動物たちの目線で治療を行う 診察の際はいつも自分の子を見ているつもりで診察しています。飼い主さまに対しては、あまり堅苦しい関係にならないように気を付けています。具体的に言うと、お話しする内容はわかりやすい言葉で伝わりやすいようにお話しすることです。治療にあたって、飼い主さまとお話しすることはとても大事なことなので、時間をかけています。せっかく来ていただいているのですし、疑問点へのお答えも含めて真摯に応対することを心がけています。その方が安心感を覚えてもらえるよう、特に初診の際は時間を取ってヒアリングを行い、こちらから話すべきこともお伝えしますし、治療に関しては納得してもらってから治療を行います。最近では、セカンドオピニオンでお話しだけに来られる方もいらっしゃいます。
中には病院が嫌いな動物もいるかもしれませんが、オヤツなどを用意してお待ちしております。また、動物たちが病院に入ってくるときは、動物の目の高さに合わせたりして、なるべく病院に怖い印象を抱かれない配慮を行っております。飼い主さまも動物が嫌がるところには連れていきたくないと思いますので、細かい点まで注意しています。

定期健診を行うことで早期発見、早期治療ができる 治療そのものに力を入れているのはもちろんですが、まず気を付けているのは早期発見です。病気の小さな兆候を見逃さないようにしています。循環器でも眼科でもこれはとくに気を付けていきたいです。心臓起因の症状で表に現れやすいものですと動悸や息切れが代表的ですが、飼い主さまからすると年齢で疲れやすくなっているのか、心臓が原因なのか見た目で判断するのはかなり難しいと思います。また咳をしている等の自宅で発見できる兆候が出てくることにはもうかなり病気が進行している状態です。定期検診でおこしになられたとき、トリミングでいらしたときなど、発見できるタイミングを早めて、早い段階で治療に着手できるようにすることが大事だと思います。
病院、ご自宅、どちらのケアも大切 手術前の循環器の検査、術前のチェックにおいては、細心の注意を払って行っております。心臓が悪い子や高齢の子に麻酔をかけることもありますので、検査は特に注意して行っています。当院で行えないような規模の大きい手術になると別の病院の設備をお借りして行うなどしております。それでも対応しきれない症例については二次診療施設を紹介しているような形です。
犬猫だけではなく、ウサギやハムスターの治療も行う 犬猫以外の診察についてはウサギとハムスターが圧倒的です。これらは歯か消化器の病気で来院することが多いです。ウサギは特に食物繊維を多く必要とするため、牧草を食べなくなった子は消化器の病気になりやすい傾向があります。そのため、ウサギさんを連れてきた飼い主さまには食事のことも含めて普段の暮らし方について細かくお話ししています。ウサギはストレスに弱い動物でもありますが、犬猫と同様、環境が大きく変わると非常に負担を感じてしまいますし、気温の変化にも敏感と言われています。同様にハムスターなども寒すぎる環境が数日続くと冬眠してしまいますし、犬猫も共通ですが、物を飲み込んでしまうことが多いため、飼い主さまに普段の暮らし方をアドバイスし、実践していただくことは大切だと考えています。

 

ギャラリー

  • 病院、ご自宅、どちらのケ

    病院、ご自宅、どちらのケアも大切

  • 動物たちの目線で治療を行

    動物たちの目線で治療を行う

  • 犬猫だけではなく、ウサギ

    犬猫だけではなく、ウサギやハムスターの治療も行う

  • 定期健診を行うことで早期

    定期健診を行うことで早期発見、早期治療ができる

写真ギャラリーを見る

 

葉山一色ペットクリニック 基本情報

店名
葉山一色ペットクリニック
住所
〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色1758-5
営業時間
日曜日:09:00〜13:00, 月曜日:09:00〜12:00, 火曜日:09:00〜12:00, 水曜日:休業日, 木曜日:09:00〜12:00, 金曜日:09:00〜12:00, 土曜日:09:00〜12:00, 祝日:09:00〜13:00
定休日
水曜日
オンライン予約
電話番号

0066-9802-9712563

予約
携帯向け予約
 

葉山一色ペットクリニック

0066-9802-9712563

オンライン予約