獺祭

獺祭は山口県で主に造られているブランドです。獺祭は、製造している旭酒造株式会社の所在地である獺越という地名が名前の由来といわれています。
獺祭はワイングラスで飲むことを進めており、この特徴的なコンセプトから国内のみならず、ニューヨーク、パリ、モナコ、ハワイ、香港、マカオ、台湾など海外でも人気があります。

獺祭を売りたいとお考えの方は、お気軽に綾瀬市の高価買取専門店 ファイブニーズまでお電話にてお問い合わせください。

十四代

十四代は山形県で造られている、入手困難といわれている日本酒のブランドです。口当たりがやわらかくのが人気のお酒です。
十四代は、キレと深みがある「愛山」、香りの強い「山田錦」、インパクトのある味が特徴の「龍の落とし子」、スッキリとした味わいの「出羽燦々」など多くの種類があります。ファンも多く、需要があるので買取価格も期待できます。

十四代を売りたいとお考えの方は、お気軽に綾瀬市の高価買取専門店 ファイブニーズまでお電話にてお問い合わせください。

久保田

久保田は主に新潟県で造られているブランドです。久保田を扱っている居酒屋は信頼できるといわれるほど高品質なのが特徴です。洗練された味わいを感じられる逸品です。確かな技術と味から人気が高く、買取価格も高めに設定されています。

久保田を売りたいとお考えの方は、お気軽に綾瀬市の高価買取専門店 ファイブニーズまでお電話にてお問い合わせください。

磯自慢

磯自慢は主に静岡県で造られているブランドです。酒に良いことは全て取り入れるをモットーとしており、他のブランドでは感じられない磯自慢らしい味わいを楽しめます。海外のコンテストでも多くの賞を受賞しているのも特徴の1つとなっています。品質の高い酒米を使用しており、その品質の高さからファンも多いです。

磯自慢を売りたいとお考えの方は、お気軽に綾瀬市の高価買取専門店 ファイブニーズまでお電話にてお問い合わせください。

田酒

田酒は主に福井県で造られているブランドです。田酒は、吟醸と純米であることや田酒全量活性炭不使用であること、吟醸酒クラス以上は瓶貯蔵などが特徴です。このこだわりからファンも多く、買取市場でも高値で取引されています。

田酒を売りたいとお考えの方は、お気軽に綾瀬市の高価買取専門店 ファイブニーズまでお電話にてお問い合わせください。

その他人気の高い日本酒1

・八海山
八海山は、新潟の八海醸造株式会社で作られている日本酒です
久保田と同郷の新潟を代表する純米系の淡麗酒です。
豪雪地帯で知られる新潟魚沼地方の厳しい環境下で造られるお酒は、すべてが吟醸造りです。
水には海山系から流れる清らかな水「雷電様の清水」を使用しています。

特に八海山の純米吟醸はのど越しがとても穏やかで米の旨味そのものを感じられるので、料理の際にも合わせる食材を選ぶ必要がありません。

すっきりとしていてやわらかい飲み口であるものの、飲んだ後から来るかすかな苦みは日本酒通の方に好まれています。
17度の度数はあるものの、それを感じさせることのない味わいです。
熟成酒好きにはたまらない銘柄です。


・写楽
福島の会津若松にある宮泉銘で造られている「写楽」は、福島県代表する銘柄のひとつです。
東日本大震災以降、3年連続で全国新酒鑑評会の都道府県別金賞1位を受賞するなど、近年注目されているお酒です。

新鮮なフルーツのような爽やかな香りが漂い、口当たりもすっきりとしています。
またキレもしっかりあるので、味わいとしてはバランスが取れています。
癖のない味わいであることから、女性ファンを中心に数多くのリピーターを獲得しています。
すっきりとした飲み口であるため、熱燗よりも冷やで飲むのが美味しいとされています。

特に食中酒として飲まれていて、いただく際には冷やがおすすめです。
頭めて飲む際には人肌程度が最適とされています。

・越乃寒梅
越乃寒梅は、新潟県中央に位置する亀田郷で造られている日本酒です。
同地域は阿賀野川を水系とする豊富な良水と、冬の雪による低温環境に恵まれていて、酒造りを行うのに最適な場所です。

越乃寒梅がブームになったのは1970年代からです。
これより以前には売り上げが低迷した時期もありましたが、当時の国鉄を中心に地方の魅力を発信されるキャンペーンが展開されたことを受けて注目を浴びるようになりました。

人気の秘密は淡麗辛口な味わいであることです。
香りや味わいはひかえめ。キレがあって飲み口がいいので、お酒であることを気にせずに飲み進めることができます。
飲みやすい日本酒であることから、さまざまな料理と合わせやすいことも魅力です。

その他人気の高い日本酒2

・南部美人
南部美人は、岩手県で製造されている銘柄です。
雪国の女性から連想されるように、「綺麗で美しい酒を造りたい」という理念に基づいて命名されました。
ワイン・日本酒のオリンピックであるIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の日本酒部門において、2017年「チャンピオン・サケ」に選ばれています。

日本酒造りにおいて一番大事な原料が米です。
通常のお酒ですと1種類の銘柄のみを使用しますが、南部美人では「吟ぎんが」、「ぎんおとめ」、「結の香」という3種類ものお米の銘柄を使用して造られます。
複数の銘柄をブレンドすることで芳醇な味わいを出しています。

華やかな香りでいて、すっきりとした味わいで人気です。
やや甘口であり、米本来の自然な甘みを楽しむことができます。

・而今 (じごん)
而今(じこん)は、三重県名張市で製造されている銘柄です。
酒名にある「而今」には、「過去にも囚われず未来にも 囚われず、今をただ精一杯生きる」という蔵元の思いが込められています。
常に努力を惜しむことのない蔵元の努力は、数々の鑑評会で金賞を受賞する実績に現れています。

日本酒造りに使用する水には、「名張川の湧き水」が使われています。
お米には「伊賀産の山田錦」を使用していて、田植えの段階から日本酒造りのために農家に協力してもらうほどのこだわりようです。

時間をかけてゆっくりと発酵させることにより、甘みと酸味による絶妙なバランスを保っています。
フレッシュな味わいで飲みやすく、多くの人に支持されています。