順番待ちシステム比較5選!おすすめサービスの選び方と導入ポイントを徹底解説

特集記事

飲食店・美容室・医療機関・行政/公共機関・イベントなどで発生する混雑状況を効率的に解消し、顧客満足度向上と売上アップを実現するのが順番待ちシステムです。さまざまな機能や種類の中から最適なサービスを選ぶのは容易ではありません。本記事では、おすすめサービス5選から選び方や比較ポイント、導入メリットまでを徹底解説!自社にあった順番待ちシステムを導入して店頭での待ち時間をゼロにしましょう。

順番待ちシステムの特長

順番待ちシステムとは、店舗や施設で顧客の待ち時間を管理し、スムーズな運営を実現するシステムです。特徴として、顧客満足度向上や業務効率化、売上アップ、従業員の負担軽減、顧客情報の収集など、さまざまな用途で活用されています。

  • 顧客満足度向上
  • 待ち時間の短縮による顧客ストレスの軽減
  • 待ち時間可視化による顧客定着率の向上
  • スムーズな接客による顧客満足度の向上
  • 業務効率化
  • 店舗スタッフの手間を削減
  • 待ち時間短縮による顧客回転率向上
  • データ分析による業務改善
  • 売上アップ
  • 顧客満足度向上によるリピーター増加
  • 顧客回転率向上による売上増加
  • 従業員の負担軽減
  • 顧客対応業務(接客)の負担軽減
  • ストレス軽減による従業員満足度向上
  • 顧客情報の収集
  • 顧客の属性や行動データの収集
  • マーケティング活動の効率化
  • データ分析によるキャンペーン立案

順番待ちシステムの機能

順番待ちシステムにはさまざまな機能が搭載されています。こちらでは主な機能とそれぞれの詳細を紹介します。

顧客管理機能

受付機能 番号券の発行、受付情報の入力、顧客情報の管理などを行います。オンライン受付や電話受付にも対応しているシステムが多いです。顧客情報の入力画面をカスタマイズできるシステムもあり、店舗や施設のニーズに合わせて利用できます。
顧客情報管理 顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、予約履歴、利用履歴などの情報を管理します。顧客情報の分析により、顧客のニーズや嗜好を把握することができます。顧客情報と予約状況を連携させることで、スムーズな顧客誘導を実現できます。
予約機能 オンライン予約や電話予約を受け付けます。顧客は、待ち時間を短縮するために事前に予約することができます。店舗側としては、顧客数を把握しやすく、スムーズなオペレーションを実現できます。予約状況と顧客情報に基づいて、スタッフの配置を最適化することができます。
待ち時間表示 現在の待ち人数、待ち時間を表示します。顧客は、自分の順番がいつ頃来るのかを把握することができます。 待機状況を可視化することで、顧客の不安を解消し、待ち時間を有効活用できるよう促します。音声案内やアプリプッシュ通知、SMS通知などを活用し、顧客が自分の順番が近づいたことを逃さず確認できるようにします。
優先案内機能 高齢者、妊婦、乳幼児連れなどの顧客を優先的に案内します。これにより、顧客満足度をさらに向上させることができます。優先案内の基準を自由に設定できるシステムもあり、店舗や施設のニーズに合わせて利用できます。
呼び出し機能 顧客の順番が来たら、呼び出します。音声による呼び出し、画面表示による呼び出し、SMSによる呼び出しなど、様々な方法で呼び出すことができます。呼び出し音をカスタマイズできるシステムもあり、店舗や施設の雰囲気に合わせて利用できます。
アンケート機能 顧客満足度調査やアンケートを実施することができます。顧客からの意見を収集することで、サービスの改善に役立てることができます。アンケート結果を分析することで、顧客のニーズや嗜好を把握することができます。

分析機能

待ち時間分析 曜日、時間帯、顧客属性ごとの平均待ち時間を分析します。混雑状況を把握することで、スタッフの配置やオペレーションを改善することができます。長時間待機している顧客を特定し、優先的に案内することができます。
顧客分析 顧客の属性、利用履歴、予約履歴などを分析します。顧客のニーズや嗜好を把握することで、顧客満足度向上のための施策を立案することができます。顧客セグメンテーションやターゲティングを行うことで、効果的なマーケティング活動を実施することができます。
売上分析 曜日、時間帯、顧客属性ごとの売上を分析します。売上データを分析することで、売上の高い商品やサービスを特定することができます。売上推移を分析することで、販促活動の効果を測定することができます。

その他の機能

多言語対応 複数の言語に対応しているシステムがあります。外国人観光客にも利用しやすい環境を提供することができます。
セルフ受付・セルフオーダー 顧客が自分で受付やオーダーを行うことができる機能です。待ち時間を短縮し、スタッフの負担を軽減することができます。
クーポン発行・利用 顧客にクーポンを発行し、利用できるようにする機能です。顧客満足度向上や売上アップに効果が期待できます。
顧客満足度調査 顧客満足度調査を実施することができます。顧客からの意見を収集することで、サービスの改善に役立てることができます。
SMS配信 顧客にSMSを配信することができます。予約確認やクーポン情報配信などに利用できます。

順番待ちシステムの種類

順番待ちシステムには利用シーンや目的に応じてさまざまな種類があります。また、名称にも複数あり「ウェイティングシステム」「順番待ち受付システム」「来店受付システム」「受付管理システム」「予約管理システム」などです。こちらでは代表的な種類を紹介します。

マルチ型システム

マルチ型タイプの順番待ちシステムは、汎用性の高さと豊富な機能が特徴で、業種に関わらず多くの企業で導入されています。

番号札発券・待ち時間表示・呼び出し機能など、基本的な機能含め、顧客情報管理、データ分析、予約機能などのオプション機能も充実しています。多くのニーズに網羅的且つ汎用的な活用ができるため、幅広い業種で利用可能です。

整理券発券型システム

整理券発券型タイプの順番待ちシステムは、利用者が店舗や施設へ到着時に発券機から番号付きのチケット(整理券や番号札)を発行し順番に呼び出されるシステムです。物理的なチケットにより順番が明確でわかりやすい仕様になっています。

メリットとして、比較的導入費用が安く抑えられることと、紙で発券することから老若男女問わず誰にでもシンプルでわかりやすいことです。

デジタルディスプレイ型システム

デジタルディスプレイ型タイプの順番待ちシステムは、デジタルディスプレイなどの大型モニターを使用して、順番待ち状況をリアルタイムで表示するシステムです。店頭に設置されたタブレットやサイネージに情報入力することで、順番が来たらディスプレイに番号や待ち時間が表示されるため視覚的にわかりやすいです。

メリットとして、入力情報もシンプルで表示される待ち時間や番号もわかりやすいことと、広告の表示などで追加の収益を得ることも可能な場合があります。

オンラインWEB受付型システム

オンラインWEB受付型タイプの順番待ちシステムは、事前にインターネットやアプリで順番待ち予約を行い、到着時にスムーズに入店できるシステムです。自宅や外出先からでも簡単に順番待ち予約できるため直接店舗や施設に行ってから順番待ちをする必要がありません。

メリットとして、利便性が高く店舗や施設で直接発券機を利用することがないため時間を有効活用できることと、 WEB経由でリアルタイムに順番や待ち時間を確認することができます。

通知型システム

通知型タイプの順番待ちシステムは、利用者の順番が近づくとSMSやアプリ、LINEやメール、電話の通知で呼び出されるシステムです。来店可能な時間から前もって通知されるため、待ち時間を自由に使いながら順番を待つことができます。

メリットとして、逐一順番待ち時間を気にすることなく、通知が来たら店舗や施設に来店するだけで良いため、待ち時間のストレスが軽減されます。

LINEミニアプリ対応型システム

LINEミニアプリ対応型タイプの順番待ちシステムは、専用アプリのインストールやWEBでの会員登録が不要でLINE経由で順番待ち予約を行えます。多くの方が利用しているLINEの順番待ち受付は、利用者側のハードルも低く複雑な操作をする必要がありません。

メリットとして、店舗や施設のLINE公式アカウントの登録を増加させることにも繋がり、キャンペーン告知やクーポン配信などを活用してリピート促進向上が見込まれます。

QRコード型システム

QRコード型タイプの順番待ちシステムは、利用者がQRコードをスキャンして順番待ち番号を取得し、リアルタイムで状況を確認できるシステムです。非接触型でスマートフォンから簡単に操作できます。

メリットとして、非接触型のため衛生面に考慮されていることと、比較的かんたんに導入できるシステムが多いことです。

順番待ちシステムのおすすめサービス

順番待ちシステムを提供してサービスからおすすめをピックアップしました。こちらから自社にあったサービスを比較して導入検討時の参考にしてみてください。

EPARK

EPARK
出典:EPARK公式WEBサイト

マルチ型システムのEPARKは飲食店を中心に行政・公共機関などの受付も行っております。WEBやアプリ、店頭タッチパネルから順番待ち受付や日時指定予約受付を可能にした、これまでにないクラウド型サービスです。また、順番待ちシステムにおいて業界のパイオニアとして、国内最大規模の加盟店数と会員基盤を保有しています。

他サービスとの違いとして、ポータルメディアを運用していることから、システムを導入することでメディア掲載も可能になるため集客向上の期待値もあがります。また、自社メディアと連携も可能なため幅広い用途で利用可能なサービスです。

マイジュンバン

myjunban
出典:マイジュンバン公式WEBサイト

クリニック、飲食店、サロンなど、あらゆる業種の混雑に有効な順番管理システムです。月額 5,980円(税別)で全ての機能が利用できます。LINE呼び出し、LINEでのオンライン受付に制限はなく追加料金は掛かりません。更に、オプションとして、お店のLINE公式アカウントにLINEミニアプリを連携することでキャンペーンなどに費用を掛けることなく順番待ちしているお客様の自動友達追加を実現しているサービスです。

順番待ち子ちゃん

順番待ち子ちゃん
出典:順番待ち子ちゃん公式WEBサイト

順番待ちの管理と通知を全自動で行ってくれる「順番待ち管理システム」です。7,980円と9,800円のプランを提供しており、機能に応じて料金が変動します。また、プランによって店頭での整理券発行やLINE受付、自動でLINEメッセージ通知機能を搭載。お忙しい飲食店や美容院・整骨院などのニーズに応えるサービスです。

GATEウェイティング

GATEウェイティング
出典:GATEウェイティング公式WEBサイト

飲食店向けにお客様の待ち時間のストレス解消、店舗での順番待ちはもちろん、来店予約も同時に受付可能なシステムです。POSへの連携、またオウンドメディア、自社WEBサイトからの予約受付も可能でリピーターの計測や、SMS、LINEなどのメッセージ配信もできるサービスです。

待ち行列

待ち行列
出典:待ち行列公式WEBサイト

医療向け順番待ちシステムの「待ち行列」は、医療機関の待ち状況を「見える化」し、患者様のストレスを軽減します。複雑な機能を排除し、簡単・便利ですぐ始められられるサービスです。

順番待ちシステムの比較ポイント

順番待ちシステムはさまざまなポイントを比較して自社にあった最適なシステムを選択することが重要です。こちらでは代表的な比較ポイントを紹介します。

機能性

  • 基本機能:チケット発券、デジタルディスプレイ表示、オンライン予約、SMS通知、QRコード、音声案内など
  • 追加機能:データ分析、カスタマイズ可能な設定、広告表示など

各サービスが提供するシステムにどのような機能があるのかを導入前に把握・理解することは非常に重要です。順番待ち受付予約をしても物理的な番号札がない場合はスマホのみで管理する必要があります。ただし、そもそも番号札をなくしてしまう可能性もありますので、どちらが自社の顧客にとって満足度が高いかを見極めることが必要です。また、通知機能や順番待ち目安がないと待ち時間を有意義に活用することができません。店舗や施設に応じて最低限必要である機能が搭載されているか確認しておきましょう。

導入費用・掲載料金

  • 初期費用:ハードウェア(発券機・モニターなど)費用、ライセンス費用など
  • 運用コスト:メンテナンス費用、サポート費用、アップグレード費用など

さまざまな機能が搭載しているサービスほど初期費用や導入コストが高くなる傾向にあります。顧客満足度や従業員満足度を向上させるためには価格が上がるのは仕方ないことですが、担当営業の方にヒアリングして自社に不必要な機能はできるだけ排除して抑えられるようにしましょう。ただし、安ければ良いというわけではないため、各サービスを比較して相見積もりを取り見極めることが重要です。

顧客満足度

  • 直感的な操作性:利用者が迷わずに使えるインターフェース
  • 多言語対応:インバウンドによる外国人利用者にも対応可能な言語設定機能
  • アクセスビリティ:視覚障害者や高齢者に配慮した設計

顧客目線でシステムを検討することも重要です。だれでも直感的に操作して発券することは可能か否か。インバウンド観光客による外国人増えている状況下での多言語機能が設定されているか否か。音声呼び出しによる視覚障がい者や高齢者に配慮された設計になっているか否か。など、考慮すべき点はいくつもあります。費用や機能性だけで選ぶのではなく、自社のターゲットを明確にしたうえで、順番待ちシステムを選択しましょう。

サポート体制

  • 問い合わせ対応:問い合わせへの迅速な対応を解決
  • マニュアル:詳細な使用マニュアルやドキュメントの整備
  • トレーニング:導入時のスタッフ向けトレーニングの提供

導入後のサポート体制についても事前に把握しておきましょう。さまざまな業種が順番待ちシステムを利用する中、トラブルが発生した際にどの時間帯でも問い合わせに対して対応できるかが重要です。365日24時間サポートしているサービスを選ぶことがベストですが、そうでない場合は操作マニュアルやドキュメントが整備されているかチェックする必要があります。また、導入時に店舗や施設スタッフがすぐ利用・把握できるようなサービスか否かも事前にチェックしておくことがポイントです。

順番待ちシステムの導入事例

こちらでは店舗や施設に順番待ちシステムを利用した方がどのような口コミをあげているか業種別に紹介します。

飲食店

飲食店の順番待ちシステム導入事例

オンライン予約と順番待ちシステムを導入し、待ち時間を50%短縮。顧客満足度も向上し、売上も10%アップしました。

美容室

美容室の順番待ちシステム導入事例

オンライン予約と順番待ちシステムを導入し、顧客満足度を向上。予約率も20%アップしました。

医療機関

医療機関の順番待ちシステム導入事例

診察状況と連動した順番待ちシステムを導入し、診察時間の効率化を実現。医療従事者の負担も軽減されました。

行政機関

行政・公共機関の順番待ちシステム導入事例

区役所窓口の混雑緩和と市民サービス向上のため、整理券発行システムを導入。待ち時間を最大50%短縮し、市民満足度も向上しました。

イベント

イベント業者の順番待ちシステム導入事例

フェス会場の入り時混雑状況を解消するために発券機システムを導入。行列が解消されたことで近隣からのクレームがなくなり安定的なイベントを行えるようになりました。

まとめ

順番待ちシステムは、顧客満足度向上・業務効率化・売上アップなど、さまざまなメリットのあるシステムです。「マルチ型システム」「整理券発券型システム」などの種類や「待ち時間表示機能」呼び出し機能」などの機能を踏まえて、自社に合ったサービスを選択して導入することが重要です。

また、これまでに紹介した比較ポイントである「機能性」「初期費用や導入コスト」「サポート体制」を事前に把握と理解をしてから選ぶ必要があります。

本記事を参考におすすめサービス5選から自社にあった順番待ちシステムの導入検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました