看板作成.comはわかりやすい料金設定です

福岡市南区でおすすめの看板

一口に看板といってもさまざまな種類があります。福岡市南区でおすすめの看板をご紹介します!

(1) 立て看板
立て看板とは、支柱に植えられた看板です。一般的に看板と言われてイメージするオーソドックスなものであり、大きさや素材によって違った顔を持つ看板です。基礎が地面に埋まっているので安定しており、雨風の影響もなく丈夫なのが特徴です。

ただ、その看板を支える支柱が長年使用していると錆びてしまうことがあり、錆びるともろくなり看板を支えられずに折れることがあるので注意が必要です。


(2) 電飾看板
電飾看板とは、看板内部にLEDや蛍光灯がはいっており、電気で光る看板です。主なものは、看板内部から点灯させるものです。ただ、スポットタイプで通常の看板を照らしたり、ネオン看板といってガラス製のネオン管を曲げたりして利用しているものもあります。

夜営業しているお店などは営業していることを伝える意味も果たしており、夜間でもお店の宣伝ができます。

(3) 電光看板
電飾看板同様に電気にて輝く看板です。ただ、電光看板では、文字を動かすなどということも可能です。そして、長い文章も流すことが可能です。お店のオリジナリティーを活かす宣伝が可能です。

(4) スタンド看板
おしゃれなカフェなどに置かれて、手書きなどでメニューが記載されていることもあるスタンド看板。片面だけのものや両面のもの、電飾がついたものまであります。

お店の前に置くことで、多くの通行人に見てもらうことができます。簡単に設置できるだけに、強風などで倒れてしまうこともあるので、設置には注意が必要です。

(5) 屋外看板
ビルやマンションなどの高い場所に設置することが多い屋外看板。高速道路を走っていると、たくさんの屋外看板を目にするのではないでしょうか。

とても大きなものが多く、より目立つデザインにすることで遠くからもはっきり見てもらえるでしょう。看板作成.comでは、目立つ看板の製作も得意です。


(6) 袖看板
建物の壁などに垂直に設置されている看板を袖看板といいます。歩行者や自動車の運転手に向けてお店の場所を伝える意味を持っています。ただ、設置場所によっては目にしてもらえないこともあるので設置場所はよく確認しましょう。

高さ4メートル以上の場所に設置する場合は「工作物確認申請」が必要となっています。手続きは、スタッフが行うことも可能なのでお任せください!

(7) 壁面看板
建物の壁面に設置する看板です。お店の入り口に設置される壁面看板は、お店の顔です。そのため、看板と店舗のイメージ・建物のデザインなどを統一することで、一体感を出すことができるでしょう。

福岡市南区での看板のメンテナンス方法とは?

せっかく作った看板でも、日々劣化してしまいます。錆びた看板や、汚れたり、文字が消えかかったりと古びた看板はお店や企業のイメージを悪化させることも…。

また、錆びることで看板自体が落下したり、倒れたりしまうこともあり危険です。もし、人にあたって怪我をさせてしまったとなると、賠償金が発生しお店や企業へも影響を及ぼしかねません。

そのため、しっかりとメンテナンスをおこなうことが重要となるのです。福岡市南区に設置してある看板であれば、看板作成.comにメンテナンスをお任せください!

とくにチェックが必要なポイントをご紹介します。

●錆び落とし
看板を支える支柱や、固定させるボルトなど看板にはたくさんの金属を使用しています。しかし、長年使用していると、金属は雨などによって錆びてしまいます。錆びると、支柱がふらついたり、ボルトが緩んだりします。そうなると、看板のズレや落下の原因となるのです。それを防ぐためにも、錆び落としは欠かせません。とくに沿岸部は、塩分を含んでいる雨風によって錆びやすい傾向にありますのでご注意ください。


●電球交換
電飾看板に欠かせない電球ですが、看板本体と比較して劣化しやすく、先に電球が切れてしまうことがあります。夜になって点灯させようとおもったら、切れていることも。切れていると印象も悪くなってしまいます。そのため、早めに交換しておくべきでしょう。看板作成.comでは、電球一個、蛍光灯一本からでも交換いたします。LEDのものに交換したいというご要望にもお応えしますので、ご相談ください。


●ネオンサイン修理
電飾看板は日中でも使用可能ですが、ネオンサインはほぼ夜間専用ですので、故障してしまいますと意味を成しません。速やかに修理するべきです。ネオンサインの寿命はおよそ10年といわれていますので、もしも福岡市南区にて寿命が近いなと思われる方は、修理に備えた方が良いでしょう。


●配線修理
長年使用していると、電気配線の劣化が進み、破れてしまうこともあります。そこから、雨水が入り込むと漏電の危険もるので危険です。

過去には漏電から火災を引き起こした事例もありますので、重大な事故を引き起こす前に修理が必要です。看板作成.comではこのような配線の修理にも対応していますので、福岡市南区のスタッフにご依頼ください。

●定期点検
看板には屋上看板や壁面看板のように、普段点検をしにくい看板も多いです。そのためメンテナンスを忘れてしまうことも多いため、あらかじめ点検のスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

定期点検をしておくことで、事前に看板の状態を把握できるので安全に設置を続けられます。

 

提案から設置までしっかりサポートします

 

現地でのお見積りにも対応します

 

メンテナンスのご相談もお伺いします