外壁塗装なら外壁塗装協同組合にお任せください!

 

料金表

 

外壁塗装が必要な理由

外壁塗装を怠ると雨漏りにつながることも

外壁はお客さまの家を雨水や紫外線から守るものです。しかし、外壁が傷むと見た目が古くなるだけでなく、機能面でも影響が出てきます。外壁にヒビ割れたり、塗装が剥がれてしまうと、雨漏れが発生することがあります。ヒビが大きくなってしまうと外壁塗装だけでなく、修理が必要となる場合があります。そのため、定期的に外壁の塗装やリフォームを行う必要があります。

外壁塗装を行う目安は前回の塗り替えから10年以上経過している場合です。見た目に問題がなくとも外壁塗装が必要となるケースがほとんどです。

日高郡新ひだか町の外壁塗装共同組合では、現地調査を無料で実施しております。塗り替えの時期が10年以上経過している場合は、お気軽にお電話にてご依頼ください。

 

塗料の種類

塗料の種類によって施行に必要な費用が変動します

塗料の種類は主に次の4種類があります。

ウレタン(耐用年数:5年~8年)
ウレタンで外壁を塗装した場合、外壁に光沢が出ます。また、硬度や耐薬品性もあります。一方で、短期間の内に変色してしまう場合もあります。

シリコン(耐用年数:8年~12年)
シリコンは、塗膜と光沢、弾力性に優れている塗料です。耐久年数もウレタンと比べて長いのが特徴です。

溶剤型シリコン(耐用年数:10年~15年)
溶剤型シリコンは、通常のシリコンと比べて施行のときの臭いを抑えられるのが特徴です。また、環境や人にも優しい塗料といわれています。

フッ素(耐用年数:10年~20年)
フッ素はウレタンやシリコンと比べて耐用年数が長いのが特徴です。一方で、価格帯も高額です。長期間で考える場合におすすめの塗料です。

塗料の費用はフッ素>溶剤型シリコン>シリコン>ウレタンの順で高額となります。また、外壁塗装に必要な費用は平屋根や三角屋根など屋根の種類によっても変動します。日高郡新ひだか町の外壁塗装共同組合では、現地調査を行ったうえで、詳細な見積りを算出いたします。お客さまの予算にあった提案もしますので、ご安心ください。

 

まずはご相談をお持ちしております!