ノゲマチシカシツ

のげ町歯科室

最寄駅 日ノ出町駅 出口 徒歩 5分
桜木町駅 南口 徒歩 6分
エリア 桜木町・高島町
ジャンル 歯科

心から休まる優しい雰囲気があるからこそ通い続けられる。あなたのかかりつけの医院を目指しています

横浜市中区野毛町にございます「のげ町歯科室」です。京急本線・日ノ出町駅の出口より徒歩5分、根岸線・桜木町駅の南口より徒歩6分の位置にあり、電車での通院が便利です。

診療時間は平日・土曜日共に19時までであるため、お仕事や学校で忙しい方にも、治療やメンテナンスにご利用いただきやすい環境です。

当院は、患者さまとじっくりとお話をして、ご納得いただいた上での治療を大切にしています。「かかりつけ歯科医機能強化型 歯科診療所」として認定を受け、地域の方々のお口の健康をしっかりとサポートできるご用意がございますので、歯科治療が怖いという方も、まずはお悩み相談のためだけでもご来院してみてください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長高畑 美晴

院長高畑 美晴

はじめまして。「のげ町歯科室」院長の高畑 美晴です。1977年に日本歯科大学歯学部を卒業し、1979年に当院を開院いたしました。 近年は、歯に対する意識が高まってきたために、皆さま小まめに歯磨きをして虫歯予防をされています。しかし、ご来院された方を診察していると、細かな部分が汚れてしまっていて、歯周病や歯周炎になっている方が多く見られます。 毎日歯磨きをされている方も、ぜひ定期的に歯科医院に通院して、お口の隅々まできれいにしていただければと思います。そして、野毛町近隣にお住まいの方はぜひ、当院をご活用いただければ幸いです。 【歯科医師を志した理由は?】 私の父が歯科医師だったことがきっかけです。私は父の、歯科医師としての仕事ぶりを尊敬していました。そんな父の姿に憧れ、私も歯科医師の道を選びました。 【歯科医師としてのやりがいは?】 当院で治療を受けた患者さまが、「ここで治療を受けて良かった」と言ってくださることが私にとってのやりがいです。また、患者さまが「家族や友人に当院をすすめたいのですが、診てもらえますか?」と言ってくださったのが、本当に嬉しいお言葉でした。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/06/19 15:43

診療受付時間

09:00〜12:30
14:00〜19:00

基本情報

定休日 日曜日, 木曜日, 祝日
住所 〒231-0064
神奈川県横浜市中区野毛町3-138
電話番号 0066-9802-543226
クレジットカード 利用不可
最寄駅 京急本線  日ノ出町駅 出口 徒歩 5分
根岸線  桜木町駅 南口 徒歩 6分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q歯周病のリスクは年齢とともにどのように変わりますか?

    A年齢と共に、歯周病のリスクは高まる傾向があります。年齢が上がると、歯や歯茎の組織は衰えてくるため、歯周病にかかりやすくなります。また、年齢が上がるにつれて、歯石が溜まりやすくなることもリスクを高めます。さらに、免疫力の低下や慢性疾患の存在なども歯周病のリスクを増大させます。したがって、年齢が上がるほど予防や治療などのケアが重要になります。

  • Q歯周病の予防方法は何ですか?

    A1. 正しいブラッシング:歯と歯肉の境界にブラシを当て、ゆっくりと円を描くようにしてブラッシングします。 2. デンタルフロス:ブラシだけでは落としきれない歯間の汚れを落とすためにデンタルフロスを使用します。 3. 歯科での定期検診:専門家による定期的なチェックとクレーニングは、歯周病を未然に防ぐ大切な手段です。 4. 口腔内の乾燥注意:口腔内が乾燥すると、細菌が増えやすくなるため、水分補給をこまめに行います。 5. 健康な食生活:ビタミンCやD、カルシウムなどの栄養素が豊富な食事を心がけます。 6. タバコを吸わない:タバコは歯肉を痩せさせ、歯周病を引き起こす要因の一つです。 7. 適度な運動:適度な運動は血行を良くし、歯肉に必要な栄養素を送り届ける助けとなります。 8. 歯石を定期的に取る:歯医者に定期的に通い、歯石取りを行うことで、歯周病を防ぐことも可能です。 9. 口を清潔に保つ:口の中に食物の残りカスが残らないように、食後には必ず口をすすぐ。 10. アルコールの摂取を控える:過度なアルコール摂取は、口の中を乾燥させ、細菌の繁殖を促進します。

  • Q20代~30代に虫歯を予防するための食生活の改善点は何ですか?

    A1. 糖分の摂取を控える:ケーキやクッキー、スイーツ、炭酸飲料などの高糖分食品や飲料は虫歯の大きな原因です。可能な限りこれらの摂取を控え、取り組むと良いでしょう。 2. 定期的な食事をとる:食事を抜くと唾液の分泌が減少し、口腔内が乾燥しやすくなります。唾液には口腔内を清潔に保つ作用があるため、定期的に食事を摂ることが重要です。 3. 野菜や果物を多く摂取する:野菜や果物に含まれる食物繊維は、歯の表面をきれいにする働きがあります。また、これらの食品は唾液の分泌も促します。 4. 飲み物は無糖のものを選ぶ:スポーツドリンクやフルーツジュースなども糖分が多いので、飲むなら無糖のものを選びましょう。水やお茶などがおすすめです。 5. 酸性飲食物を避ける:飲料やフルーツなどに含まれる酸は、歯を溶かしてしまう可能性があります。酸性飲食物の摂取後はブラッシングを避け、水を飲むなどして口をすすぐようにしましょう。 6. チーズを食べる:チーズには、虫歯の発生を防ぐ効果があるとされています。これは、チーズが含むカルシウムやリン酸塩が、歯を守る一助となるからです。 7. フッ素を摂取する:フッ素は歯のエナメル質を強くする作用があります。フッ素を含む食品を摂取するか、フッ素配合の歯磨き粉を使用しましょう。

周辺にある店舗