介護施設にかかる費用をご紹介します

 

介護施設入居で発生する費用について

費用相場

「介護保険施設」や「老人ホーム」に入居する時にかかる費用には、「入居一時金」と「月額利用料」があります。「入居一時金」は、入居する時に一回だけ支払うお金で、民間の施設に設定されています。金額は、0円のものから超高級老人ホームに至っては数千万円するものもあり、一概にはいくらとは言うのは難しいのが現状です。超高級な老人ホームを除けば、概ね10万~100万円程度が相場でしょう。また、月々かかってくる「月額利用料」も、施設の形態や要介護度によっても差があります。一般的に、公的施設は費用が安い場合が多く、「月額利用料」も「特別養護老人ホーム」なら6万円から利用可能な場合も。公的・民間施設の平均値は、15万~20万といったところが相場のようです。

入居一時金とは

「入居一時金」とは、民間の有料老人ホーム特有のもので、月々にかかってくる費用とは別に、入居する時に支払うお金です。「住居のスペースを利用する権利」を取得するものと考えられています。以前は「入居一時金」が数千万円することも多かったのですが、最近では数十万~という有料老人ホームが増えてきました。中には0円というところもあり、民間の老人ホームが身近になってきているようです。「入居一時金」には、償却の期間が有料老人ホームごとに定められていて、ほとんどの場合は数年から20年で設定されています。また、返還金制度などもあるか、よく検討する必要があります。

月額利用料金とは

「月額利用料」とは、毎月かかる利用料のことです。内訳は、老人ホームによって様々ですので、入居する前に各費用の内訳を確認する必要があります。家賃・共益費・管理費・食費や水道光熱費、雑費、施設介護費などが主なものですが、施設介護費は「介護保険制度」の利用自己負担分とは別に支払わなければいけませんので注意しましょう。また、「入居一時金」を低くしている有料老人ホームでは、「月額利用料」が高めの場合があります。しっかりと、事前に確認しましょう。

その他かかる費用

介護施設を利用する上でかかるその他の費用には、
・介護保険サービス(1割~3割負担分)
・介護保険の対象外の介護サービス代
・生活支援サービスに関する費用(24時間体制の見守りや、安否確認サービスの提供、生活相談など)
・医療費・薬代金(訪問歯科やリハビリなど、外部と別途契約している場合もあります)
・レクリエーション費
・お小遣いや嗜好品、衣類の購入にかかった代金
などがあります。利用する施設によって、月額料金に含まれる場合と、別途請求される場合がありますので、事前の把握が大切です。また、「介護保険制度」の超過分は1割負担ではなく全額支払わなければいけないので、かなり高額になる場合があります。注意しましょう。

この様に見ていくと、月額利用料の他にも諸費用としてかなりのお金がかかってしまうもの。別途かかる費用も計算に入れて、月々の支払い額を算出することが大切です。

 

天草市で介護施設を探すなら「やさしい介護」にお任せください