ノアデンタルクリニック

ノアデンタルクリニック

最寄駅 あざみ野駅 出口 車 6分
エリア たまプラーザ~市が尾
ジャンル 歯科
新着情報
最終更新日:2024年03月05日
やせ気味の方は、栄養不足によって
やせ気味の方は、栄養不足によって歯や歯茎の健康に影響が出る可能性があります。特に、カルシウムやビタミンDの不足は歯の強度を低下させ、歯茎の病気のリスクを高めることがあります。そのため、バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素をしっかりと摂取することが重要です。また、定期的な歯科検診を受けて、早期発見・早期治療に努めることも大切です。健康な体と口腔環境を保つためには、全体的な生活習慣の見直しも効果的です。

土曜も診療!患者さまのご要望や思いに応え、将来の健康を見据えた治療!

横浜市青葉区の「ノアデンタルクリニック」は、東急バスの荏子田二丁目停留所から徒歩1分の場所にあります。7台分の駐車場もあり、お車でもお越しいただけます。

水曜を除く平日は18時半まで、土曜は17時半まで診療を行っています。どうぞ患者さまのご都合に合わせてご来院ください。

当院の院長は、大学病院で天然歯の保存について研究してきました。虫歯や歯周病の処置だけでなく、歯の根の治療も得意としているので、ご自身の歯を少しでも長く維持したいとお考えの方はぜひご相談ください。

来院された患者さまに感謝の気持ちをもって、同じ人間として誠実に向き合うことを大切にしています。限られた保険診療内でも素材にこだわり、極力納得いただける処置を提供いたします。

お口に問題があれば気軽にご相談ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長松澤 紀彦

院長松澤 紀彦

当院は患者さまにいつまでも健康なお口で毎日過ごしてほしいと考えています。そのためにも、皆さまには「歯科医院は予防のために来る場所」であると認識いただきたいと考えています。重い気持ちで治療に通うのではなく、予防のついでに世間話をする感覚でお越しいただければ幸いです。 歯科医院でのメンテナンスとセルフケアを行うことで、虫歯や歯周病の発症リスクは下がります。早期発見・早期治療にも役立ちますので、ぜひお越しください。 患者さまは社会の構成員の一人であると考え、日常生活でお世話になっている分の恩返しをするような気持ちで診療に努めてまいります。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/04/19 16:31

診療受付時間

09:30〜12:30 -
14:00〜18:30 -
09:00〜12:00 - - - -
13:30〜17:30 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 水曜日, 祝日
住所 〒225-0005
神奈川県横浜市青葉区荏子田2-2-3
電話番号 0066-9802-879899
最寄駅 東急田園都市線  あざみ野駅 出口 車 6分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

localplace知恵袋

  • Q小学生・中学生期の歯磨き習慣をどのように促進すればよいですか?

    A小学生・中学生の歯磨き習慣を促進するためには以下の方法が有効です。 1. 適切な歯磨きの手順や技術を教える:歯磨きの重要性や正しい歯みがきの方法を子供たちに教えましょう。 2. 定期的な歯科検診を受けるようにする:歯医者に通うことで虫歯や歯周病の予防や早期発見ができます。 3. 楽しい歯磨き体験を提供する:子供が楽しんで歯磨きをするように、子供向けの歯磨き粉や歯ブラシを使用したり、歯磨きソングを歌ったりすると良いです。 4. 親のサポート:親が毎日の歯磨きを例えば「歯みがきは朝晩2回」と定着させ、子供を励まし続けることが大切です。 5. 歯磨きの大切さを語る:健康的な歯と口の状態が生活全般に影響を与えることを子供たちに理解させましょう。

  • Q歯科クリーニングの頻度はどのくらいが理想的ですか?

    A理想的な頻度は個々の口腔状態や生活習慣により異なりますので一概には言えませんが、一般的には6ヶ月に1回を目安にするのが良いとされています。ただし、口腔状態が悪い場合や、歯周病のリスクが高い場合は3ヶ月に1回、更に病状によっては1~2ヶ月に1回というように、頻度を増やすこともあります。最適な頻度については、定期的に歯科医に相談することをおすすめします。

  • Q歯周病のリスクは年齢とともにどのように変わりますか?

    A年齢とともに、歯周病のリスクは高まります。年齢の増加によって、歯のエナメル質や象牙質が薄くなり、歯の神経や血管への供給が弱くなるため、歯周組織が炎症しやすくなります。また、年齢が進むにつれて、免疫機能の低下や全身の健康状態の変化も歯周病のリスクに影響します。そのため、高齢者は特に定期的な歯科検診と適切な歯周ケアが重要です。年齢に応じた予防策を行うことで、歯周病のリスクを減らすことができます。

周辺にある店舗