「やさしいお葬式」ではお客様のご予算や葬儀形式から葬儀費用をお選びいただけます。

 

「やさしいお葬式」の葬儀費用をご紹介いたします。

やさしいお別れ葬

料金設定
「やさしいお別れ葬」はもっともお安く火葬を執り行えるプランです。

料金は129,000円(税込)~

必要最低限の費用で亡くなった故人様を弔うプランとなります。お通夜や告別式などの儀式的なことは行わず、ご家族のみで最後のお別れを行います。
※必要最低限で故人様を送って差し上げたい方におススメです。

○サービス
事前会員登録をしていただくと通常価格149,000円(税込)より20,000円(税込) 割引。

やさしい火葬式葬

料金設定
「やさしい火葬式葬」は火葬のみのプランです。

料金は169,000円(税込)~

必要最低限の費用でお寺様によるお経などを行いたい方へのプランとなります。お通夜、告別式は行わずにご家族のみで最後のお別れを行います。
※必要最低限の中で、お寺様にお経だけはしてあげたい方におススメです。

○サービス
事前会員登録をしていただくと通常価格189,000円(税込)より20,000円(税込)割引。

やさしい一日葬

料金設定
「やさしい一日葬」は通夜を行わないで一日で葬儀を執り行うプランです、

料金は299,000円(税込)~

やさしいお葬式がおすすめをする1日葬です。ご家族のお仕事の都合、遠方のご親戚が多い場合、ご親戚の方の高齢化で2日間の参列が難しい場合など、現代ならではの事情に合わせ、お通夜を行わない1日葬にて故人様とのお別れの場をご提案いたします。

こんな方におススメです。
(1)2日間に掛けてのお葬式がご遺族の事情で難しい
(2)多くの費用は掛けられないが、お葬式を行いたい
(3)遠方、高齢の親戚が多く、2日間の参列が難しい


○サービス
事前会員登録をしていただくと通常価格319,000円(税込) より20,000円(税込)割引。

やさしい家族葬

料金設定
「やさしい家族葬」は一般的なプランとなっており、通夜式も告別式も行います。

料金は399,000円(税込)~

ご家族とご親戚、亡くなった故人様に直接ご縁のあった方だけで送るお葬式となります。お通夜・告別式の2日間でご家族主体のゆっくりとしたお別れをご希望される方へのプランとなります。

こんな方におススメです。
(1)故人様へお通夜・告別式を行ってあげたい
(2)儀式やゆっくりとしたお別れの場を家族・親戚主体で行いたい
(3)対外的に派手にせず、お葬式を行いたい

○サービス
事前会員登録をしていただくと通常価格419,000円(税込)より20,000円(税込) 割引。

やさしい一般葬

料金設定
「やさしい一般葬」は多くの参列者を招いて行うには最適なプランです。

料金は599,000円(税込)~

亡くなった故人様を偲び、分け隔てなく一般の方にも参列をして頂くお葬式となります。故人と生前ご縁があった方、ご近所の方、今後も残された家族との繋がりがある方などで故人様との最後のお別れを行います。

こんな方におススメです。
(1)声をかける人に分け隔てなく、故人をみんなで弔ってあげたい
(2)お別れだけでなく、従来からの儀式もしっかりと行いたい
(3)参列された方にしっかりとおもてなしをしたい

○サービス
事前会員登録をしていただくと通常価格619,000円(税込)より20,000円(税込) 割引。

 

事前会員登録って何?

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

葬儀にかかる費用について

葬儀費用の内訳

「やさしいお葬式」の葬儀プランについてはご確認いただけたかと思いますが、一般的にどの様な費用がかかり葬儀の料金が決まるのかお知りにならないかと思います。

葬儀費用の内訳は主に3つとされております。

1:葬儀一式費用
→お通夜から火葬までにかかる物品や人件費
2:飲食費用
→お通夜などで振る舞う飲食費
3:寺院費用
→お付き合いある寺院の僧侶をお呼びし、読経や戒名をいただくお礼としてのお布施費用

これらを合わせて葬儀費用となり、この内訳の中で費用をどう工面するかで料金が大きく変わってきます。
また、この中の葬儀一式費用が「やさしいお葬式」の葬儀プランにあたります。
ですから「やさしいお葬式」の葬儀プランに飲食費用や寺院費用が別途でかかる事をご認識ください。
ただし、プランによっては飲食費用や寺院費用が掛からない場合もございます。

大まかに「やさしいお葬式」では7万円~137万円ほどはお葬式の費用と考えられます。
全国平均の葬儀費用195万円と比べれば、かなりお安い葬儀費用だと分かりますね。

さて、この葬儀費用の内訳の中でもっとも値段が高いのは葬儀一式費用と言われています。
なぜなら、人件費や式場その他必要な物品などを3日間は確保する必要が有る為必然的に高くなります。また、一式の内訳は明確ではない葬儀会社も多い為、葬儀に必ず必要でない物などを上乗せさせて値段を大きくする事ができます。

葬儀が初めての人には決して分かりませんので、気を付けなくてはなりません。

「やさしいお葬式」では葬儀一式の中身を本当に必要なものだけで揃える事で、お客様へのご負担が少ない葬儀プランをご用意しております。
葬儀かかる費用が分かった上で、少しでも負担を抑えたお葬式をお考えなら「やさしいお葬式」にご相談ください。

葬儀に送る供花

「供花」はキョウカと読み、参列者が故人を弔う際に送る花です。
この供花は必ず送らなければいけない物ではありませんのでご安心ください。
この供花はサイズやアレンジなどによって値段は変わってきますが7,000円から15,000円程度で見ておくといいでしょう。ただし一基の値段ですので、一対として送る際は倍の値段がかかります。
※二基で一対と送る習慣がありましたが、現在は一基のみでもよい風習が増えております。
※料金はあくまで目安です。用意をする葬儀会社に確認する事が必要です。

お葬式を行う側として確認しておかなければいけないのは、お花代として渡される事です。
事前に参列者から「供花を送りたい」と葬儀会社に相談していただき、葬儀会社が手配をいたします。当日は香典と一緒にお花代として渡されます。

初めての葬儀で「供花」を送りたいと言われても慌てないよう確認をして、手配は葬儀会社に任せられるよう心がけてください。
「やさしいお葬式」は「供花」の手配もお客様に代わりに行えますのでご安心ください。

葬儀のお布施

お布施とは僧侶にお渡しするお金になります。
葬儀の際に僧侶を呼ぶ場合は必要となりますので確認しておきましょう。

このお布施ですがお渡しする金額が厳密には決まっていません。地域やお寺(宗派)によって様々です。金額が気になるのであれば奈良市の葬儀会社にご相談をした方が良いでしょう。
ちなみに全国平均でお布施の金額は47万円※といわれています。
(※2017年日本消費者協会 葬儀についてのアンケート調査より)

お布施の内訳は決まっております。

○読経料・・・・経を読んでいただいたことへの謝礼
○戒名料・・・・戒名を授けてもらったことへの謝礼(無い場合もある)
○お車代・・・・僧侶が葬儀会場などへの移動にかかった交通費
○御膳料・・・・僧侶のお食事代(無い場合もある)

これら4つ内訳をみてお渡しする金額が決まります。
特に戒名につきましてはランクが存在しますので、付けていただく戒名によっては高くお渡しする必要もあります。
こちらも明確な金額はございませんので、葬儀会社に相談したほうが無難です。

「やさしいお葬式」でもお布施のご相談をお受けしております。
ご疑問に思うことがあればお気軽にご相談ください。

 

葬儀にかかる費用でご心配なら奈良市の「やさしいお葬式」にご相談ください