オーナーからのメッセージ

東京都の靖国神社のイチョウ並木を歩こう

東京都千代田区にある靖国神社は、秋にはイチョウ並木の紅葉がとても美しいことで知られる寺院です。イチョウ並木は存在感のある大鳥居から第二鳥居までの間に続いており、高さ20mほどのイチョウが黄色く染まる姿が秋の風物詩となっています。裏手にある茶室や庭園からはモミジやカエデの紅葉も楽しめますので、天気のよい休日にゆっくりと散策を楽しんではいかがでしょうか。靖国神社には参拝者専用の駐車場がありますので、車でのアクセスも便利ですね。休日には混雑が予想されるため、歩行者の飛び出しには気をつけて運転しましょう。接触事故などが原因で車を廃車しなければならないときは、中野区のカーネクストが廃車買取いたします。

更新日: 2021-11-22

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例 ●ダイハツ テリオスキッド 買取価格:2,000円 年式:平成…続きを見る

中野区のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASS費用

どんな車も0円以上で買取!

0円
鳥

中野区の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。中野区のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために中野区の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

中野区で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの中野区へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料

中野区のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの中野区へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!中野区の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料! 中野区の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので中野区へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート! 商業車や中野区のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

中野区廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、中野区の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある中野区までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは中野区の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

中野区以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、中野区の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、中野区へすぐに駆けつけます。

中野区の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車の引き取りは平日のみですか?
    廃車の引き取りは平日はもちろん土日祝日も行っております。
    ただし、年末年始やゴールデンウィークなどの一部祝日にはお引き取りができない可能性がございます。コールセンターへのお問い合わせは年中無休でお受けしておりますので、希望日についてご相談ください。
    カーネクストは現在多くのお客様よりご依頼いただいており、お客様の多くは土日祝日にお引き取りを希望されております。土日などの休日に廃車をしたいとお考えのお客様は出来るだけ早くお申込みをいただくようお願いいたします。また、早くお申込みいただくと「早割」キャンペーンをご利用いただけてよりお得に廃車ができます。
    平日しか予定が合わず、お立ち会いが難しい場合はお立ち会い無しでの取引も承っております。まずはコールセンターにお気軽にご相談ください。
  • ディーラーのローンが残っている車を廃車にできますか?
    許可なく処分はできませんのでご注意ください。ローンを組み所有者がディーラーなどの法人の場合は許可なく処分はできず、所有者がローン会社の場合でも同じです。
    ローンが完済していればカーネクストで自動車の解体を行えますのでまずはローンの返済をお願いいたします。
  • 離婚した配偶者の車を廃車手続きしたい
    廃車手続きは可能でございますが、まずは所有者への連絡が必要です。
    廃車手続きを行う上で運輸支局では所有者の印鑑証明書と実印が押された譲渡証明書と委任状がそれぞれ必要になります。車検証に記載されている所有者と連絡が取れない場合は廃車手続きができませんのでご注意ください。
  • 新車の納品日に合わせて引き取りはできますか?
    納品日に合わせてのお引き取りはできます。
    カーネクストでは廃車のお引き取り日時をお客様にご指定頂いております。土日祝日含め朝9時より夜18時頃までの間でお引き取り時間を指定できます。もしお客様の都合上18時以降のお引き取りをご希望でしたら、柔軟に対応させていただきますのでご安心ください。
    ※お時間の指定に関しては午前・午後でご指定頂けます。お時間の詳細につきましてはお引き取りの前日に担当営業所、もしくはドライバーよりお打合せさせていただきますのでご安心ください。

多走行車を買取することができる理由

私達の生活において時間の短縮に役立ち、かつ快適な移動もできる便利な車。職場への通勤だけでなくプライベートで出かける際など、いろいろな場面での移動手段として使用されている方も多いと思います。車は購入金額が高いだけでなく、その後の維持費もかかるものです。自動車の走行距離数が長くなると、定期的なメンテナンスや部品交換でお金がかかります。そのような状態になったらあなたはどうしますか?今回は多走行車の処分方法をご紹介します。

多走行車とは、年式に比べて走行距離がある車のことを指します。多走行車についての厳密な基準はありませんが、一般的に10万キロ以上走っている車は多走行車に分類されることが多いです。また、10万キロに達していない車であっても、1年で1万キロ以上の走行距離がある車だと多走行車と判断されてしまうことがあります。

もちろん、多走行車であっても、部品交換作業などメンテナンスを行うことにより従来通り運転することが可能です。しかし、メンテナンスには手間ひまがかかります。修理業者へ依頼すればすぐに対応してもらえますが、それだけお金がかかります。2年おきの車検に加え、メンテナンス作業ともなれば、車を維持するのにかなりの負担を要することになります。そんな時におすすめなのが廃車買取業者です。廃車買取業者であれば中古売買を行う業者が買取らない多走行車であっても、買取ってもらえる可能性があります。また車両の運搬や廃車手続きについても無料で代行してくれます。

なぜ、このような多走行車を買取ができるかというと、お客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。具体的には、お客様としては無料で廃車手続きを代行してもらえるだけでなく、きちんと売却益も得られます。一方で、廃車買取業者としては、走行距離が長い車であっても得られる利益にはあまり影響がありません。なぜなら国内の中古車市場で需要のない多走行車であっても、海外に輸出し中古車として販売することができるからです。もし車自体が買取不可能な場合であっても、車体を分解して使える部品を取り出し、中古パーツとして販売することも可能なのです。

廃車買取・処分のカーネクストでは中野区にて多走行車を高く買取しています。カーネクストは独自の海外輸出販売ルートを保有しております。走行距離の長い車であっても海外ではまだまだ需要があります。レッカー引取りも諸手続きに関しても全て無料で実施しています。多走行車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

東京都の廃車買取費用

東京都は日本の首都で、世界的にも名の知れた屈指の大都市です。東は東京湾に面しており、西は関東山地を有しています。約140000000人という人口を抱え、その数は日本の約1割にあたり、都道府県の中でNo.1です。数多くの大企業が東京に本社を構え、行政機関なども、東京に集中しています。鉄道や道路のインフラを見てもこれほど、整備された都市は稀だと言えます。また、銀座、新宿、浅草、渋谷、秋葉原など、外国人観光客に人気の観光スポットに数多く有しています。
次に、東京都の自動車保有事情について見ていきましょう。自動車検査登録情報協会の調査により、商業用の自動車も含めた場合は、約440万台と全国2位で、自家用乗用車のみでは約310万台ということが分かっています。そして、面白いことに自家用乗用車の保有台数は日本で3位にも関わらず、一人当たりの保有台数は47位となり、全国で最下位なのです。約5人に1人が車を所有している計算になります。保有台数が多い理由は圧倒的に人口が多いため、このような数字になっていると考えられます。また、地方に比べ、交通の便が発達しているため、車を所有の必要がない、維持費が高いとなどと考える人が多いため、自家用乗用車の保有率が低いのでしょう。
さて、東京都の道路事情についてはどうでしょうか?結果から言うと、東京都は未だに渋滞に交通渋滞は、改善に至っていないということが事実です。その理由は、道路整備や立体交差の整備などの工事が予定よりも大幅に遅れをとっている他に、違法駐車などにより慢性的な渋滞が解消できずにいるからになります。都内23区部の平均時速が34kmに対し、東京渋滞の平均時速は15kmです。渋滞時は半分にも満たないスピードで走っていることになります。特に中央自動車道上り、調布から高井戸の区間の渋滞は長期にわたり、解消されておらず有名な渋滞スポットです。都内を仕事などで、よく回る人で知らない人は少ないスポットと言えます。
続いては、東京都の事故件数にフォーカスを当てていきましょう。警視庁の資料によると、昨年2020年の交通事故件数は全国で309178件になり、そのうち東京都は28888件です。全国の死亡者数は2839人で、東京都は155人にも上り、53年ぶりにという都道府県で最多という結果になりました。この原因として考えられることは、コロナによる緊急事態宣言で、交通量は激減して自動車の速度が上がったことや、感染の恐れがある電車での通勤を避け、自転車で通勤する人が増えたことに起因していると言えるでしょう。他にも、アウトドアレジャーの流行によりバイク人口が増えたこと、歩行者のマナー違反なども理由として挙げられています。特に歩行者の死亡事故は、67人と最多です。53年ぶりのワーストという結果を受け警視庁は、「歩行者の安全対策」を重要な課題と考えています。死亡した歩行者のうち、6割は交通違反を犯していたので、警視庁は歩行者に交通マナー、交通ルールを守るよう促していく方針を示しています。「信号無視」「横断禁止エリアの横断」などの交通違反を防止することで事故を防止する目的です。また、自動車側には歩行者優先、徐行の指導、摘発を徹底すると表明しています。
交通事故件数に続き、東京都で廃車される自動車の件数についてです。2020年の自家用車廃車数数は90232台という結果になりました。もし、廃車の台数に調べたいときは、「調査対象年前年の自動車保有台数」+「調査対象年の新車販売台数」-「調査対象年の自動車保有台数」で算出可能です。尚、東京都は廃車台数90232台に対して、新車販売台数が192294台となり廃車数の2倍以上に上りました。
今までに廃車手続きの経験はありますか?一言で廃車と言っても「永久抹消登録」「一時抹消登録」の2種類に分かれています。もし、今後一切の、その自動車に乗ることがない場合は永久抹消登録します。永久抹消登録を完了すると、二度と再登録はできません。つまり、完全な廃車です。一般的に使われている「廃車」は永久抹消登録が多いのではないでしょうか?続いて、一時抹消登録ですが、一定期間、その車を運転しないときに、一時的に登録を抹消することを指します。例えば、遠くへ転勤や長期入院で運転ができないときに一時抹消登録をするのです。
では、実際に完全な廃車である永久抹消登録するためには、どのような費用が、かかるのでしょう。大きく分けて3つの費用があります。まず、運搬費用です。自走ができれば問題ありませんが、自走ができない場合はレッカー車の費用がおおよそ30000円程度かかります。この金額は、あくまで目安で、業者によって異なると考えてください。次に解体費用です。もし、下取りや、中古車として販売しないのであればこの費用が掛かります。こちらも解体業者によりけりですが、おおよそ10000~20000円程度の予算を見ておきましょう。最後がリサイクル料金です。これは、解体後のスクラップを処分する費用になります。ただし、2005年以降に新車で購入されている場合は、購入時に支払いが完了しているため、解体後のリサイクル料金の支払いは不要です。リサイクル料金については、軽自動車8000円、普通自動車10000円、外車20000円が目安になります。公益財団法人自動車リサイクル促進センター運営の「自動車リサイクルシステム」のサイトで、リサイクル料金の検索ができます。
廃車の際は、出ていくお金もあれば、戻ってくるお金もあります。自動車を所有している方なら、毎年4月、5月になると「そろそろ自動車税の支払いだ…」と、少し憂鬱になった経験があるのではないでしょうか?自動車税は、その時の4月から翌年の3月までの分をまとめて支払います。廃車するときは、先払いしている分が還付金として帰ってくるのです。抹消月の翌月から3月までを月割で計算し、支払われます。もし、抹消月が1月だとしたら、翌月の2月が起点となるので、残りの3月が対象となり、還付金として支払われます。ただ、軽自動車については、自動車税の還付金の対象外となるのでご注意ください。還付金制度はこれだけではありません。自動車重量税、自賠世紀保険も還付金制度があります。この2点は、普通自動車、軽自動車共に対象です。ただし、一時抹消登録ではなく、永久抹消登録、そして解体することが受け取り条件となります。自動車重量税は新車購入時もしくは車検時に次回車検分までを支払います。永久抹消登録の時に、1ヶ月以上の期間が残っている場合、「自動車車両税」÷「前払いした月の分」×「車検の残存分」で算出され、支払われます。自賠責保険も同様で、1ヶ月以上残っている場合は保険会社に申請しましょう。契約満了までに1ヶ月以上の期間があれば、還付金が支給されます。
「還付金をもらえるのなら、もしかして得をする?」と思う方も、いらっしゃるかもしれません。残念ながら、多くのケースでは利益が出ることはないでしょう。あるいは、得をするどころか損をすることもあります。どうにか得をしたいと考えることは普通です。少しでも得をする可能性を提案できるとすれば、車買取行者でしょう。
あなたが自ら一時抹消登録すると、最大30000円程度、永久抹消登録すると最大80000円程度の費用が、かかります。解体業者を使うと一時抹消登録で10350~50350円、永久抹消で10000~80000円程度の費用になります。廃車手続きは陸運局、あるいは軽自動車検査協会で行うため、平日のみとなり、土日祝日は営業日ではありません。
それなら、ディーラーはどうでしょうか?こちらでも、大差はありません。もちろん、手続きを代行してくれますが10000~20000円程度かかります。解体作業についても、ディーラーが行うわけではなく、解体業者に依頼するため、数千円~30000円程度の費用が必要なのです。レッカー車の費用も同様で、数千円~30000円程度かかります。トータルすると、20000~80000円の計算になるでしょう。
最後になりますが、買取業者に依頼すると、どのような結果になるでしょう?買取業者カーネクストをご存じですか?まず、カーネクストに廃車を依頼すると0円以上の査定を行います。10年落ち、過走行車、不動者、事故車、このような状態であってもです。「なぜそんなことができるの?」という疑問にお答えします。カーネクストは、廃車したい車を中古車として売るのではなく、パーツや資源として販売するからです。これだけではなく受け取り手数料、書類代行費用、レッカー車費用、廃車費用も無料となります。自分で行えば、避けては通れない、わずらわしい手間や余計な費用をカットできます。カーネクストで廃車すると、かかる費用は0円なのに、自動車の買取査定により、大きく得をするポテンシャルを秘めているのです。

東京都の車処分方法

東京都の車事情
東京都は日本の県庁所在地であり、国内の政治や経済の中心都市として知られています。さらに、世界的にも認知度は高く、ビジネスだけでなく外交など様々な交渉や取引の場として広く知られています。さらに、公共交通機関の種類や本数も多く、多くの人が電車やバスを利用して通勤、通学を行っています。また、東京都外の千葉県や埼玉県、神奈川県からの通学、通勤者が多く、朝のラッシュ時には海外メディアにも取り上げられるほどの混雑具合です。電車やバスが広く整備されているため、車がなくても十分に生活できるのが東京都の特徴です。それでは、東京都の自動車保有台数について見ていきましょう。東京都の人口は1300万人を超えており、国内最大の人口を抱えています。しかし、車の保有台数はわずか約314万台しかありません。人口が約733万人の埼玉県では車の保有台数が東京都よりも多い約324万台となっています。さらに、人口が半分以下である愛知県では約423万台の保有台数を誇っています。したがって、人口が1千万人を超えている東京都では人口に対して車の保有台数が少ないことがわかります。その背景には、生活する上で車が必要ないということが挙げられます。東京都はほぼ全域で公共交通機関が整備されており、電車とバスがあれば、いつでもどこでも行くことができます。さらに、ラッシュ時には1分間に何本も電車が走っているため、通勤や通学に公共交通機関を利用する人が圧倒的に多いです。また、東京都内の道路は渋滞が多いため、電車や地下鉄を使った方が早く目的地に行くことができるというメリットもあります。そして、自動車保有台数が少ない他の理由として駐車料金が高いということが挙げられます。東京都内の平面月極駐車場の相場は約34,925円です。また、機械式の月極駐車場の場合は約37,126円となっており、他の都府県よりも圧倒的に高い金額となっています。また、東京都の中心部であれば、50,000円以上することがほとんどで、世界的にも駐車料金が高いのが現状です。したがって、車を持つことができる人が限られており、自動車保有台数が低くなっているのです。人口に対して自動車保有台数が少ない東京都ですが、どのような車種が人気なのでしょうか。
東京都の人気車種
東京都では高級輸入車の人気が高いです。やはり高い駐車料金を払うことができる層が多いため、保有している車も高級車が多いのでしょうか。また、高級ミニバンの人気も高く、高級志向ということがわかります。さらに、ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーの人気も高く、一定数低燃費を意識している層がいることもわかります。東京都では輸入車や高級国産車の他、ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーの人気が高いです。輸入車やエコカーの人気が高い東京都ですが、乗り換えなどの理由で車を処分する人もいます。さらに、公共交通機関が整備されているため、車が必要ないという人が車を処分するということもあります。そこで、次に東京都での車の処分方法について見ていきましょう。
東京都で車を処分
車の乗り換え、事故や故障による廃車、さらに不要になったという理由で手放すなど色々な事情で車を手放す方がいます。しかし、車を手放す理由によって処分方法が異なります。
東京都で下取りに出す場合
東京都で下取りに出す場合はディーラーや自動車販売店で査定を行ってもらい、下取りをしてもらいます。ここでポイントなのは下取りと買い取りは同じではないということです。下取りというのは車を購入するディーラーや自動車販売店にこれまで乗っていた車を引き取ってもらうという意味です。そして、買い取りというのは今乗っている車を買い取ってもらうという意味です。そのため、買い取りの場合は新たに車を購入する必要はありません。そして、下取りの場合、購入しようとしている車の値引き額が限界に達している場合、下取りによって値引き額を補ってくれるということがあります。しかし、ディーラーの場合、カーナビやホイール、シートカバーなどの後付け部品についてはプラスに査定してくれない、後付け部品をつけている場合は相場価格以下になることが多いです。ただし、下取りの場合は車の購入から車の処分まで同じ店舗で行うことができるため、簡単に車を処分することができるのが特徴です。
買い取りの場合
車を新たに購入する場合は下取りで問題ありませんが、購入せずに処分する場合はどうすれば良いのでしょうか。単に車を処分する場合は買い取り専門業者に買い取ってもらって処分する方法があります。買い取り専門業者の場合は中古車市場を熟知しており、カーナビやホイールなどの後付け部品についてもプラス査定してくれることがあるため、下取りよりも高い金額が提示されることもあります。さらに、買い取り強化などのキャンペーン期間中は通常よりも買い取り金額が上がることがあります。また、東京都には多くの買い取り専門業者があるため、複数社から査定を出してもらい、一番高く査定をつけてくれたところに買い取ってもらうことをおすすめします。しかし、中古車相場は毎日変動しているため、タイミングによっては期待通りの査定結果にならないこともあります。ただし、店舗に車を持ち込まずに、電話一本で訪問査定をしてくれる業者もあるため、簡単に車を処分することができるのが特徴です。また、下取りや買い取り以外にも車を処分する方法があります。
東京都で車を譲渡する
車が必要なくなり、処分したい場合は他の人に譲渡する方法があります。新たに車を購入する場合は下取りを利用することをおすすめします。また、車にある程度の値段がつけば買い取り専門業者を利用することをおすすめします。しかし、走行距離や年式、車種や修復歴などによっては値段がつかないこともあります。特に10万キロを超えた発売から13年以上超えた車は値段がつかないことが多いです。そのような場合、逆に処分費用を請求されてしまうことがあります。そこで、他の人に車を譲ることで手放すことができるのです。たとえば、地元掲示板などを使用して車を譲って欲しい人を探したり、車が欲しい人を募集したりすることができます。また、車の処分費用などもかからないため、簡単に車を処分することができるのが特徴です。しかし、欲しい人が見つかるまで時間がかかることもあるため、希望のタイミングで手放すことができない場合があります。そこで、別の方法で車を処分する方法があります。
東京都で廃車する方法
買い取りは所有している車に価値がある場合、買い取ってもらえるという方法です。したがって、年式が古すぎたり、走行距離が多くなっていたりする場合は値段がつかないことも多々あります。買い取り業者で値段がつかない場合は掲示板などで募集をかけて他の人に譲渡する方法があります。ただし、貰い手が見つかるまでに時間がかかってしまうことがあったり、そもそも見つからなかったりする場合もあります。そして、車が故障していたり車が動かなかったりする場合は貰い手を見つけることは難しいです。そこで、廃車という方法があります。廃車とは文字通り、車を廃棄するということです。東京都では廃車する方法がいくつかあります。たとえば、ディーラーや中古車販売店に依頼する方法です。ディーラーなどに依頼した場合は廃車手数料や解体費用がかかってしまうため、車種などによりますが、約8万円の出費が必要です。しかし、東京都では無料で引き取ってくれる廃車専門業者があります。廃車専門業者の場合、独自の査定システムを導入しているため、故障していたり不動車であったりしても、無料で引き取ってくれるのが特徴です。
まとめ
東京都では車を処分する方法がいくつかあります。買い取り業者に依頼して買い取ってもらう方法や新たに車を購入する販売店に下取りをしてもらう方法があります。さらに、掲示板などで車を探している人を募集して譲渡する方法もあります。また、故障車や不動車であっても簡単に処分できる廃車専門業者に依頼することも可能です。

0120-901-418
WEBフォーム

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<BR>

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<BR>

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

中野区【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
中野区【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
東京都中野区  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>