チトセオヒサマコドモクリニック

ちとせおひさまこどもクリニック

最寄駅 ・長都駅 1番出口 車 5分
・千歳駅(北海道) 東出口 車 10分
エリア 千歳市
ジャンル 内科

小児科専門医がていねいに説明・問診をおこないます。健康教室も開催しています。

「ちとせおひさまこどもクリニック」は千歳市北陽にあります、地域に根差した小児科のクリニックです。「日本小児科学会認定 小児科専門医」の資格を持つ院長が、乳幼児から高校生までの、かぜやアレルギー疾患といった小児科の病気全般を診療しています。また、地域のお子さまの健康を守るため、ご家族の方に向けて健康教室を開催しています。

当クリニックでは「ていねいに説明すること」を重視しており、時間の許す限りしっかりとお話しするように努めています。季節によってはお待たせしてしまうこともありますが、それでも皆さまには「受診してよかった」と思っていただけるように尽力しています。心配なことや疑問に思っていることなど、お子さまの健康や子育てに関することは何でもお気軽にご相談ください。JR千歳線「長都駅」から車で約5分のクリニックにて、医師・スタッフ一同、皆さまのご来院をお待ちしております。

メッセージ


院長北村宏之

診療受付時間

08:30〜12:00
14:00〜15:30 15:30〜18:30 - -
13:00〜14:00 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 祝日
住所 〒066-0032
北海道千歳市北陽8丁目12番5号
最寄駅 千歳線  ・長都駅 1番出口 車 5分
千歳線  ・千歳駅(北海道) 東出口 車 10分
アクセスをみる

localplace知恵袋

  • Q発熱外来とは?

    A発熱外来とは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて設けられた、発熱や咳などの急性呼吸器症状を持つ患者を見るための外来のことを指します。発熱外来では、ただちにPCR検査や抗原検査などを行って新型コロナウイルス感染症の有無を確認し、必要に応じて治療を行います。 発熱外来は、他の患者との接触を避けるために通常の外来とは別に設けられ、個別の待合室や診察室が設けられていることが一般的です。このような取り組みにより、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐとともに、感染が疑われる患者への迅速で適切な医療提供を実現しています。

  • Q眼科とは?

    A眼科とは、眼の疾患や障害を診断し、治療する医学の専門分野です。眼科医は、目の病気や視力の問題を診断するために、患者の目を検査し、必要な治療を提案します。一般的な眼の病気には、近視、遠視、乱視、白内障、緑内障、ドライアイなどがあります。眼科医はまた、目の疾患や外傷から予防するための指導やアドバイスも提供します。眼科は視力を維持するために重要であり、定期的な目の検査や適切な治療を受けることが推奨されています。

  • Qレントゲンとは?

    Aレントゲンは、X線写真を撮影するための技術です。X線は、体の内部の組織や骨を透過する特性があり、この特性を利用して、骨折や異常な腫瘍などの病変を視覚化します。レントゲンは非侵襲的で比較的低コストであり、医師が患者の状態を診断するために広く使用されています。また、歯科領域でも一般的に使用されています。ただし、レントゲンは放射線を使用するため、安全対策が必要であり、妊娠中の女性など特定のグループには慎重に使用する必要があります。

周辺にある店舗