キョウドウシカオオブクロ

きょうどう歯科大袋

最寄駅 大袋駅 東口 徒歩 1分
エリア 越谷・草加
ジャンル 歯科
新着情報
最終更新日:2024年03月05日
やせ気味の方は、栄養不足によって
やせ気味の方は、栄養不足によって歯や歯茎の健康に影響が出る可能性があります。特に、カルシウムやビタミンDの不足は歯の強度を低下させ、歯茎の病気のリスクを高めることがあります。そのため、バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素をしっかりと摂取することが重要です。また、定期的な歯科検診を受けて、早期発見・早期治療に努めることも大切です。健康な体と口腔環境を保つためには、全体的な生活習慣の見直しも効果的です。

大袋駅から徒歩1分。訪問歯科診療にも対応。チーム医療でお口の健康をしっかり管理いたします

越谷市袋山の「きょうどう歯科大袋」は、東武伊勢崎線・大袋駅から徒歩1分の場所にございます。医院には2台分の駐車スペースや駐輪スペースもご用意していますので、お車などでの通院も可能です。月・火・水・木は18時45分、金曜日は19時45分まで、土曜日も17時45分まで診療していますので、皆さまの生活スタイルに合わせて無理のないペースでお越しください。

当院が重視しているのは予防とメンテナンスです。お口の健康を維持することは、患者さまの日々の生活をより快適にすると考えています。地域の健康教室などにも率先して出向き予防の啓蒙活動を行うなど、地域の皆さまの健康維持をサポートしていますので、ご要望がある際はぜひお声かけください。

当院にお越しくだされば、歯科医師と歯科衛生士がチームとなり治療をご提供するだけでなく、ご自身でお口の中を守るためのセルフケア方法もしっかりお伝えします。治療後は定期管理して皆さまのお口の健康維持をサポートいたしますので、より多くの方にお越しいただければ幸いです。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長・理事長藤野 健正

院長・理事長藤野 健正

私は地域の方々の健康管理をお手伝いし、将来も歯を維持できるようサポートしたいと考えています。ぜひ皆さまには定期的な通院を習慣付けていただきたいと思います。ご来院の際には口腔内のクリーニングやお口の状態チェック、さらにご自身でも健康を保ってもらえるようにブラッシング指導をいたします。 私たち歯科医療に従事する人間は、争いごとのない社会において初めて存在価値があると考えています。これからも世界が平和な日々を送れるように願い、お口の健康を守るための活動を続けていければ幸いです。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/04/25 04:46

診療受付時間

10:15〜14:15 -
15:15〜18:45 -
09:00〜12:30 - - - -
13:30〜17:45 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 木曜日, 祝日
住所 〒343-0032
埼玉県越谷市袋山2045-1光ビル2階
電話番号 0066-9803-295012
クレジットカード 利用不可
最寄駅 東武伊勢崎線  大袋駅 東口 徒歩 1分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

localplace知恵袋

  • Q20代~30代に発生しやすい口腔疾患は何ですか?

    A20代~30代に発生しやすい口腔疾患には、虫歯や歯周病があります。 虫歯は、食事や口腔衛生の習慣の変化、ストレスや生活習慣の乱れなどによってリスクが高まります。 歯周病は、歯ぐきの炎症や出血、歯肉の腫れなどの症状が現れます。喫煙やストレス、過度な歯磨きや不適切な食事などが原因となります。 定期的な歯科検診や適切な歯磨き、健康的な食生活などの予防策を行うことが重要です

  • Q小学生・中学生期の歯磨き習慣をどのように促進すればよいですか?

    A小学生・中学生の歯磨き習慣を促進するためには以下の方法が有効です。 1. 適切な歯磨きの手順や技術を教える:歯磨きの重要性や正しい歯みがきの方法を子供たちに教えましょう。 2. 定期的な歯科検診を受けるようにする:歯医者に通うことで虫歯や歯周病の予防や早期発見ができます。 3. 楽しい歯磨き体験を提供する:子供が楽しんで歯磨きをするように、子供向けの歯磨き粉や歯ブラシを使用したり、歯磨きソングを歌ったりすると良いです。 4. 親のサポート:親が毎日の歯磨きを例えば「歯みがきは朝晩2回」と定着させ、子供を励まし続けることが大切です。 5. 歯磨きの大切さを語る:健康的な歯と口の状態が生活全般に影響を与えることを子供たちに理解させましょう。

  • Q小学生・中学生期の歯科診察の頻度はどのくらいが適切ですか?

    A小学生・中学生期の歯科診察の頻度は、一般的には年に2回が適切とされています。これは、歯の健康状態を定期的にチェックし、予防処置や早期治療を行うために必要な頻度です。また、子供の歯並びや噛み合わせの変化を追跡するためにも、定期的な歯科診察が重要です。ただし、特に虫歯のリスクが高い子供や歯の状態に問題がある場合は、より頻繁な診察が必要となる場合もあります。

周辺にある店舗