オーナーからのメッセージ

安比高原の周囲道路は見通しが良いですが、だからと言って油断している時に事故が起こります。

八幡平には人気の観光地「安比高原」があります。開けた平原はオートキャンプ場になっており、そこで爽やかな風を感じながらゆったりと過ごせます。アクティビティも充実している「安比高原」ですが、前森山山頂行きのゴンドラもあり、山頂からの見晴らしは絶景です。タイミングが合えば雲海が見られることもあるとか。「安比高原」の周囲は建物が少なく見通しが良いですが、油断していると事故が起こります。ボーっとして運転していると、田んぼに落ちたり対向車と正面衝突事故を起こしたりする事があり得ます。事故で自家用車が壊れてしまった時は、奥州市のカーネクストにお任せください。廃車買取での最大限の高額査定で、お力添えいたします。

更新日: 2022-08-08

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例 ●ダイハツ テリオスキッド 買取価格:2,000円 年式:平成…続きを見る

奥州市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASSTOPCLASS費用

車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも
廃車費用・レッカー代・手続き費用など

完全無料カーネクストにお任せください!

奥州市の廃車買取対応エリア

どんな車も0円以上で買取!

0円0円
鳥

奥州市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。奥州市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために奥州市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

奥州市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの奥州市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料査定料

奥州市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの奥州市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!
廃車買取!

0円以上買取保証!奥州市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料!
事故車・不動車買取

引取代・レッカー代無料! 奥州市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので奥州市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート
商業車やディーゼル車の買取

独自の海外販売ルート! 商業車や奥州市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

奥州市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、奥州市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある奥州市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは奥州市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

奥州市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、奥州市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、奥州市へすぐに駆けつけます。

奥州市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車にかかる費用はどれくらいですか?
    カーネクストでは廃車にかかる費用は、お引き取り~廃車手続き完了まで一切かからないのが特徴です。
    「費用は無料」は当たり前の様な気もしますが、廃車買取業者の中にはホームページ上では費用は無料と記載しつつも実際は、「動く車の場合」や「面倒な手続きが発生しない場合」のみというケースもございます。
    お客様にとってご利用しやすい廃車買取業者は掛かる費用が明確であることです。カーネクストでは廃車にかかる費用は一切なく、追加費用も一切かからないサービスを徹底しております。ご質問にも明確にお答えいたします。
  • 廃車をする際に、リサイクル券は必要ですか?
    リサイクル券はリサイクル料金を支払った事を証明する物です。
    廃車時はリサイクル券も必要となりますが、もしお手元にない場合はまずはカーネクストにご連絡ください。車検証をお手元に用意していただき、オペレーターへナンバープレートの番号と車台番号をお伝えいただければ、リサイクル料金の支払い確認ができます。
    通常ですと、平成17年以降に購入した自動車はリサイクル料金を支払い済みになります。ただ例外もあり、未払いの場合はカーネクストにて自動車のお引き取り後にリサイクル料金をお知らせし、お支払いいただきます。
  • 廃車後の自動車税の還付金について教えてください。
    毎年4月1日時点で自動車を所有している場合、1年分の自動車税を前払いする必要があり、廃車した際には残っている期間の分だけ月割計算で還付されます。カーネクストにお申込みいただきますと、カーネクストが抹消登録を代行することで自動車税の還付もされますのでお客様自身で還付に関する手続きは不要です。
    その他還付金などで気になる事がございましたら、お電話にてご質問ください。
  • 廃車時に自動車保険を解約したいけど必要書類は送ってくれるの?
    保険会社が必要とする廃車証明書や契約書は全てカーネクストにて揃いますのでご安心ください。
    任意保険はお客様自身で解約する必要がございますが、自賠責保険は通常の場合、車検についているものですのでお客様ご自身で解約手続きをしていただく必要はございません。

車検切れの車を買取ができる理由

私達の生活で長距離から短距離まで移動をするのに便利な車。こうした車は購入金額も高いですが、その後の維持費も結構かかるものです。人によってはこの維持を疎かにすることで、車検切れの状態になってしまうこともあります。もし、そのような状態になった場合にあなたはどうしますか?今回は車検切れになった車の処分方法をご紹介します。

自家用車を持っている人は必ず車検を受けなければなりません。忙しいとどうしても先延ばしにしてしまいがちですが、そうなると車検切れが起こることにつながります。車検が切れてしまった車で公道を走行することは法律で禁止されています。車検切れの車で公道を走行した場合は、罰則として6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになります。また交通事故を起こしてしまったら、車検切れと自賠責保険切れの罰則だけではなく、実刑が伴うこともあります。

では、車検切れになってしまった場合、お客様がとれる方法には何があるでしょうか?例えば車検切れの対処としては、仮ナンバー制度で再び乗れるようにする方法があります。しかし、役所への手続きや自賠責保険への加入手続きなどご自身で行わなければならない作業が多いです。もちろん専門業者に代行してもらうことは可能ですが、手続きの代行には費用がかかります。そんな時におすすめなのが廃車買取です。廃車買取業者であれば車両の運搬や廃車手続きなども無料で代行してくれます。また無料査定も行っていますので、後から料金を請求される心配はありません。このことから買取に出した方がお客様にとってメリットがあるのはお分かりになっていただけたかと思います。

なぜ、このような車検切れの車の買取ができるかというとお客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。お客様としては無料で廃車手続きを行ってもらえるだけでなく、買取に伴う売却益を得ることができます。一方で、業者側のメリットとしては、輸送および販売の際に車検切れによる影響はないため、車の状態が良ければ好条件で販売を行うことが可能となり、その利益を得ることができるのです。

廃車買取のカーネクストでは車検切れになってしまった車も高く買取をしています。奥州市のカーネクストでは明瞭な価格設定や買取保証はもちろん、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料で行っています。車検切れの車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

岩手県の廃車買取費用

岩手県について
岩手県は東北地方の北部に位置しており、日本全土の面積の内、約4%を占めている広大な県です。とても大きな面積を誇る岩手県ですが、主に県央、県北、県南、そして沿岸の4つのエリアに分けることができます。また、県央に多くの人が集まり、岩手県の人口の100万人以上が県央に住んでいるという特徴があります。しかし、そもそもの面積がとても広いため、県央に人口が集中しているとはいえ、自宅からショッピングセンターや学校、職場などへは基本的に自動車で行くことが一般的となっています。そのような広大な面積をもつ岩手県の車事情についてみていきましょう。
岩手県の車事情
岩手県は他の東北に位置する県と比べてもとても広い県です。そのため、公共交通機関が岩手県内全域をカバーしきれていないのが現状です。さらに、冬には雪が積もることが多いため、公共交通機関が機能していないということもあります。したがって、岩手県内では自動車での移動がメインとなっており、多くの県民が自動車を所有しているという背景があります。それでは一体、どれくらいの人が自動車を所有しているのでしょうか。
岩手県では乗用車と軽自動車の登録台数は約75万台となっています。岩手県の人口が約123万人なので、ほとんどの県民が自家用車を所有していることになります。また、人口約123万人の内、いわゆる免許人口は約82万人となります。(※免許人口とは自動車を運転できない18歳未満の人口を省き、実際に自動車の免許を所有している人口を指します。)とても多くの県民が自動車を所有していることがわかります。つまり、免許人口が約82万人に対して乗用車と軽自動車の登録者数が約75万台と免許人口よりも多いのです。したがって、岩手県ではとても多くの人が自動車を所有しており、生活にはかかせない存在になっています。次に多くの人が自動車を所有している岩手県の交通事情について紹介していきます。
岩手県ではとても多くの人が自動車を所有しています。一方、一定数事故が発生していることが懸念されています。特に県庁所在地である盛岡市では岩手県内の発生事故件数の4分の1を占めています。また、11月から3月の雪が多く降るシーズンになると、他の月と比較して事故件数が多くなってしまっています。岩手県では自家用車が移動の主な手段として使用されていますが、雪がたくさん積もるエリアや、人口が集中しているエリアでは事故の件数が多くなる傾向にあります。さらに、他の雪国と同様に積雪に対処するため、塩化カルシウムを含んだ融雪剤が散布されています。そして、住民の生活道路を確保するために除雪車が雪を除けてくれることもあります。しかし、そもそも融雪剤に含まれている塩化カルシウムには鉄を錆びさせる効果があるため、融雪剤が散布された道路を走行した自動車の外側が錆びてしまっていることがあるのです。しかし、愛車の底側をなかなか見る機会はありませんよね。ただし、いざ愛車を売却しようと思い査定に出したり、車を乗り換える際に下取り査定に出したりした時、値段がつかないなんていうこともしばしばあります。もちろん、小さな錆びであれば問題ないことのほうが多いです。しかし、錆びが酷い場合は、修復不可となり廃車をせざるを得なくなります。それでは、岩手県で廃車を自分でする方法を紹介していきます。
岩手県で廃車を自分でする方法について
廃車を業者に頼まずに、自分で行うことも可能です。それでは、自分で廃車の手続きをする方法について説明していきます。
まず、廃車をするために管轄の運輸支局に行く必要があります。岩手県紫波郡矢巾町に位置している東北運輸局岩手運輸支局に行き、廃車手続きを行います。廃車の手続き自体は非常に簡単で、運輸支局にて申請書類を記入して提出します。そして、廃車予定の自動車からナンバープレートを取り外し、運輸支局に返却する必要があります。また、申請書類とナンバープレートの他に廃車手数料が必要となります。運輸支局での手続きとしてはこれだけです。しかし、実際は廃車する自動車の解体が必要となります。自動車の解体は専門業者に依頼する必要があります。運輸支局ではどこの業者が解体してくれるかについて教えてくれることはありません。そのため、自分で解体してくれる業者を探す必要があります。また、専門業者に対して解体費用を支払わなければなりません。解体費用については自動車の種類や大きさ、業者によって異なりますが、2万円位が一般的です。また、解体費用とは別に自動車の運搬費用が1万円ほどかかることがあります。つまり、自分で専門業者に依頼した場合は約3万円の解体費用がかかってしまうのです。そして、運輸支局へ行ったり、解体してくれる業者を探したりなど、すべて自分で行う必要があるため、時間と労力がかかってしまいます。そこで、自分で廃車をする方法以外に、ディーラーへ依頼する方法もあります。
岩手県で廃車をディーラーに依頼する方法について
ディーラーに依頼する場合、運輸支局での手続きだけでなく、自動車の解体も代行してくれます。したがって、直接運輸支局へ行く必要もなく、解体業者を探して依頼する必要もありません。すべての手続きをディーラーが代行してくれるため、時間をかけずに簡単に廃車手続きを行うことができます。しかし、すべての手続きをディーラーが行うため、手続きの代行費用として2万円程度かかってしまいます。さらに、ディーラーから解体業者へ解体作業を委託するため、中間マージンが発生する可能性があり、直接解体業者へ依頼するよりも割高になることがあります。そのため、ディーラーに廃車を依頼する場合は廃車手続きの代行費用が2万円、解体作業が2万円、さらに委託料や運搬料などを合わせると合計で8万円以上かかることがあります。もちろん、自分で廃車をするよりはとても簡単に廃車することができます。しかし、不要になった自動車を手放すだけで、8万円もかかってしまうのは、もったいないですよね。ただし、「還付金」によって、8万円をまるまる支払う必要がない場合もあります。還付金とは、すでに支払った自動車税の残りが返金されるというものです。そのため、廃車を行う月や車種によって還付される金額には変動がありますが、運輸支局や解体業者、ディーラーへの手数料の足しにはなります。しかし、8万円まるまる還付金でカバーすることは現実的ではありません。そこで、無料で廃車ができる方法を紹介していきます。
買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
岩手県で廃車費用を抑える方法は「買取業者」へ廃車を依頼する方法があります。先ほど、大きく破損した自動車や底側の錆が酷い自動車は値段がつかない場合があると説明しました。そのため、値段がつかない自動車を引き取ってもらう場合、解体費用を請求されることがあります。しかし、廃車手続きを得意としているカーネクストでは独自の方法で自動車の査定を行うシステムを確立しています。したがって、状態が悪い自動車であっても、無料で廃車手続きを行うことができるのです。もちろん、運輸支局での手続きや解体の手続きもすべて代行してくれます。そのため、時間がなかなか取れない方でも簡単に依頼することができます。さらに、自動車税の還付申請についても代行してくれます。したがって、無料で廃車手続きが行える上、還付金も貰えてしまうということです。買取業者へ廃車を依頼する方法では、市場価値がなくなった状態が悪い自動車であっても解体する費用や廃車手続きの手数料がかからず、還付金を貰って廃車することができるのが特徴です。

岩手県の車処分方法

岩手県は、全都道府県中2番目に広い面積をもつ県です。普段の生活にも自動車は欠かせない存在でしょう。一生のうち何台も乗り換える方も少なくないと思いますが、使わなくなった車は処分が必要になります。自動車の処分と言えば、真っ先に思い浮かぶ言葉は「廃車する」ではないでしょうか?廃車にも、自動車を一時的に使わなくなるパターンや、解体するパターン、あるいは海外に輸出するパターンなどがあります。いずれにせよ、抹消登録の手続きが必要です。抹消登録の手続きの際には、車検証をご用意し情報を確認しなければなりません。抹消登録は、所有者による書類の手続きが必要です。平成20年より、登録識別情報制度が施工されたため、車検は「Aタイプ車検証」と「Bタイプ車検証」の2タイプに分かれました。まず、書類より所有者を確認しましょう。Aタイプ車検証とBタイプ車検証は、車検証の上部に「A」「B」の記載があるため、簡単に識別できます。はじめに、Aタイプ車検証から見ていきましょう。こちらの車検証には「所有者」「使用者」の欄が設けられており、この2項目の情報が記載されています。所有者と使用者が、同一人物の場合、使用者名の欄には「***」の記載があるでしょう。Aタイプ車検証では、所有者欄に書かれている名義の方が、抹消登録の手続きに必要な書類を用意します。そして、Bタイプ車検証は、「使用者」の記載欄はあっても、「所有者」の記載欄はありません。その代わりに、「備考」と書かれた欄が用意されています。この備考欄には、オートローン会社やリース会社などの所有者情報が記載されているのです。1点、注意しなければならないことがあります。所有者が変更されていても、書類上更新されていない場合があるため、備考欄に書かれた所有者にコンタクトを取りましょう。抹消登録の申請書類には、所有者が知る6桁の英語と数字で構成された「登録識別情報」が必要なので、手続き前に確認しなければなりません。
主な申請書類は「申請書」「手数料納付書」「印鑑証明書」「自動車検査証」「ナンバープレート」になります。代理人の申請となる場合のみ、「委任状」の提出が必要です。申請書類については、国土交通省のホームページより、ダウンロードできます。手数料納付書には、自動車検査登録印紙を添付します。印鑑証明は所有者のもので、発行日から3か月以内のものが有効です。一時的に抹消登録する場合や、解体する場合、輸出する場合など、状況により手続きに必要な書類が異なるので、詳細につきましては、国土交通省のホームページをご参照ください。
さて、自動車を廃車する手続きは、自動車の種類によって違います。もし、普通自動車を所有されている方、国土交通省地方運輸局にて抹消登録の手続きとなります。各都道府県は運輸支局を有し、岩手県の場合は紫波郡矢巾町に所在を置く、岩手県運輸支局です。続いて、軽自動車を所有される方は、軽自動車検査協会にて抹消登録となります。こちらも、岩手県盛岡市に所在を置く、軽自動車検査協会の岩手事務所での手続きとなります。
また、普通自動車を所有されている場合は、自動車税の還付金を受け取れる可能性があるので、解体日が分かったら自動車税事務所に申告しましょう。自動車税事務所では自動車税だけではなく、住民税など他の税金がないかも調査します。そのため、もし、自動車税以外で滞納している税金があった場合は、自動車税の還付金があっても、不足分に充てられます。岩手県内の自動車税事務所は、一関市に2か所、大船渡市、釜石市、宮古市、久慈市、二戸市、盛岡市、奥州市、北上市、花巻市、遠野市の12ヵ所です。廃車完了後、1、2ヶ月で印鑑証明に記載された住所に、還付通知書が届きます。指定の金融機関で還付金を受け取る際には、「身分証明書」「還付通知書」「認印」の3点をお持ちください。車処分に関しての内容
自動車の処分について「廃車する」に着目してお話ししてきましたが、他にも手段はあります。廃車という選択肢は、恐らく「もう、自動車としての価値がない」と判断されたときの手段ではないでしょうか。もし、お持ちの自動車が「まだまだ乗れる」「売れると」と分かればどうでしょうか。例えば、「売却する」という選択であれば、廃車よりもお得に自動車を処分できる可能性が高まります。中古車として販売するので、解体しないため、費用の節約も可能です。さらには、査定での金額を期待できるメリットもあります。そもそも、廃車は売却と違い自動車を査定するわけではないので、お金を生み出す確率0になります。売却するときに、注意しなければいけない点は、買取業者をしっかりと選ぶことです。買取してもらうところによって査定額は、雲泥の差で大きければウン十万円の差額になることもあります。売却する先は中古車業者、買取業者、ディーラーなどがありますが、査定に出して高額な売り先を見つけ出しましょう。現在では、インターネットで簡単に自動車の買取相場を調べることができるので、後から後悔しないように前もって、自分の自動車の買取相場を知っておくことをおすすめします。買取業者の評判なども調べられるので、判断材料の1つにしましょう。ちなみに一般的には、ディーラーでの売却は高値を期待できないと言われているので、あまりおすすめはできません。
続いては、「下取り」に出すという方法について、お話しします。もし、今の自動車から新車に乗り換えを検討されている場合は、ディーラーでの下取りという選択する方が大多数でしょう。ディーラーの下取りは、買取業者での査定に比べて、10~20%程度落ちると言われています。しかしながら、ディーラーは売上目標があるので、新車を買ってもらう事に重きを置いている場合がほとんどです。そのため、新車購入を意味する下取りは、交渉次第で査定を上げてくれる可能性があるでしょう。営業マンとしては次回もうちで買ってもらえるとなれば、査定もある程度融通を利かせるはずです。また、メーカーの資本で成り立っているディーラーも多いので、倒産して下取り額や、購入した自動車が手に入らないというリスクもないに等しいと言えます。また、新車購入時に入れるメンテナンスパックなど、何かあったときのバックアップが充実していることも、ディーラーでの下取りの強みです。ただ、営業マンの目論見もあり、下取り額が高くても新車車体価格の割引で調整されてしまうと、実際には得をしているのか損をしているのか、わかりにくいでしょう。
次に、「譲渡する」という方法です。友人や、知り合いに自動車を譲渡する場合、自動車の名義変更に伴う、移転登録の手続きが必須となります。元の所有者は、「申請書」「手数料納付書」「自動車検査証」「印鑑証明書」「譲渡証明書」「印鑑」が必要です。新所有者は、新所有者と新使用車が同じ場合、「印鑑証明書」「印鑑」「自動車保管場所証明書」が必要となります。また、新所有者と新使用車が異なる場合、新所有者は「印鑑証明」「印鑑」を、新使用者は「住所を証する書面」「自動車保管場所証明書」を準備します。譲渡の際に、登録手数料が500円、ナンバープレート交付手数料が約2,000円がかかります。ただし、ナンバープレートを変更しないのであれば交付手数料は不要です。譲渡とする際には、問題が起こらないよう、早めの手続きを心がけましょう。
さて、自動車の処分方法について、いくつか紹介しましたが、シチュエーションに合った方法を選びましょう。「売却する」「下取り」であれば、できるだけ利益が出るように、「廃車する」「譲渡する」であればより円滑なスムーズ手続きができるように事前の準備が大事になります。いずれにせよ、紹介した自動車の処分方法が、今後のお役に立てば幸いです。

奥州市の廃車手続きお役立ち情報

奥州市で廃車手続きを行う運輸支局や自動車検査登録事務所は下記を参照ください。

岩手運輸支局

住所:〒020-0891
岩手県紫波郡矢巾町流通センター南2丁目8番5号

電話番号:050-5540-2010

管轄区域:岩手県全域

取扱いナンバー:岩手ナンバー・盛岡ナンバー・平泉ナンバー

岩手事務所

住所:〒020-0842
岩手県盛岡市湯沢16地割15番地10

電話番号:050-3816-1833

管轄区域:岩手県全域

取扱いナンバー:岩手ナンバー・盛岡ナンバー・平泉ナンバー

奥州市の廃車買取対応地域

廃車買取のカーネクストは奥州市内の下記地域で対応が可能です。

胆沢/江刺/衣川/前沢/水沢

奥州市の駅付近にお住いのお客様も対応可能です。

前沢/陸中折居/水沢
0120-901-418
WEBフォーム

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<BR>

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<BR>

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

奥州市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
奥州市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
岩手県奥州市  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>