御不用になった物をみやび屋は買取いたします。

 

買取対象商品をご案内いたします。

家電買取

ご不要になったり、既に使わないで眠っている家電はありませんか。
新しい家電に買い替えたり、不要になった家電を処分したい時に活用できるのが家電買取です。
人気のあるメーカーや家電の種類によっては高額で買い取ってもらえる場合があります。
今回は中古家電市場で人気のあるメーカーや品目について紹介します。

人気のあるメーカー
中古市場でも日本製品は性能面で世界トップレベルであり、高い人気があります。
主なメーカーではPanasonic、日立、シャープ、SONY、東芝、三菱電機などです。
その中でもPanasonic、日立、SONYは中古市場で人気があります。
Panasonicは製品数が多岐にわたっていて、定番の家電メーカーとして高い知名度があります。
DVDレコーダーや液晶テレビ、冷蔵庫やクーラーなど、数多くの家電を手掛けています。
最近では4Kの50型以上のテレビである、VIERAを展開しています。
日立も白物家電に強いメーカーです。
冷蔵庫と洗濯機に関して定評あり、最近では洗濯機のビートウォッシュやビッグドラムが人気です。
SONYは、デザイン性の高い製品で定評があります。
黒物家電が強く、オーディオ機器はもちろん、家庭用ゲーム機のプレイステーション4も高い人気を誇ります。
パソコンにおいてもVAIOが人気です。

人気のある品目
家電の中で人気の高い品目は、液晶テレビ、冷蔵庫、ドラム式洗濯機です。
高く売れるテレビの特徴としては、40インチ以上で大きなものということが挙げられます。
1年落ちであれば20,000円ほどになります。
とりわけHDDや3Dなどの機能が内蔵されているタイプが人気があります。
色合いとしては黒が主流ですが、赤・白・ピンクなど色つきのものもあります。
HDMI端子がなかったり、リモコンなどの付属品がないと高く売れなくなります。
冷蔵庫で高く売れるものでは、5~6ドア冷蔵庫があります。
冷蔵庫の買取価格は、メーカーや型番、使用年数、見た目や中身の清潔度や劣化度によって異なります。
5~6ドアのものだと、1年落ちであれば40,000円~60,000円あたりが相場です。
できるだけ高く売るには、中身を綺麗にしておくに越したことはありません。
多少型落ちしていても、状態がよければある程度高く買い取ってもらうことができます。
ドラム式洗濯機は、デザインが良く音が静かで節水もできることから人気があります。
1年落ちのものなら30,000円ほどが相場となります。
特に梅雨の時期の前だと高額で査定されることが多いです。


メーカーや品目によっては、多少使用していても高く売れることがあります。
ご自宅に不要な家電がありましたら、一度査定に出されることをおすすめします。

おもちゃ

かつてはお気に入りだったおもちゃでも、次第に遊ばなくなったりします。
また購入していても、箱から出さずにそのままにしてあるケースもあります。
こうしたおもちゃは中古市場にて高値で買い取ってもらえることがあります。
今回は買取で人気のあるおもちゃメーカーおよび品目について紹介します。

人気のあるメーカー
人気のメーカーではタカラトミーやバンダイ、コトブキヤなどがあります。
タカラトミー創業以来、人生ゲームに代表されるボードゲームを主力商品としてきました。その一方で女児向け玩具の代表格としてリカちゃん人形シリーズを展開していて、長らくトップの地位を維持し続けています。
男児向け玩具ではチョロやビーダマンでも大ヒット商品を生み出しています。
バンダイはアニメと連動したキャラクター玩具を多数展開しているメーカーです。
主にガンダムシリーズ関連の玩具やウルトラヒーローシリーズのソフビ人形、超合金シリーズなどのおもちゃがあります。
たまごっちシリーズやデジタルモンスターシリーズに見られる電子玩具や、各種トレーディングカードゲームも展開しています。
コトブキヤはプラモデルやフィギュアなどの製造を行っているメーカーです。
スーパーロボット大戦などの版権物を取り扱う一方で、フレームアームズシリーズのようなオリジナル商品も多数リリースしています。

人気のある品目
おもちゃによっては中古市場でプレミア価格がつく品目があります。
ブリキのおもちゃは高額買取品目の代表格です。
明治時代から昭和にかけて制作されたおもちゃは、コレクターも多く、高価買取が期待できます。
中古市場では見つけることが難しく、状態の良ければ高額査定になりやすいです。
稼働式のおもちゃだと、正常に動くかどうかは査定金額に影響してきます。
超合金シリーズも高額買取されやすいです。
昭和の頃に発売したポピーの超合金シリーズは希少性が高くなりやすく、箱や説明書などの付属品がついていればなおさら高額になります。
ソフビ人形も高額買取されやすい商品が多いです。
ウルトラシリーズやペコちゃんなど、コレクターに根強い人気があるものが多いです。
市販されていないソフビ人形も存在していて、そういったものは数が少ないため、高額になりやすいです。


おもちゃによってはプレミア価格で買い取ってもらえる品目があります。
ご自宅に保管されているおもちゃでご不要な品があれば、査定に出してみましょう。

オーディオ関連

趣味として音楽を楽しむ人にとって、外すことができないオーディオ機器。
いらなくなったオーディオ機器を売却して買い替えたいという方もいるでしょう。
今回は売却する前に知っておきたい、オーディオ市場で人気のあるメーカーおよび品目について紹介します。

人気メーカー
人気のあるメーカーでは、Bose、SONY、Audio Technica、ONKYOなどがあります。
Boseはアメリカ発の人気オーディオメーカーです。
深みのある低音とバランスの良い音が特徴であり、大音量も好評です。
音量においては右に出るものがなかなかいないほど、迫力のあるサウンドを出すことができます。
高音域でも評価されていて、全体的にも高音質であるとされています。
SONYは国内の人気メーカーです。
アクティブスピーカーについては豊富なラインナップを取り揃えています。
Bluetoothなどのワイヤレス対応のモデルが多く、手軽に音楽を楽しみたい方に支持されています。
全体的に重低音を重視した音質が特徴的で、パンチが効いた音声に定評があります。
Audio Technicaは、音響や映像機器を中心に取り扱っているメーカーです。
スピーカーについては、アンプ内蔵型のアクティブスピーカーやワイヤレススピーカーを扱っています。
安価なスピーカーでも、スピーカーケーブルと組み合わせて高音質が出せることから、多くの人に支持されています。
ONKYOは、コンパクトで高性能なスピーカーを数多く提供しています。
デジタル入力やハイレゾ対応のスピーカーも手掛けています。
高音から低音まで、さまざまな音質が味わえることから好評です。

人気品目
スピーカーにおける人気品目は次の通りです。
アクティブスピーカーは、アンプ内蔵型であり、駆動に電源を必要とします。
PCやスマートフォンと接続して再生できるものが多く、手軽に音楽が楽しめます。
パッシブスピーカーは工藤に電源を要しないスピーカーです。
スピーカーとアンプの組み合わせることで、好みの音を出すことが可能です。
ブックシェルフ型は小さめなサイズのスピーカーです。
置き場所を選ばないだけではなく、ある程度豊かな音質を楽しめることから人気があります。
トールボーイ型はスタイリッシュなスピーカーで、デザイン性で好評です。
フロア型は床に直接設置するタイプで、本格的な音質で定評があります。


以上、スピーカーの人気メーカーおよび品目をました。
種類によって出せる音が異なり、それぞれ根強いファンがいます。
ご不要なスピーカーがあれば一度、査定に出してみてはいかがでしょうか。

デジカメ・ビデオ

運動会や学芸会の発表などで使用したビデオカメラ。
しばらく使用しないで眠ったままにしておくなら、売りたいところ。
そこで今回はビデオカメラの中古市場で人気のメーカー、および品目について紹介します。

人気メーカー
ビデオカメラで人気のメーカーは次の通りです。
Panasonicはズーム機能が良いことで定評のあるメーカーです。 
通常ですとSONYが20~30倍ズームのところを、Panasonicは50倍まで拡大することができます。
倍率が高めなので、人物の細かい表情を逃さず撮影できるところが魅力です。
遠くにいる被写体でも、大きくくっきりと映ります。
モデルによっては、スマホ専用アプリを活用したスマホによる遠隔操作も可能です。
SONYはビデオカメラメーカーでも高いシェアを誇るメーカーです。
全体的な性能も高く、優秀なビデオカメラを数多く製作しています。
空間光学方式の手ぶれ補正機能に定評があり、初心者の方でも撮影がしやすいです。
4K対応のモデルもあり、家庭用ビデオカメラとしては申し分ない性能です。
JVC ケンウッドは、軽さと丈夫さで定評のあるメーカーです。
防水性・防塵性・耐衝撃性に優れていて、撮影場所を選びません。
運動会やキャンプ場といったアウトドアでも対応していて、根強い人気があります。
また撮影シーンに合わせて自動で設定を行う機能を搭載されているモデルもあり、初心者でも扱いやすいです。

人気品目
最近の家庭用ビデオカメラでは次の品目が人気です。
「Panasonic HDビデオカメラ HC-W585M」は高倍率なズームが搭載されているビデオカメラです。
遠くにいる被写体を鮮明に撮影することができ、従来のモデルよりもくっきりと映すことが可能です。
撮影者の手ぶれを自動で判別して補正してくれる「手ぶれロック」が搭載されています。
メインカメラとサブカメラによる「ワイプ撮り」機能で、被写体と撮影者で同時に撮影することもできます。
「SONY 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX55-B」は、米国向けの4Kハンディカムの国内版です。
ズームは光学20倍であり、4K撮影にも適したモデルです。
また高画質フルハイビジョンに対応したAVCHD動画とMP4動画を同時に録画することができます。
「JVCケンウッド ビデオカメラ Everio GZ-F270」は、約4時間40分撮影が可能なモデルです。
持ち運びにも優れていて、アウトドアや旅行での使用に適しています。
モバイルバッテリーでも充電することができるため、急な電池切れにも対応しています。


大切な思い出を動画で残せるビデオカメラは需要があります。
使用しないままのビデオカメラをお持ちであれば、一度査定されることをおすすめします。

家庭家具・オフィス家具

店舗を閉鎖したり、オフィスを移転して使わなくなったオフィス家具。
せっかく購入したものをそのまま処分するのはもったいないと思われるでしょう。
そんなご不要になったオフィス家具でも、高額買取の対象になることがあります。
今回は中古市場でも人気のオフィス家具メーカーおよび品目について紹介します。

人気メーカー
オフィス家具メーカーで人気があるところは次の通りです。
OKAMURAは、70年の歴史を持つ老舗メーカーです。
オフィス家具はもちろん、ショップ用家具、などさまざまな家具を取り扱っています。
オフィス家具に関しては官公庁向けに多く収められているほど定評があります。
コクヨファニチャーは、文具メーカー「コクヨ」のオフィス家具部門です。
オフィスデザインを通した働き改革に力を入れていて、現場に最も即した商品を追求しています。
オフィス設立の検討段階はもとより、その後の運用や維持までを見据えた家具作りを行っています。
日経アーキテクチュアの「採用したい建材・設備メーカーランキング オフィス家具部門」において、4年連続で1位に選ばれたこともあります。
イトーキは大阪に本社があるメーカーです。
革新的で先進性のあるオフィスで定評があり、シートにPCを載せてネットにつながる「LANSheet」などの商品があります。
ハーマンミラーは、アメリカ発のオフィス家具メーカーです。
有名デザイナーを起用した家具を多数リリースしていて、デザイン性に対するこだわりがあります。
メーカーではスタッフの自由な発想を尊重することによって、使う側にとって利用しやすい家具を生み出しています。

人気品目
オフィス家具で高額買取の対象になりやすい品目は次の通りです。
オフィスデスクは企業のオフィスはもちろん、最近ではコワーキングスペースが増えたことで需要が高まっています。
比較的新しいものであれば5,000円前後で売れることがあります。
アーロンチェアは、長時間のデスクワークに対応した椅子です。
エンジニアやデザイナーなど、座り仕事が多い人に人気があります。
Bサイズについては、50,000円前後、余裕をもって座れるタイプは70,000~80,000円前後です。
プロジェクターはビジネスシーンはもちろん、映画鑑賞など個人向けとしても需要があります。
高性能のものであれば30,000円以上の査定価格で売れる場合があります。


使わなくなったオフィス家具でも、ものによっては高額買取も可能です。
まずは査定で見積りを出してもらいましょう。

パソコン・周辺機器買取

データの量が増えていって、性能が追い付かなくなったパソコン。
そんなパソコンをそのまま捨てるのはもったいないところ。
メーカーや品目によっては高額買取が可能です。
今回はパソコンの人気メーカーおよび人気品目について紹介します。

人気メーカー
パソコンの人気メーカーは次の通りです。
NECは初心者向けのノートパソコンとモニター一体型を主に取り扱っています。
ノートパソコンではLAVIE HybridZEROシリーズなどがあり、会社員や学生に支持されています。
国内生産を重視していて、安心感があります。
富士通は国内のシェアを二分するパソコンメーカーです。
ペン入力やワンセグにも対応したモデルをリリースするなど、機能性を重視しています。
富士通独自の指紋センサーが搭載された機種は、高いセキュリティーレベルで定評があります。
多機能なパソコンが充実しているため、価格重視の方を中心に支持されています。
SONYはデザイン性で定評のあるメーカーです。
VAIOシリーズなど、スタイリッシュなデザインを特徴としたモデルを多数リリースしています。
全性や堅牢性を追求する品質試験を実施したり、最終工程において専任の技術者が携わるなど、品質管理においても抜かりないことでも知られています。
ヒューレットパッカードは、パソコンの世界シェアで常に上位に位置するメーカーです。
10万円以下で買える高性能パソコンを数多く展開していて、コストパフォーマンスの良さで定評があります。
迅速なサポート対応でも定評があり、安心感があります。
Appleはデザイン性に優れた製品を提供し続けるメーカーです。
他社とは異なる独自規格となっていて、周辺機器についても独自規格となります。

人気品目
パソコンに関しては、本体だけでなく周辺機器も高く売れる場合があります。
具体的には、液晶ディスプレイやモニター、外付けハードディスク、無線LANルータ、カードリーダー、タブレット端末などです。
またパソコンを稼働させるうえで使われる扇風機も含まれます。
高く売るにはなるべく早く売ることが肝心です。
発売から2~3年経った周辺機器の多くは、型遅れとなり、買取不可となってしまうことも少なくありません。
ですので、ご不要になったらなるべく早めに買取を行うことが必要です。
買取を行う際にはコンディションにも気を付けておきましょう。
本体の状態を確認するのはもちろん、付属品が揃っているかも重要です。


すでに使わなくなったパソコンや周辺機器でも高額で売れることがあります。
まずは査定に出してみましょう。

食器・調理器具

買ったり、貰ったりしたけれど、使わないままにしている食器。
そんなご不要になった食器や調理器具は高く売れることがあります。
今回は食器や調理器具の買取を依頼する前に知っておきたい、人気メーカーおよび人気品目について紹介します。

人気メーカー
食器で人気のあるメーカーは次の通りです。
ノリタケは使うことの満足感や愛着を追求したメーカーです。
若い人から年配の人まで、あらゆる世代に支持されています。
ナルミは洋食器の世界的なブランドであり、顧客に合わせた高品質の商品を提供しています。
気品と豪華を兼ね備えた製品で定評があります。
ティファニーは、引き出し物としても定番の食器です。
シンプルでハイセンスのデザインが多くの人に支持されています。
ロイヤルコペンハーゲンは、デンマーク発の食器ブランドです。
シンプルで高級感のあるデザインは、料理を選ばないため人気があります。

調理器具については次のようなメーカーが人気です。
ティファールは、使いやすさにこだわった器具を提供するメーカーです。
取っ手で着脱できるフライパンや鍋は、使い勝手の良さで定評があります。
ストウブは鋳物ホーロー鍋で定評のあるメーカーです。
保温性に優れていることから、煮込みやオーブン調理に適しているとされています。
ル・クルーゼは暖かみのある色合いが特徴のメーカーです。
可愛らしい見た目と種類豊富なデザインから高い支持を得ています。

人気品目
食器に関してはブランドメーカーであるほど高い人気があります。
状態に関してはなるべく良好なほど高値で買い取ってもらうことができます。
使用によるキズや汚れ、長期保管による経年性劣化などが食器で見られるポイントです。
状態の良さに関してはあらかじめ確認しておくといいでしょう。
お店によってはかなり厳しめに査定を行って、少しのキズでも半額以下の値段をつけることがあります。

鍋やフライパンなどの調理器具は、製造されてから5年以内のものであれば買取の対象となります。
年式が新しい製品ほど高値で売ることができますので、不要になる場合は、なるべく早めに買取をしてもらうといいでしょう。
食器と同様で、有名なブランドメーカーであるほど高く売れる傾向にあります。


以上、食器および調理器具で人気のメーカーと品目を紹介しました。
状態が良いものほど高く売れますので、貰い物など全く使用しなかったものを中心に査定に出されるといいでしょう。

衣服・アクセサリー・腕時計

すっかり着なくなってしまった洋服や、使わなくなってしまった腕時計。
それらをそのまま処分してしまうのは勿体ないところ。
こうした衣服やアクセサリー、腕時計は高く買い取ってもらえることが多いです。
今回はこれらの人気ブランドや品目について紹介します。

人気ブランド
バッグや財布などと同様でブランド力も査定額に大きく影響します。
ルイヴィトンやエルメス、プラダなどのブランドは高い人気があり、高額査定の対象になりやすいです。
ブランド力だけの評価ではなく、購入時期やデザインもあわせて考慮します。
衣服には流行がありますので、あまりに古いものですと査定の対象価格が低めになることがあります。

アクセサリーについては次のようなブランドが高額査定の対象になりやすいです。
カルティエは、フランスのメーカーです。
定番のラブブレスは、流通数が少なく、希少価値が高いことから高額査定になりやすいです。
ハリーウィンストンはニューヨークのブランドです。
ブライダルリングやエンゲージリングで定評があり、煌びやかさのあるデザインが魅力です。
ティファニーは、リングやペンダントなど幅広く展開しているブランドです。
ハートネックレス、バイザヤードなどは、高値がつきやすいです。
ブルガリも言わずと知れた高級ブランドです。
ネックレスやブレスなど、ジャンルを問わず高額査定の対象になりやすいです。

腕時計は世界的に知名度の高いブランドがいくつかあり、特に定評のあるのは次の3つです。
ロレックスの知名度は高級腕時計の代名詞と言われるほど知名度の高いメーカーです。
人気モデルがたくさんあり、幅広いラインナップが魅力です。
カルティエはジュエリーブランドとしても知られるメーカーです。
洗練されたデザインは男女問わず好評です。
オメガは卓越した時計製造技術が光るスイスのメーカーです。
軍事用として使用されるなど、実用性でも定評があります。

人気品目
衣服についてはコート、ダウンジャケット、スカーフなど幅広い品目が高額対象となります。
ただし、商品の購入時期や流行によっては状態が良くても低めに査定されることがあります。

アクセサリーについては、シルバーアクセサリーなどの小物アイテムが高く売れる傾向にあります。

腕時計についてはダイバーズウォッチやクロノグラフなどの時計が高く売れます。
またスポーツウォッチについても高額査定になりやすいです。


衣服、アクセサリー、腕時計は多少使用感があっても高く売れることがあります。
ご不要になったブランド品があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

バッグ・財布

ブランド物のバッグや財布は、世代を問わず高い人気があります。
中古市場においては、多少使用感があっても高く売れることがあります。
今回はブランド物の定番である、バッグや財布で人気のブランドおよび品目を紹介します。

人気ブランド
バッグについてはブランド力が重要となってきます。
ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどのトップブランドになってくると世界的なブランド力を持っていて、なおかつ広く一般に安定した人気と需要があります。
バッグにおけるブランド力は査定価格を決定づけるため、ブランド力によって素晴らしいバッグでも査定額は低くなってしまいます。
逆に、定番アイテムや広く使われているアイテムは、査定額も安定しており査定額も高くなります。
広く一般に知られているブランドであることが重要です。
これら3つのブランドと変わらないブランド力があり、品質的に問題のないブランドであっても、3つのブランドに比べて低い買取価格になってしまう傾向にあります。

財布もバッグと同じくブランドで左右されます、
ルイヴィトンは、買取率が安定している人気のブランドです。
特に値崩れするようなこともなく、買取価格が安定しています。
シャネルは、時代に左右されない柄が変わらず愛されつづけています。
エルメスも番モデルとして現在でも高い人気があり、入手困難なモデルだと定価以上の値がつくこともあります。
この他、グッチやプラダも高値で買い取ってもらえる定番の財布です。

人気品目
最も高額査定の対象になりやすいバッグが,ハイブランドの定番バッグです。
エルメスのバーキンやケリー、ヴィトンのモノグラムなどが相当します。
おしゃれで高級感もあり、なおかつシーンを選ばないというのが人気の理由です。
そして、幅広い年代にも使いやすいところも需要の高さを裏付けています。
こうした使う対象や時期を選ばないバッグは、常に欲しい人がいるため高額査定の対象になりやすいです。

財布に関しては定番柄のものが高値で査定されやすいです。
ルイヴィトンではモノグラムやダミエがあります。
シャネルだとマトラッセや、カンボンラインがあります。
エルメスではケリーやバーキンなどのモデルがあります。


有名ブランドのバッグや財布は高額査定対象の定番です。
多少使用感があったり、年数が経過したものでも高値で売れることがあります。
ご不要になられたブランド品があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

楽器

昔は演奏に使用していたけれど、すっかり使わなくなってしまった楽器。
そのまま捨てるのではなく売却することによって高額査定されることがあります。
今回は高額買取されやすい人気楽器メーカー、および品目について紹介します。

人気メーカー
楽器買取で人気のメーカーは次の通りです。

ヤマハは日本国内最大手の楽器メーカーであり、海外でも高い人気を誇ります。
ピアノはもちろんのこと、ギターやベース、ドラム、管楽器、弦楽器、学校用楽器など数多くの楽器を展開しています。
中でもピアノについては壊れていてもすぐに修理を依頼できることや、買取実績が多いことから、買取査定の対象になりやすいです。
ピアノについては比較的高値であってもすぐに売却が可能です。

ギブソンは世界的に有名なギターのメーカーです。
フライングV、エクスプローラーなど、数々の人気ギターを出していて、根強いファンが多いです。
長い歴史を持つメーカーですが、常に最新の研究を続け、いち早くロボットギターを開発したことでも知られています。
日本のみならず世界でも人気があることから、高額査定の対象になりやすいです。

Steinway&Sonsは1836年から続く歴史あるピアノメーカーです。
プロの音楽家がコンサートで使用する定番モデルです。
手作りで製造されており、ダイナミックな音を出せることから、多くの人から支持されています。
そのためピアノメーカーの中では高額で取引されやすいです。

人気品目
楽器の買取で人気のある品目は次の通りです。

エレキギターは、ヴィンテージも多く流通しており、とても高い価値を持っているモデルもあります。
特に20世紀中頃に作られたモデルは高額ですが、独特の深みのある音色で人気があります。

アコースティックギターはヴィンテージになると、光沢と深い音色で人気が出てきます。
市場価格はかなり上がるものの、それでも希少なモデルは需要があります。

グランドピアノやエレクトリックピアノ、電子ピアノなど種類が多く、さまざまな場面で使用されるため需要が高いです。
ヴィンテージのピアノも多く、よく高額で取引されています。

キーボードはジャズやロック、ヘヴィメタルに至るまで使用されていて、高い人気があります。
古いモデルであっても高値で取引されているものは少なくありません。


これまで使用されていた楽器であっても高値で売れる場合があります。
ご不要になった楽器があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

ゲームソフト及びゲーム機

今までゲームのプレイで使っていたけれど、いらなくなったゲーム機。
そのまま処分してしまうのはもったいないところ。
ゲーム機によっては高額買取されやすいものもあります。
今回は高額で査定されやすいゲーム機のメーカー、および人気機種を紹介します。

人気メーカー
ゲーム機で人気のあるメーカーは、任天堂もしくはSONYです。
またマイクロソフトのXBOXもコアなユーザーが多いゲーム機で知られています。
これらのメーカーはゲームタイトルが幅広く、古いゲーム機でも高く売れる場合があります。

人気のゲーム機
現在人気のゲーム機は、据え置き機ではプレイステーション4やNintendo Switchなどがあります。

PS4はSONYが開発・生産しているゲーム機本体です。
高い描写力と処理性能を誇っていて、臨場感に溢れるビジュアルを楽しむことができます。
コントローラーにある SHAREボタンは、自分のプレイしているゲームのスクリーンショットや動画を撮影し、SNSに投稿することができます。
またシェアプレイを行うことで、1人では難しい場面において協力してゲームを進めることができます。
オンラインサービスが豊富であり、画・ビデオの視聴や音楽の聴き放題も楽しむことができます。
またゲームソフトのストリーミングサービスもあります。

Nintendo Switchは持ち運び不便という据え置き機の弱点を克服したゲーム機です。
「ドック」と呼ばれる筐体と、持ち運び可能な本体の2つから成り立っていて、ドックに本体を接続することでテレビ画面にゲーム画面を映し出すことができます。
本体を友達同士で持ち合うことによって、最大8台まで通信を行うことができます。

携帯ゲーム機ではニンテンドー3DSシリーズが人気です。
本体には、2つの画面があり下画面がタッチパネルになっています。また、マイクやカメラの機能もあります。
裸眼でも3Dを体験することができる「裸眼3Dディスプレイ」を内蔵しています。
上の画面が、3Dの立体映像を見ることができます。
最新版であるNew ニンテンドー3DSでは新しいボタンが追加されていて、より快適にプレイすることができます。
また通常よりも画面が大きい、Newニンテンドー3DS LLもあります。

この他、プレイステーションVitaも定評があります。
有機ELディスプレイと背面タッチパネル、解像度が良く、携帯ゲーム機ながら高画質を実現しています。
携帯電話回線(3G)が搭載されていて、ワイヤレス回線のない環境でもプレイが可能です。


このように中古市場で定評のあるゲーム機はさまざまです。
ご不要になったゲーム機があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

スポーツ用品

使わなくなって押し入れにしまってあったり、買い替えの際にいらなく用品はありませんか。
スポーツ用品のメーカーや種類によっては高額で買い取ってもらえる場合があります。
今回はスポーツ用品の人気メーカーおよび品目について紹介します。

人気メーカー
スポーツの種類によってブランドが違うため、人気のあるブランドはさまざまです。
ですが、世界的に一定の地位を確立しているようなブランドであれば高い人気を誇ります。

ナイキ、アディダス、アンダーアーマー、プーマといった、名前が知られているようなブランドであれば需要が高いです。
状態が良いものであれば高額の査定が期待できます。

ナイキは、スニーカーをはじめとして数多くの種類があり、スポーツシーンのみならず幅広いジャンルで展開しています。

アディダスはファッション、スポーツともに人気のあるブランドです。
汗をすぐに吸収していくれる素材など、機能性にもこだわった製品を提供しています。

アンダーアーマーは、元アメリカンフットボール選手が作ったスポーツブランドです。
日本では読売ジャイアンツのユニフォームに採用されていることで有名です。
フィット感を大切にした商品を数多く提供していて、普段着としても支持されています。

プーマは、ドイツのスポーツブランドメーカーです。
ネコ科の動物であるピューマのロゴが印象的であり、デザイン性のある商品を提供しています。
スニーカーやアパレル関係など、幅広く展開しています。

人気の品目
スポーツ用品は、たとえ中古であっても高い需要があります。
クラブ活動や習い事、趣味に至るまでスポーツを取り組むシーンは数多くあります。
日常着やファッションとしてスポーツブランドの製品を利用する人も多く、市場は拡大傾向にあります。

スポーツウェア、シューズ、バッグといった定番のスポーツ用品は一定の需要があります。
またスキーボートやサーフボードなどの製品も一定の人気があります。
他にも、テニスラケットやボールも買取の対象になります。

高品質であるスポーツ用品は長もちするので、不要になった時のために売れるように、日頃から丁寧に使用しておくことを心掛けておくといいでしょう。
購入した時の専用のケースや説明書、備品なども保管しておくと、査定額が高額になることがあります。


いままで使用されていたことのあるスポーツ用品でも高値で売れる場合があります。
ご不要になったスポーツ用品があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

自動車・工事車・カー用品

長年、大切に乗ってきた愛車を手放す際はなるべく高く売りたいところ。
中古車を売却する際にはその車のメーカーや車種が買取価格に大きく影響してきます。
今回はそんな自動車で人気のあるメーカー、および車種について紹介します。

人気メーカー
人気のある自動車メーカーは次の通りです。

トヨタは、国内において最も売上高が高いメーカーです。
軽自動車だけではなく商用車やコンパクトカーに至るまで多種多様な車を販売していています。
高い品質で定評があり、故障が少ないため、数多くのドライバーから好評です。
それゆえ、海外市場においても高い信頼性を得ています。

日産は、トヨタに次ぐ国内の主要な自動車メーカーです。
トヨタとは逆に斬新さにこだわったモデルの車が多く、個性の強い車が多いことが魅力となっています。
これまでスポーツカーを多く手掛けてきましたが、近年では軽自動車やSUVなども展開しています。

ホンダは国内の主要な自動車メーカーの一つです。
バイクの開発で培った技術を自動車開発に応用していて、小型高出力エンジンの技術が有名です。
レーシングカーやスポーツカーと同様に、車体中央部にエンジンを搭載しています。
これにより、バランスのある車体を実現しています。

この他、スズキやマツダ、スバル、ダイハツも国内市場において一定の需要があります。

海外勢ではメルセデスベンツやBMW、アウディといったメーカーが人気です。
これらの自動車は一定のステータスがあり、中古車市場でも高額で取引されています。


人気の車種
トヨタで好評の車種にはヴィッツやプリウスがあります。
ヴィッツはトヨタの主流となっている自動車であり、ゆとりを大切にした室内空間と、スタイリッシュさを追求したデザインが魅力です。
プリウスは最近人気のある量産ハイブリッド車です。

日産ではセレナやノートが主流となっています。
セレナはゆったりとした社内環境を追求していて、シートアレンジも自由自在に行うことが可能です。
ノートは安全装備が豊富であり、単眼カメラや自動ブレーキなどが搭載されています。

ホンダはN-BOXやフリードが好評です。
N-BOXは広々とした空間を実現していて、ベビーカーが置けるほどのスペースを確保しています。
フリードは小回りが利きやすいほどのサイズ感で定評があります。


自動車はもちろん、タイヤやシート、カーナビといったカー用品も買取の対象になります。
ご不要になった自動車関連の品があれば、査定に出してみてはいかがでしょうか。

骨董品

骨董品は、希少価値のある古美術や古道具の総称です。
最近では市場が拡大したことによって価値が付きやすくなりました。
保管状態が良いものですと、それなりの高値で買い取ってもらえることがあります、
今回はそんな骨董品で人気の品目について紹介します。

人気の品目(1)絵画
絵画を大きく分けると日本画・西洋画・現代絵画に分かれます。
日本画であれば水墨画、岩絵具で描かれた絵画などがあります。
水墨画は雪舟のように、墨一色の濃淡で描かれたものや、墨色の濃淡・にじみなどを表現した中国風の描法によるものがあります。

西洋画は、水彩画・油彩画・テンペラ画・アクリル画に分かれます。
水彩画や油彩画は独特なタッチが支持されています。
テンペラ画は壁画などに使用され、不透明な色合いが人気です。

現代絵画は、不特定多数の人を楽しませるアート的な作品が多いです。
抽象的な作品が多く、見る人の解釈にゆだねられるものもあります。

絵画では描いた作家の知名度、および希少性で相当高値で購入することができます。

人気の品目(2)茶道具
日本の侘び寂びの粋を凝縮させた茶道具などは、高価な品になると数千万円以上の値が付けられることがあります。
有名な作家によって作られた茶道具ですと、数百万円以上もの高値で取引されているものもあります。
他にも、歴史上の偉人に関連する遺品のように希少性のある品も茶道具の価値を高める要素となります。
こうした価値基準は専門家でないと判断することが難しいため、まずは無料の査定を依頼されることをおすすめします。

人気の品目(3)彫刻品
ブロンズ像などの彫刻品は、処分の対象になりやすいです。
種類は多様であり、人物や動物をかたどったものなどがあります。
彫刻品の価値を決める上で作った作家の知名度は重要視されます。
世界的に有名な作家のブロンズ彫刻であれば、相当な高値になります。


人気の品目(4)アンティーク家具
国内外で100年以上の年数が経過している家具はアンティークとして分類されます。
当時でしかなし得ない技術によって作られた品々には根強いファンがいます。
中には江戸時代に作られたものもあり、そういった品は高額で取引されます。
材質にもこだわっていて、インテリアとして非常におしゃれなものが多いです。


長い歴史を感じさせる骨董品の数々は高値で取引されることがあります。
押し入れの中で眠ったままの骨董品がありましたら、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

切手

切手は昔に比べて流通数の低下していたり、あまり価値がないのではと考えている方もいるかもしれません。
ですが、種類によっては希少性が非常に高く、コレクターの間で人気のものもあります。
今回は高額査定の対象になる切手の種類を紹介します。

高額査定されやすい切手の種類(1)記念切手
記念切手は、国の重要行事を記念して発行される切手です。
販売期間や発行枚数などに制限があるため、普通切手より希少価値があり、プレミア価格がつきやすいです。
例えば「日本万国博覧会記念切手」や「皇太子殿下御成婚記念切手」などが有名です。
明治時代や大正時代、昭和30年代までのものであれば高額査定の対象となります。

高額査定されやすい切手の種類(2)普通切手
普通切手は、通常郵便の際に貼り付けて使用する切手です。
記念切手と異なり、枚数制限がありません。
あまり価値がないように見えますが、記念切手同様、明治や大正、昭和初期のものであれば高額で取引されます。
未使用でかつ状態の良いものであれば、なおさら高値になります。

高額査定されやすい切手の種類(3)外国切手
外国発行の切手は、国や種類も多いため業者によって評価が分かれやすいジャンルです。どの切手をプレミア切手として扱うかは業者ごとに異なるため、複数の業者に査定を依頼するのがおすすめです。
外国切手の中で人気が高いのが、アメリカやイギリスなど切手の歴史が古い国のものです。1840年にイギリスで発行された世界初の切手である「ペニーブラック」などは1枚からでも高額で取引されています。
また中国切手も人気があります。
日本国内に出回っている中国切手は状態が良いことから、中国の富裕層に人気があり、高額で取引されることが多いです。

高額査定されやすい切手の種類(4)軍事切手
軍事切手は、軍人が郵便物を差し立てる際に貼り付けていた切手です。
1910~1944年までの期間において発行されていました。
主に重量便での利用が多かったとされています。
かつて中国および朝鮮半島に駐留していた大日本帝国陸海軍の下士官兵に対して発行されていました。
普通切手に「軍事」の2文字が入っていることが特徴です。


以上、中古市場において高額で取引される切手の一覧を紹介しました。
切手に関してはコレクターが多く、使用済み切手であっても高値で査定されることがあります。
ご自宅に眠ったままとなっている切手がありましたら、まずは査定に出してみてはいかがでしょうか。

その他

登山やキャンプ、レジャーなどに利用できるアウトドア製品。
機能性の高さと質感から、アパレル関係においては普段着としても利用されることがあります。
今回はそんなアウトドア製品の中で、人気のブランドや品目について紹介します。

人気のメーカー
アウトドア製品に関しては、ブランド物ほど機能性に優れていることから高額査定の対象になりやすいです。

パタゴニアは、登山用具やサーフィンのアイテムを扱うことで知られるメーカーです。
ウェアの素材には、ペットボトルを再生して作られた「PCRシンチラ」という環境に配慮したものが使用されています。
デザイン面も本格志向のものからタウンユースに対応したものまで、幅広く取り揃えています。

ザ・ノース・フェースは、タウンユースの衣類でも人気のあるメーカーです。
「The North Face」と印刷されたロゴは、日本国内でも若い世代に支持されています。
機能面においても快適性に優れていて、デザイン性と性能を上手く両立させています。

コールマンは、1900年アメリカで創業されたメーカーです。
日本国内ではコールマン製品のアウトドア製品に関しては高い買取実績があります。
ランタンからキャンプ用品まで扱っていて、キャンプシーンの定番となっています。
衣類に関しても通気性が良く、蒸れにくいことから人気があります。

モンベルは日本発のアウトドアブランドです。
「軽く早く美しく」をコンセプトに作られたジャケットは、防風・防水性に定評があります。
撥水性や帯電防止性にも優れていて、登山においてはとても重宝します。

人気の品目
アウトドア製品の中では、バックパックやジャケット類が特に人気です。
理由としてはアウトドア以外のシーンでも活用する場面が多いことが挙げられます。
普段着としてアウトドアウェアを楽しむ人たちも多くなり、ファッションブランドとしてのアウトドア製品の価値が上がりました。

旅行用としても多くの荷物が収容できるトレッキング用のバックパックは重宝されています。

テントについても、状態が良ければ高額買取が可能です。
車中泊によるエコノミークラス症候群対策としてテントが注目され、防災グッズとしての価値が高まっています。

他にも宿泊施設がテントなどを用意する「グランピング」が広まっていることから、さまざまなアウトドア製品が注目されています。


いままで使用されていたことのあるアウトドア製品でも高値で売れる場合があります。
ご不要になったアウトドア製品があれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

 

自宅や会社の不要物を処分するなら買取で現金化できるみやび屋にご相談ください。