オーナーからのメッセージ

姫桜でプリプリのもつ鍋を堪能しよう

11月も終わり、北海道はこれからさらに寒さを感じます。鍋料理で体を温めたいところですね。すすきの駅から徒歩2分の場所にある、桜姫がおすすめです。こちらは和牛のもつ鍋が名物です。プリプリのもつはコラーゲンが豊富で、お母さんにとって非常にうれしいところでしょう。桜姫のもう1つの名物が、馬肉です。桜肉の寿司食べ比べや馬刺し3点盛りなど、もう一度来てでも食べたいグルメが盛りだくさんです。美味しいもつ鍋や馬刺しにお腹を満たせば、眠気を感じる事もあるでしょう。眠気は車の運転において非常に危険です。判断力が下がり、思わぬ交通事故を起こす危険性もあります。万が一の交通事故の際、稚内市のカーネクストが廃車買取でお力添えさせていただきます。お気軽にご相談ください。

更新日: 2021-11-22

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例 ●ダイハツ テリオスキッド 買取価格:2,000円 年式:平成…続きを見る

稚内市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASS費用

どんな車も0円以上で買取!

0円
鳥

稚内市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。稚内市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために稚内市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

稚内市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの稚内市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料

稚内市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの稚内市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!稚内市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料! 稚内市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので稚内市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート! 商業車や稚内市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

稚内市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、稚内市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある稚内市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは稚内市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

稚内市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、稚内市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、稚内市へすぐに駆けつけます。

稚内市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車の引き取りは平日のみですか?
    廃車の引き取りは平日はもちろん土日祝日も行っております。
    ただし、年末年始やゴールデンウィークなどの一部祝日にはお引き取りができない可能性がございます。コールセンターへのお問い合わせは年中無休でお受けしておりますので、希望日についてご相談ください。
    カーネクストは現在多くのお客様よりご依頼いただいており、お客様の多くは土日祝日にお引き取りを希望されております。土日などの休日に廃車をしたいとお考えのお客様は出来るだけ早くお申込みをいただくようお願いいたします。また、早くお申込みいただくと「早割」キャンペーンをご利用いただけてよりお得に廃車ができます。
    平日しか予定が合わず、お立ち会いが難しい場合はお立ち会い無しでの取引も承っております。まずはコールセンターにお気軽にご相談ください。
  • ディーラーのローンが残っている車を廃車にできますか?
    許可なく処分はできませんのでご注意ください。ローンを組み所有者がディーラーなどの法人の場合は許可なく処分はできず、所有者がローン会社の場合でも同じです。
    ローンが完済していればカーネクストで自動車の解体を行えますのでまずはローンの返済をお願いいたします。
  • 離婚した配偶者の車を廃車手続きしたい
    廃車手続きは可能でございますが、まずは所有者への連絡が必要です。
    廃車手続きを行う上で運輸支局では所有者の印鑑証明書と実印が押された譲渡証明書と委任状がそれぞれ必要になります。車検証に記載されている所有者と連絡が取れない場合は廃車手続きができませんのでご注意ください。
  • 新車の納品日に合わせて引き取りはできますか?
    納品日に合わせてのお引き取りはできます。
    カーネクストでは廃車のお引き取り日時をお客様にご指定頂いております。土日祝日含め朝9時より夜18時頃までの間でお引き取り時間を指定できます。もしお客様の都合上18時以降のお引き取りをご希望でしたら、柔軟に対応させていただきますのでご安心ください。
    ※お時間の指定に関しては午前・午後でご指定頂けます。お時間の詳細につきましてはお引き取りの前日に担当営業所、もしくはドライバーよりお打合せさせていただきますのでご安心ください。

多走行車を買取することができる理由

私達の生活において時間の短縮に役立ち、かつ快適な移動もできる便利な車。職場への通勤だけでなくプライベートで出かける際など、いろいろな場面での移動手段として使用されている方も多いと思います。車は購入金額が高いだけでなく、その後の維持費もかかるものです。自動車の走行距離数が長くなると、定期的なメンテナンスや部品交換でお金がかかります。そのような状態になったらあなたはどうしますか?今回は多走行車の処分方法をご紹介します。

多走行車とは、年式に比べて走行距離がある車のことを指します。多走行車についての厳密な基準はありませんが、一般的に10万キロ以上走っている車は多走行車に分類されることが多いです。また、10万キロに達していない車であっても、1年で1万キロ以上の走行距離がある車だと多走行車と判断されてしまうことがあります。

もちろん、多走行車であっても、部品交換作業などメンテナンスを行うことにより従来通り運転することが可能です。しかし、メンテナンスには手間ひまがかかります。修理業者へ依頼すればすぐに対応してもらえますが、それだけお金がかかります。2年おきの車検に加え、メンテナンス作業ともなれば、車を維持するのにかなりの負担を要することになります。そんな時におすすめなのが廃車買取業者です。廃車買取業者であれば中古売買を行う業者が買取らない多走行車であっても、買取ってもらえる可能性があります。また車両の運搬や廃車手続きについても無料で代行してくれます。

なぜ、このような多走行車を買取ができるかというと、お客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。具体的には、お客様としては無料で廃車手続きを代行してもらえるだけでなく、きちんと売却益も得られます。一方で、廃車買取業者としては、走行距離が長い車であっても得られる利益にはあまり影響がありません。なぜなら国内の中古車市場で需要のない多走行車であっても、海外に輸出し中古車として販売することができるからです。もし車自体が買取不可能な場合であっても、車体を分解して使える部品を取り出し、中古パーツとして販売することも可能なのです。

廃車買取・処分のカーネクストでは稚内市にて多走行車を高く買取しています。カーネクストは独自の海外輸出販売ルートを保有しております。走行距離の長い車であっても海外ではまだまだ需要があります。レッカー引取りも諸手続きに関しても全て無料で実施しています。多走行車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

北海道の廃車買取費用

北海道の車事情
北海道は日本で最も面積が大きい県です。その広大な土地には公共交通機関が整備されていますが、あまりにも広すぎるため交通機関が行き届いていない地域も多くあります。そして、その広い土地ならではの「札幌まで200km」や「ガソリンスタンドまで50km」などの看板もあります。さらに、冬には雪が積もり、電車が止まることもあります。そのような寒くて雪が降る広大な土地の北海道では、車が必需品とも言えます。それでは、一体、どれくらいの県民が車を所有しているのでしょうか。
北海道の車保有事情について
北海道の運輸局は札幌、函館、旭川、室蘭、釧路、帯広、北見の7つに分かれています。それぞれの乗用車の登録車数を見ると、札幌が130万台で県内トップの台数です。北海道全体では280万台となります。台数だけではイメージがつきにくいかもしれませんが、人口が多い東京では310万台、大阪では280万台で、同等の保有台数となっております。そして、世帯数から保有台数を計算すると、北海道の世帯数は279万世帯なので、1世帯当たり1台以上保有していることになります。一方、東京では、1世帯当たり0.4台、大阪では1世帯当たり0.6台となります。この数値から北海道の自動車保有率の高さがわかります。東京や大阪では公共交通が広い範囲で整備されているため、車を必要としない世帯も多くあります。しかし、日本最大の面積である北海道では都市部を除き、車がなくてはならないのかもしれません。そのような背景から自動車を保有している世帯が多いと言えます。
北海道の道路事情について
北海道は道路が広いことでも有名です。どこか、海外をイメージさせるようなまっすぐに伸びた道はドライブやツーリングにも人気があり、北海道を訪れる観光客の間でも、湖や牧場などを横目に見ながらドライブできる有名なドライブ・ツーリングコースがあります。しかし、冬になると雪が積もり、除雪車が道を行き交うこともしばしばあります。また、10月頃からスタッドレスタイヤの装着を考える人が増えてきます。都市部の札幌でさえも、積雪量が50cmを超えることもあります。郊外にいけば、100cm以上の積雪になることもあり、スタッドレスタイヤだけでは走ることができないこともあります。しかし、雪国ならではの対策がなされています。たとえば、除雪車による道路の除雪作業です。さらに、塩化カルシウムなどによる融雪剤の使用により、凍結を防止する対策もされています。アイスバーンと呼ばれる路面が氷で覆われた現象が起こると、スケートリンクの上を運転するくらいすべりやすくて危険と言われています。しかし、除雪車や融雪剤など、雪国ならではの対策により、県民の生活道が確保され、公共交通機関が止まったとしても自家用車で移動することができるのです。ただし、雪への対策の反面、融雪剤によって車の底面が錆びることがあります。融雪剤には塩化カルシウムという塩分が含まれています。その塩分と雪や氷などの水分が反応して、錆が発生するという仕組みです。アイスバーンを防ぐために道路に散布される融雪剤ですが、その道路を走行し、そのまま車を放置していると塩分と水分によって車体の底面が錆びていってしまいます。日ごろから下部洗浄を行っていれば問題ありませんが、頻繁に車の底を洗浄することは場所や設備の面から難しいと言えます。さらに、底面が錆びてしまった自動車は売却時に下取りの値段が付かなかったり、買取してもらえないこともあります。なぜなら、底面の錆というのは車体だけでなく、駆動系やサスペンション、ブレーキや吸排気などすべてに影響を及ぼしている可能性があり、それを修理するほうが高くなることが一般的だからです。したがって、錆が酷い車は買取してもらえず、最終的に廃車を余儀なくされてしまいます。
北海道で自分で廃車する方法について
廃車手続きは管轄の運輸局で申請することができます。北海道には先述の通り、札幌、函館、旭川、室蘭、釧路、帯広、北見の7か所に分かれています。廃車手続きの流れとしてはナンバープレートを返却する必要があります。そして、車両の解体が必要となります。また、運輸局では廃車手続きの申請費用がかかり、運輸局に行く時間や費用もかかってしまいます。さらに、解体についても解体業者に依頼する場合は解体費用がかかってしまいます。したがって、廃車にしたくても運輸局での廃車手数料と解体業者への解体費用がかかってしまうのです。
北海道で廃車をディーラーに依頼する方法について
自分で廃車手続きを行うのは時間的にも費用面でも厳しいという方はディーラーに依頼する方法もあります。ディーラーに依頼する場合は運輸局での手続きや解体についても代行してくれるため、面倒な手続きが必要なく、簡単に廃車することができます。しかし、諸手続きをディーラーが代行してくれるため、手続き費用として2万円程度かかってしまいます。さらに、自宅からの運搬料金やディーラーから解体業者への運搬料もかかることもあります。そのため、ディーラーに廃車を依頼する場合、合計で8万円以上かかることもあるため要注意です。自分で廃車をする場合は業者へ依頼するための手数料はかかりませんが、運輸局での手続きや解体業者への依頼、それぞれの手数料がかかります。しかし、自分で廃車手続きをする場合もディーラーへ依頼する場合も「還付金」を受け取ることができる場合があります。還付金というのはすでに支払った自動車税の残りが返金されるというものです。還付金の金額については廃車を行う月や車種によって変わりますが、運輸局や解体業者への手数料の足しにはなるでしょう。
買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
自分で廃車手続きをすることも可能ですし、ディーラーに依頼することも可能です。しかし、どちらも廃車をするために費用がかかってしまいます。自分で行う場合でも運輸局では1000円程度かかりますし、解体費用は車種によりますが1~3万円程度かかります。さらに、車両の運搬費用がかかり、合計で5万円程度かかることがあります。また、ディーラーに依頼する場合はディーラーに対して代行手数料を支払う必要があるため、合計で8万円程度かかる場合があります。では、廃車費用を節約する方法はないのでしょうか。北海道で廃車費用を最大限に節約する方法は「買取業者」へ廃車を依頼する方法です。買取業者へ廃車を依頼すれば、費用も抑えられ、簡単に廃車をすることができます。通常、値段が付かない車両は解体費用を請求される場合があります。しかし、カーネクストでは独自の方法で車両の査定を行うことができるのです。さらに、面倒な運輸局での手続きについても代行してくれるため、時間が取れない方でも安心して依頼することができます。そして、車両の解体や自動車税の還付申請についても無料で代行してくれるため、手軽に廃車を依頼することができ、還付金を貰うことができるのです。買取業者へ廃車を依頼することは、買取や下取りで査定金額が付かない車両でも解体費用や廃車手数料がかからず、自宅や車両を保管している場所から無料で引き取ってくれるため、還付金を貰ってお得に廃車を依頼することができるのが特徴です。

北海道の車処分方法

北海道で車の処分にお困りではりませんか?車の処分は、現在の車の状況に応じて適正な方法が変わってきます。ご自身の車をどのように処分するのがメリットになるか、方法を知っておくことは今後の役に立ちます。今回は北海道で車処分ができる場所と方法についてお伝えしていきます。
北海道で車処分ができるところ:買取業者
北海道で車処理ができる場所としての1つ目は「買取業者」です。北海道は面積も全国で一番広いこともあり、地域によっても偏りがあります。一番困ることは多数ある買取業者のどこに依頼すればよいのかだと思います。できれば少しでも高く買取ってもらえる業者にお願いしたいものです。そして買取業者が信頼できるのか知りたいのが本音です。信頼できる自動車買取業者を探す方法は、「JADRI(ジャドリ)」という団体に加盟しているかどうか確認することをおすすめします。JADRIは中古車の流通を円滑に行うための査定や買取に関して審査基準を設けており、その審査を通過した優良買取業者のみ会員として登録されています。例えば札幌市であれば5社が登録されていますので、まずはそこから検討してみるのも良いでしょう。それ以外にJADRIに登録されていなくても地元に根付いた企業もありますので口コミなどを確認しながら探してみるのも良いでしょう。
北海道で車処分ができるところ:ディーラー
例えば北海道で新車購入する場合、以前使っていた自動車を処理するのであれば「ディーラー」にまずは相談することが多いでしょう。なぜなら新車購入時に話が聞けて、手続きの手間が省けるからです。特に北海道は自動車が生活の足になっていることもあり、郊外に行くほど需要は増していきます。複数のところで対応してもらうよりは、今後も購入したところでメンテナンスを受けることを考えると、利便性には優れているといえます。一般的に車を買い替える際に下取りをする人が多いのは、このようなメリットがあるからだと言えます。
北海道で車処分ができるところ:処理業者
自動車が事故や故障で動かすことが困難な場合は買取業者や下取りでは金額が付かない場合もあります。その際は廃車にする必要があり、「処理業者」に依頼することになります。北海道では、「北海道自動車処理協同組合」があり健全な再資源化事業を行うために組織団体を作っています。ホームページには北海道の各管内の会員名簿が掲載されています。例えば、石狩管内(札幌市のみ)だと11社登録されています。特に、自動車のパーツは多岐にわたります。仮に動かない自動車だとしても、パーツがまだ再利用できれば、中古部品を利用して修理をリーズナブルに行うことも可能です。解体業者は自走不能な状態の車を買い取り、再利用できるように個々のパーツに分類することで、利益を生み出しています。
北海道の管轄の運輸局
北海道には7か所の運輸局があり、札幌運輸支局・函館運輸支局・旭川運輸支局・室蘭運輸支局・帯広運輸支局・北見運輸支局・釧路運輸支局です。他県と比べると運輸局が多い感じがしますが北海道の面積も広いので、ナンバーの登録や、廃車処理などについてはなかなか手間がかかります。それでは、車を処分する方法についてお伝えしていきます。
「売却」で車を処分する方法
車の処分方法の1つ目は「売却」することです。売却する車の買取価格は買取業者によって異なる場合が多いので、複数の業者から査定してもらうことがポイントです。なぜなら、買取業者は競合他社よりも少しでも高い金額を提示しなければ、買い取れなくなってしまうからです。そのためにも多数の業者から査定を行うことをおすすめします。しかし、複数査定させるには時間も手間もかかるのがデメリットです。ただ、一度に複数業者に査定依頼ができる「一括査定サービス」の利用もあります。このサービスを使えば、売りたい自動車のメーカー、年数、走行距離、個人情報等を入力することで提携している複数の車買取業者に問い合わせも可能です。査定金額を引き上げるためには、純正パーツに戻すことや車内清掃を行うことで改善される場合があります。事前に準備しておきましょう。
「下取り」で車の処分をする方法
車の処分方法の2つ目は「下取り」に出すことです。一般的には、下取りよりも買取業者に売却する方が車は高く売れます。しかし、メリットはあります。ディーラーは新しい車に乗り換える際に、古い車の処分を代行してくれるので手間を軽減してくれます。そして新車購入の資金に充当することができます。すなわち、下取りの際に発生する下取り価格というのは、実質的にいうと新規に購入する車の値引額として考えることもできます。通常ディーラーが新車を販売するときには、あらかじめ値引額が決まっています。実際、新車購入した人だと経験があるかもしれませんが、販売営業マンと値引き交渉をすることが多いと思います。その際に、ディーラー側は値引き額を低く抑えたいのが本音です。ただ、決算期のように月によって値引き額も異なってきますので割引幅は変動します。そう考えると、一律の金額で値引きをしたとは言いにくい為に、敢えて下取り額を提示することになります。もし、下取りに出した車の価値が0円のような場合にでも、下取り価格と値引き額の合計があらかじめ決まった値引き額を超えなければ、価値以上の金額で下取りしても良いことになります。ですから、もし買取業者で価格が付かない場合は、新車購入の際に下取りしてもらうことで、車の処分もしてもらえることになります。
「譲渡」で車を処分する方法
車の処分方法の3つ目は「譲渡」することです。例えば、友人や知人が使用しなくなった車に関して、直接やり取りして引き渡す方法です。譲渡の場合は、業者を仲介しないので、必要な書類等はご自身で揃える必要があります。必要な書類としては・譲渡証明書・自動車車検証(有効期限のあるもの)・ご自身と譲渡相手の印鑑証明書(発行後3か月以内)・ご自身と譲渡相手の印鑑証明・委任状(代理人が申請する場合は必要)・車庫証明(発行後1か月以内)・申請書です。それを管轄する運輸支局に行って手続きをすることになります。任意保険等の名義変更も必要に応じて行います。譲渡の際に気をつけることは、ご自身で用意し手続きをすることになるので、書類不備などに気をつけて問題やトラブルが起こらないように事前準備をしっかり行いましょう。
「廃車」で車を処分する方法
車の処分方法の4つ目は「廃車」することです。廃車手続きは2種類あり、一時抹消登録と永久抹消登録があります。一時抹消登録とは一時的に車に乗らない場合、廃車にすることで自動車税を納めなくてもよくなります。車はそのまま保管することも可能です。ただ、公道を再度走らせる場合には、申請を提出する必要があります。例えば、長期的に車に乗らない、高級車をインテリアとして利用するなどの場合には、一時抹消登録することで税金を支払わずに済みます。永久抹消登録は車を解体する方法です。登録を行うと自動車税や自動車重量税を支払っている場合には、有効期限が1か月以上残っていれば、還付金として返金されます。ただ、永久抹消登録をする時には事前に解体業者に頼んで解体証明書を用意することが必要です。それが終了した後、管轄の運輸支局で申請を記入し、ナンバープレートの返却等も行えば手続きが完了します。カーネクストでは、廃車にまつわることに関して、全て代行し無料で行うことができます。廃車にする費用がかからないところもメリットです。特に動かなくなってしまい、買取や下取りが困難な状態になっている時は、廃車することも検討に入れて考えてみましょう。

0120-901-418
WEBフォーム

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<BR>

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<BR>

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

稚内市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
稚内市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
北海道稚内市  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>