飼い主さまとのコミュニケ―ションを大切にしています ペット動物が日々健康に過ごせるのも飼い主さまあってこそ。当院では、飼い主さまに対しとの対話コミュニケーションを大切に、しっかりとしたヒアリングを行うよう心がけています。表情の変化や「何かいつもと違うな」といった小さな気づきなど、気になることがあれば何でもご相談ください。さらには、飼い始めたきっかけや名前の由来なども伺いながら、飼い主さまの考え方を共有できるよう務めています。\n医療は「すべてやったから100点」ではないと思っています。コミュニケーションを通して、飼い主さまが何を希望されているかを見極め、より良い答えを一緒に選択していければ幸いです。\n
ペット動物を不安にさせない診療を心がけています 猫のなかには、犬を怖がる子も多いと思います。当院では、ペットへのストレスを極力軽減するため、待合室・診察室を犬用と猫用それぞれ別に設けています。入院室も犬猫で分かれていますので、ネコちゃんも安心して入院やお預かりが可能です。\nまた、ネコちゃんの診察室では、診察室と入院室がひと続きになっており、入院中のネコちゃんのお世話をスムーズに行うことができます。入院室はすべてガラス張りにしています。獣医師や動物看護師が常に気にかけていますので、ご安心ください。\nほかにも、診察時には、ペットがリラックスできるよう、しっかり名前を呼びかけながら診察しています。とくにパピーの子には、おやつを与えながら診察するなど、嫌がらないよう工夫させていただきます。\n
基本の身体検査をていねいに行います 当院では、ていねいな身体検査を心がけています。頭の先から足の先までを触り、聴診器を当てて胸の音を聞くといった基本的な検査です。でも、身体検査での気づきが、病気の早期発見・早期治療につながることも少なくありません。とくにシニアの子は、体調の変化があっても気づきにくく、症状が出るころには病気が進行しているケースもあります。\nまた、診療のなかで、私自身が得意としているのが循環器系です。循環器系の病気で注意したいのが、シニアの子に多い僧帽弁の病気。表立った症状が出づらく、病院で聴診器を当てなければ分かりづらいのが特徴です。\n身体検査なら、診察料のみですので飼い主さまのご負担も少なく済みます。お散歩のついでにでもお立ち寄りいただければと思います。\n

 

ギャラリー

  • 飼い主さまとのコミュニケ

    飼い主さまとのコミュニケ―ションを大切にしています

  • ペット動物を不安にさせな

    ペット動物を不安にさせない診療を心がけています

  • 基本の身体検査をていねい

    基本の身体検査をていねいに行います

写真ギャラリーを見る

 

岐阜北どうぶつ病院 基本情報

店名
岐阜北どうぶつ病院
住所
〒502-0929
岐阜県岐阜市則武東3-17-26
営業時間
日曜日:休業日, 月曜日:09:00〜12:00, 火曜日:09:00〜12:00, 水曜日:09:00〜12:00, 木曜日:09:00〜12:00, 金曜日:09:00〜12:00, 土曜日:09:00〜12:00
定休日
日曜日
電話番号

0066-9803-0914073