イリエシカイイン

入江歯科医院

最寄駅 与野駅 出口 徒歩 2分
北与野駅 徒歩 15分
エリア 浦和周辺
ジャンル 小児歯科
新着情報
最終更新日:2024年03月05日
やせ気味の方は、栄養不足によって
やせ気味の方は、栄養不足によって歯や歯茎の健康に影響が出る可能性があります。特に、カルシウムやビタミンDの不足は歯の強度を低下させ、歯茎の病気のリスクを高めることがあります。そのため、バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素をしっかりと摂取することが重要です。また、定期的な歯科検診を受けて、早期発見・早期治療に努めることも大切です。健康な体と口腔環境を保つためには、全体的な生活習慣の見直しも効果的です。

当院のドクターと歯科衛生士が、患者さまのご要望にどこまでもお応えします。

さいたま市浦和区上木崎にある入江歯科医院は与野駅から徒歩2分の場所にあります。医院の2Fには滅菌システムを導入し、3Fにはインプラント専用のオペ室も2室備えています。院長はインプラントを得意とし、患者さまに対し、ムラのない適した治療を提供することに力を注いできた結果、全員が一丸となって高い目標を持ち、専門性を磨くことを大切にし、勉強や経験の習得をいとわないスタッフがそろいました。そして全ての知識や技術を使って患者さまのニーズに応える治療を提供したいと思っています。設備面でもCTやクリーンエアプラスなどの治療機器を取りそろえ、さまざまな治療法も取り入れています。当院では、患者さまの5年後10年後を考えて治療をしています。長期的な視点では、いかに歯を残すかということが重要になってきます。そのためスウェーデンの歯周病治療に習い、予防歯科を大切にしています。そのため歯科衛生士は担当制であり、お子さまからご年配の方まで検診やメンテナンスでいつまでもお付き合いしたいと思っています。お気軽にお口のお悩みの相談にお越しください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

理事長入江 修充

理事長入江 修充

歯科医院は、痛くなってから行くところではありません。健康な歯を保つことは、それだけで財産です。私はスウェーデンで予防歯科の大切さを目の当たりにしました。自分の歯を失う大きな理由は虫歯ではなく歯周病で、口の中の疾患の原因はほとんどが汚れです。したがって歯医者は痛くなってからではなく、美容院のように定期的にトリートメントをするために行くところと考えてください。当院の歯科衛生士があなたの担当になるのをお待ちしています。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/04/22 14:38

自費診療をくわしくみる

診療受付時間

09:30〜12:30 - - - - -
15:00〜18:45 - - - - -
09:00〜12:30 - - - - -
14:00〜16:30 - - - - - -
14:00〜17:30 - - - - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 木曜日
住所 〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15入江ビル2F・3F
電話番号 0066-9801-647046
最寄駅 京浜東北線  与野駅 出口 徒歩 2分
埼京線  北与野駅 徒歩 15分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q歯の色を白く保つための方法は何ですか?

    A1. ブラッシング: 歯を白く保つための基本的な方法。食事後は特に忘れずにしましょう。ブラッシングはお口の中の食べ物の残りや細菌を取り除きます。 2. 歯磨き粉: フッ素入りの歯磨き粉を使用しましょう。フッ素はエナメル質を強化し、むし歯を防止します。 3. 歯間ブラシまたはフロス: 歯間ブラシやフロスを使って、歯間の汚れをきれいに掃除しましょう。 4. マウスウォッシュ: 口内洗浄剤も効果的です。これには、虫歯予防のフッ素や、口臭防止の成分も入っています。 5. 定期的な歯医者さんでのチェックアップ: プロのクリーニングが必要な場合には、定期的に歯医者さんへ行きましょう。 6. 食事: 砂糖たっぷりの飲み物や食べ物を控えめにし、野菜や果物を多く摂ると良いでしょう。 7. 歯のホワイトニング: 自宅でできるホワイトニング製品や、歯医者さんでのホワイトニング治療もあります。ただし頻繁に行うと歯にダメージを与える場合もあるので、専門家と相談しましょう。 8. 喫煙をやめる: タバコは歯に黄ばみや汚れを付け、歯を黄色くしてしまいます。 9. コーヒーや赤ワインなど歯に着色しやすい飲み物を控える: 飲む場合は、ストローを使ったり直後にもみがきをするなどの対策を取りましょう。 以上のことを心がけることで、歯を白く保つことが可能です。

  • Q年齢とともに歯が黄ばむ原因は何ですか?

    A年齢とともに歯が黄ばむ原因はいくつかあります。まず、年齢とともにエナメル質が薄くなり、その下の象牙質が透けて見えることで歯が黄色くなることがあります。また、食生活や飲み物の摂取による着色物質の影響も考えられます。コーヒーや紅茶、ワインなどの摂取が頻繁である場合、歯に黄ばみが生じる可能性が高くなります。喫煙やタバコの使用も、歯の黄ばみを引き起こす一因となります。加えて、歯の表面に付着する歯垢や歯石も歯の色を変える原因となることがあります。

  • Q歯周病のリスクは年齢とともにどのように変わりますか?

    A年齢とともに、歯周病のリスクは高まります。年齢の増加によって、歯のエナメル質や象牙質が薄くなり、歯の神経や血管への供給が弱くなるため、歯周組織が炎症しやすくなります。また、年齢が進むにつれて、免疫機能の低下や全身の健康状態の変化も歯周病のリスクに影響します。そのため、高齢者は特に定期的な歯科検診と適切な歯周ケアが重要です。年齢に応じた予防策を行うことで、歯周病のリスクを減らすことができます。

周辺にある店舗