無料相談窓口

お任せください
◆相談窓口スタッフ紹介
スタッフ紹介

こんな時にはご連絡ください

「突然電源が入らなくなった」、「間違ってデータを消してしまった」など様々な理由でデータの復旧が必要になる場面があると思います。どのような状況でも、ご相談いただければできる限りの対応をさせていただきます。まずは海老名市の相談窓口までご連絡ください。

■電源が入らなくなった
パソコンを起動するためのシステムファイルも、パソコンに保存されています。そのため、そのシステムファイルを削除してしまったり、ハードウェアが故障したりしますと、パソコンを動かすことすらできなくなってしまうかも知れません。
しかし、データが損失していなければ復旧の可能性はあります。電源が入らなくなった場合も焦らず、海老名市の相談窓口へご相談ください。

■間違ってデータを消してしまった
データ復旧において、特にご相談の件数が多いのはこのような原因に端を発するトラブルです。パソコンで発生する事もありますし、今ではデジタルカメラやスマートフォンでも同様に操作を誤り、データを消してしまうことがあります。いわゆる「論理障害」に分類されるデータ障害です。
このような場合、すぐに端末の使用を停止し、データ復旧のプロに見せることができれば高い確率でデータ復旧が成功するでしょう。しかし、データ障害を起こしても構わず起動や操作を繰り返した場合には、データが上書きされて元に戻らなくなる確率が高くなります。操作を誤った際は、ご自身で解決しようとせずに海老名市のプロの力を借りるようにしてください。

■水没した機材がある
パソコンのような精密機械は水に弱く、水没してしまえば故障は免れないでしょう。しかし、ハードディスクやメモリーカードなど記憶媒体が無事であれば、データ復旧は高確率で成功します。水没してしまっても諦めず、まずは海老名市の相談窓口へお問い合わせください。

■保存していたはずのデータが消えている
パソコンのハードディスクやUSBメモリーなどは、想像以上に壊れやすいです。そのため、使用しているうちに故障してしまうことは珍しくありません。また、何かの手違いでうっかりデータを消去してしまっている事もあります。
どちらにしても、その対応は迅速に行わなければいけません。時間が経つほど不利になりますので、お早めにお問い合わせください。

■バックアップを取ってないのでリカバリーできない
データ障害において最も有効な方法は、バックアップと言っても良いでしょう。複数のメディアにデータを保存しておくことによって、万が一データを失ってしまっても、そこから復旧することができるのです。特に、データの損失が業務や信頼に影響を与える法人様などは、バックアップは欠かせないでしょう。
しかし一般のご家庭では、バックアップを取っていないという方も多くいらっしゃいます。そのような場合は、データ復旧のプロが最後の砦です。データ障害にお悩みを解消してもらうようにしてください。

■残業中に不具合が起きた
データ障害は、いつ発生するのかわかりません。深夜や早朝、休日に発生する事もあるでしょう。
海老名市の相談窓口は、24時間365日受付です。そのため、日時を問わずいつでもご相談いただく事が可能となっています。突如発生したデータ障害も、お気軽にお問い合わせください。

■落雷で機材が故障してしまった
パソコンはデリケートな精密機械ですので、内部に静電気が発生しただけでも故障してしまうことがあります。雷が直撃しなくても、過電流によって大きな電流が流れれば、パソコンなどはひとたまりもありません。
落雷によって機材が故障してしまいましたら、データの復旧をお考えください。たとえ機材が破壊されていたとしても、データを保存するメディアが無事ならば復旧できるかもしれません。

■個人情報の流出が心配
データ復旧をご依頼いただく際に、不安に思われるのは「内部の情報が流出してしまわないか」という点ではないでしょう。大量のデータが蓄積されたメディアを、業者とはいえ他人に預けることは心配が付きまとうことでしょう。
しかしご安心ください。データ復旧隊では、個人情報の流出などが発生しないよう、徹底したデータ管理で作業いたします。データの機密性の維持に努めていますので、安心してお任せください。

■SSDのデータが消えてしまった
SSDのデータ障害のほとんどは論理障害といわれていますが、HDDと比較して歴史が浅いことから、そのデータ復旧の難易度は決して低くありません。
もしも他社様で復旧不可能と判断されても、諦めないでください。データ復旧のプロなら、他社様で断られたメディアのデータ復旧が可能かもしれません。もしもデータが戻らなかったとしても代金はいただきませんので、安心してお任せください。

■NASのデータが消えてしまった
NAS(ネットワーク対応HDD)のデータ復旧もご依頼いただけます。容量やデータ共有の有用性から法人様で人気の高いNASですが、ハードディスクの一種であることから故障は避けられません。通常のパソコンに搭載されているハードディスクのように、その扱いには注意が必要です。
それでもデータを失うようなことがありましたら、すぐに海老名市の窓口にご相談ください。そのままでは業務に支障が出てしまいますので、なるべく早くお問い合わせください。

■市販のソフトを使用したけどうまく復旧できない
現在はフリー、もしくは市販のデータ復旧ソフトがありますので、軽度な論理障害程度なら素人でもデータ復旧を行うことができます。しかし、論理障害でも時間が経過してしまったり、ハードディスクの破損のような物理障害になったりしますと、市販のソフトでは解決が難しくなってしまいます。
そのような時は、すぐにデータ復旧のプロに見てもらうべきでしょう。データ復旧隊は郵送・出張・持ち込み全てに対応していますので、お好みの方法で海老名市のスタッフに対象のメディアをお見せください。

■外付けHDDのデータが消えてしまった
外付けHDDは記憶容量の増加に適していますが、やはりハードディスクの一種ですのでデータ障害が発生することはあります。誤操作でデータを消去してしまった、フォーマットによってデータを消去してしまった、認識しなくなってしまったなど多くの障害が考えられます。
故障内容によってはデータ復旧が困難な場合もありますが、諦めずに対象のHDDをお持ちください。

データ復旧隊の強み

強み

パソコンやスマートフォンからデータが消えてしまった。そのような時には慌てず、データ復旧隊までご連絡ください。データ復旧のプロが原因の特定からデータ修復作業まですべて行います。また、ご依頼方法も出張・郵送から選ぶことができますので、お客様のご都合に合わせてご依頼いただけます。
費用に関しても事前に見積りを出させていただきますので、作業完了後に高額な請求が来ることもありません。また、お代に関しては、データ復旧が成功した時のみいただく成功報酬型となっております。

データ復旧は時間との勝負でもありますので、トラブルに遭った時にはいつでもご連絡ください。年中無休の相談窓口にて24時間お客様からのご相談に対応しております。

クレカ
電話番号

利用規約

利用規約
プライバシーポリシー