羽曳野市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト

羽曳野市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASS費用

どんな車も0円以上で買取!

0円
鳥

羽曳野市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。羽曳野市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために羽曳野市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

羽曳野市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの羽曳野市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料

羽曳野市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの羽曳野市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!羽曳野市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料! 羽曳野市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので羽曳野市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート! 商業車や羽曳野市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

羽曳野市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、羽曳野市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある羽曳野市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは羽曳野市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

羽曳野市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、羽曳野市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、羽曳野市へすぐに駆けつけます。

羽曳野市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車にかかる費用はどれくらいですか?
    カーネクストでは廃車にかかる費用は、お引き取り~廃車手続き完了まで一切かからないのが特徴です。
    「費用は無料」は当たり前の様な気もしますが、廃車買取業者の中にはホームページ上では費用は無料と記載しつつも実際は、「動く車の場合」や「面倒な手続きが発生しない場合」のみというケースもございます。
    お客様にとってご利用しやすい廃車買取業者は掛かる費用が明確であることです。カーネクストでは廃車にかかる費用は一切なく、追加費用も一切かからないサービスを徹底しております。ご質問にも明確にお答えいたします。
  • 廃車をする際に、リサイクル券は必要ですか?
    リサイクル券はリサイクル料金を支払った事を証明する物です。
    廃車時はリサイクル券も必要となりますが、もしお手元にない場合はまずはカーネクストにご連絡ください。車検証をお手元に用意していただき、オペレーターへナンバープレートの番号と車台番号をお伝えいただければ、リサイクル料金の支払い確認ができます。
    通常ですと、平成17年以降に購入した自動車はリサイクル料金を支払い済みになります。ただ例外もあり、未払いの場合はカーネクストにて自動車のお引き取り後にリサイクル料金をお知らせし、お支払いいただきます。
  • 廃車後の自動車税の還付金について教えてください。
    毎年4月1日時点で自動車を所有している場合、1年分の自動車税を前払いする必要があり、廃車した際には残っている期間の分だけ月割計算で還付されます。カーネクストにお申込みいただきますと、カーネクストが抹消登録を代行することで自動車税の還付もされますのでお客様自身で還付に関する手続きは不要です。
    その他還付金などで気になる事がございましたら、お電話にてご質問ください。
  • 廃車時に自動車保険を解約したいけど必要書類は送ってくれるの?
    保険会社が必要とする廃車証明書や契約書は全てカーネクストにて揃いますのでご安心ください。
    任意保険はお客様自身で解約する必要がございますが、自賠責保険は通常の場合、車検についているものですのでお客様ご自身で解約手続きをしていただく必要はございません。

車検切れの車を買取ができる理由

私達の生活で長距離から短距離まで移動をするのに便利な車。こうした車は購入金額も高いですが、その後の維持費も結構かかるものです。人によってはこの維持を疎かにすることで、車検切れの状態になってしまうこともあります。もし、そのような状態になった場合にあなたはどうしますか?今回は車検切れになった車の処分方法をご紹介します。

自家用車を持っている人は必ず車検を受けなければなりません。忙しいとどうしても先延ばしにしてしまいがちですが、そうなると車検切れが起こることにつながります。車検が切れてしまった車で公道を走行することは法律で禁止されています。車検切れの車で公道を走行した場合は、罰則として6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになります。また交通事故を起こしてしまったら、車検切れと自賠責保険切れの罰則だけではなく、実刑が伴うこともあります。

では、車検切れになってしまった場合、お客様がとれる方法には何があるでしょうか?例えば車検切れの対処としては、仮ナンバー制度で再び乗れるようにする方法があります。しかし、役所への手続きや自賠責保険への加入手続きなどご自身で行わなければならない作業が多いです。もちろん専門業者に代行してもらうことは可能ですが、手続きの代行には費用がかかります。そんな時におすすめなのが廃車買取です。廃車買取業者であれば車両の運搬や廃車手続きなども無料で代行してくれます。また無料査定も行っていますので、後から料金を請求される心配はありません。このことから買取に出した方がお客様にとってメリットがあるのはお分かりになっていただけたかと思います。

なぜ、このような車検切れの車の買取ができるかというとお客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。お客様としては無料で廃車手続きを行ってもらえるだけでなく、買取に伴う売却益を得ることができます。一方で、業者側のメリットとしては、輸送および販売の際に車検切れによる影響はないため、車の状態が良ければ好条件で販売を行うことが可能となり、その利益を得ることができるのです。

廃車買取のカーネクストでは車検切れになってしまった車も高く買取をしています。羽曳野市のカーネクストでは明瞭な価格設定や買取保証はもちろん、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料で行っています。車検切れの車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

大阪府の廃車買取費用

全国47都道府県には、それぞれ地域における人々の気質の違いや生活背景が異なるという特徴があります。大阪府は、全国の都道府県の中でも東京に次ぐ2番目に人口が多い地域です。そして歴史的背景もあり、商売を行う人々が多く暮らしている場所ともいえます。そのように昔から商売関係の職業が盛んに行われていることもあり、「時は金なり」という考えが根づいており、忙しく勤勉に働く人々が多い土地です。それと同時にせっかちであったり、すぐに腹を立てて気が短い気質の人々が多いとも言われています。実際に交通マナーの観点から見ると、信号無視をする人が多かったり、追い越しや信号が青になり発進が少しでも遅れるとクラクションを鳴らされることも、他の県よりも多いといわれています。これら昔から根付く生活背景や性格的要因で事故が多く発生しているといえるかもしれません。
さらに、自動車の保有台数が関係しているといえます。自動車保有台数は、全国ランキングの7位と上位にあり「一家に一台」所有していると言えるほど多くの人が自家用車を所有しています。
自動車の保有台数が多ければ、もちろん事故件数の割合も増加してしまいます。
また事故が多い理由には、大阪府内の道路事情も大きく関係しています。大阪府の土地面積は、全国でも2番目に小さく道路も狭い場所が多くあります。さらに、商店街などの路地には狭い道路が多くあり、都市の幹線道路沿いにもタクシーや路上駐車する車が2重や3重になることも大きな社会問題として取り上げられています。このように土地の狭さと人口の密集、そして交通マナーの悪さが事故件数の増加の要因となっていると言われているようです。
では実際、どれほどの件数の事故が起きているでしょうか。交通事故の件数も令和元年には、東京都や愛知県の事故件数を抜き30914件という全国ワースト1位となるほど多くの事故が生じています。つまり、毎日80件以上の交通事故が大阪府内だけで生じていることになります。この数字は、他の県の事故件数と比較すると5倍もの差があります。このように大阪府では事故に遭う、または事故を起こしてしまう可能性が高い地域といえます。
さて交通事故といっても自転車事故や歩行者が巻き込まれる事故など、その種類は様々です。では自動車事故、特に廃車になってしまうほどの交通事故が大阪府内でどれほど生じているのでしょうか。全国の廃車される車の台数は、年間で約470万台ほどです。大阪府での事故件数の多さなどから考えると、毎年数十万台の自動車が廃車になっていると推定されます。これだけ廃車さられる自動車が多いゆえに、多くの方が廃車になってしまったマイカーの処理の方法に悩んでいます。もし事故を起こしてレッカーで運ばれた場合、整備向上や廃車の処理場に置かれることになります。その時、つい業者にすべて依頼し処理をお願いしてしまうかもしれません。では廃車になってしまった場合に、どれほどの費用が発生してしまうのでしょうか。また廃車になり乗れなくなったマイカーは、もう鉄くずになり全く価値を失ってしまうのでしょうか。これらの疑問について十分な知識を得ておくなら、廃車になってしまったマイカーでも損することなく、価値を生み出してくれるかもしれません。
廃車費用に関して:廃車費用の解決方法の一つに、自分ですべての手続きや支払いまたは手配を行う方法や買い取り業者やディーラーに依頼して処理してもらうという選択肢があります。では廃車にする際、どれほどの費用がかかるのでしょうか。自分で行うのと買い取り業者に依頼するのとディーラーなどに依頼する場合の違いについて詳しく説明していきます。大阪府で自分で廃車の手続きを行い処理する場合の費用として、まず解体費用は1万円~2万円、運搬費用は5千円から1万円、リサイクル料金は、軽自動車が約8千円、普通車が約1万円、外国車が2万円程度必要になります。これと同時に還付金という自動車税の還付を受けることが可能です。金額は、自動車税を12ヶ月分で割り、抹消登録翌月から3月までの月数分が還付されます。ほかにも重量税や自賠責保険の還付もあります。とはいえ、解体費用や運搬費用リサイクル料が必要になることを考えると、マイナスになることもあります。さらには、永久抹消登録では1340円、一時抹消登録では2710円の費用が必要になります。すでに乗れなくなった廃車のマイカーに少しのお金も払いたくはありません。ほかにも、永久抹消登録の作業においても陸運局に行き手続きをする必要があり、もし書類に不備がある場合には何度も足を運ばなければならないこともあります。費用だけではなく、時間も多く費やしてしまうことになります。
では、大阪府のディーラーでの廃車手続きの費用はどれほどかかるでしょうか。ディーラーに依頼すると面倒な廃車手続きをすべて行ってくれるというメリットがあります。しかしディーラーは廃車が本来の業務ではないため、費用に関して依頼する時期や車種の年式、品質によって高額請求されてしまう可能性があります。例えば、上記で説明した解体費用、レッカーや車載車での運搬費用、リサイクル料と手続き費用を合わせると、1万円から8万円ほどの高額な費用が必要になる場合があります。たとえすべておまかせして、待っていれば手続き作業を終えてくれるとはいえ、すでに乗れなくなっている車に8万円もの費用を払うのはとても無駄に感じてしまいます。
しかし、買い取り業者に依頼すると、費用がかかるのではなくその名のごとく廃車を適切な価値に応じて買い取ってくれるのです。すでに乗れなくなている事故車や年式の古い自動車であっても丁寧に査定して金額を提示してくれます。通常、事故をして一時的に保険会社や付き合いのある自動車工場でレッカーされ放置された廃車を、手続きを行う所定の場所に運ぶ必要があります。その時、自分で行うにしてもディーラーに依頼にする場合にも費用が発生しますが、廃車買い取り業者であれば廃車を無料で取りに来てくれる場合があり、費用も時間も節約でき大変お得です。
とはいえ、買い取り業者にも数多くの種類があり、どの業者に依頼しようかと迷うかもしれません。大阪府における買い取り業者を選ぶ場合、ぜひカーネクストをご利用してください。カーネクストであれば、通常1万円から2万円ほどかかる引き取り費用も無料です。また2万円から3万円程かかる運搬費用も全国どこであっても無料で行います。そして、その後行う解体費用も通常1万円から2万円かかるところも無料で行います。廃車手続き費用も無料のため、お客様には一切費用が発生いたしません。また還付金手続きも行いますので、通常3から4か月後に還付される金額を、お客様に負担していただくことなく数日後にお渡しいたします。そして何よりも、カーネクストでは、廃車手続き費用が無料であるだけではなく、廃車車体の価値に応じて買い取りさせていただいています。中には、1万円から数十万円になる廃車もございます。つまり、廃車車体についた金額はすべてお客様に支払われることになります。これらの点を考慮していただき、ご自身で手続きすることやディーラーに依頼するのではなく、ぜひカーネクストをご利用ください。

大阪府の車処分方法

大阪府は交通事故の発生件数が多いことでも有名です。もう乗れなくなった自動車の処分にお困りではありませんか?自動車の処分にはいくつかの方法が存在します。まず、純粋に処分するという意味では、「廃車」を連想するのではないでしょうか?廃車とは抹消登録です。抹消登録にも種類があり、一時的に自動車に乗らないときにする手続きと、完全に自動車に乗らないときにする手続きの2つがあります。前者が「一時抹消登録」、後者が「永久抹消登録」です。さて、抹消登録の手続きの前に、平成20年に導入された登録識別情報制度について説明します。この登録識別情報制度により、車検証は「Aタイプ車検証」と「Bタイプ車検証」に分かれました。どちらに分類されるか、簡単に見分けられます。車検証の冒頭に、「A」か「B」のどちらかが明記されているからです。では、Aタイプ車検証とBタイプ車検証の違いとは、一体どんな点でしょう。まず、Aタイプ車検証には、「所有者」と「使用者」の欄が設けられています。もし、所有者と使用者の2者が同一でなければ、各々の名義が記載され、所有者と使用者の2者が同一であれば、使用者欄には「***」と記載されるのです。Aタイプ車検証の抹消登録は所有者、あるいは代理人の手続きとなります。続いて、Bタイプ車検証ですが、Aタイプ車検証にはある、所有者欄はありません。所有者欄の代わりに「備考」欄があるのです。備考欄には、所有者情報が記載されており、リース会社やオートローン会社などが記載されているでしょう。しかしながら、備考欄に記載された所有者情報が、最新でないということもあります。車検証にある所有者情報は更新されてないだけで、実際の所有者は変更されているということです。どちらにしても、記載された所有者への連絡は必要になります。所有者は抹消登録に必要な登録識別情報を保持しているからです。登録識別情報とは、数字とアルファベットで構成された6文字の情報になります。
では次に、抹消登録の手続きで準備する書類等についてです。手続きで準備する書類は「申請書」「自動車検査証」「手数料納付書」「印鑑証明書」「ナンバープレート」になります。手続きを代理人に任せる場合は、「委任状」の用意も必要です。また、手数料納付書には自動車検査登録印紙を添付し、印鑑証明書は所有者が3ヶ月以内に発行したものが有効になります。尚、一時抹消登録と永久抹消登録では、必要な書類が異なるため、手続きの際には国土交通省のホームページで詳細を確認しましょう。
抹消登録される自動車は、普通自動車でしょうか?はたまた軽自動車でしょうか?お聞きした理由は、自動車によって手続きの場所が異なるからです。普通自動車の抹消登録であれば、国土交通省が各都道府県に配置する地方運輸局での手続きになります。大阪府内では寝屋川市の近畿運輸局大阪運輸支局です。軽自動車の抹消登録であれば、軽自動車検査協会での手続きになります。大阪府では大阪市の大阪主管事務所、高槻市の大阪主管事務所高槻支所、和泉市の大阪主管事務所和泉支所です。
抹消登録が済んだ後、自動車税の先払い分が還付金として、返還される場合があることをご存じでしょうか?解体日が分かったら、自動車税事務所に解体期日を申告します。大阪府は、大阪市の大阪自動車税事務所で申請可能です。還付金を申請すると、還付金の計算以外に、他に未納の税金がないかを調査します。もし、未納の税金があれば、還付金をそちらの支払いに回すためです。手続きが済むと1~2ヶ月後に、印鑑証明の住所宛てに還付金通知書が送られてくるので、「身分証明書」「還付通知書」「認印」を指定された金融機関で提示して還付金を受け取れます。残念なことに、軽自動車は還付金制度の対象外です。車処分に関しての内容
では、廃車以外の処分方法を見ていきましょう。廃車は純粋に自動車を処分するだけなので、いわば最終的な選択と言えます。なぜなら、もし自動車に値段がつくとわかれば、「売却」や「下取り」という方法を選ぶからです。廃車では自動車自体の価値を評価され、お金となり自分の懐に入ることはありません。売却や、下取りでは自動車を査定し、金額で評価してくれる上に煩わしい手続きも費用も節約できます。売却査定を依頼する先は、ディーラー、中古車業者、買取業者などがありますが、自動車の審査基準はマチマチです。同じ自動車を査定しても、10万円以上の金額差が出ることも普通にあります。「査定なんて、どこに依頼しても同じ」と、考えていると思いのほか大損することがあるのです。そのような事態を避けるためにも、インターネットで、口コミ・評判や、買取相場を把握しておきましょう。「ディーラーでの買取査定は安い」などの話はよく耳にしますが、実際に買取業者の査定と比較しても落ちると言われています。それもそのはず、ディーラーの本業は中古車を買取して販売することではないからです。
では、「下取り」であればどうでしょう?下取りは新車に乗り換えるときに、自動車を査定して車体などの割引にあてる手段です。「下取りって良い値段になるんじゃないの?」と、思われがちですが実は中古車業者や買取業者などの買取査定に比べ、10~20%も落ちると言われています。しかし、新車販売こそディーラーの本業です。営業マンとしては、販売チャンスをやすやすと逃がすわけにはいきません。このようなディーラーの事情もあるので、交渉の余地は十分にあるでしょう。ですから、出てきた下取り価格に対して交渉することをおすすめします。ここまではデメリットのようなお話しになってしまいましたが、ディーラーでの下取りにはメリットもあります。大体のディーラーは、自動車メーカーの資本の元に運営しているので、倒産はすることは稀なのです。「納車されない!」など、重大な事態に陥ることはないに等しいでしょう。それ以外にも、新車を売りっぱなしではなく、その後の面倒もしっかりと見てくれます。新車限定のメンテナンスパックなどのサービスもあるので、自動車を良い状態で維持することが可能です。
続いては、「譲渡」という方法についてお話しします。「友人や知人から車を譲ってもらった」などということを聞いたことはありませんか?これが譲渡にあたります。洋服や雑貨などの日用品と違い、受け取って終了というわけではありません。自動車の譲渡には、「所有者名義変更」と「移動登録」の手続きが伴います。元所有者(譲渡する側)は、「申請書」「手数料納付書」「自動車検査証」「譲渡証明書」「印鑑証明書」「印鑑」が必要です。新所有者(譲渡される側)は、新所有者と新使用者の2者が同一名義であれば、「印鑑証明書」「印鑑」「自動車保管場所証明書」、新所有者と使用者の2者が同一名義でなければ、新所有者は、「印鑑証明」「印鑑」、新使用者は、「住所を証する書面」「自動車保管場所証明書」を用意します。譲渡の手続きにかかる費用は、登録手数料(500円)、ナンバープレート交付手数料(約2,000円)です。ただし、元所有者のナンバープレートを継続利用する場合は、交付手数料は免除となります。
4つの処分方法を紹介しましたが、状況に応じて最適な選択しましょう。「自分の自動車なんか売れない」と思い込まず査定、下取りに出してみてください。もし、値段がつかなかった時には廃車という手段があります。あなたにとって、有意義な方法で処分できれば幸いです。

基本情報

店名 羽曳野市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
営業時間 8:00~22:00
定休日 年中無休
サービス提供エリア 大阪府羽曳野市  
※対応可能エリア
電話番号 0120-901-418

基本情報の詳細を見る

オーナーからのメッセージ

買取車種の例

写真ギャラリー

  • 写真ギャラリー

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • 写真ギャラリー

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • 写真ギャラリー

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

写真ギャラリーを見る

ご依頼の流れ

ご依頼の流れを見る