自社生産ブランド鴨『最上鴨』

毎日、自社農場から届けられる新鮮な鴨。最上の冠を与えられた最高級ブランド鴨を新庄駅で味わう。
  大切な鴨をより美味しく提供できるよう、調理法の研究に余念がない。

鴨生産責任者:加藤 貴也

H25年より鴨の飼育に取り組み、今年で3期目。すべてを一からスタートさせ、現在では都心部を中心に消費ルートを拡大させている。

おおくら山蕎麦『最上早生』

山形県最上地方で古くから栽培されてきた在来品種を選抜し生産されてきた「山形県奨励品種認定」の品種。
そば粉と水だけで打つ「生粉打ち(きこうち)」されたそばは、そば粉そのものが持つ香りと甘みを味わえる。

蕎麦栽培責任者:加藤 和之

元々、米の生産を主としていたが、15年程前よりそば生産にも着手。現在では山形県内はもとより、近県や都心部からの注文も多く、広い範囲で愛されるそばを生産する”最上早生のエキスパート”。