明治19年創業、朝倉市に古くからある和菓子の老舗

阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)さんは、朝倉市頓田にある老舗のお菓子屋さんです。その始まりは今からおよそ130年前。今日も良い飴が出来ますように、と創業者が毎日朝日を拝み、飴作りをしていたことからこの名前が付きました。それから実に1世紀以上、時代が変わっても、受け継がれるものは変わりません。創業者の想いを引き継ぎ、地元朝倉で只ひたすらに美味しいお菓子を作り続けています。定番商品の「かりんと三奈木」にもその想いは込められており、朝倉市の特産品である三奈木砂糖を原材料に使用。体にやさしい米油で揚げています。素材本来の自然な甘さと風味をお楽しみいただけます。こちらの商品は当サイトからご予約可能となっておりますので、この機会に是非ご利用してみてください。
店舗からの一言
阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)の5代目を預かっています、床嶋義隆と申します。初代の頃から脈々と受け継がれてきた、人様に喜んでいただけるお菓子を作る、という想いのもと、お客様の思い出に残るお菓子屋となるべく日々、美味しいお菓子を作り続けております。特に「あさくらの四季折々の野の風景や素材をまるごとお菓子に」というコンセプトのもと作られた“あさくら野乃菓子”や、地元の農家さんが丹精込めて作ってくださった三奈木黒砂糖を使ったお菓子がおすすめです。地元朝倉市に根差した菓子店を目指し、これからも美味しいお菓子を作っていきますので、近くを通りかかった際にはぜひ足を運んでいただければ幸いです。
心落ち着く和風の店舗。天然素材のぬくもりを感じてください
阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)さんは落ち着いた佇まいが特徴のお菓子屋さんです。甘木鉄道 甘木駅を出て国道523号を東へ直進。石の橋交差点まで進んだら、交差点を右折し国道386号へ入りしばらく進むと3つ目の信号手前で左折。右手方向にお店が見えてきます。お車でお越しの方は、高速甘木インターを降りて、一つ目の信号を右折。5分ほど走ると古賀茶屋信号が見えてきますので、信号手前で左折すればお店に到着いたします。落ち着いた佇まいの外観からは、老舗菓子屋の風格を感じることができます。
時を経るほど味が出る、天然素材に囲まれて
手作りの看板に手書きの筆文字で記された店名。扉を潜ると、良質な木と紙と土で作られたあたたかみのある内装が目に飛び込んできます。名物お菓子“野乃菓子”をはじめ、ずらりと並んだ美味しそうなお菓子の数々には圧倒されます。どれも美味しそうなものばかりなので、何を買うか迷ってしまいそうですね。買ったばかりのお菓子を店内のイートインスペースでお楽しみいただくこともできますので、天然素材独特のぬくもりや香りに囲まれながらひと休みしてみるのも素敵なのでは?
当たり前のことを、当たり前に。
人様に喜んで頂けるお菓子を作る、という想いを胸に抱いて、良い物を作るために日々研鑽を続けています。また、阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)さんイチオシの材料、三奈木黒砂糖もこだわりの逸品。江戸時代から朝倉に伝わる地域に根差した黒砂糖で、一度は途絶えたものを4代目店主が復活させたという経緯があります。昔からの製法を守り続け、サトウキビの絞り汁を薪の火で丁寧に煮詰めて作るという独特の製法で作られており、製造工程の中でもこだわりのひとつ。店舗に並んだショーケースにも三奈木黒砂糖を使ったお菓子が数多く並んでいます。

 

ギャラリー

  • シェフ

    シェフ

  • ショーケース

    ショーケース

  • 内観

    内観

  • 外観

    外観

写真ギャラリーを見る

 

阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ) 基本情報

店名
阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)
住所
〒838-0064
福岡県朝倉市頓田1-2
営業時間
日曜日:08:40〜18:30, 月曜日:08:40〜18:30, 火曜日:08:40〜18:30, 水曜日:08:40〜18:30, 木曜日:08:40〜18:30, 金曜日:08:40〜18:30, 土曜日:08:40〜18:30, 祝日:08:40〜18:30
オンライン予約
予約
携帯向け予約
 

阿さひ飴本舗 菓蔵家(アサヒアメホンポカグラヤ)