です。

丈夫さ、長持ち度の確認ポイント3つ
(1)幅や厚みを見て存在感があり、重さも充分感じるか。
(2)ダイアモンドをあしらった箇所にザラつき・トゲトゲは無いか。
(3)上から見た表面と比べて、握る下側が細すぎたり、肌に触れる内側がエグれていないか(素材が詰まっているか)。

丈夫さ、長持ち度の見極めポイント
◎品質の一つである「耐久性」に優れた結婚・婚約指輪は、アクセサリー的なジュエリーに比べ使用する貴金属や宝石が上質です。品質の見極めは、指輪の内側には刻印が参考になり、文字を確認して「明確に読める」「真直ぐ並んでいる」「文字間隔が均等」の3つが必須条件です。

指輪選びは急がずに、少しだけ時間をかけましょう。

婚約指輪「役立つ2本」の選び方

婚約のタイミングで花嫁へ贈るエンゲージ、それが婚約指輪です。
男性が一方的に決めた昔は「タンスの肥やし」になりました。
今も、使い道を知らずに贈ってしまったら、「いつ着けていいの?結婚したら使わないし」と、折角の愛が輝かないまま残念に。将来の使い方も参考に選びましょう。

役立つエンゲージリングのポイント3つ
(1)装おう機会が多くなるデザインを持っている。
(2)使って心配のない丈夫さで仕上がっている。
(3)それなりの場所や年齢でも大丈夫な品質を備えている。

使い方・使う場所のポイント
◎婚約期間に楽しんだ後、結婚式で「お色直しのドレスの時」、「二次会や知人のパーティー」、「お宮参りや七五三」、「次世代の結婚式(親族として出席の時)」など人生を祝う節目で使います。

婚約指輪が結婚指輪と重ねて着けれると楽しみが増えて役立ちます。将来のためにも1級ジュエリーコーディネーターにご相談を。

相性の良い「結婚指輪」の選び方

結婚指輪や婚約指輪は永遠に残る2人の絆、流行りものや買い替えるアクセサリーとは違います。
永く使うと差が出るのが「指輪の相性」、ブライダルリングは生涯の良きパートナーです。相性の良いデザインを知っておきましょう。

相性の良いデザインのポイント3つ
(1)薬指を素敵に演出する。(太さ、短さ、指の表情のコンプレックスをデザインがカバー)
(2)体調で変る指のコンディションに優しい。(むくみ、疲れ、手の特徴に合うデザインは癒しの着用感)
(3)ライフスタイル、TPO、ファッションとマッチしたデザイン(飽きずに永く使える)

相性の良いデザインの選び方
◎試着を楽しみながら2人で確認。「左薬指に着けたときの見え方」「ピッタリサイズの時の着け心地」「姿見に映しての客観的な印象」からの優先順位を決めて選びます。

失敗や後悔を防ぐなら、完成品を試着確認できる「セミオーダーメイド」がおススメです。

相性の良い「ダイア」の選び方

相性の良いダイアモンド?
聞いて、すぐにイメージできないかも知れません。
もしかしたら、給料3か月分と言われる予算や、難しい品質価値・4Cではないの?と思うかも。

服や靴にサイズがあるように、指にもサイズがあります。
そして服ならLとSとで、柄の目立ち方が違うはず。
婚約指輪のダイアの大きさを、服の柄で例えると、12号の指と半分の6号とで見映えが違います。
ダイアは指のサイズに合わせて選ぶ現代です。

またダイアは無色透明ですが、1粒1粒の白さが違い「カラー」という品質になります。
これも服なら「冷たい白」が似合う人もいますし「オフホワイト」が似合う人も。
ダイアも人により、似合う白さが違い、成績だけでは選べないわけです。

似合う一粒、似合うデザインは、指輪の格を上げ、贈った花婿の信用と、持つ花嫁の幸せを高めます。
真心を届ける婚約指輪です、最愛のダイアモンドとの出会いをお約束します。