坂出市の絵画買取なら日晃堂へお任せください!

 

絵画買取実績

日本画

日本画は、日本ならではの描写方法を汲んだ絵画のことです。今日使われている「日本画」ということばは、明治以降に西洋から伝えられた油彩画と区別するために生まれました。
一般的に使われ日本画の素材は紙や絹、木、漆喰などのほかに、墨や胡粉などの天然絵具を用います。また、膠(にかわ)を接着材として描く技法も少なくありません。

西洋画

西洋画は、ヨーロッパにおいて発達・普及した油絵の具や鉛筆を使い、壁やキャンパスに描いた絵画のことを指します。ひとくくりに西洋画といっても、それぞれ異なる特徴があり、また同じ分野の絵画でも多彩な表現や技法で描かれています。
西洋画とで特に価値のあるものは、有名作家のものです。

油彩

油彩とは、油絵のことです。油絵の具は非常に表現を描きやすい素材で、色の鮮やかさや深みに特徴があります。有名な油絵はレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」やラファエロの「小椅子の聖母子」などです。
油絵の価値は、有名な作家であるものです。特に作家のサインは非常に読みにくい字体のものが多く、お客さま自身で判断するのが困難です。その場合、経験・知識の豊富な鑑定士に査定を依頼することをおすすめします。

水彩

水彩とは、素材を水で溶かして描く絵画のことです。骨董品として価値が高く、高値で取引されています。色の濃淡を繊細に表現できるので、上品な美しさがあるのが特徴です。
もちろん、水彩も有名作家のものが特に高額買取が期待できます。
水彩を含め、絵画は贋作が数多くあります。そのため、贋作がどうかを見抜ける鑑定士に買取を依頼することをおすすめします。