初めての方へ

 

料金のご案内

  • 一般的な広告配布までの流れ


    ポスティングによる広告の配布用法は、業者によって違いはあるものの基本的な流れは同じです。初めてポスティングを依頼するという方は、大体の流れを確認しておきましょう。

    1 お問い合わせ
    お電話やインターネットなどから、ご希望内容を伝えます。予算や部数だけを伝えれば、相談可能な業者もありますが、チラシの種類、配布エリア、配布の時期など、できるだけ詳細な情報を伝えることで、よりご要望に沿ったポスティングが期待できるでしょう。

    2 担当者との打ち合わせ
    ご依頼内容をしっかりと理解するために、営業担当者が訪問、またはご来店により打ち合わせされるのが一般的です。口頭でなくては伝わりにくい情報を交換することで、お客様のご希望がより明確になります。

    3 見積り
    依頼内容がまとまった後で、予算に合わせた見積りが提示されます。内容と料金にお客様が納得されれば、契約が成立する流れになります。不明な点や少しでも納得いかない点があれば、遠慮なく相談しましょう。

    4 配布物の納品
    持ち込み、または郵送により配布物を納品します。ポスティング業者によっては、配布物の引取りサービスを行っているところもあります。その際は有料な場合があるので、事前に確認が必要です。

    5 配布開始
    納品が完了後、ご希望の日時に合わせて順次配布を開始します。完了報告を義務付けられている業者も多いです。配布中に気づいた点や地域の細かい変化などをお客様と共有し、サービス向上に務めます。

    • 0

  • ポスティング業者選びのポイント


    昨今では、人件費の削減や効率よくポスティングを実施するために、業者に依頼する方法が主流となっています。
    では最適な業者を選ぶためには、どのようなことが大切なのか、確認していきましょう。

    ・管理体制がしっかりしている業者を選ぶ
    基本的に信頼できる業者でなければ、任せることは難しいでしょう。いい加減にポスティングをすれば、地域の人間の印象を悪くしてしまう可能性があります。

    その際、ご自分のお店や、会社の名前が記載されている場合は、直接店舗に苦情が寄せられることもあるので注意が必要です。
    会社の場合は評判を大きく落とし、信頼を失うこともあるでしょう。

    そのためポスティングを実施する人間の責任は重大です。お客様の信頼を得るためにスタッフの教育や、監督スタッフを常時配置しているなど、徹底した管理体制を整えている業者を選ぶことが大切です。

    ・地域の情報に詳しい業者を選ぶ
    ポスティングを実施しても効果が望めない場所で行うのは、得策ではありません。個人でポスティングを行なった場合、配布禁止地域だと気づかずに配布してしまうことがあるかもしれません。

    地域の詳細なデータを得ている業者は、日頃から傾向を熟知しており、効果を高めるための相談ができます。

    悪評が広がりやすいというリスクを考慮して、地域の特徴を心得ている業者を選ぶのがおすすめです。

    配布禁止地域、チラシお断りのお宅なども把握しているのであれば、クレームのリスクを大幅に下げてくれます。

    • 0

  • ポスティングを成功させるコツ


    ポスティングで失敗しないためには、様々なことに意識を向けなければなりません。ただ頻度を高くする、広範囲に配布するだけでは、成功は望めないでしょう。

    例えば、一戸建ての住宅に適したポスティングと、集合住宅に適したポスティングとでは、有効な配布方法、興味を引く商品などに違いがあります。

    また、チラシの種類や、用紙の素材にもこだわる必要があります。キャンペーンを宣伝したいときには、割引期間に余裕を持たせたり、割引券を同封するなど、目に止まりやすい工夫が必要です。
    それに伴いチラシのレイアウトに関してもこだわる必要があり、いかに人に見られやすいかを考えることが大切です。

    どこで、誰に、何を宣伝したいのかも明確にしなければなりません。ターゲットを詳細に選別するためには、個人の情報収集能力では限界があります。

    ポスティング請負業者に依頼することで、個人では難しい、ポスティング後の統計データの管理、近隣エリアの傾向も相談できるので、失敗が少ないでしょう。

    ご依頼の際に、明確なターゲット、有効な配布数などが相談でき、ポスティングに関する悩みも解決できます。

    • 0

  • ポスティングの料金体系


    ポスティングの料金は、基本的に一枚ごとの単価で計算される場合が多いです。チラシの単価に加え、配布方法や地域ごとに金額が異なります。

    配布の方法は、大まかに以下の二つに分けられます。

    ・単配
    一社単独でチラシを配る方法で、個別に配ることが可能です。そのため、宣伝効果は高く、価格も高くなる傾向にあります。

    ・併配
    他社のチラシやフリーペーパーなどに含まれ、一緒に配られる方法です。料金としては、比較的安価でコストパフォーマンスに優れていますが、他のチラシと紛れることでその分興味を引く可能性が低くなるかもしれません。

    また、都心に配布する場合は、ポスティング費用も高くなる傾向があります。住宅が多い地域では、自然と人口も多くなり、配布枚数も高くなります。
    配布に携わるスタッフの労力もかかり、その分の人件費も含まれるため、費用が高くなりがちです。

    山間や比較的人口が少ない地域では、環境上配布できる数が少なくなるので、費用も低く設定されています。

    配布の方法、地域などに左右されるポスティング費用ですが、チラシのサイズも料金に影響します。
    折り曲げられにくいように、厚紙を使用していたり、目立つように大きめのサイズを使用する場合は、単価も高くなります。

    様々な要素で料金が決められているので、具体的な費用が分かりにくい方もいるでしょう。そのためポスティング業者では、配布方法、地域、サイズなどをまとめてセット価格で提示している業者が多いです。

    豊富なプランや、オプション料金に分けることで、お客様が金額を把握しやすいように工夫されています。そのため有効に活用することが可能でしょう。

    • 0

  • デザインも依頼するべきか


    狙ったターゲットに対してポスティングを実施することは大切です。しかし、届いても魅力的なチラシでなければ注視してくれる方は少ないでしょう。
    ポスティング業者には、ポスティング以外に、チラシのデザインも依頼できる業者が多いです。
    万人受けするデザインのチラシは、広範囲に配布するのに有効でしょう。不特定多数をターゲットにしている場合はいいかもしれません。
    限定して配布を希望している場合は、地域の情報に詳しい業者に依頼するのが有効です。その土地ならではの伝統を重視し、地元民が好みやすいデザインにすることが大切ではないでしょうか。
    地域のキャラクターを載せる、地域の方に反応がいいキャッチコピーを載せるなどが、有効なポスティングには必要です。
    そのため、デザインを進んで請け負う業者が多数存在しています。専門的な目線から見て、反響があるチラシを制作できるでしょう。

    • 0

  • ご利用案内


    料金のご案内

    • 0