オチアイシカイイン

落合歯科医院

最寄駅 西武秩父駅 出口 徒歩 24分
エリア 秩父・小鹿野
ジャンル 歯科

虫歯を抑えるには日ごろの予防が大切!清潔感があり通院しやすい歯科医院を心がけています。

当院は、秩父市にある歯科医院です。駐車場も備えているので遠くから車でお越しの患者さまでも気軽に来ていただけます。患者さまの歯科医院に対する恐怖心を軽減できるように、衛生管理をしっかり行い、清潔感のある白を基調としたリラックスできる治療空間で、通いやすい歯科医院を目指しています。

歯周病、インプラント、入れ歯、矯正治療などさまざまな治療をしていますので、お口のことでお困りの患者さまでも気軽に来ていただくことができます。小児歯科では、小さいうちから歯科医院に通うことを習慣づけていただけるようにサポートしています。

お子さま連れの方が通いやすいように取り組んでいます。キッズスペースを導入することやキッズクラブでフッ素塗布や歯科医院体験など抵抗なく歯科医院に来ていただくように取り組んでいます。また、託児サービスを行っているのでお子さまから目が離せなくてなかなか歯科医院に行くことができない親御さまでも不安を抱かずに来ていただくことができます。

小さいお子さまのときから歯科医院になれていただき、歯科医院を好きになってもらいたいです。お子さまが虫歯や歯周病で痛い思いをしないためにも予防をしっかりとすることで将来的にも健康な歯を手に入れられるように力をいれています。この先に一人でも多くのお子さまが虫歯を抑えられるような治療をしていきたいと考えています。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長落合 貴史

院長落合 貴史

落合歯科医院院長の落合 貴史です。歯科医院と聞くと「歯が痛くなってから行く場所」という認識をお持ちの方が少なくありません。しかし、痛くなってからは、すでに歯の健康は損なわれた状態です。患者さまには、お口の健康を守るために歯科医院に通院していただきたいと思っています。 できるだけ早い段階で予防に取り組めるように、お子さま向けにキッズクラブも準備しています。子どもの時から自分のお口に関心を向けることで、大人になってからも健康に対する意識を持っていただけると信じています。 虫歯や歯周病は予防できる病気です。そのような症状からお口を守るために、予防に関する多くの情報をお伝えしますので、当院と一緒に健康なお口を目指しましょう。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/07/16 15:24

診療受付時間

09:00〜16:30

基本情報

定休日 日曜日, 木曜日, 祝日
住所 〒368-0026
埼玉県秩父市相生町8-9
電話番号 0066-9802-060543
クレジットカード 利用不可
最寄駅 西武秩父線  西武秩父駅 出口 徒歩 24分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q乳児のミルクの後の口中をどのように清潔に保つべきですか?

    A乳児のミルクの後の口中を清潔に保つためには、以下の方法があります。 1. ミルクの後は、清水やミルクを含んだ濡れたガーゼやベビーワイプで口の中を軽く拭くことが大切です。 2. 歯が生え始めると、歯磨きが必要になるので、歯ブラシを使って優しく歯を磨いてあげます。 3. 衛生的な環境を保つために、ミルクの後は飲み物以外を与えないようにします。 4. 定期的に口の中をチェックし、異常があればすぐに医師に相談します。 これらの方法により、乳児の口中を清潔に保ち、健康な口の発育を促進することができます。

  • Q20代~30代の口腔衛生を維持するためのヒントは何ですか?

    A20代~30代の口腔衛生を維持するためのヒントは以下の通りです。 1. 正しい歯磨きを続けること。歯磨きは朝晩2回、2分間行い、歯間ブラシやフロスも使用して歯垢を除去しましょう。 2. 健康的な食生活を心がけること。糖分や酸性の飲食物を控え、バランスの取れた食事を摂ることが大切です。 3. 歯医者の定期的な受診を欠かさないこと。虫歯や歯周病の予防や早期発見に役立ちます。 4. タバコやアルコールの過剰摂取を避けること。これらは口腔の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 5. ストレスを適切に管理すること。ストレスは歯ぎしりや口内炎などの口腔トラブルを引き起こす要因となることがあります。 6. 口腔衛生用品の選び方に注意すること。歯ブラシや歯磨き粉は自分の口腔状態や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。 これらのヒントに従って口腔衛生を維持し、将来の口腔トラブルの予防に努めましょう。

  • Q高齢者の口腔ケアはどのように行うべきですか?

    A高齢者の口腔ケアは、以下のような方法で行うべきです。まずは、毎日の歯磨きを励行し、歯と歯ぐきの清掃を行います。歯ブラシや歯間ブラシを使用して、歯の表面や隙間にこぐき炎やプラークを取り除きます。また、歯石の除去や定期的な歯科検診も重要です。さらに、入れ歯や義歯のケアも忘れずに行いましょう。食事や薬の副作用などによる口の乾燥を防ぐためにも、水分摂取や唾液刺激剤の使用が有効です。定期的な歯科医院の訪問や、歯科専門の看護師や介護士の支援も受けることが重要です。

周辺にある店舗