東京都の廃車手続き事情

日本最大の都市東京。世界的に見ても有数の都市で、都内を張り巡らされた鉄道網は、世界一と言っても過言ではないでしょう。どこへ行くにも、大概は公共交通を使えばこと足りるこの都市で、いつからか自動車離れがささやかれるようになりました。これから、自動車を手放そうと考えている方もいらっしゃることでしょう。この記事では、東京都での廃車手続きの場所や、手続きについて説明します。
東京都では、普通自動車を廃車手続きの場所が5箇所もあります。千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、大島支庁、三宅支庁、八丈支庁、小笠原支庁を管轄エリアとする関東運輸局東京運輸支局、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区を管轄エリアとする足立自動車検査登録所、新宿区、文京区、中野区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区を管轄エリアとする練馬自動車検査登録所、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、西東京市を管轄エリアとする多摩自動車検査登録所、八王子市、青梅市、日野市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡を管轄エリアとする八王子自動車検査登録所です。
以下に紹介した廃車手続き場所の詳細についての情報を記載します。
■関東運輸局東京運輸支局
所有自動車:普通自動車
郵便番号:140-0011
住所:東京都品川区東大井1丁目12番17号
電話番号:050(5540)2030
交通機関:JR品川駅高輪口より都バス「大井競馬場」行に乗車「東京運輸支局前」で下車。京浜急行鮫洲駅より徒歩5分。りんかい線品川シーサイド駅より徒歩7分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。間違い電話が多いのでご注意ください。廃車手続きの用件で、オペレーターに直接お問い合わせしたい場合は、自動音声の後、「037」を押すとつながります。
■関東運輸局足立自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:121-0062
住所:東京都足立区南花畑5丁目12番1号
電話番号:050(5540)2031
交通機関:JR常磐線・東京メトロ千代田線綾瀬駅西口より東武バス「六町駅・足立車検場経由竹の塚駅東口」行に乗車「足立車検場」で下車。東武伊勢崎線竹の塚駅より東武バス「足立車検場・六町駅経由綾瀬駅」行に乗車「足立車検場」で下車。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。間違い電話が多いのでご注意ください。廃車手続きの用件で、オペレーターに直接お問い合わせしたい場合は、自動音声の後、「037」を押すとつながります。
■関東運輸局練馬自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:179-0081
住所:東京都練馬区北町2丁目8番6号
電話番号:050(5540)2032
交通機関:東武東上線東武練馬駅南口より徒歩約10分
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。間違い電話が多いのでご注意ください。廃車手続きの用件で、オペレーターに直接お問い合わせしたい場合は、自動音声の後、「037」を押すとつながります。
■関東運輸局多摩自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:186-0001
住所:東京都国立市北3丁目30番3
電話番号:050(5540)2033
交通機関:JR中央線立川駅より立川バス「北町」行に乗車「多摩車検場」で下車して徒歩2分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。間違い電話が多いのでご注意ください。廃車手続きの用件で、オペレーターに直接お問い合わせしたい場合は、自動音声の後、「037」を押すとつながります。
■関東運輸局八王子自動車検査登録事務所
所有自動車:普通自動車
郵便番号:192-0011
住所:東京都八王子市滝山町1丁目270番地2
電話番号:050(5540)2034
交通機関:JR中央線八王子駅より西東京バス「宇津木台」行に乗車「宇津木台」で下して徒歩12分。JR中央線日野駅より西東京バス「宇津木大」行に乗車「宇津木台」で下車して徒歩12分。
備考:登録・検査手続きのご案内は「050」からはじまる番号になっています。間違い電話が多いのでご注意ください。廃車手続きの用件で、オペレーターに直接お問い合わせしたい場合は、自動音声の後、「037」を押すとつながります。
続いては、実際の手続きについて説明します。普通自動車から見ていきましょう。自動車の引取を依頼する業者を選びます。引取業者に依頼後は、「移動報告番号」と「解体記録日」の連絡を待ちましょう。「移動報告番号」と「解体記録日」の連絡を受けたら、居住エリアを管轄している地方運輸局に向かってください。東京都は5箇所ありますが、都道府県によっては1箇所のみの場合もあります。1箇所の場合、運輸局から離れていると不便に感じますが、廃車の機会は指で数える程しかないと割り切りグッとこらえましょう。地方運輸局に到着したら、書類販売の窓口で「第3号様式の3」を購入します。車検証を見ながら書類に記入しましょう。その後、ナンバープレートを返却します。返却を終えたら、必要書類を登録窓口へ提出してください。書類に不備がなければ、廃車手続きは完了となります。必要な書類とは、自動車検査証、自賠責保険証明書、リサイクル券、実印、印鑑登録証明書、ナンバープレートです。本人が廃車手続きしない場合は、実印を押した委任状が必要となりますのでご注意ください。なお、一時的抹消登録の場合は車検証、ナンバープレート、検査印紙(350円)を添付した手数料納付書、車検証に記載された住所の印鑑証明になります。2度手間は避けたいところなので、書類が揃っているかを確認してから臨みましょう。
続いては、軽自動車の廃車手続きについて説明になります。大よその流れは、普通自動車の廃車手続きと変わりません。引取依頼後、「移動報告番号」と「解体記録日」の連絡を待ち、軽自動車検査協会を訪ねましょう。窓口では「軽4号様式の3」の書類を購入します。例によって、ナンバープレートを返却して軽自動車申告書を受け取り、車検証を見ながら必要項目を記入してください。必要書類を揃えて窓口へ提出、不備がなければ手続きは完了です。必要書類は、車検証、自賠責保険証名証(車検切れなら不要)、リサイクル券、ナンバープレート、認印になります。もちろん、本人の廃車手続きでなければ、委任状が必要です。一次抹消登録である場合は、車検証、ナンバープレート、自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書、検査印紙(350円)を添付した手数料納付書になります。
廃車の場所、手続きについて説明しましたがいかがでしたでしょうか。筆者は面倒を好まないので、買取業者などのスペシャリストにお任せするという考え方です。この記事が近い将来、廃車のご予定がある方のお役に立てばと思います。

東京都の廃車手続き 軽自動車の場合

東京都は日本最大の都市であり、世界的にも有数の経済、政治都市となっています。人口は13,957,977人、世帯数は7,200,567世帯で国内最大都市を誇っています。東京スカイツリーや都庁、皇居など、様々な有名スポットが各地にあり、国内外問わず多くの人が訪れます。また、公共交通機関については路線数が国内最大であり、世界でも有数の鉄道都市として知られています。さらに、周辺都市の神奈川県や埼玉県、千葉県の他、栃木県や茨城県などの北関東エリアからも通勤、通学に来る人が多いのも特徴です。そして、首都高速をはじめとする高速道路も広範囲で整備されており、車の交通量が全国的にも多くなっています。しかし、都心部では渋滞が発生してなかなか車が進まないということもしばしばあります。交通量の多さから車線数も多く作られていますが、路上駐車の数が多いだけでなく、路線バスやタクシーの台数も多いため、流れが悪くなってしまうことも珍しくありません。そのため、多くの人が地下鉄や山手線などの鉄道を利用しています。公共交通機関が発達している東京都ですが、車事情は一体どのようになっているのでしょうか。
東京都の車事情
東京都は国内でも最大級の鉄道路線を抱えており、どこに行くにも電車やバスを利用して行くことができ、公共交通機関が十分に整備されていると言えるでしょう。一方、自動車登録台数については3,140,556台で関東圏では埼玉県に次ぐ多さとなっています。また、1世帯当たりの自動車保有台数は0.424台で国内で最も少ない台数という結果になっています。国内で2番目に少ない大阪府が0.637台となっており、大阪府と比べても非常に少ない結果となっているのが特徴です。1世帯当たりの自動車保有台数が少ない東京都ですが、メルセデス・ベンツやBMW、ポルシェなどの高級輸入車の人気が高いのが特徴です。また、トヨタランドクルーザーやJeepラングラーなどの大型SUVの人気も高く、比較的趣味としての車の需要が高いです。一方、ファミリー層からはトヨタアルファードやプリウスなどの実用性の高い車が人気となっています。しかし、スズキジムニーやハスラーやワゴンRなどの軽自動車需要も高く、セカンドカーや若年層からの人気が高いと言えます。その背景としては、やはり駐車料金の高さが挙げられます。東京都は世界で最も地価が高いエリアとも言われており、都心部では駐車料金が5万円以上のところも珍しくありません。中心部から離れても2万円?3万円するところも多く、自動車を所有するハードルが高くなっているとも言えます。そのため、維持費が安い軽自動車の需要が高くなってきていると言えるでしょう。
一方、交通事故発生件数については全国ワースト1位となっています。これは人口が多いことが理由としてあげられますが、その他には交通量の多さが原因となっています。特に交差点付近の事故が多発しており、死亡事故につながるケースも少なくありません。交通事故件数が最も多い東京都ですが、事故をきっかけに車を廃車にしてしまうケースも多くあります。それでは、次に自分で廃車にする方法を紹介していきます。
廃車手続きは管轄の運輸支局で申請することができます。しかし、軽自動車の場合は運輸支局ではなく軽自動車検査協会で申請を行わなければなりません。東京都には5つの主管事務所があり、それぞれ管轄の事務所で申請を行う必要があります。
東京都の軽自動車検査協会について
・軽自動車検査協会東京主管事務所
郵便番号:〒108-0075
住所:東京都港区港南3丁目3番7号
電話:050-3816-3100(登録手続き案内直通)
アクセス:JRまたは京急品川駅港南口(東口)より、都バス8番乗り場から品99 品川埠頭(循環)に乗り、港南中学校前下車徒歩7分
管轄エリア:品川ナンバー:中央区・港区・品川区・大田区・千代田区・渋谷区・目黒区・大島町・新島村・神津島村・利島村・三宅村・御蔵島村・八丈町・青ヶ島村・小笠原村
世田谷ナンバー:世田谷区
備考:平日8時45分~11時45分、13時00分~16時まで(登録手続き関係)
・軽自動車検査協会東京主管事務所練馬支所
郵便番号:〒175-0081
住所:東京都板橋区新河岸一丁目12番24号
電話:050-3816-3101(登録手続き案内直通)
アクセス:都営三田線西台駅で下車、東口から徒歩15分
管轄エリア:練馬ナンバー:練馬区・北区・新宿区・豊島区・文京区・中野区
杉並ナンバー:杉並区
板橋ナンバー:板橋区
備考:平日8時45分~11時45分、13時00分~16時まで(登録手続き関係)
・軽自動車検査協会東京主管事務所足立支所
郵便番号:〒120-0047
住所:東京都足立区宮城1丁目24番20号
電話:050-3816-3102(登録手続き案内直通)
アクセス:JR京浜東北線王子駅王子駅のバス乗り場12番から都営バス西新井駅前行に乗り、宮城二丁目で下車徒歩約3分
管轄エリア:足立ナンバー:足立区・荒川区・台東区・墨田区・江戸川区
江東ナンバー:江東区
葛飾ナンバー:葛飾区
備考:平日8時45分~11時45分、13時00分~16時まで(登録手続き関係)
・軽自動車検査協会東京主管事務所多摩支所
郵便番号:〒183-0003
住所:東京都府中市朝日町3丁目16-22
電話:050-3816-3104(登録手続き案内直通)
アクセス:京王線飛田給駅で下車、北口から徒歩13分
管轄エリア: 多摩ナンバー:三鷹市・調布市・小金井市・立川市・昭島市・町田市・武蔵野市・東村山市・国分寺市・小平市・西東京市・東大和市・東久留米市・武蔵村山市・狛江市・清瀬市・多摩市・稲城市・府中市・国立市
備考:平日8時45分~11時45分、13時00分~16時まで(登録手続き関係)
・軽自動車検査協会東京主管事務所八王子支所
郵便番号:〒198-0024
住所:東京都青梅市新町6丁目18番2
電話:050-3816-3103(登録手続き案内直通)
アクセス:JR青梅線小作駅東口の西東京バス乗り場から小02 東廻り経由 小作駅東口行または小03西廻り経由小作駅東口行に乗り、日立前下車すぐ
管轄エリア: 八王子ナンバー:八王子市・青梅市・日野市・福生市・あきる野市・羽村市・西多摩郡
備考:平日8時45分~11時45分、13時00分~16時まで(登録手続き関係)
自分で廃車手続きを行うには管轄の軽自動車検査協会に行き、必要書類を持参して手続きを行わなければなりません。必要書類は自動車検査証(車検証)、ナンバープレート、使用済自動車引き取り証明書、解体届出書、申請依頼書です。使用済み自動車引き取り証明書については車の解体を依頼した業者から交付されます。主な廃車手続きの流れとしては、車の解体から始めます。自分で解体業者を探して解体を依頼しましょう。そして、解体が完了したら自動車引き取り証明書を交付してもらい大切に保管しておきます。解体費用の目安としては1~3万円が相場となります。しかし、解体業者までレッカーを使用する場合は別途運搬費用がかかってしまうため注意が必要です。そして、軽自動車検査協会では必要書類を提出し、廃車手続きを行います。通常の解体返納の場合は申請手数料はかかりません。ただし、軽自動車検査協会の管轄事務所まで行かなければならないため、時間がかかるだけでなく交通費がかかってしまいます。そこで、もっと簡単に廃車する方法があります。
東京都で廃車をディーラーに依頼する方法について
ディーラーに依頼した場合、基本的にすべての手続きを代行してくれます。また、土日も営業しているため、平日に休みが取れない方でも気軽に依頼することができます。さらに、解体業者への依頼もディーラーが行ってくれるため、手間をかけることなく廃車手続きを行うことができます。しかし、ディーラーへ依頼する場合は所定の手数料がかかってしまいます。手数料の目安としては2~3万円ほどが一般的です。また、ディーラーでは解体を行うことができず、ディーラーから解体業者に委託して解体を行います。そのため、解体業者での解体費用とは別に解体に係る手数料や運搬費用がかかってしまうこともあり、合計で8万円ほどになることがあります。それでは、費用を抑えて廃車手続きをする方法を紹介していきます。
東京都で買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
買い取り業者では独自の方法で車両の査定を行うことができるため、不動車や水没車、さらに事故車なども無料で廃車にすることができます。さらに、走行距離が多い自動車も無料で廃車にすることが可能なのです。もちろん、面倒な運輸局での手続きについても代行してくれます。さらに、自動車の解体や自動車税の還付申請についても無料で代行してくれるため、気軽に廃車を依頼することができます。

東京都の不動車買取

日本の首都である東京都の人口は約1,406万で、全国で最も多いです。その東京都では、23区という特別区があります。この東京23区を地区分けすると、都心6区・城東・城西・城北・城南の5つになります。ちなみに、東京23区外の地域を都下と言います。こちらも人口約432万と、静岡県より多いです。都下を地区分けした場合、北多摩・南多摩・西多摩になります。
都心6区は、新宿区・渋谷区・文京区・中央区・千代田区・港区の6つになります。人口は約130万人で、この数字は城西・城東・城南より少ないです。千代田区・中央区・港区の3つは「都心3区」と言われます。主要政府機関や大企業本社のある千代田区・銀座や日本橋など知名度の高い街がある中央区・フジテレビからテレビ東京までテレビ局が集中する港区・大学と住宅街の文京区・東京都庁を有する新宿区・若者の街渋谷スクランブル交差点がある渋谷区といった具合に、それぞれの区で性質が大きく異なります。
城東地区は、足立区・葛飾区・江戸川区・台東区・墨田区・江東区の6区で構成されます。人口は約283万人と、最も多い地区になります。足立区は北千住駅と西新井駅で再開発が行われ、活気あふれる街になっています。葛飾区は、以前は町工場が集中し下町風情溢れる街並みでしたが、今は集合住宅や商業施設が立ち並び、綺麗な雰囲気を持ちます。江戸川区は都心部へのアクセスの良さ・公園の多さ・子育て支援の充実など、子育て世代のベッドタウンとして発展しています。台東区には上野駅があります。上野駅は、北関東から信越、東北方面での東京玄関口として機能しています。墨田区には東京スカイツリーと両国国技館があり、観光地としても人気があります。江東区は江戸時代に埋め立てが行われました。陸部は古くから工業地帯として機能しています。
城西地区は、豊島区・中野区・杉並区・練馬区の4つで構成されます。豊島区には、サンシャインシティなどの高層ビル群・大学キャンパス群・高級住宅街・おばあちゃんの原宿こと巣鴨・著名人眠る霊園など、様々な顔を持つ区です。中野区は鉄道路線やバス路線が多く、利便性の高い土地です。杉並区は閑静な住宅地域であり、人口は約59万人と城西地区最大です。練馬区も住宅地域を成していますが、緑が多い区でもあります。
城北地区は、板橋区・北区・荒川区の3区で構成されます。板橋区は、隠れた桜の名所石神井川や、東京大仏などがあり、隠れた観光スポットになっております。北区は、飲み屋街の多い赤羽駅や、観光地の多い王子駅があり、最近注目されている地域です。荒川区は昭和の雰囲気を残す街であり、日暮里駅周辺ではもんじゃ焼き屋が多く点在します。
城南地区は、大田区・品川区・目黒区・世田谷区の4区で構成されます。大田区は、町工場が集中する中小企業の街です。歓楽街の蒲田や高級住宅街の田園調布も大田区にあります。品川区は東京23区の中でも治安が良い地域です。目黒区は、東山貝塚や目黒不動など、歴史のあるスポットが多く点在します。世田谷区は人口93万人、23区で最大の人口を擁します。
北多摩地区は、17市で構成されます。東京都下北東部に位置し、人口は約239万人と最多の地域です。最大都市である府中市は人口約26万人で、行政機関や大企業の工場などの施設が多いです。東隣にある調布市も人口約24万人と多いですが、こちらは交通の便の良さと昔ながらの自然も残っている地域です。
南多摩地区は、八王子市・町田市・日野市・多摩市・稲城市の5市で構成されます。中でも八王子市は人口約57万人で、東京都下では最大の人口を擁します。東京都の出先機関や商業施設も集中し、都下の中核都市を成しています。町田市は人口43万人で、ベッドタウンであるのと同時に農業も盛んです。
西多摩地域は、青梅市・あきる野市・福生市・羽村市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村の8市町村で構成されます。この地域は東京都の町村部もあり、東京都でありながらのどかな風景が見られます。
非常に人口の多い東京都では、自家用車の数も自然と多くなります。自動車保有台数は約394万台で、この数字は全国で2番目に多いです。ここまで自動車が多いと、不動車も多くなるでしょう。
不動車は走れなくなった車を指しますが、その要因は様々です。車検が切れただけ・長期間放置されている・災害に遭った・交通事故に遭ったなどです。車検が切れただけの車は、たとえまだ故障していないとしても不動車になります。なぜなら、車検が切れた車で公道を走ると違法だからです。ただ、レッカーなどで車を動かし、車検を受けると再び動けるようになります。長期間放置されている車両は、まだ動くか壊れているかわからないので、不動車と呼ばれます。動くとしても、車検が切れていると走れません。災害に遭った車ですが、台風や地震で被災した車は事故車とも呼ばれます。豪雨や津波などで水没した車は冠水車と言います。どちらも故障している可能性が高く、不動車になります。交通事故に遭った車は、台風や地震と同じく事故車と呼ばれます。
不動車は、早めに処分する事をおすすめします。なぜなら、不動車にも自動車税が発生するからです。たとえ誰も使っていなくても、法律上は走れる車と分類されるからです。ちなみに、大型車になってくると年10万を超える費用になり、家計を圧迫しかねないのです。そのため、不動車を早めに処分するのがおすすめなのです。
不動車を処分するなら、不動車買取でお得に処分しませんか。ちょっとしたお小遣いも出来るのでおすすめです。不動車買取での査定は、不動車の状態に大きく左右されます。中古車買取業者の場合、車検が切れた車や放置車両は修理出来る可能性もあり、査定が可能です。反対に、交通事故や災害に遭った車は故障している可能性が高く、査定自体が不可能になります。
ただ廃車買取業者であれば、交通事故や災害で壊れた車でも、査定が可能になります。理由は、廃車買取業者は車を「1つ1つのパーツ」として査定するからです。使用できるパーツに価値を見出し、使用できない部分は鉄くずとして査定するのです。
不動車買取で不動車を処分するにしても、廃車手続きを行わなければいけません。廃車手続きとは、車籍を抹消する手続きの事です。これを終わらせないと、使っていない車の自動車税が請求され続けます。廃車手続きには一時抹消登録・永久抹消登録・輸出抹消登録の3種類の手続きがあります。しかし、車をまた使うときの一時抹消登録や、海外で自家用車を使う輸出抹消登録は、不動車買取を行うのであれば関連性は低いです。不動車買取であれば、永久抹消登録を行います。
永久抹消登録の手順ですが、まず解体業者に自動車を解体してもらいます。そして、解体報告記録日と移動報告番号が書かれたリサイクル券が、手続きに必要になります。用意するのは、所有者の印鑑証明書・ナンバープレート前後2枚・車検証です。代理人が申請する時は、所有者の実印がある委任状も必要になります。そして手続きが行える場所ですが、各都道府県にある運輸支局になります。運輸支局に来たら、まずは手数料納付書・第3号様式の3・自動車税申告書・自動車取得税申告書 を貰います。ナンバープレートを返却し、手数料納付書に確認印を貰います。そして必要書類一式を提出します。税申告窓口で自動車税申告書・自動車取得税申告書を提出し、問題がなければ終わりです。
東京都にある運輸支局は、品川陸運局・練馬陸運局・足立陸運局・多摩陸運局・八王子陸運局の5つです。自分の地域対応の陸運局でしか手続き出来ないので、注意してください。対応陸運局が分からない場合、ナンバープレートの地域名を見ます。ここで対応ナンバーを書いていくので、参考にしてください。
品川陸運局
住所:東京都品川区東大井1丁目12-17
電話番号:050-5540-2030
対応ナンバー:世田谷
練馬陸運局
住所:東京都練馬区北町2丁目8-6
電話番号:050-5540-2032
対応ナンバー:練馬・杉並・板橋
足立陸運局
住所:東京都足立区南花畑5丁目12-1
電話番号:050-5540-2031
対応ナンバー:足立・江東・葛飾
多摩陸運局
住所:東京都国立市北3丁目30-3
電話番号:050-5540-2033
対応ナンバー:多摩
八王子陸運局
住所:東京都八王子市滝山町1丁目270-2
電話番号:050-5540-2034
対応ナンバー:八王子
ただ、廃車手続きを廃車買取業者に代行してもらうことも可能です。代行手数料さえ支払えば、永久抹消登録を代わりにやってくれます。カーネクストでは、代行手数料無料で対応させていただきます。さらにレッカー代も無料なので、車検切れで動かせない車や放置された車など、不動車買取にも対応させていただきます。

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

0120-901-418
WEBフォーム

車検切れの対応方法

車を走行させる時には、定期的に車検を受ける必要があります。特に公道を走行するときには必要不可欠なことです。公道を車検切れで運転すると罰則もあり、注意が必要です。また、車検切れになっている車を所持している方もいるかも知れません。今回は、東京都で車検が切れた場合の罰則や対処方法について詳しく説明していきます
車検切れとは?
車検(検査登録)とは、道路運送車両法によって車が安全に走行できるかを証明するものです。車検の検査には3つあり、新車が公道を走行できるか検査する「新規検査」、車検満了になる車の有効期限を延長する「継続検査」、主管部分の改造を行った時の「構造等変更検査」があります。通常、車検が意味していることは継続検査のことです。つまり、車検切れは、継続検査を行わず、有効期限が切れている状態の車になります。車検切れは公道を走ることが出来ず、もし走行した場合には罰則があります。
車検切れで走行した時の罰則は?
車検切れをしたまま公道を走行した場合の罰則には何があるのでしょうか。車検が切れただけであれば、特に罰則規定はありません。問題点は、車検切れで公道を走行した時です。もし、うっかりして車検切れで公道を走行した場合、無車検運行違反で違反点数は6点・30日間の免許停止になり、道路運送車両法第58条・第108条により6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が課せられます。更に自賠責保険が切れていた場合、無保険運行違反違反点数6点・30日間の免許停止、自賠責保険賠償保証法第5条・第86条の3より1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に課せられます。更に車検と自賠責保険が切れている場合は、違反点数6点・90日間の免許停止、1年6ヶ月以下の懲役又は80万円以下の罰金に課せれる重い罪になります。この際、道路交通法施行令より、最も高い点数を加点するので、無車検運行と無保険運行を両方に該当していても加点は6点になります。国土交通省では、平成30年度より、街頭検査において可搬式の「ナンバー自動読取装置」を導入しています。車検切れの走行は安全面の問題と自賠責保険が切れている可能性が高いので、注意喚起を促す上で実施されています。
車検切れの対応方法
それでは、車検が切れたときの対処方法はどのようにするのが良いのでしょうか。大きく分けると2つあります。車検を通して公道を走れるようにするか、売却や廃車処分をすることです。どちらの方法も手続きが必要になりますので詳しく解説していきます。
最初に車検を通す方法ですが、車検の有効期限が過ぎていても、再度車検を実施することで公道を走行することは可能になります。その時は、車検を行っているディーラーやカー用品店、整備工場に持ち込み依頼をします。しかし、車検の有効期限が切れているので、持ち込む際には仮ナンバーを発行するか、レッカー車の手配をする必要があります。仮ナンバーは市町村役場に臨時運行許可申請を行うと発行されます。許可を受けることで公道を走行出来ます。注意しておくことは、自賠責保険の有効期限が残っていることが条件です。もし自賠責保険が切れている時には、自賠責保険に加入してから申請します。申請に必要なものとして、自動車臨時運行許可申請書・車体番号を確認できるもの、自賠責保険証・運転免許証・手数料(自治体にもよるが750円?1,000円程度)です。車検切れしていても自賠責保険は万一のために若干長く設定されているケースもありますので、確認しておくと良いでしょう。また、レッカー移動の場合は、車を積載して輸送するので公道を走行することなく行えます。荷物の運搬と同様になりますので、面倒な手続きは必要ありません。ただ、レッカー代の費用は掛かります。業者や輸送距離によっても価格に変動がありますが、1万円?3万円位になるのが相場のようです。
次に車検を実施する時には「法定費用」「整備費用」が掛かります。法定費用の内訳として、自賠責保険・重量税・検査手数料・印紙代があります。こちらは車検が切れていても切れていなくても継続検査を受ける時に必要な費用になります。整備費用は車検を通すために点検や交換、整備を行う時に発生する費用です。年数があまり経っていない時には、それほど交換する部品も少ないので費用もあまり掛からないですが、年数よる劣化が進んでいる車であれば、交換部品も多くなってしまうので費用が多く掛かってしまう傾向があります。車検を行う場所として、普通自動車は管轄の運輸支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会で行います。以下、東京都の運輸支局・軽自動車検査協会をまとめましたので、ご自身の車はどの場所で行うか確認しておきましょう。
<普通自動車>
東京運輸支局(品川・世田谷ナンバー)
郵便番号:140-0011
住所:東京都品川区東大井1丁目12-17
練馬自動車検査登録事務所(練馬・杉並・板橋ナンバー)
郵便番号:179-0081
住所:東京都練馬区北町2丁目8-6
足立自動車検査登録事務所(足立・江東・葛飾ナンバー)
郵便番号:121-0062
住所:東京都足立区南花畑5丁目12-1
多摩自動車検査登録事務所(多摩ナンバー)
郵便番号:186-0001
住所:東京都国立市北3丁目30-3
八王子自動車検査登録事務所(八王子ナンバー)
郵便番号:192-0011
住所:東京都八王子市滝山町1丁目270-2
<軽自動車>
軽自動車検査協会 東京主管事務所(品川・世田谷ナンバー)
郵便番号:108-0075
住所:東京都港区港南3丁目3-7
軽自動車検査協会 東京主管事務所練馬支所(練馬・杉並・板橋ナンバー)
郵便番号:175-0081
住所:東京都板橋区新河岸1丁目12-24
軽自動車検査協会 東京主管事務所足立支所(足立・江東・葛飾ナンバー)
郵便番号:120-0047
住所:東京都足立区宮城1丁目24-20
軽自動車検査協会 東京主管事務所多摩支所(多摩ナンバー)
郵便番号:183-0003
住所:東京都府中市朝日町3丁目16-22
軽自動車検査協会 東京主管事務所八王子支所(八王子ナンバー)
郵便番号:198-0024
住所:東京都青梅市新町6丁目18-2
車検切れの車の廃車処理方法
廃車処理の申請方法は、一時抹消登録と永久抹消登録があります。一時抹消登録は、車を解体せずに一時的に公道を走行できなくする申請です。手続きとして完了すると、自動車税を納めなくても済みます。普通自動車を申請する時に必要な書類は、申請書(OCRシート第3号様式2)・印鑑証明書(所有者のもので発行後3ヶ月以内)・手数料納品書(手数料350円)・ナンバープレート・車検証・委任状(代理人が申請する時には必要)・実印です。また永久抹消登録は事前に車を解体して、二度と使用できなくする申請です。必要な書類は、申請書(OCRシート第3号様式の3)に解体業者からの「解体報告記録日」「移動報告番号」を記入します。その他に、印鑑証明書・ナンバープレート・車検証・委任状・実印です。申請場所は車検と同様、普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。
車検切れの車でも買取ができる
車検切れの車でも買取を行ってくれる業者もあります。車の買取については、ディーラーや車買取業者が当てはまります、ディーラーは買い替えを検討している前提として、現在所有している車を下取りし、処分してもらう方法です。新車購入を考えている時には、下取り金額が充当されるので、購入価格を引き下げることも可能です。今後、買い替えを検討するのであれば、下取りは良いと言えます。また、車買取業者は、中古車市場で価値のある車を買取して再販売を行う業者です。通常の査定価格に市場での需要を見据えた上で査定金額を決定していきます。そのため、人気車種やあまり年数の経っていない車、走行距離が多くない車は、査定価格が高くなる傾向があります。もし車検が切れていても、車本来の価値を見ているので査定にはあまり影響しないようです。また車買取は複数業者に見積もりをさせ、競合すると査定価格が引き上がる場合もあります。一括査定が出来るサイトもありますので上手く利用してみるのもおすすめします。廃車処分する場合は、廃車専門業者に依頼することもあります。下取りや買取では値段が付かない場合もありますので、その際には廃車専門業者も検討すると良いでしょう。廃車専門業者は、車を解体処理することで、部品や金属を再資源化することで利益を得ています。そのため、資源になるのであれば、下取りや買取価格が付かない場合であっても、買取をしてくれることもあります。ご自身の所有している車の状況に合わせた業者を選ぶことで、車検切れをしている車を有効に活かすことも可能になります。

車の種類ごとで考えられる廃車に繋がる不具合

東京都の人口は14,043,239人であり、世帯数は7,252,422世帯となっています。日本で最も多い人口を誇り、大企業や省庁などが集まっています。東京都内では地下鉄やJR、路線バスなど多くの公共交通機関が整備されており、多くの人が通勤や通学で電車やバスを利用しています。一方、住宅街に行くと車を利用している人も多く、レジャー目的で車を使用している人も一定数います。休日にはキャンプに出かけたり、静岡や東北方面に観光しにいったりなど、車を利用する人も多いのが特徴です。そこで、今回は東京都の車事情と人気車種、さらに買取について紹介していきます。
■車の種類
最近の車は技術の進歩に伴い、性能が格段に上がっているといえます。特に、安全性能や燃費性能については、各メーカーが開発に専念し、10年前と比較すると飛躍しているのが特徴です。たとえば、トヨタ自動車であればToyota Safety Sense、本田技研工業であればHonda SENSINGがあります。さらに、衝突回避自動ブレーキなどが標準装備されている車種もあり、高い安全性能を実現しています。一方、ハイブリッドカーやEV車が開発されたことから、燃費性能についても向上しています。たとえば、ハイブリッドカーの代名詞ともいえるトヨタプリウスでは、WLTCモードで32.1km/Lも走行可能です。さらに、EV機構を備えたプリウスPHVの場合、ガソリンを使用せずに電気の力で60kmも走行することができるのです。東京都では、人気中古車ランキングの1位がプリウス、4位がアクアという順位になっており、ハイブリッドカーの人気が高いことがわかります。そして、ハイブリッドカー以外にもアルファードやハリアー、ランドクルーザーなどの大きな車の人気があるのも特徴です。その中でもアルファードの人気は高く、街中でもよく見かけるという方も多いのではないでしょうか。アルファードは、見た目はもちろん、インテリアも高級感溢れる仕様になっており、幅広い層から人気が高いのが特徴です。国産ミニバンの中でもトップクラスの広さを実現しており、大人が8名乗車しても、ゆったりと座ることが可能です。その他、ランドクルーザーについては発売当初から絶大な人気を誇っており、フルモデルチェンジされた新型ランドクルーザーについては、納車までに1年以上もかかってしまうほど人気があります。
■車の保有数
東京都はプリウスやアクアなどのエコカーはもちろん、アルファードやハリアー、ランドクルーザーなどの大型車の人気も高いのが特徴です。それでは、東京都の自動車保有台数をみていきましょう。東京都の自動車保有台数は普通車と軽自動車を合わせて3,148,871台となっています。関東の中では埼玉県に次いで2番目に多い台数となっていますが、世帯数が7,252,422世帯なので、実際の自動車保有率は非常に少ないといえます。1世帯あたりの自動車保有台数はわずか0.43台となっており、国内で最も低い数字となっています。東京都の場合、公共交通機関が発達しており、自動車を必要としている方が少ないという背景があります。また、土地代が高く、駐車料金も高くなってしまうため、維持費の観点から車を所有しない人が多いのが特徴です。特に23区の中心部の場合、駐車料金が5~10万円以上することも珍しくありません。そのため、中心部では自動車の保有率が低くなっているのです。ただし、23区外では車を持っている家庭も多く、ハイブリッドカーや軽自動車を見かけることが多いでしょう。実際、レジャー用途だけでなく、通勤などに車を使用している方もいます。もちろん、車を使うということはしっかりとメンテナンスを行う必要があります。決められたメンテナンスを行わなければ、故障の原因となってしまうため、注意が必要です。
■車に起こりえる不具合
車は定期的なメンテナンスを行わなければ、故障してしまうリスクが高まってしまいます。たとえば、定期的にオイル交換を行っていない場合、エンジントラブルの発生リスクが高まります。通常、車種によってメーカーより推奨のオイル交換時期が設定されています。しかし、オイル交換時期を過ぎたまま、走り続けるとエンジンにダメージを与えてしまうのです。メーカー推奨の時期やタイミングでオイル交換を行わなければ、エンジントラブルの発生リスクが高まり、最悪の場合エンジンが壊れてしまうことがあります。また、夜間走行が多い場合はヘッドライトやフォグランプを使用する時間が長くなります。電気系統を多く使用すると、その分バッテリーが消耗していきます。さらに、バッテリーの消耗と同時にオルタネータという発電機の劣化も進んでいきます。オルタネータはエンジンの駆動力を使ってバッテリーへ電気を供給します。つまり、オルタネータの劣化が進むと、供給できる電気が弱まってしまい、十分な電気をバッテリーに送ることができなくなってしまうのです。十分な電気量をバッテリーに送ることができなくなった場合、バッテリーに電気が充電されなくなり、エンジンがかからなくなってしまうこともあります。実際、バッテリーやオルタネータに関するトラブルが多く発生しており、急にエンジンがかからなくなってしまったなんてこともあります。その他、飛び石による窓ガラスの破損も多くあります。特に高級車の場合はデザインを重要視することが多く、マットガードがついていないこともあります。マットガードがついていなければ、小さな砂や石が落ちている道を走行した際、前の車から小石が飛んできて窓ガラスが割れてしまうということもあります。そして、事故を起こしてしまった場合、損傷状態によっては修理ができないこともあります。たとえば、ボディフレームについては、一度歪んだり傷ついたりすると、元通りに修理することはほとんど不可能と言われています。フレームが損傷していると、車が真っすぐ走らないなど、走行に重大な影響を与えてしまうのです。そして、エンジンやトランスミッションなどが故障してしまった場合、修理費用が高額になってしまう傾向があります。そのため、事故車の場合、軽微な破損でなければ、車を手放してしまう方も少なくありません。
■不具合の多い車、古い車種、どんな車でも買取
エンジントラブルが起きている車やフレームが破損している車、さらに損傷状態がわからない事故車でも買い取ってもらうことができるのでしょうか。実際、買い取り専門店であれば、どのような車でもしっかりと査定してくれます。仮にフレームが損傷していたり、エンジンやトランスミッションに不具合が発生していたりしても、しっかりと査定してくれるのです。さらに、走行距離が10万キロ、20万キロを超えているような過走行車であっても、しっかりと査定してもらえます。また、事故を起こしてしまった場合でも、損傷状態に問わず、買い取ってもらえるというメリットがあります。買い取り専門店であれば、自動車としての価値がなくなったとしても、使用できる部品を取り外して再利用したり、海外に輸出したりすることで、利益を得ることが可能なのです。特にアルファードやランドクルーザーなどの人気車種の場合、部品単体でも高値で取引されることが多いです。したがって、破損状態や走行距離、年式に問わずしっかりと査定してくれるのが買い取り専門店の特徴なのです。

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

0120-901-418
WEBフォーム

車が廃車と言われる状態とは?

■車が廃車と言われる状態は?
車を所有する上で、廃車という言葉をよく聞きます。あなたは、この廃車という状態をどういった状態だと思い浮かべますか。例えば、車体がサビてしまって動かない状態、あるいは誰も乗らなくなった状態を連想するでしょう。実は、廃車というのは「車籍を抹消した状態」の事を指します。車籍が存在する限り、例え原形を留めないほどに壊れていても、廃車とは言わないのです。
車籍と言うのは、車の戸籍のようなものです。人間に戸籍があるのと同じく、車にも戸籍があるわけです。この車籍があると、例えもう二度と使えない車だとしても、自動車税が請求され続けます。自動車税は、車の総排気量によって異なります。総排気量が1リットル以下でも年額2万円以上になり、6リットルを超える大型車だと年額10万円以上請求されます。自動車税が高いと家計を圧迫する事になり、家庭の悩みの種が余計に増える事になるのです。そういった事にならないよう、車籍を抹消して廃車にしておきましょう。
■車籍を抹消するには?
車籍を抹消する場合、廃車手続きを行います。とは言え廃車手続きにも3種類が存在し、自分の状況にあった手続きを行わなければなりません。その3種類と言うのが、一時抹消登録・永久抹消登録・輸出抹消登録です。一時抹消登録は車籍を一時的に抹消する手続きで、後でまた車を使うときに行います。永久抹消登録は、もう二度とその車を使わない時に行います。輸出抹消登録は海外に自家用車を持っていくときに行う手続きです。交通事故や車体故障などで車を買い替える場合、永久抹消登録を行いましょう。
永久抹消登録に必要な書類は、車検証・ナンバープレート前後2枚・印鑑(シヤチハタ不可)・移動報告番号と解体記録日が書かれた書類になります。手続きする場所ですが、普通自動車(ナンバープレートが白)か、軽自動車(ナンバープレートが黄)かによって異なります。普通自動車の場合は運輸支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で行いましょう。東京都には、運輸支局と軽自動車検査協会それぞれ5箇所ずつ存在します。ただ、自分の地域に対応する場所で手続きを行う必要があるので、注意してください。対応地域が分からない時は、ナンバープレートの地域名を見れば大丈夫です。陸運局や軽自動車検査協会のページで、対応ナンバーが記載されています。
東京陸運局
住所:東京都品川区東大井1丁目12-17
対応ナンバー:品川・世田谷
練馬陸運局
住所:東京都練馬区北町2丁目8-6
対応ナンバー:練馬・杉並・板橋
足立陸運局
住所:東京都足立区南花畑5丁目12-1
対応ナンバー:足立・江東・葛飾
多摩陸運局
住所:東京都国立市北3丁目30-3
対応ナンバー:多摩
八王子陸運局
住所:東京都八王子市滝山町1丁目270-27
対応ナンバー:八王子
軽自動車検査協会 東京主管事務所
住所:東京都港区港南3丁目3-7
対応ナンバー:品川・世田谷
軽自動車検査協会 東京主幹事務所 練馬支所
住所:東京都板橋区新河岸1丁目12-24
対応ナンバー:練馬・杉並・板橋
軽自動車検査協会 東京主幹事務所 足立支所
住所:東京都足立区宮城1丁目24-20
対応ナンバー:足立・江東・葛飾
軽自動車検査協会 東京主幹事務所 多摩支所
住所:東京都府中市朝日町3丁目16-22
対応ナンバー:多摩
軽自動車検査協会 東京主幹事務所 八王子支所
住所:東京都青梅市新町6丁目18-2
対応ナンバー:八王子
■廃車になる原因は?
自動車が廃車になる原因によって、3種類に分かれます。経年廃車・余剰廃車・事故廃車です。
経年廃車とは、パーツの経年劣化により故障する場合です。ブレーキ・ラジエーター・エンジンの故障が主な原因になります。ブレーキの故障の原因は、ブレーキオイルの劣化やブレーキパッドの摩耗が主です。いずれも、経年劣化が主な原因になります。ラジエーターの故障は、ラジエーター本体やホースの破損による水漏れです。経年劣化が要因ですが、冷却水の交換不足も考えられます。冷却水の交換を怠っていると、内部の樹脂が腐っていきます。そのため、冷却水は適切に交換しましょう。そしてエンジンの故障は、エンジンのオイル切れやオーバーヒートが考えられます。特にオーバーヒートは、冷却水が不足する事で発生率が高くなります。この冷却水不足は、気温の高さにより発生しやすくなります。東京都はヒートアイランド現象が発生しやすく、猛暑日を観測する事も多いです。そのためオーバーヒートも発生しやすいと言えます。また、夏の気温の高さはバッテリー上がりも起こします。暑さによりバッテリー液の比重が小さくなり、性能が低下します。これがバッテリー上がりの要因になり、経年廃車に繋がるのです。
余剰廃車とは、経年劣化により廃車にしてしまう事を指します。経年廃車と違うのは、古くなっただけでまだ車が使える、と言う点です。ただ、古い車は需要が低く、買い手がつかない場合が非常に多いです。その場合に廃車にしてしまう事を、余剰廃車と言うわけです。
事故廃車とは、交通事故によって、車両が大破したり内部が破損したりする事を指します。東京都では、新宿駅・渋谷駅・池袋駅・六本木駅でよく交通事故が発生します。いずれも乗降客数が多い駅で、その分車の数も多くなるのでしょう。また、杉並区の大原陸橋下は、交通事故多発ポイントです。陸橋と言う事もあり、見通しが悪い事が交通事故の原因になるのでしょう。また大原陸橋下は、環七通りと甲州街道が交わる地点が2箇所存在します。交通量の多さが交通事故を発生させています。さらに杉並区では、杉並井草でも交通事故多発地点があります。それが、ライオンズ石神井サウスマークスがある交差点です。環八通りと千川通りが交わる地点があり、すぐそばには旧早稲田通りが交わる地点も存在します。併せて3本の道路が交差する事になり、交通量の多さは東京都隋一です。他、国道4号線の上野駅から台東一丁目交差点までの区間、元町二丁目交差点、新橋駅から銀座一丁目駅までの間の道路なども、交通事故が多発する場所になります。
■廃車買取をおすすめできる理由は?
交通事故や故障などで車が使用できなくなった時、車の処分に困る事でしょう。しかし故障した車は、中古車買取では査定自体が不可能になる事が多いです。つまり買い取ってもらえない場合がほとんどなのです。ただ、故障した車や事故車でも査定を行ってくれるサービスをご存じですか。それが、廃車買取業者です。どのような車でも査定してくれるので、おすすめです。なぜこのような事が可能なのかと言うと、破損した車両や大破した車両から、まだ使用できる部品を見つけ出すからです。そしてその部品を、独自のルートで販売しています。例え利用できる部品がなかったとしても、車のボディを鉄くずとして販売します。そのため、廃車を買い取ることで利益を上げられるのです。
■廃車買取を依頼する上でおすすめできる業者の特徴は?
中でも、レッカー代が無料だったり、どのような車でも査定が可能だったりする廃車買取業者は、おすすめです。豪雨災害や津波などで冠水した車でも、いざという時に頼れます。それにレッカー代が無料ですと、査定額が低くても利用者にとって得になります。カーネクストでも、レッカー代を無料で対応し、冠水車や事故車でも査定いたします。さらに廃車手続きも無料で対応いたします。煩雑な手続きもカーネクストにお任せください。

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

0120-901-418
WEBフォーム