オーナーからのメッセージ

「加西市なんですが、車のバッテリーが上がってしまって!」と、40代くらいと思われる男性からお困りのお電話が入りました。運送業者だそうで、同僚の一人が車内で休憩していた際、エアコンや電気などを点けっぱなしにしていたことが原因のようです。

加西市にあるコインパーキングに停車しているそうで、駐車料金もかさむため、早めに来てジャンピングして欲しいとのこと。お車はお仕事に使われるトヨタの2トントラックです。24Vのバッテリーということもあり、対応できる作業スタッフに確認し、30分ほどで向かえるとご案内しました。今回はお電話くださった男性と、バッテリーを上げてしまったという男性お二人のお立ち会いのもと、ジャンピングの作業をさせて頂きました。車内で休憩していたという男性は「すみません、次から気を付けます…」と反省していたようです。

更新日: 2020-10-27

オーナーからのメッセージ一覧

 

加西市でのバッテリーあがりでお悩みなら「バッテリーカケル君」におまかせ!

簡単3ステップ
050-5212-9832
協力店・加盟店募集中
5分でエンジン始動

GPSシステムで最短【作業員】を手配

3ステップ
  • バッテリー上がり
  • ジャンピング
  • エンジンがかからない

バッテリー上がりを最短30秒で手配します!

作業イメージ

ジャンピングでエンジンをかけます

最速で現場に駆けつけます

加西市でのバッテリーあがりでお悩みなら「バッテリーカケル君」におまかせ!

  • ・買い物中のライトの消し忘れで車のバッテリーがあがった
  • ・駐車中のエアコンの消し忘れで車のバッテリーがあがった
  • ・夜間駐車中に室内灯を消し忘れてエンジンがかからなくなった
  • ・1か月車に乗っていなかったため車のバッテリーがあがってしまった
  • ・カーアクセサリーでスマホを充電していたらバッテリーがあがった

など、車やバイクのバッテリーあがりはさまざまな原因があります。「エンジンをかけるだけの発電量がない」ためにエンジンがかからなくなるのです。バッテリーがあがった場合、ジャンプスターターを持っていなければ、他車から電気をもらう・ロードサービスに依頼する必要があります。「バッテリーカケル君」では、普通車やバイク、電力を用いたモーターで動くハイブリッドカー、電気自動車などさまざまなタイプのバッテリーあがりをジャンピング(ブースターケーブルをつないで電力を分けてエンジンを始動させる)で対応いたします。

弊社では、ジャンピングを救援車、ジャンプスターターの2種類の方法でバッテリーあがりを対処いたします。加西市で車のバッテリーがあがり、お困りの際は「バッテリーカケル君」におまかせください!

簡単3ステップ
050-5212-9832
5分でエンジン始動

車のある場所と車種を教えてください

車が停まっているのは自宅ですか?出先ですか?こちらで住所をお調べします車のメーカーと車種を教えてください

バッテリーが上がった原因はわかりますか?

これらが主なバッテリー上がりの原因です
ライトの消し忘れ長時間車に乗っていなかった夏場や冬場のエアコン長時間使用その他

お役立ち情報

バッテリー上がりの兆候と予防

ジャンピング以外の対応について

ジャンピング作業

普通乗用車HV/PHV/EV2t以上

その他追加作業

ヒューズ交換バッテリー補充液バッテリー交換
搬送・レッカー対応普通車2t車
簡単3ステップ
050-5212-9832
5分でエンジン始動

選ばれる理由

最短30秒で到着時間を案内

GPSシステムで最短【作業員】を手配!

自宅に停まっている場合は「〒・郵便番号」、出先の場合には「近くの建物、目印」などをお伝えください。コンビニの場合はコンビニの名称と「○○店」まで教えてください。

独自のGPSシステムにより、近くの作業スタッフを絞り込み、もっとも早く行ける2人を特定してお客様に到着時間をお伝えします。例:「現場到着、40分後または20分後」

最短5分でエンジン始動

電圧チェック液量チェック充電エンジン始動

現場到着後、電圧チェック(バッテリーの電圧チェックをします)、液量のチェック(バッテリー液が上限値と下限値の間におさまっているか)、充電(お客様のバッテリーにケーブルをつないで充電)、そしてエンジン始動となります。

明確なバッテリー上がりの原因がわかっていてチェックも不要の場合、すぐにジャンビングでエンジンをかけます。到着後最短5分でエンジン始動となります。

指定の場所にレッカー移動できます

レッカー移動イメージ図

バッテリー上がりが原因ではなく、エンジンやオルタネーター(発電装置)の故障だった場合は修理しかありません。当店では自走できない車をお客様指定の向上やディーラーまで車を運ぶことができます。JAFの仕事もやっているロード専門の作業スタッフなので安心です。

レッカーや搬送の場合、作業台とは別に1km単位での「搬送距離」が料金に加わります。料金は上記の料金部分で確認ください。※レッカー移動は対応できないエリアもあります。電話で確認願います。

簡単3ステップ
050-5212-9832
5分でエンジン始動

よくある質問

Q

現場でのジャンピング作業はどれくらいで終わりますか?

A

普通車の場合、5分から20分くらいで終わります。対応できる大型車や外国産車の場合、普通車と比べてやや時間がかかることがあるのでご了承ください。ジャンピングする場所や作業の状況次第によっても変わります。

お客様の車のバッテリーにケーブルをつなぐことで充電されます。バッテリーの弱り具合によって、すぐにエンジンがかかる場合もあれば、しばらく充電してからでないとエンジンがかからない場合があります。エンジンがかかるまでの時間は、その充電時間も関係してきます。

Q

ジャンピングで必ずエンジンはかかるのですか?

A

通常のバッテリー上がりであれば、ほとんどの場合エンジンはかかります。ただしバッテリーが完全に機能していなかったり、バッテリー以外が原因の場合はエンジンがかからないこともあります。その場合でも、作業料金がかかる場合がありますのでご了承願います(お電話で説明いたします)。

その他の原因はいくつかあります。オルタネーター(発電装置)自体の故障であったり、エンジンの故障、ヒューズの断線、ガス欠などもエンジンがかからない理由です。現場で対応できない原因の場合、レッカーで整備工場やディーラーに搬送する必要があります。エリアによっては、そのまま搬送も可能ですので、ご相談してください。

Q

ハイブリッドカーでも対応いただくことは可能でしょうか?

A

はい、ハイブリッドカー(HV)や電気自動車(EV)のバッテリー上がりも対応いたします。

ハイブリッドカーは動力源が電力ですが、補機バッテリーと呼ばれるバッテリーがあり、ガソリン車と同様にこのバッテリーが放電などによってバッテリー上がりすることがあります。ジャンピングによりバッテリーは回復するのでご安心ください。

プラグインハイブリッドカー(PHV)や電気自動車(EV)もハイブリッド車と同様に補機バッテリーがあればジャンピングで対応できます。ただし最近の電気自動車の中には、補機バッテリーがない車種もあり、その場合は通常のジャンピングによる充電ではエンジンがかかりません。

Q

バッテリー上がりが解決した後で気をつけることはありますか?

A

バッテリー上がりが解決したあとは、エンジンを掛けたままにしてください。

エンジンがかかったからと言って、バッテリーが回復(充電)したわけではありません。十分に充電されないままエンジンを切ると、またエンジンがかからなくなる場合もあります。

車を走らせればバッテリーは充電されます。一度バッテリーが上がった時は、長時間走らせるようにしたほうが良いでしょう(最低でも1時間以上)。エンジンをかけたアイドリング状態でも充電はされますが、充電量はごくわずかです。もしもバッテリー本体の寿命の場合は、早急に新しいバッテリーに交換するようにしてください。

Q

バッテリーの交換も頼めますか?

A

交換作業は可能です。

お客様が交換用のバッテリーを持っているようであれば、作業スタッフに依頼できます。バッテリーがない場合でもバッテリーの品番などがわかるようであれば、そのバッテリーを作業スタッフが用意できる場合もあります。まずはお電話で相談してみてください。

車のバッテリーは種類が豊富です。適合バッテリーに交換しないといけないのはもちろんですが、適合バッテリーでも性能の違いで料金が違うなど種類があります。作業的には当店で問題なくできますが、性能やメーカーなどにこだわりがあるのであれば、自身で選んで購入されることをおススメします。

Q

バッテリーが上がるとドアも開かなくなるのですか?

A

リモコンキーの場合は開かなくなることがあります

バッテリーが上がるとドアロックモーターに規定電圧が送れなくなるのからです。ただしメカニカルキー(カギ穴からの鍵開け)であれば、電圧などは関係ないのでドアを開けることはできます。

最近はスマートキーやインテリジェントキーなどが普及してきて、鍵穴にカギを刺すこと自体しなくなってきました。便利な部分がある反面、いざバッテリー上がりで急にドアが開かなくなると、慌ててしまうこともありますので覚えておきましょう。

Q

自分の車のバッテリーが12ボルトなのかわかりません

A

トラックなどの大型車でなければ、ほぼ12ボルト(12V)です。バッテリーがある場所がわかるなら、実際に見てください。1個であれば12ボルト、2個あれば24ボルトと判断できます。

24ボルトの車に12ボルトの車がジャンピングで救援することは可能ですが、接続方法は間違えないように注意する必要があります。逆のパターン(12ボルトの車に24ボルトの車が救援)はNGです。最悪の場合、壊れてしまうこともあります。

Q

バッテリー上がりの症状確認はどうすれば良いですか?

A

セルモータが少しでも反応する場合はほぼバッテリー上がりが原因です。まったく反応しない場合は、故障の可能性が高いです。ライトが付くときはバッテリー上がりではなくガス欠などを疑いましょう。

バッテリー上がりであれば当店で対応できますが、故障だったりガス欠の場合は作業スタッフが行っても対応できないことがあるので、事前に自分で確認できることは確認した方が良いでしょう。

Q

自分でできるバッテリー上がりの予防はありますか?

A

あります。

まずはバッテリーの定期的な交換(2~3年)は忘れずにおこないましょう。それ以外では、バッテリー本体の定期的なチェックです。バッテリー液量や電圧のチェックなどは簡単なので、自分でもできるでしょう。

メンテナンスフリーのバッテリーも増えてきて、バッテリーのトラブルは減ってきてはいますが、忘れたころにバッテリー上がりなどが起きます。走行時間や距離が少ないのにエアコンや電装品をたくさん使用したり、ライトの付けっぱなしはバッテリーに大きな負担となりますので、注意しましょう。

Q

JAFさんみたいに会員・非会員などはありますか?

A

会員制度はありません

お電話でもたまに聞かれますが、お客様がJAFさんの会員であれば、JAFさんに頼んだ方が「安い」です。当店の料金はJAFさんの「非会員」とほぼ同程度の料金となっています。

JAFさんの会員の方でも当店に依頼をいただくことは多いです。それは、料金が高くなっても「早く来てくれる」、「早く車を動かせる」ことを優先としているからです。現場到着時間は、場所や状況次第で変わるのは当店でもJAFさんでも同じです。まずはお電話でご確認してみてください。

加西市のバッテリーあがり【バッテリーカケル君】地域情報

加西市には古墳時代中期に造られた玉岡古墳群があります。古墳時代の恋物語である根日女の恋伝説が文献によって伝えられている貴重な遺跡です。平安時代末期の1171年には一乗寺三重塔が建立されました。古塔としては珍しく建立年代が明らかになっており、当時の建築技術を研究する上で重要な存在でもあることから国宝にも指定されています。一乗寺には他にも、重要文化財に指定された本堂などの建築物や仏像が存在します。太平洋戦争中の1943年には、鶉野飛行場が開設されました。戦況が悪化する中でパイロットの養成のために造られた旧日本軍の飛行場です。軍需工場も近傍にあり、紫電を始めとした約500機の戦闘機が生産されていました。飛行場では全国から若者が集められて訓練が行われていました。1945年には神風特攻隊の一つ白鷺隊が編成され、沖縄戦に出撃し63人もの命が失われてしまいます。戦後は入植地となりましたが滑走路は残されており、周辺の防空壕跡と共に戦争の爪痕を今に伝えています。
エンジンをかけた時に異音が聞こえませんか?いつもと違い何か詰まるような音が聞こえた場合は、エンジンをかける際に必要な電力が流れていない状態です。この場合はエンジンがかからないので、至急修理が必要です。加西市で車のエンジンがかからないトラブルに遭われましたら、バッテリーカケル君にご連絡ください。お客様の場所まで直ぐにお伺いし解決いたします。

簡単3ステップ
050-5212-9832

 

ギャラリー

  • ショッピングモールの駐車

    ショッピングモールの駐車場で、ライトをつけっぱなしに気付かず、バッテリーがあがり途方にくれていたところ、迅速な対応というフレーズが目を引き、バッテリーカケル君に対応を依頼しました。すぐに加西市のスタッフさんがジャンピングでバッテリーを回復してくれたので、助かりました。
    (40代男性 Aさま)

  • エアコンをつけっぱなしに

    エアコンをつけっぱなしにして車で寝ていたところ、エンジンが掛からず、バッテリーがあがっていました。帰宅途中だったので、できるかぎり早く対応するバッテリーカケル君に対応を依頼しました。ジャンピングの作業もすぐに終わり、ホッとしました。バッテリーの調子も教えてもらえ、満足しています。
    (30代男性 Wさま)

  • 久しぶりに車を運転しよう

    久しぶりに車を運転しようと思い、エンジンを掛けたところ掛からずバッテリーがあがっていました。ハイブリッドカーで対応してくれるか不安でしたが、オペレーターさんの案内も丁寧で可能ということだったので、対応を依頼しました。スタッフさんの施行案内も丁寧だったので安心しました。
    (30代女性 Kさま)

  • 長時間の運転で疲れたので

    長時間の運転で疲れたので、エンジンを切ってカーオーディオを聞いて休憩し、そのまま寝たところ、バッテリーがあがりました。ロードサービスとしてバッテリーあがりの対応を行うバッテリーカケル君に対応を依頼しました。手持ちの料金が少なかったのですが、カード支払いも扱っており、助かりました。
    (40代男性 Sさま)

写真ギャラリーを見る

 

加西市【バッテリー上がり 車 エンジンかからない ジャンピング】バッテリーカケル君 基本情報

店名
加西市【バッテリー上がり 車 エンジンかからない ジャンピング】バッテリーカケル君
サービス提供エリア
兵庫県加西市  
※対応可能エリア
営業時間
電話受付 7:00~24:00
定休日
365日対応
電話番号

050-5212-9832

クレジットカード利用
VISA, MasterCard, JCB, AmericanExpress, その他
備考

協力店・提携業者募集のお知らせ
現在ホームページからのお問い合わせが殺到しており加西市で弊社の業務のお手伝いをして頂ける個人・法人様の協力店を募集しております。

詳細はこちらをご覧ください

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>