大阪府の廃車手続き事情

昔から「食い倒れの街」と呼ばれ栄えてきた大阪府。大阪人は食べることに情熱を注ぎ込む人種で、美味しいものを探し求め、財産を失うまで食べ続けるという気質からそう呼ばれるようになりました。江戸時代には、「天下の台所」として日本全国から魅力的な食材が集まる、食の都として名を馳せています。土地の名称やナンバープレートで有名な「なにわ」は、漢字で書くとさまざまですが「多くの種類の魚(な)が捕れる庭(にわ)」に、由来しているという説もあるようです。そんな大阪府での、自動車保有率は47都道府県中46位と、ワーストの東京都に次ぐ順位になります。さて、これからお話しする内容は、廃車を検討されている方にとって役に立つ情報です。
普段から何気なく「廃車」という言葉を使っていると思いますが、実は廃車の機会は少ないのではないでしょうか?新しい自動車に買い換えたり、売却すると自分で廃車手続きをすることはないからです。一言で廃車手続きといっても、処分する自動車によっても場所が異なります。まず、普通自動車の廃車は、地方運輸局での手続きです。また、軽自動車の廃車は、軽自動車検査協会になります。ともに、国土交通省の管轄です。
では、普通自動車の廃車手続き場所、地方運輸局から見ていきましょう。地方運輸局は3箇所あり、寝屋川市の近畿運輸局大阪運輸支局、大阪市のなにわ自動車検査登録事務所、和泉市の和泉自動車検査登録事務所です。軽自動車の廃車手続き場所も3箇所で、大阪市の軽自動車検査協会大阪主管事務所と、高槻支所、和泉支所になります。
筆者は「なにわ」ナンバーの印象が断トツで強いですが、他にも「大阪」ナンバーなど、合計4種類のナンバープレートが存在します。
さて、続いては地方運輸局・軽自動車検査協会の住所などの情報を記載します。
■近畿運輸局大阪運輸支局
所有自動車:普通自動車
郵便番号:572-0846
住所:大阪府寝屋川市高宮栄町12番1号
電話番号:050(5540)2058
交通機関:京阪電車寝屋川市駅より徒歩約25分。京阪電車寝屋川市駅より京阪バス「四条畷駅」行に乗車「電気通信大学前」で下車してすぐ。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
■近畿運輸局大阪運輸支局なにわ自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:559-0031
住所:大阪府大阪市住之江区南港東3 丁目1番14号
電話番号:050(5540)2059
交通機関:ニュートラム南港ポートタウン線南港口駅より徒歩10分
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
■近畿運輸局大阪運輸支局和泉自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:594-0011
住所:大阪府和泉市上代町官有地
電話番号:050(5540)2060
交通機関:JR阪和線鳳駅より南海バス「光明池駅」行に乗車「自動車検査場前」で下車。泉北高速鉄道光明池駅より南海バス「堺東駅・西区役所前」行に乗車「自動車検査場前」で下車。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
■軽自動車検査協会大阪主管事務所
所有自動車:軽自動車
郵便番号:559-0031
住所:大阪府大阪市住之江区南港東三丁目4番62号
電話番号:050-3816-1840
交通機関:ニュートラム南港ポートタウン線南港東駅で下車して徒歩約5分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
■軽自動車検査協会大阪主管事務所高槻支所
所有自動車:軽自動車
郵便番号:569-0034
住所:大阪府高槻市大塚町四丁目20番1号
電話番号:050-3816-1841
交通機関:JR高槻駅、または阪急高槻市駅より京阪バス「枚方市駅」行に乗車「枚方大橋北詰」で下車して徒歩約2分。京阪枚方市駅よりか京阪バス「JR高槻駅」行、または「阪急高槻市駅」行に乗車「枚方大橋北詰」で下車して徒歩約2分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
■軽自動車検査協会大阪主管事務所和泉支所
所有自動車:軽自動車
郵便番号:594-0031
住所:大阪府和泉市伏屋町1丁目13番3号
電話番号:050-3816-1842
交通機関:JR阪和線鳳駅」より南海バス「光明池駅」行に乗車「自動車検査場前」で下車して徒歩約5分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。
続いて、廃車手続きの手順や内容について、お話しします。その前に、自動車リサイクル法をご存じでしょうか?2005年に実施され、自動車処分の際、各業者が担う役割を明確にした法律です。環境に悪影響のあるフロン類、エアバッグ類の処分は、通常のゴミと同じように捨てるだけとはいきません。専門的な知識・技術を持つ業者が適正な方法で処分します。業者とは自動車引取業者、解体業・粉砕業許可業者、フロン回収業者のことです。自動車リサイクル法について説明した理由は、廃車手続きの前に業者に自動車の引取依頼をかけるからです。自動車引取業者については、大阪府の公式ホームページに、「引取業者登録名簿(大阪府)」という資料があります。こちらの名簿で住居のお近く、あるいは足を運びやすい業者を選んでください。
業者を決めたら、引取依頼をかけましょう。その後、引取業者から「移動報告番号」と「解体記録日」の連絡を待ちます。普通自動車を保有されている方は、地方運輸局に行き、「第3号様式の3」という廃車手続きの書類を窓口にて購入してください。記入項目は、車検証を見れば書ける内容になっています。書類を書き終えたら、ナンバープレートを返却窓口へ戻しましょう。最後は、用意した書類を登録窓口に提出してください。ここで、記入漏れや書類の不足がなければ、手続きは完了となります。事前に用意する書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、リサイクル券、実印、印鑑登録証明書、ナンバープレートです。所有者が手続きをされない場合は、所有者の実印を捺した委任状を用意します。わざわざ、手間をかけて手続きをしているので、書類の不足がないか事前に確認して、1度で済ませましょう。
ここからは、軽自動車の廃車手続きになりますが、おおよその内容は普通自動車とかわりません。同じく引取業者を決めて、引取依頼をかけます。「移動報告番号」と「解体記録日」の連絡を待ち、軽自動車検査協会へ行きましょう。そして、「軽4号様式の3」という手続き書類を窓口にて購入。ナンバープレートを窓口に戻して、軽自動車税申告書の項目を記入します。手続きはここまでで、記入漏れ、書類不足がなければ完了です。必要書類は、車検証、自賠責保険証名証(車検切れなら不要)、リサイクル券、ナンバープレート、認印になります。所有者が手続きをされない場合は、例によって実印を捺した委任状の用意も必要です。
廃車手続きの場所、内容・手順について、ひと通り説明しました。筆者は、時間や手間をかけて廃車するよりも、どうにか買取業者、中古車業者に依頼して楽をしたい派です。あわよくば、査定額でプラスになればとも思っています。あなたなら、どうしますか?この記事が、これから廃車される方の参考になれば嬉しいです。

大阪府の廃車手続き 軽自動車の場合

日本の関西地方に位置し、東京都と並ぶ大都市大阪府。大阪湾と瀬戸内海に面した国内の流通が盛んで「水の都」と呼ばれるようになりました。江戸時代には、かの有名な豊臣秀吉が「大阪城」を建て、都市として大阪府はますますさかえていくことになります。そして、このころから「天下の台所」と呼ばれるようになりました。ここまでの大都市なので、現在ではバスや電車などの公共交通機関の路線は、大阪府全体に張り巡らされ移動に困ることはないでしょう。そうはいっても、自動車があれば便利なものです。買い物や通勤・送り迎えなど、乗り換えや徒歩のわずらわしさもありません。自動車を保有していれば、「市街を走ったから燃費が悪かった」「高速で長距離は効率的」など、燃費を気にしたことがあるのではないでしょうか。毎日乗られる方なら、余計に重要な要素かと思います。自動車を購入するときには、「低燃費」という条件は優先順位の上位にくるのではないでしょうか。今では、軽自動車・コンパクトカー・ハイブリッドカーなど、低燃費な自動車を選ぼうとするときりがないほどです。ゆくゆくは、ガソリン車はなくなり水素カーに変わるというニュースが話題にあがっています。今回は未来燃料を活用した水素カーが主役ではなく、軽自動車についてのお話で、その廃車手続きに焦点をあてていきます。
軽自動車と耳にすると、「小さいエンジンで弱小な走り」「普通自動車には及ばないつくり」などのイメージはひと昔前の話。最近の軽自動車を保有されている方や、見たことのある方なら、おわかりになるでしょう。日本全国の自動車保有率を見てもわかるように、軽自動車が全体に対して占める割合は、40%オーバーになります。軽自動車の保有率が高い都道府県のデータを上から見ると、軽自動車保有率の高いところでは50%を超えるほどです。このように、保有率から見ても軽自動車の勢いをうかがえます。なぜ、軽自動車がこれだけ高い割合を占めるのでしょう。理由は経済状況の不安、燃料費高騰などくわえ、軽自動車の品質向上があるといえます。小さいエンジンなのにしっかりした走り、目をひくインテリア・エクステリアなど、小柄なボディに詰め込んでいます。スズキ、ホンダ、日産、三菱、ダイハツなどの自動車メーカーも軽自動車の開発に力を入れ人気車を輩出。昨年からはじまった、新型ウイルス感染拡大問題がなければ、その勢いはより加速したでしょう。
外出を控えざるを得ない状況になり、軽自動車の廃車手続きを考えることも無理もありません。「さあ、廃車手続きをしよう!」といっても、実際に経験のある方は少ないでしょう。そこで、廃車手続きの前に、関係する機関から説明します。まず、普通自動車の廃車手続きは地方運輸局になりますが、軽自動車は軽自動車検査協会の廃車手続きです。国に代わり、軽自動車に関連する手続きを行う場所が軽自動車検査協会です。軽自動車を購入したときの新規登録や、自賠責保険に加入手続きは軽自動車検査協会で行います。車検や住所変更の手続きも同機関です。これらの手続きの中に、廃車手続きも含まれています。
では、大阪府での廃車手続き場所の所在はどこでしょう。大阪府は大阪主管事務所、高槻支所、和泉支所の3つです。各事務所・支所で、大阪主管事務所は「なにわナンバー」、高槻支所は「大阪ナンバー」、和泉支所は「堺ナンバー」「和泉ナンバー」を管轄しています。ここからは、各事務所・支所の詳細情報につきましての記載です。
●軽自動車検査協会大阪主管事務所
【郵便番号】559-0031
【住所】大阪府大阪市住之江区南港東3丁目4番63号【電話番号】050-3816-1840
【最寄り駅】大阪メトロニュートラム「南港東駅」で下車して徒歩約5分。
●軽自動車検査協会大阪主管事務所高槻支所
【郵便番号】569-0034
【住所】大阪府高槻市大塚町四丁目20番1号【電話番号】050-3816-1841
【最寄り駅】JR「高槻駅」、または阪急「高槻市駅」より京阪バス「枚方市駅行き」も乗車「枚方大橋北詰」で下車して徒歩約2分。
●軽自動車検査協会大阪主管事務所和泉支所
【郵便番号】594-0031
【住所】大阪府和泉市伏屋町1丁目13番3号【電話番号】050-3816-1842
【最寄り駅】JR阪和線「鳳駅」より南海バス「光明池駅行」に乗車「自動車検査場前」で下車して徒歩約5分。
廃車手続きに関しての内容
それでは、軽自動車の廃車手続きについての説明をしていきます。まず、廃車手続きには、2つあることをご存じでしょうか。「自動車検査証返納(一時的な使用停止)」の手続きのお話になります。自動車検査証返納の手続きで準備する書類などは、自動車検査証(車検証)、ナンバープレート、自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書(軽第4号様式)、事業用自動車等連絡書(事業用自動車のみ)、申請依頼書(代理人による手続きのみ)です。自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書(軽第4号様式)については、軽自動車検査協会の公式サイトからダウンロードしてください。公式サイト以外では、軽自動車検査協会の事務所・支所でも入手できます。事業用自動車等連絡書は、お住まいエリアから近い運輸支局輸送課にご連絡ください。軽自動車税申告書の提出を求められた際には、軽自動車検査協会の事務所・支所の税金担当窓口にて書類をもらってください。所有者以外の方が手続きする場合、所有者承諾書の提出が必要となります。この書類については所有者か、一般社団法人全国軽自動車協会連合会事務所に連絡してください。もし、窓口で自動車検査証返納証明書を購入すると手数料350円がかかります。自動車検査証返納の手続きから、軽自動車を解体に移行すると一時的な使用停止の扱いではなく、完全な廃車となり「解体届出」の手続きが必要です。解体届出の手続きでは、引取業者に軽自動車を預け、解体完了報告を受領してから軽自動車検査協会での手続きとなります。使用済自動車引取証明書、解体届出書(軽第4号様式の3)、申請依頼書の準備が必要です。解体届出書(軽第4号様式の3)は軽自動車検査協会の公式サイトからダウンロード、もしくは軽自動車協会事務所・支所へ行き窓口で受け取りましょう。解体届出手続きの手数料はかかりません。解体届出手続きのとき、車検の残月が1ヶ月以上あれば自動車重量税還付申請してください。還付金制度の詳細は、この後にお話しします。
一時的な使用停止とは異なり完全な廃車になると、「解体返納」の手続きが必要です。解体返納の手続きには、自動車検査証(車検証)、使用済自動車引取証明書、ナンバープレート、解体届出書、申請書(代理人による手続きのみ)の準備が必要となります。使用済自動車引取証明書は解体時に、引取業者に軽自動車を預けると交付される書類です。使用済自動車引取証明書は、解体返納手続きで必須となる「リサイクル券番号(移動報告番号)」が記載されています。軽自動車のナンバープレートをなくしたときは、「車両番号標未処分理由書」を準備してください。車両番号標未処分理由書は軽自動車検査協会の公式サイトからダウンロード可能です。解体返納手続きの手数料はかかりません。さて、還付金制度の続きですが、軽自動車を廃車して車検の残月が1ヶ月以上あれば対象です。還付金は支払い分を月割して、車検の残月分が返還されます。自動車重量税還付申請の書類はマイナンバーカードと、通知カードか運転免許証が必要です。所有者以外の方が手続きする場合は、申請書、マイナンバーカードか、通知カードのコピーと代理人の運転免許証など、身分証明となる書類を準備してください。
ここまでが軽自動車の廃車手続きのお話になります。完全な廃車の手続きはまだしも、一時的な使用停止の手続きが存在することは知られていないのではないでしょうか?普段使う廃車と言えば、「解体」を意味することが多いかと思います。これから、軽自動車を廃車される方の、お役に立てば幸いです。