オーナーからのメッセージ

北国の初夏、百合が原公園のゼラニウム

北海道でも、夏の暑さを感じられるようになりました。北国の初夏と言えばゼラニウム。札幌市にはゼラニウムの名所があります。それが、百合が原公園。12日まで、ゼラニウム展が催されております。白にピンクに赤に、50品種191株ものゼラニウムが見る人を楽しませてくれます。園内にはリリートレインと呼ばれる、公園専用列車がゆっくりと走っております。リリートレインに乗りながらの、ゆったりとしたゼラニウム鑑賞も、特別な体験になるはずです。百合が原公園のある札幌市北区は、人口約28万人の行政区。人口が多い地域では、自動車の交通量も多いです。それだけ、交通事故のリスクも多いと言うもの。もし交通事故で愛車が廃車になった時は、根室市のカーネクストにご連絡ください。廃車買取でお力添えさせていただきます。

更新日: 2021-06-10

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例
    ●ダイハツ テリオスキッド…続きを見る

  • ●ホンダの軽自動車買取車種
    ・N BOX ・N BOX+ ・N BOX+カスタム…続きを見る

根室市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASS費用

どんな車も0円以上で買取!

0円
鳥

根室市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。根室市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために根室市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

根室市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの根室市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料

根室市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの根室市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!根室市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料! 根室市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので根室市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート! 商業車や根室市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

根室市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、根室市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある根室市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは根室市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

根室市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、根室市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、根室市へすぐに駆けつけます。

根室市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車後の自動車税還付金はいつ受け取れますか?
    廃車登録を行ってから2か月程になります。各都道府県税事務所より還付金通知が届きます。還付金通知書は小切手と同じ役目を果たしますので、銀行または郵便局で現金化することができます。
    カーネクストに廃車手続きをお任せいただければ、全ての廃車手続きを無料で代行いたします。手続き完了後、還付通知が届き次第最寄の銀行または郵便局で現金化を行ってください。面倒な手間は一切ございませんので安心してください。
  • 廃車に必要な書類は郵送でも大丈夫ですか?
    書類の郵送はできます。
    カーネクストでは書類の引き渡し方法を2つご用意しております。

    1.お引き取り当日にドライバーにお渡しいただく
    2.ご郵送にてお送りいただく

    基本はお引き取り当日にお渡しいただきますが、諸事情で書類が間に合わない際は郵送でのご対応となります。郵送の場合はカーネクストより「必要書類送付のご案内」を返信用封筒と共に送付いたしますので、内容を確認していただき漏れなく書類のご郵送をお願いいたします。
  • 所有者が亡くなっている車でも廃車手続きはできますか?
    カーネクストでは所有者がお亡くなりの車でも廃車手続き無料で行っております。ただし、必要書類が通常の廃車手続きを異なりますので注意が必要です。

    ■通常の廃車手続きに追加で必要な書類
    ・戸籍謄本
    ・除籍謄本
    ・遺産分割協議書
    ・印鑑証明書

    細かなご説明はオペレーターよりもいたしますので、必ず所有者がお亡くなりの車の廃車である事をお伝えいただくようお願いいたします。
  • 廃車で高価買取してもらえる車はどの様な車でしょうか?
    カーネクストでは廃車の買取に自信がありますので「なんでも高価買取」とお伝えしたいですが、実際に買取価格が高くなりやすいのはスポーツカー、ディーゼル車、トラック、商業バンになります。
    廃車後の用途がこれらの車種の買取が高くなるポイントではございますが、現在は乗用車であれば比較的高価買取になりやすいのでご安心ください。
    また、廃車や事故車はディーラーの場合は0円の査定になりますが、カーネクストなら十分価値がある車として買取させていただく事も多数ございます。

不動車を買取ができる理由

私達の生活において移動の際に欠かせないのが車です。プライベートだけではなく、通勤手段として使用されている方も多いと思います。車は購入金額も高いですが、その後の維持費も結構かかるものです。人によっては何かしらの理由で、車が動かない状態になってしまうこともあります。もし、そのような状態になった場合にあなたはどうしますか?今回は不動車の処分方法をご紹介します。

不動車とは、自分の力だけで走行することができない車のことを指します。自家用車が不動車になってしまう原因はいくつかあります。まずバッテリー切れを起こしているとモーターに十分な電力が供給されないためエンジンが始動しなくなります。故障によって不動車になることも多く、自動車は些細な部品の劣化で走行に支障をきたすことがあります。また事故をしてしまい走行が不可能となってしまう場合もあります。

では、不動車になってしまった場合、お客様がとれる方法には何があるでしょうか?例えば不動車の対処としては、中古車買取業者や解体業者に依頼する、もしくは廃車買取業者に依頼するなどの方法になります。しかし、中古車買取業者では、走行距離が多かったり、年式が古かったりする車の場合、買取不可になることも。また解体業者であれば解体には多額の費用がかかることもあります。そんな時におすすめなのが廃車買取業者です。廃車買取業者であれば車両の運搬や廃車手続きについても無料で代行してくれます。ですので、忙しい方にとっては時間と費用を大幅に節約することができます。

なぜ、このような不動車を買取ができるかと言えばお客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。お客様としては無料で廃車手続きを行ってもらえるだけでなく、きちんと売却益も得られます。一方で、廃車買取業者としては、走行が不可能な車であっても大きな影響はありません。不動車であっても使用できる部品を取り除いて再利用したり、海外に輸出するといった目的で買取ってもらうこともできます。損傷が軽度な事故車や、破損状態が目立つような車であっても、年式が比較的新しければ高額買取が可能なのです。

廃車買取のカーネクストでは車検切れになってしまった車も高く買取しています。カーネクストは全国対応している業者ですので、根室市へも事故車、不動車を引取りに伺います。車の査定についても無料で実施しています。不動車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

北海道の廃車買取費用

北海道の車事情
北海道は日本で最も面積が大きい県です。その広大な土地には公共交通機関が整備されていますが、あまりにも広すぎるため交通機関が行き届いていない地域も多くあります。そして、その広い土地ならではの「札幌まで200km」や「ガソリンスタンドまで50km」などの看板もあります。さらに、冬には雪が積もり、電車が止まることもあります。そのような寒くて雪が降る広大な土地の北海道では、車が必需品とも言えます。それでは、一体、どれくらいの県民が車を所有しているのでしょうか。
北海道の車保有事情について
北海道の運輸局は札幌、函館、旭川、室蘭、釧路、帯広、北見の7つに分かれています。それぞれの乗用車の登録車数を見ると、札幌が130万台で県内トップの台数です。北海道全体では280万台となります。台数だけではイメージがつきにくいかもしれませんが、人口が多い東京では310万台、大阪では280万台で、同等の保有台数となっております。そして、世帯数から保有台数を計算すると、北海道の世帯数は279万世帯なので、1世帯当たり1台以上保有していることになります。一方、東京では、1世帯当たり0.4台、大阪では1世帯当たり0.6台となります。この数値から北海道の自動車保有率の高さがわかります。東京や大阪では公共交通が広い範囲で整備されているため、車を必要としない世帯も多くあります。しかし、日本最大の面積である北海道では都市部を除き、車がなくてはならないのかもしれません。そのような背景から自動車を保有している世帯が多いと言えます。
北海道の道路事情について
北海道は道路が広いことでも有名です。どこか、海外をイメージさせるようなまっすぐに伸びた道はドライブやツーリングにも人気があり、北海道を訪れる観光客の間でも、湖や牧場などを横目に見ながらドライブできる有名なドライブ・ツーリングコースがあります。しかし、冬になると雪が積もり、除雪車が道を行き交うこともしばしばあります。また、10月頃からスタッドレスタイヤの装着を考える人が増えてきます。都市部の札幌でさえも、積雪量が50cmを超えることもあります。郊外にいけば、100cm以上の積雪になることもあり、スタッドレスタイヤだけでは走ることができないこともあります。しかし、雪国ならではの対策がなされています。たとえば、除雪車による道路の除雪作業です。さらに、塩化カルシウムなどによる融雪剤の使用により、凍結を防止する対策もされています。アイスバーンと呼ばれる路面が氷で覆われた現象が起こると、スケートリンクの上を運転するくらいすべりやすくて危険と言われています。しかし、除雪車や融雪剤など、雪国ならではの対策により、県民の生活道が確保され、公共交通機関が止まったとしても自家用車で移動することができるのです。ただし、雪への対策の反面、融雪剤によって車の底面が錆びることがあります。融雪剤には塩化カルシウムという塩分が含まれています。その塩分と雪や氷などの水分が反応して、錆が発生するという仕組みです。アイスバーンを防ぐために道路に散布される融雪剤ですが、その道路を走行し、そのまま車を放置していると塩分と水分によって車体の底面が錆びていってしまいます。日ごろから下部洗浄を行っていれば問題ありませんが、頻繁に車の底を洗浄することは場所や設備の面から難しいと言えます。さらに、底面が錆びてしまった自動車は売却時に下取りの値段が付かなかったり、買取してもらえないこともあります。なぜなら、底面の錆というのは車体だけでなく、駆動系やサスペンション、ブレーキや吸排気などすべてに影響を及ぼしている可能性があり、それを修理するほうが高くなることが一般的だからです。したがって、錆が酷い車は買取してもらえず、最終的に廃車を余儀なくされてしまいます。
北海道で自分で廃車する方法について
廃車手続きは管轄の運輸局で申請することができます。北海道には先述の通り、札幌、函館、旭川、室蘭、釧路、帯広、北見の7か所に分かれています。廃車手続きの流れとしてはナンバープレートを返却する必要があります。そして、車両の解体が必要となります。また、運輸局では廃車手続きの申請費用がかかり、運輸局に行く時間や費用もかかってしまいます。さらに、解体についても解体業者に依頼する場合は解体費用がかかってしまいます。したがって、廃車にしたくても運輸局での廃車手数料と解体業者への解体費用がかかってしまうのです。
北海道で廃車をディーラーに依頼する方法について
自分で廃車手続きを行うのは時間的にも費用面でも厳しいという方はディーラーに依頼する方法もあります。ディーラーに依頼する場合は運輸局での手続きや解体についても代行してくれるため、面倒な手続きが必要なく、簡単に廃車することができます。しかし、諸手続きをディーラーが代行してくれるため、手続き費用として2万円程度かかってしまいます。さらに、自宅からの運搬料金やディーラーから解体業者への運搬料もかかることもあります。そのため、ディーラーに廃車を依頼する場合、合計で8万円以上かかることもあるため要注意です。自分で廃車をする場合は業者へ依頼するための手数料はかかりませんが、運輸局での手続きや解体業者への依頼、それぞれの手数料がかかります。しかし、自分で廃車手続きをする場合もディーラーへ依頼する場合も「還付金」を受け取ることができる場合があります。還付金というのはすでに支払った自動車税の残りが返金されるというものです。還付金の金額については廃車を行う月や車種によって変わりますが、運輸局や解体業者への手数料の足しにはなるでしょう。
買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
自分で廃車手続きをすることも可能ですし、ディーラーに依頼することも可能です。しかし、どちらも廃車をするために費用がかかってしまいます。自分で行う場合でも運輸局では1000円程度かかりますし、解体費用は車種によりますが1~3万円程度かかります。さらに、車両の運搬費用がかかり、合計で5万円程度かかることがあります。また、ディーラーに依頼する場合はディーラーに対して代行手数料を支払う必要があるため、合計で8万円程度かかる場合があります。では、廃車費用を節約する方法はないのでしょうか。北海道で廃車費用を最大限に節約する方法は「買取業者」へ廃車を依頼する方法です。買取業者へ廃車を依頼すれば、費用も抑えられ、簡単に廃車をすることができます。通常、値段が付かない車両は解体費用を請求される場合があります。しかし、カーネクストでは独自の方法で車両の査定を行うことができるのです。さらに、面倒な運輸局での手続きについても代行してくれるため、時間が取れない方でも安心して依頼することができます。そして、車両の解体や自動車税の還付申請についても無料で代行してくれるため、手軽に廃車を依頼することができ、還付金を貰うことができるのです。買取業者へ廃車を依頼することは、買取や下取りで査定金額が付かない車両でも解体費用や廃車手数料がかからず、自宅や車両を保管している場所から無料で引き取ってくれるため、還付金を貰ってお得に廃車を依頼することができるのが特徴です。

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<br

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<br

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<br

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<br

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

根室市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
根室市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
北海道根室市  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>