ドッグサロンレジスタ

Dog Salon REGISTA(ホテル)

エリア 浦和周辺
ジャンル ペット、動物病院(その他)

1日1組だからこそできるこだわりがあります

くつろげるスペース トリミングスペースはワンちゃんのことを考え広めに設計しており、運動とくつろぎのスペースはたっぷりあるのが特徴です。お預かり中、スタッフが見守るなかケージフリーの状態で運動することもあり、お店が空いているときなどタイミングを見て自由に運動できる時間を設けています。
常にスタッフが見守っている空間内にワンちゃんを配置しているので、少しの変化にも気づくことができるほか、寂しがり屋のワンちゃんでも人がいることで落ち着いて過ごせるようになります。スタッフの視線はいつも1組のワンちゃんに注がれるため、飼い主さまにも安心していただける環境をご用意いたします。

ストレスの軽減 他のワンちゃんが苦手な子でも安心してご利用いただけるよう時間をずらして来店いただくなどの配慮を行っており、宿泊の場合も同じ日にご利用のるワンちゃんには出会いません。
また、ワンちゃんが大好きなお散歩は、1日2回、おおよそ決まったコースをワンちゃんに合わせて行います。ゆっくりと一緒に散歩することでお互いの信頼度が高まり、ストレスも解消します。ハンドラーの経験を活かして、ワンちゃんに負担がかかりづらい引き方で快適にお散歩をいたします。

便利に利用できるサービス 「遠くてなかなかお店までいけない」
「ワンちゃんを自分で連れて行くのが大変」などのご事情にお応えできるよう送迎に対応しています。桜区、近隣の中央区全域に対応していますので、旅行や出張の予定がある場合はご相談ください。また、ご自宅にどうしても一人で置いておけない場合や長時間留守にするのが心配なときは当店の一時預かりをご利用ください。2時間ごとのリーズナブルな料金で、飼い主さまのご予定に合わせて利用いただけます。
お返しの際に滞在中の様子をお伝えしているほか、滞在中にお電話でのお伝えにも対応しています。

REGISTAのトリミング ホテルのご利用と併せてトリミングをご利用いただけます。お預かり際にお好みのスタイルを伺っており、ご希望に沿ったスタイルを提供いたします。
当店のお預かりは普段のトリミングをご利用のワンちゃん限定で行っており、普段通いなれた環境で過ごすことで、より安心を感じていただきたいと思っています。
お預かり・トリミングのどちらも、その子に合わせた丁寧なサービスを提供いたしますので、お気軽にご利用ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

10:00〜18:00 -

基本情報

定休日 水曜日
住所 〒338-0811
埼玉県さいたま市桜区白鍬271田中ハイツ1F
電話番号 0066-9802-9711133
アクセスをみる

localplace体験談

  • 子猫にワクチン

    先日、新しく家族になった子猫のワクチン注射のため、動物病院へ行きました。獣医さんは優しく、子猫もびっくりするほどおとなしい。注射のあとは、おやつのご褒美。ワクチンが終わり一安心です。

  • 少し太ってきた愛犬のフードについて相談

    愛犬の腹がモフっとなった。それで動物病院の先生にフードについて相談。先生のアドバイスは「食事量を見直すのと、成分バランスをチェック」とのこと。愛犬のため、調べるぞ!と気合入れつつ、先生と一緒に解決策を模索。この先も、にっこり笑顔で元気いっぱいの愛犬と一緒に過ごすために頑張ります。

  • 私が動物病院で猫の歯科定期健診をした話

    先日、愛猫の歯科定期健診のために、自宅近くの動物病院に行きました。獣医師は丁寧に口腔内をチェックし、歯石や虫歯の有無を診察しました。幸いなことに健康的で、特に異常は見つかりませんでした。これからも定期的に健診を受けることで猫の健康を保ちます。(30代・男性)

localplace知恵袋

  • Qブリティッシュショートヘアー(猫)について教えてください。

    Aブリティッシュショートヘアーは、イギリスで最も古い猫種の1つで、広く飼われている猫の中でも人気があります。その名の通り、短い柔らかい毛皮と筋肉質の体型が特徴的です。大きな丸い目と、鼻の上にある短い茶色や黒色の鼻が人気の理由です。 性格は温和で、家族に忠実で適応能力が高く、ストレスを感じにくいため、とても扱いやすい猫として愛されています。また、穏やかで子供や他のペットにも優しいため、家族総出で楽しんで飼うことができます。 体重はメスが4~6キロ、オスが5~8キロとなります。健康な場合は比較的病気にかからず、家庭での飼育に適しています。ただし、ダイエットに気をつける必要があるため、運動と継続的なダイエット管理が必要になることもあります。

  • Q猫が不適切に噛んだり引っ掻いたりする場合、どのように対処すべきですか?

    A猫が噛んだり引っ掻いたりする行動は遊びの一環であることも多いですが、それが度を超えたものや人に対する攻撃っぽいものであれば、以下のように対処することが無難です。 1. 場所を変える: 噛まれたら、すぐにその場から動かずに、静かに指を出す。猫が興奮しているときに逃げると、「追いかけっこ」の一環と理解する可能性があるためです。 2. 痛みを伝える: 軽く猫の鼻に触れるか、驚かせるような音を出すなどして、「それは痛い」、「それはよくない」ということを教えます。 3. おもちゃで遊ぶ: 猫と遊びたいときは、自分の手を使う代わりに、猫用のおもちゃを使用します。 猫は爪と歯を使って遊ぶため、おもちゃを使うことで猫があなたの手を攻撃することを防げます。 4. トレーニング: 許容範囲を超えて噛む・引っ掻くような行動が続く場合は、専門家の助けを借りて行動矯正を検討することも必要かもしれません。 5. 医師に相談: 突然攻撃的な行動を始めた場合や、もし猫が怒って引っ掻いたり噛んだりする理由がわからない場合は、病気や痛みが原因である可能性もあるので、獣医に相談してください。 あくまで猫は生き物で、100%人間の思い通りにはなりません。大切なのは、猫との適切なコミュニケーションを図りつつ、猫がストレスを感じないような環境作りを心掛けることです。

  • Q犬のトイレトレーニングはどのように行うべきですか?

    A犬のトイレトレーニングは、時間と忍耐が必要な作業です。以下のステップで進めていきましょう。 1. 正しい場所を教える:まず、犬が用を足す正しい場所を示します。室内でトレーニングパッドや特定の場所を使用するか、室外であれば定めた場所で使用します。 2. 決まった時間にトイレに連れて行く:食後、遊んだ後、起きた直後といった犬が用を足す可能性が高いタイミングでトイレに連れて行きます。また、一定の間隔(例えば1時間ごと)でも行きます。 3. 用を足したら褒める:トイレの場所で用を足したらすぐに褒めて、そこで便意を解消することが良いことだと教えます。 4. ミスを叱らない:最初は失敗することも多いですが、トイレトレーニングは時間がかかるので、焦らずに落ち着いて行いましょう。犬が間違った場所で用を足してしまっても、叱るのではなく、正しい場所に誘導します。 5. 掃除を早めに:間違った場所で用を足した後はすぐに掃除します。自分が用を足した場所に犬がまた来てしまうのを防ぐためです。 犬の成長と習熟度によりトレーニングの進め方やペースは変わりますので、その都度調整しましょう。

周辺にある店舗