お酒天国 開催中!!

『とりばん』はお酒天国 開催中!

【ワイン天国】
グラス320円6種類 ボトル2500円均一

【ハイボール天国】
角ハイ&トリハイ 世界のハイボール 約30種類

【焼酎天国】
20種類以上 グラス ボトル 4合瓶 前割り焼酎 など

【日本酒天国】
グラス320円 徳利 特大徳利 4合瓶など 約50種類

◆日本酒を楽しむためのマメ知識♪
(1)焼酎と日本酒の違い
(2)種類・製法の違い
(3)地域ごとの味の特徴

★特に日本酒はおすすめ★
当店は日本全国の地酒蔵の厳選日本酒を取り揃えております!その品揃えはなんと50種類!!
日本全国の酒蔵から取り寄せた日本酒は他店ではなかなか見られないものばかりです♪この機会に是非、様々な日本酒をお楽しみください!

それぞれの違い

★日本酒は「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」です。
日本酒、焼酎、いずれも、まずは酵母でアルコール発酵させて醪を造ります。醪をそのまま絞れば醸造酒(日本酒)となり、これを暖めて、湯気になったものを再び冷やして液体にしたものが蒸留酒(焼酎)となります。

つまり、「日本酒」を蒸留すると「焼酎」となります。だから、蒸留酒(焼酎)のほうがアルコール度数が高いのです。

★日本酒と焼酎、味の違いは?
日本酒は甘みがあってまろやか。甘口、辛口それぞれに香りとコクがあります。焼酎は弱いものでもアルコールが20度とストレートで飲みにくく、割って飲むのに適しています。味、香りはそれぞれ素材(米、麦、とうもろこし、さつまいも、など)によって変わるため、割りもの含め、色々な味が楽しめるのが特徴です。

製法の違い

大吟醸、純米吟醸、本醸造・・・と名称がいろいろありますが、その違いは製法の違いにあります。

日本酒の製法 を、精米歩合 、麹歩合、アルコール添加量などをもとに区分し、大吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒、純米酒、という形で分けられています。その区分方法は以下の通りです。

製法 詳細
大吟醸酒 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米大吟醸 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米酒 精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

地域の特徴

酒蔵と言えば日本全国に存在していますが、その土地ごとに味わいの特徴があります。なぜなら、日本酒は、基本的にその土地の「水」と「米」から造られるからです。地域の気候や地形によって水質や米の味や品質も大きく異なります。また、酒造りを行う「杜氏」も日本酒の味の違いをもらたす要素の1つです。その地域の伝統の技が日本酒の味に影響してくるのです。これらの要素がその地域独自の日本酒を生み出しているのです。

◇◆北海道エリア◆◇

やや淡麗な味わいが特徴です。
北海道ならではの新鮮な海の幸の味わいを上手く引き立てます。

≪代表銘柄≫ 国士無双、男山、北の誉

◇◆東北エリア◆◇

  • 【青森県】

    華吹雪などの酒米を使った香り高いスッキリとした味わいが特徴です。

    ≪代表銘柄≫ 田酒、豊盃

  • 【宮城県】

    南部杜氏の影響を色濃く残ります。端麗辛口が主流です。

    ≪代表銘柄≫ 浦霞、一ノ蔵

  • 【山形県】

    個性豊かな酒蔵が点在する山形は吟醸酒の出荷割合が高く、高品質な酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 十四代、出羽桜

  • 【岩手県】

    南部杜氏の技を受け継いでおり、洗練された味わいで、合わせる料理を選びません。

    ≪代表銘柄≫ あさ開、南部美人

  • 【秋田県】

    豊かな水と豊富な米に恵まれた秋田。山内杜氏の技をもって革新的な酒造りを続けています。

    ≪代表銘柄≫ 新政、白瀑

  • 【福島県】

    会津の豊かな自然の恵みから生まれる確かな味わいの日本酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 飛露喜、大七

◇◆関東エリア◆◇

  • 【東京都】

    多摩川水系の豊かな水から質の高い日本酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 澤乃井、丸眞正宗

  • 【埼玉県】

    水が軟水のため酒質はやわらかく、口当たりの良いまろやかな酒ができます。

    ≪代表銘柄≫ 神亀、秩父錦

  • 【茨城県】

    オリジナル酒造好適米「ひたち錦」を使用し純茨城な酒に力を入れています。

    ≪代表銘柄≫ 来福、菊盛

  • 【神奈川県】

    全国的にみて精米歩合が高く、高品質な手づくりの日本酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 蓬莱、相模灘

  • 【千葉県】

    栽培特性に優れた酒造好適米である「総の舞」を使った酒造りを行っています。

    ≪代表銘柄≫ 甲子正宗、梅一輪

  • 【栃木県】

    尚仁沢湧水などから造られる精錬された酒造りを行っています。

    ≪代表銘柄≫ 鳳凰美田、仙禽

  • 【群馬県】

    水質は軟水が多くソフトな飲み口の酒が生まれます。

    ≪代表銘柄≫ 水芭蕉、群馬泉

◇◆中部エリア◆◇

  • 【山梨県】

    清らかな水と厳しい冬の寒さもあり、スッキリと精錬された味わいの日本酒です。

  • 【富山県】

    コクのある味わいを生み出す能登杜氏と、キレのある味わいを生み出す越後杜氏が主体となって生み出す個性溢れる日本酒が特徴です。

  • 【愛知県】

    良質な原料米、酒造りに適した気候風土といった環境に恵まれ、全国に誇る旨口の酒が造られています。

    ≪代表銘柄≫ 蓬莱泉、義侠

  • 【新潟県】

    良い酒造りの条件である気候、米、水の三拍子が揃い、越後杜氏をの技を擁する新潟県。キメ細かくきれいで上品な味わいです。

    ≪代表銘柄≫ 久保田、八海山

  • 【石川県】

    能登杜氏が仕込む酒の味わいは、ふくよかな濃醇型で、甘口の傾向が強いのが特徴です。

    ≪代表銘柄≫ 天狗舞、菊姫

  • 【静岡県】

    静岡酵母を使って仕込まれ、香りが高く、酸が低く、まるくすっきり整った従来にないタイプの酒が静岡の酒の特徴です。

    ≪代表銘柄≫ 磯自慢、開運

  • 【長野県】

    日本の屋根として親しまれる日本アルプスの名水と信州の酒造好適米「美山錦」から生まれる高品質な酒が売りです。

    ≪代表銘柄≫ 真澄、明鏡止水

  • 【福井県】

    豊富なミネラル分を含む、白山水系の水に、全国2位の「五百万石」の生産量を誇る福井県。研ぎ澄まされた一滴一滴の水を大切に使い銘酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 黒龍、梵、白岳仙

  • 【岐阜県】

    北アルプスの山々に降り積もった雪が伏流水が酒造りい最適な地下水となって洗練された味わいの酒が生まれます。

    ≪代表銘柄≫ 三千盛、醴泉

◇◆近畿エリア◆◇

  • 【三重県】

    美食文化の中で育まれた三重の酒は高品質で様々な料理に合う多様なタイプが揃っています。

    ≪代表銘柄≫ 三重錦、作、義左衛門

  • 【兵庫県】

    熟練した技と経験を持った「但馬、丹波杜氏」の地でもあり、中でも灘は、全国一の主産地でとなっています。

    ≪代表銘柄≫ 剣菱、龍力、富久錦

  • 【奈良県】

    吉野・生駒山系の伏流水や、大和平野の上質米で造られるお酒は、飲みやすく、さわやかなすっきりとした味わいに仕上がります。

    ≪代表銘柄≫ 風の森、八咫烏、春鹿

  • 【大阪府】

    大阪の食文化とともに栄えてきた日本酒は、味わいはいずれもスッキリとした飲み口で、奥行きの深さが持ち味のものが多いです。

    ≪代表銘柄≫ 秋鹿、呉春、天野酒

  • 【京都府】

    桃山丘陵が源泉の良質な水を使って造られたお酒は、まろやかで口当たりの良い、やわらかな味わいから、「女酒」といわれています。

    ≪代表銘柄≫ 大治郎、不老泉、萩乃露

  • 【和歌山県】

    紀伊山地からの豊かな水と、酒造りに適した米を使用し、様々な種類のお酒が造られています。お酒の味わいは、全体としてコクのある濃厚な特徴のものが多く造られています。

    ≪代表銘柄≫ 黒牛、紀土 KID、雑賀

◇◆中国エリア◆◇

  • 【鳥取県】

    中国山地の雪解け水が伏流水となっており、数多くの名水に恵まれています。これらの多くは軟水であり、きめが細かく、口当たりのまろやかな優しいお酒が生まれます。

    ≪代表銘柄≫ 鷹勇、日置桜

  • 【岡山県】

    軽快で、雑味が少なく飲みやすい淡麗型にして旨口の酒質の酒造りが行われている。

    ≪代表銘柄≫ 酒一筋、御前酒

  • 【島根県】

    豊かな海、山の幸による郷土料理に合う淡麗な味わいの日本酒を生み出しています。

    ≪代表銘柄≫ 獺祭、雁木

  • 【島根県】

    伝統と優秀な技術を誇る出雲杜氏・石見杜氏の技ときれいな水を育む豊かな自然、高品質の酒造好適米によって高品質な酒が醸されています。

    ≪代表銘柄≫ 王祿、李白、出雲富士

  • 【広島県】

    軟水醸造法が編み出され、ロあたりが柔らかく、芳醇で旨味に富んだ「広島酒」独特のまろやかな味わいが特徴です。

    ≪代表銘柄≫ 竹鶴、龍勢

◇◆四国エリア◆◇

  • 【徳島県】

    昼夜の温度差が大きく、日当たりと風通しのよい山麓の棚田で作られる米と連綿と受け継がれてきた杜氏の技により阿波の銘酒が生まれます。

    ≪代表銘柄≫ 三芳菊、鳴門鯛、旭若松

  • 【愛媛県】

    瀬戸内の白身魚を中心とした淡泊な食文化に合うよう、少し甘みがあり、旨みを感じる味わいが特徴です。

    ≪代表銘柄≫ 石鎚、梅錦、賀儀屋

  • 【香川県】

    阿讃山脈の清らかな水から生まれる酒はうどんとの相性ももちろんぴったりです。

    ≪代表銘柄≫ 悦凱陣、川鶴、金陵

  • 【高知県】

    温暖地における醸造法の開発が早くから行われ、独自の酒を育んできました。新潟、富山などと並ぶ辛口の酒が主流となっています。

    ≪代表銘柄≫ 酔鯨、司牡丹、亀泉

◇◆九州・沖縄エリアエリア◆◇

  • 【福岡県】

    冬場の気温は低く、空気が乾燥した気候で、酒造りにはぴったりの風土で、非常に高品質な酒造りが行われています。

    ≪代表銘柄≫ 三井の寿、繁桝、玉出泉

  • 【熊本県】

    白川、緑川、菊池川の豊富な水と、南国のきらめく太陽の光を存分にあびて育った、良質な肥後米と、阿蘇・九州山地の伏流水を用いて造らる熊本の酒。ひときわ芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴的です。

    ≪代表銘柄≫ 美少年、香露、美少年

  • 【鹿児島県】

    いちき串木野の冠岳伏流水を仕込み水に造られた「薩州正宗」は米のふくよかな香りとふくらみもありながら、きれいな味わいが楽しめます。

    ≪代表銘柄≫ 薩州正宗

  • 【佐賀県】

    佐賀県の日本酒の特徴は甘口も辛口もあること。佐賀の水源である脊振山系と多良山系は軟水なので甘口の日本酒ができ、天山山系は硬水なので辛口の酒ができます。

    ≪代表銘柄≫ 鍋島、東一、七田

  • 【大分県】

    濃厚な甘口タイプの日本酒が多い中、吟醸酒で定評ある銘柄も育ち、杜氏も多く集まっていることから、今後の日本酒造りも期待されている地域です。

    ≪代表銘柄≫ 西の関、鷹来屋、千羽鶴

  • 【沖縄県】

    沖縄で生まれた初めての日本酒「黎明」はしっかりとした蒸留酒感があり、コクのある辛口仕立てとなっています。

    ≪代表銘柄≫ 黎明

  • 【長崎県】

    焼酎文化が強い県ですが、佐賀県境の盆地では日本酒造りも盛んに行われています。

    ≪代表銘柄≫ 六十餘洲

  • 【宮崎県】

    宮崎県にて清酒を造っている蔵元は2蔵のみ。日本酒造りは盛んではありませんが、延岡市の蔵元である千徳酒造は鑑評会でも金賞を取っており、確かな品質の酒造りを行っています。

    ≪代表銘柄≫ 千徳

離れの堀炬燵

離れの堀炬燵45名個室です。

タイプ     座敷
人数      20名~45名
禁煙・喫煙   喫煙可

店名
とりばん (トリバン)
住所
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-10-9
M2ビル2F
営業時間
ランチ(月~金)
11:30~14:00
ディナー(月~金)
17:00~23:00
ディナー(土)
17:00~22:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
定休日
日曜日・祝日
電話番号
03-5577-4895
座席数
120 席
予約
予約可能
貸切
貸切可能 40名様より
個室
個室あり
クレジット
カード利用
VISA, MasterCard
禁煙・喫煙
分煙