オーナーからのメッセージ

埼玉隋一の紅葉、国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県には、多数の紅葉の名所があります。その中でも人気なのが、国営武蔵丘陵森林公園。ちょうど今の時期に、見頃を迎える紅葉スポットです。東京ドーム65個分の広大な敷地を擁する公園ですが、中でもカエデ園の紅葉が美しいものです。昼に見ても美しいですが、夜間のライトアップはさらにおすすめです。闇夜に浮かぶカエデは、異世界のような景色を見せてくれます。紅葉の見ごろに合わせて、「もみじぃの魔法 de Show」といった音と光のアトラクションも楽しめます。お子さんも楽しめるので、休日のお出かけにおすすめです。そんな国営武蔵丘陵森林公園ですが、深谷市・熊谷市・行田市・東松山市などに囲まれた立地になっています。周囲の道路は交通量も多く、交通事故もよく発生します。もしあなたが交通事故に遭われたときは、北本市のカーネクストに是非お任せください。廃車買取であなたのお力添えをいたします。

更新日: 2021-11-22

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例 ●ダイハツ テリオスキッド 買取価格:2,000円 年式:平成…続きを見る

北本市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASS費用

どんな車も0円以上で買取!

0円
鳥

北本市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。北本市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために北本市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

北本市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの北本市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料

北本市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの北本市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!北本市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料! 北本市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので北本市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート! 商業車や北本市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

北本市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、北本市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある北本市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは北本市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

北本市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、北本市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、北本市へすぐに駆けつけます。

北本市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車にかかる費用はどれくらいですか?
    カーネクストでは廃車にかかる費用は、お引き取り~廃車手続き完了まで一切かからないのが特徴です。
    「費用は無料」は当たり前の様な気もしますが、廃車買取業者の中にはホームページ上では費用は無料と記載しつつも実際は、「動く車の場合」や「面倒な手続きが発生しない場合」のみというケースもございます。
    お客様にとってご利用しやすい廃車買取業者は掛かる費用が明確であることです。カーネクストでは廃車にかかる費用は一切なく、追加費用も一切かからないサービスを徹底しております。ご質問にも明確にお答えいたします。
  • 廃車をする際に、リサイクル券は必要ですか?
    リサイクル券はリサイクル料金を支払った事を証明する物です。
    廃車時はリサイクル券も必要となりますが、もしお手元にない場合はまずはカーネクストにご連絡ください。車検証をお手元に用意していただき、オペレーターへナンバープレートの番号と車台番号をお伝えいただければ、リサイクル料金の支払い確認ができます。
    通常ですと、平成17年以降に購入した自動車はリサイクル料金を支払い済みになります。ただ例外もあり、未払いの場合はカーネクストにて自動車のお引き取り後にリサイクル料金をお知らせし、お支払いいただきます。
  • 廃車後の自動車税の還付金について教えてください。
    毎年4月1日時点で自動車を所有している場合、1年分の自動車税を前払いする必要があり、廃車した際には残っている期間の分だけ月割計算で還付されます。カーネクストにお申込みいただきますと、カーネクストが抹消登録を代行することで自動車税の還付もされますのでお客様自身で還付に関する手続きは不要です。
    その他還付金などで気になる事がございましたら、お電話にてご質問ください。
  • 廃車時に自動車保険を解約したいけど必要書類は送ってくれるの?
    保険会社が必要とする廃車証明書や契約書は全てカーネクストにて揃いますのでご安心ください。
    任意保険はお客様自身で解約する必要がございますが、自賠責保険は通常の場合、車検についているものですのでお客様ご自身で解約手続きをしていただく必要はございません。

車検切れの車を買取ができる理由

私達の生活で長距離から短距離まで移動をするのに便利な車。こうした車は購入金額も高いですが、その後の維持費も結構かかるものです。人によってはこの維持を疎かにすることで、車検切れの状態になってしまうこともあります。もし、そのような状態になった場合にあなたはどうしますか?今回は車検切れになった車の処分方法をご紹介します。

自家用車を持っている人は必ず車検を受けなければなりません。忙しいとどうしても先延ばしにしてしまいがちですが、そうなると車検切れが起こることにつながります。車検が切れてしまった車で公道を走行することは法律で禁止されています。車検切れの車で公道を走行した場合は、罰則として6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになります。また交通事故を起こしてしまったら、車検切れと自賠責保険切れの罰則だけではなく、実刑が伴うこともあります。

では、車検切れになってしまった場合、お客様がとれる方法には何があるでしょうか?例えば車検切れの対処としては、仮ナンバー制度で再び乗れるようにする方法があります。しかし、役所への手続きや自賠責保険への加入手続きなどご自身で行わなければならない作業が多いです。もちろん専門業者に代行してもらうことは可能ですが、手続きの代行には費用がかかります。そんな時におすすめなのが廃車買取です。廃車買取業者であれば車両の運搬や廃車手続きなども無料で代行してくれます。また無料査定も行っていますので、後から料金を請求される心配はありません。このことから買取に出した方がお客様にとってメリットがあるのはお分かりになっていただけたかと思います。

なぜ、このような車検切れの車の買取ができるかというとお客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。お客様としては無料で廃車手続きを行ってもらえるだけでなく、買取に伴う売却益を得ることができます。一方で、業者側のメリットとしては、輸送および販売の際に車検切れによる影響はないため、車の状態が良ければ好条件で販売を行うことが可能となり、その利益を得ることができるのです。

廃車買取のカーネクストでは車検切れになってしまった車も高く買取をしています。北本市のカーネクストでは明瞭な価格設定や買取保証はもちろん、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料で行っています。車検切れの車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

埼玉県の廃車買取費用

埼玉県の特徴
埼玉県は海に面していない内陸県の1つで「市」の数が40あり全国1位の県です。隣接している東京のベットタウンとして位置づけられています。地域的には自然豊かな秩父エリアには国指定の名勝長瀞渓谷や羊山公園の芝桜があり、川越には「小江戸」と呼ばれる蔵造りの街並みも堪能できます。また、さいたま市大宮には鉄道博物館もあり人気です。埼玉県は全域に観光名所も豊富にあります。道路状況については東北・関越・東京外環・圏央道の4本の高速道路と主要国道が整備されています。市街地は道幅が狭いところも多く歩行者や自転車に気をつけて運転をすることが必要です。それでは、一体どれくらいの県民が自動車を所有しているのでしょうか。
埼玉県の自動車車保有事情について
埼玉県の自動車の登録台数は321万台です。全国で比較すると2位の保有台数になります。ちなみに一都三県で比較すると、東京都で309万台、神奈川県で304万台、千葉県で281万台です。また違う視点も見てみます。世帯数から保有台数を計算すると、埼玉県の世帯数は335万世帯ですので、1世帯当たり0.95台保有しています。一都三県では東京都は0.42台、神奈川県で0.69台、千葉県で0.96台で2位になっています。要因としては生活の基盤として自動車の利用が高いことが挙げられます。電車などの交通網も、歴史的背景から南北方向に放射状に発達しているので、東西のアクセスについては不便なところもあります。そのことが自動車普及率に繋がるとも考えられます。つまり、1世帯に1台近く保有していることは、交通網が発達していても通勤や買い物、家族の送迎などで利用することもあることが分かります。
埼玉県の道路事情について
埼玉県の道路事情として年々増加する自動車に道路整備が追いつかず慢性的な渋滞が多くみられます。しかも貨物輸送の99%は自動車で賄っていることもあり、常に道路は混んだ状態です。特に東京都に隣接する県南エリアについては、都心に密接に関わっていることもあり、交通集中が起こり混雑します。また市街地は道幅が狭い場所もあり、右折レーンが未設置の交差点で右折車による渋滞も発生します。
埼玉県の事故件数
埼玉県の事故件数は令和2年で総件数144601件で物損事故件数が127484件です。一般道での事故件数が9割以上を占めており、特に前方不注視や安全不確認・一時停止をしないなど安全運転義務違反による事故件数が多くなっています。特に16時~22時の夕方から夜にかけて死亡事故も多くなっているので、その時間帯は気をつけて運転することが必要です。日々安全運転を心がけて、交差点での歩行者や自転車、対向車に注意して走行していきましょう。
埼玉県で廃車される車の件数
 2020年度の埼玉県で廃車された車の件数はおよそ15.6万台です。安全に運転していても万が一物損事故を起こしてしまう可能性も否定できません。特に埼玉県は交通量に比例して物損事故も多い地域ですので接触するリスクも高まります。また、定期的にメンテナンスをしていてもある日突然動かなくなってしまうこともあります。自動車の部品数は約3万個です。修理する際に、エンジンなどは高額な修理費になってしまうこともあります。まだ自走出来る状態であれば買取してもらえますが、自走不能になってしまった状態であれば廃車にする必要が出てきます。それでは、廃車にしなければならなくなったときにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
埼玉県で自分で廃車する方法について
廃車の手続きは運輸局で行います。埼玉県では埼玉運輸支局・熊谷自動車検査登録事務所・春日部自動車検査登録事務所・所沢自動車検査登録事務所の4つがあり、廃車手続きをすることが出来ます。廃車をする際には印鑑証明書が必要です。廃車費用としてあげられるのは申請費用と解体費用、リサイクル料金、自走できない場合のレッカー代などです。ひとつずつ内訳をお伝えしていきます。まず申請費用ですが、永久抹消登録と一時抹消登録があり、金額は永久抹消登録は無料、一時抹消登録は印紙代350円で手続きが出来ます。次に解体費用です。自動車の解体については専門の業者に依頼することになります。個人での解体は現状困難です。費用については業者にもよりますが、約2万円~3万円程かかります。また、2005年以前の新車購入した際にはリサイクル料金もかかります。金額は7000円~2万円です。ただ、2005年以降に新車を購入した場合は、新車購入の際に前払いをしているので費用はかかりません。また、自動車が動かない場合や車検が切れている状態だとレッカー代も必要です。輸送距離によって異なりますが1万円~1万5千円が上乗せされます。支払う費用ばかりを説明して来ましたが、戻ってくるお金もあります。還付金です。戻ってくるのは自動車税と自動車重量税です。自動車税は毎年1年分の税金を納めていますが、抹消登録した翌月より翌年の3月までの残金が還付金として戻ってくることになります。自動車重量税は新車購入時や車検の時に納める税金です。車検証の中に必ず入っているものです。これも車検の有効期限が1か月以上ある場合には還付の対象になります。税金については排気量の大小によって税率も異なっていますので、詳細は調べてみることをお勧めします。どれだけ還付金が戻ってくるかで、現状かかる費用の穴埋めにもなります。
埼玉県で廃車をディーラーに依頼する方法について
廃車手続きに関して時間的にも難しく自分で行うことも厳しい場合は、ディーラーにお願いするのも手です。面倒な手続きや解体もすることなく、全て代行をしてくれるので廃車するにあたりハードルを下げることが出来ます。ただ、代行してもらう分、ディーラーには自動車の引き取り・代行手数料がかかります。一般的な相場は1万円~2万円程です。トータルで考えると2万円~8万円はかかってしまい、費用負担は自分で行う場合に比べて高くなることは頭に入れておく必要があります。
買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
廃車を自分で行う場合とディーラーで行う場合について現状をお伝えしてきました。廃車にする際、費用がかかってしまうことがネックです。それでは、廃車費用を低く押さえることは可能なのでしょうか。埼玉県で廃車費用を低く抑える為には「買取業者」を利用することも出来ます。カーネクストでは申請手続きや自動車の解体作業、自動車税などの還付金の対応についても無料で行うことが出来ます。そしてその際にかかる費用はありません。買取業者は資源として自動車を取り扱います。例えば自動車のパーツは量も多いので、交換用に再利用したり、鉄資源に価値を変えることも出来ます。つまり買取業者は買取や下取り価格がつかない自動車でも価値を付け、独自のルートで販売するシステムを構築しています。買取業者を利用することで、万一事故を起こしてしまい自動車を廃車することになった場合には心強い味方になってくれます。自動車はどんなに安全運転を心がけてもリスクがある乗り物です。何かあった際にはカーネクストにお気軽にご相談ください。独自の方法での査定は随時行っています。

埼玉県の車処分方法

現在使用している自動車を処分したいと思っている方々もいらっしゃると思います。ただ、自動車の状態によって処分方法は様々です。個々どのように処分するのが適正か知っておくことは大事なことです。これから、埼玉県で車処分をできる場所と方法についてこれからお伝えしていきます。
埼玉県で車処分ができるところ:買取業者
埼玉県は自動車保有台数が321万台で全国2位の台数です。車処理を考えた時に浮かぶのが買取業者による売却です。買取業者は自動車の価値を判断して査定し、自動車を買い取ります。できれば少しでも高く買取してほしい、信頼できる買取業者なのか知りたいのがユーザーの本音としてあります。信頼できる買取業者かを見極めるためには、ひとつの方法としてJADRI(ジャドリ)に加盟しているか確認するのも手です。JADRIは中古車の売買や流通を円滑に実施できるようにする団体です。会員として登録されるためには、査定や買取に関して審査基準を厳しく設けており、その審査を通過した優良買取業者のみ登録されています。例えばさいたま市には3社登録している業者がありますので、そこから査定の依頼をしてみるのも良いでしょう。それ以外にも地域に根付いた優良買取業者はありますので、地域の評判を確認しながら探してみるのも手です。
埼玉県で車処分ができるところ:ディーラー
新車購入を行う時に、以前使っていた車を手放し乗り替える場合もあります。その際には、ディーラーに処分を依頼することも可能です。メリットは、新車購入と車処理が一度に行えることです。もし個人で自動車を処分するときには業者に依頼をしなければなりません。複数のところで対応してもらうより、今後メンテナンスも含め新車購入をしたところで集約できれば利便性にも優れます。埼玉県の交通機関は放射状に伸びていることもあり、都心に移動するのは楽ですが、環状方向に動くときには自動車の利用が多くなる地域です。買い替える前提であれば、ディーラーに処分を依頼することも検討材料になります。
埼玉県で車処分ができるところ:処理業者
買取価格が付かない、事故などで故障していて自走することが困難な場合には廃車処分にすることも考えられます。自動車を解体する業者は専門知識が必要になります。特に自動車リサイクル法が施行されているので、エアコンの冷房等に利用されるフロン類の回収等も登録者でないと行うことができません。例えば、さいたま市で解体業者として許可されている業者は18社あります。自動車部品は約4万点あります。故障したときパーツ交換の需要は新品でなくても中古品で交換することで、安価に修理できるメリットもあります。自動車処理業者は、細かく部品を分けて再利用をしています。解体業者は各自治体のホームページに掲載されていますので、確認してみると良いでしょう。
埼玉県の管轄の運輸局
埼玉県には4つの運輸局があります。埼玉運輸支局(大宮・川口ナンバー)・春日部自動車検査登録事務所(春日部・越谷ナンバー)・所沢自動車検査登録事務所(所沢・川越ナンバー)・熊谷自動車検査登録事務所(熊谷ナンバー)があり、管轄の運輸局で手続きをすることになります。また軽自動車については、軽自動車検査協会埼玉事務所・春日部支所・所沢支所・熊谷支所の4か所あります。今まで埼玉県の車処分できる場所についてお伝えしました。それではどのような方法で処分したらよいのでしょうか。
「下取り」で車を処分する方法
自動車の処分に関して新車購入する時によく使うのが「下取り」です。ディーラーから購入する時に、以前使用していた自動車を処分することで手間が省けます。それに加えてほとんどの場合、下取り額を新車購入に充当してくれます。そう考えると、考え方を変えれば新車購入の際の値引き額でもあることを意味します。ディーラー側の本音とすれば、新車購入してもらうことが目的になります。営業マンとのやり取りの中で、値引き交渉はあると思います。販売台数の目標もある中、値引き額は月によって違うにしても、決算期など販売台数を増やす必要がある場合には値引き額も大きくなります。ただ、新車自体の値引き額を多くすることは得策ではなく、メーカーのブランド力の低下を招いてしまします。そのため、通常であれば下取り価格がつかない自動車であっても、そこに金額をつけることで値引きしているのです。下取り価格と値引き額の合計が、ディーラー側で定められている値引き額を超えなければ、自動車の価値以上の金額で下取りを行うことが可能です。ですから、買取業者等で価格がつかない自動車であっても、新車購入する前提がある場合は、ディーラーの下取りは処分費用も掛かることなく値引き幅を引き上げることも可能になります。特に年数が経っている場合には、買取には不利な条件が多くなりますので利用価値は高いと言えるでしょう。
「売却」で車を処分する方法
自動車の処分を考えるときに「売却」も考えられます。年数がそれ程経っていない、走行距離が少ないなど、自動車に価値がある時には、買取業者に依頼することで高値で買い取ってもらえることが多いのでおすすめです。売却する時には複数の業者に査定してもらい、競合させることで更に高い金額で売却できる可能性もあります。理由としては、買取業者は少しでも高い金額を提示しなければ買取することができなくなり、ライバル業者に流れてしまうからです。しかし、複数の業者に依頼するのは手間も掛かり躊躇してしまうこともあるかも知れません。その時には「一括査定サービス」の利用はいかがでしょうか。こちらは登録も簡単で、売りたい自動車のメーカー・年数・走行距離・個人情報の入力を行えば、提携している複数の買取業者に依頼を同時に掛けることが可能です。
「譲渡」で車を処分する方法
友人や知人に対して自動車を「譲渡」することも処分方法としてはあります。当事者同士のやり取りが必要になりますが、業者を介入しない点がメリットです。確かに手間はかかります。ちなみに必要な書類を明記しておくと譲渡証明書・自動車車検証・当事者同士の印鑑証明書・当事者同士の実印・委任状(代理人が申請する際には必要)・車庫証明・申請書と多岐にわたります。トラブルや問題にならないように、双方でしっかり確認しながら行いましょう。申請に関しては管轄の運輸支局で行います。
「廃車」で車を処分する方法
自走できない自動車や長期間乗らない場合には、処分方法として「廃車」にすることも手段としてあります。廃車については2種類あり、永久抹消登録と一時抹消登録です。状況に応じて使い分けることが大事です。永久抹消登録は自動車を完全に解体してしまう登録です。事前に解体業者に依頼をして解体証明書を作成してもらってから所轄の運輸支局で申請します。一時抹消登録は一時的に自動車を使わなくなったときに廃車にすることで自動車税を納入しなくてよくなる申請です。どちらの場合においても、事前に支払っている自動車税や自動車重量税の有効期限が1か月以上残っている場合には還付金として受け取ることもできます。乗らない自動車を登録したままにしておくと税金も掛かってきますので、節税対策としても考えておくと良いでしょう。カーネクストでは、廃車の手続きも無料で代行しています。車の処分を考えると様々な方法がありますが、廃車の専門業者も視野に入れておくと状況に応じて一番よい処理方法を考えることができるでしょう。

0120-901-418
WEBフォーム

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<BR>

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<BR>

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

北本市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
北本市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
埼玉県北本市  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>