ボイルズワイガニ

内容

松葉ガニ
山陰地方ではズワイガニのことは松葉ガニと呼ばれ、日本海の水深200~400mに生息しています。
主に底引き網で漁をします。生きている時は黄褐色ですが、加熱するとオレンジ色に変わります。松葉ガニは茹でたものをポン酢で食べるのが一般的で、
取れたてのカニは、しゃぶしゃぶが最高の味わいかたです。親ガニ(メスガニ)
は身の味が濃く味噌汁の材料に向いています。
カニみそには味噌や酒を加えて、甲羅で焼いたものが珍味として酒の肴に喜ばれます。

ズワイガニの雄で、カニの王様。漁期は、11月から翌年3月に沖合底引き網漁で漁獲される。身がぎっしりと詰まり、ゆでても焼いてもおいしい。
 

紅ズワイガニ

内容

紅ズワイガニは日本海を代表するカニで、松葉ガニ(ズワイガニ)に
比べて深海に生息(おもに水深800m~2,000m)します。
境港を出港した船は、日本海のほぼ中ほどの沖合で、カニかごといわれる漁法で漁をします。(漁期は、9月から翌年6月末。)
名前の通り鮮やかな紅色が特徴で、体型・大きさはズワイガニとほぼ同じで、加工品として捨てる部分がないほど利用価値が高く、
特にカニ殻からとれる物質(キチン・キトサン)は健康食品・医療品面で
注目されています。

漁期は、9月から翌年6月末。大きさも体型も松葉ガニにそっくり。甘くて水分が多く、料理食材や加工品にも向いてます。
 

蟹コース(写真は、紅ズワイガニです)

内容

紅ズワイガニ 全て丸一匹サイズから
Sサイズは1000円から
お一人様・・・6500円 (税別)
*4名様より5000円(税別)~

松葉蟹鍋は最高に美味しい!
松葉蟹時価値段です。

詳しくは、スタッフまで(電話での予約確認を)
 

内容