ナゴドウブツイリョウセンター

名護動物医療センター(ホテル)

エリア 名護市
ジャンル ペット、動物病院(その他)

ご都合に合わせてご利用ください

お預かり前にメディカルチェックを実施 初めてのお泊まりの際には獣医師によるメディカルチェックを行って健康状態を確認しており、宿泊中は看護師が注意深く様子を確認しています。気になる症状が見られたときには、飼い主さまにご連絡を取り、ご了解をいただいたうえですぐに必要な検査、治療を施すことが出来る環境ですので、安心してお任せください。
ドッグランを備えています ドッグランスペースを備えており、朝昼晩のお散歩タイムはドッグランで看護師と一緒に遊んだりしながら自由に過ごしてもらっています。安全に配慮して、ほかのワンちゃんと一緒にドッグランに出ることはありません。
お預かりの際には普段の生活パターンをお伺いし、ご飯の量やお散歩の時間帯など、できる限り普段の生活リズムに近い環境で過ごしてもらえるように努めています。

デリケートなネコちゃんも安心 入院中の子のお部屋を含めて全18室ご用意しており、周囲の音に敏感なネコちゃんにはできる限り静かな環境で過ごしてもらえるよう配慮しています。ワンちゃん、ネコちゃんともに、慣れない環境に緊張している様子が見られたときは、部屋の照明を調整したり、扉にタオルをかけて視界を遮ったりと、少しでも落ち着いて過ごせる環境を作るよう心掛けています。
便利にご利用いただけます お泊りと合わせて健康診断やトリミングをご利用いただけます。
併設のサロンでは、獣医師や看護師が常に近くにいるという強みを生かして、どのような健康状態のワンちゃん、ネコちゃんであっても受付を行っており、サッパリしたスタイルからデザインカット、オプションメニューなど、ご要望に幅広くお応えしています。
ペットホテルや名護市内を中心とした送迎サービスにも対応していますので、飼い主さまのご都合に合わせて便利にご利用ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

10:00〜20:00

基本情報

住所 〒905-0012
沖縄県名護市名護4558番地8
アクセス 那覇空港から車約90分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 爪切りを嫌がる猫は専門家にお任せ!

    うちの猫は人懐っさ満点なのに爪切りだけは大嫌い。独特な音も、施術中の動きも全てが苦手らしく、隠れてしまうのです。我が家で無理に切ろうとするとストレスもたまるだろうと思い、結局は動物病院へ。専門の方に任せると、まる君も比較的落ち着いた様子。爪切りは、飼い主さんが無理にやるよりも専門家にお任せすることをおすすめします。(40代・女性)

  • 愛犬に狂犬病の予防注射をした話

    先日、愛犬と一緒にかかりつけの動物病院に狂犬病の予防注射をしに行きました。この注射は年に一度は必ず打たなければならないもので、愛犬の安全のために、必ず記念日などで忘れずに予防接種をしています。

  • 我が家の猫を動物病院で血液検査をした話

    我が家の猫がぐったりと元気が無かったので、心配になり動物病院へ連れて行きました。血液検査をしたところ、腎臓の数値が高かったので早期の腎臓病との診断。すぐに薬と食事療法を開始しました。その後は毎日のお薬と食事管理で少しずつ元気を取り戻しています。(40代・男性)

localplace知恵袋

  • Qイタリアングレーハウンドについて教えてください。

    Aイタリアングレーハウンドは小型犬で、その名前の通りイタリア原産です。彼らは美しく優雅な外観を持ち、ショートコートの被毛と細身の体型が特徴です。彼らは非常に活動的でスピーディであり、優れた走力を持っています。また、イタリアングレーハウンドは賢く忠実であり、飼い主に対して非常に愛情深いです。彼らは他の犬とも仲良くすることができ、家族にも適応しやすい性格を持っています。ただし、彼らは神経質な一面もあり、静かで穏やかな環境が望ましいです。また、被毛が薄いため、寒冷地では適切な温度管理が必要です。定期的な運動や社会化訓練が必要ですが、彼らはトレーニングに非常に敏感であり、素晴らしい家庭犬として知られています。

  • Q猫が不適切に噛んだり引っ掻いたりする場合、どのように対処すべきですか?

    A猫が噛んだり引っ掻いたりする行動は遊びの一環であることも多いですが、それが度を超えたものや人に対する攻撃っぽいものであれば、以下のように対処することが無難です。 1. 場所を変える: 噛まれたら、すぐにその場から動かずに、静かに指を出す。猫が興奮しているときに逃げると、「追いかけっこ」の一環と理解する可能性があるためです。 2. 痛みを伝える: 軽く猫の鼻に触れるか、驚かせるような音を出すなどして、「それは痛い」、「それはよくない」ということを教えます。 3. おもちゃで遊ぶ: 猫と遊びたいときは、自分の手を使う代わりに、猫用のおもちゃを使用します。 猫は爪と歯を使って遊ぶため、おもちゃを使うことで猫があなたの手を攻撃することを防げます。 4. トレーニング: 許容範囲を超えて噛む・引っ掻くような行動が続く場合は、専門家の助けを借りて行動矯正を検討することも必要かもしれません。 5. 医師に相談: 突然攻撃的な行動を始めた場合や、もし猫が怒って引っ掻いたり噛んだりする理由がわからない場合は、病気や痛みが原因である可能性もあるので、獣医に相談してください。 あくまで猫は生き物で、100%人間の思い通りにはなりません。大切なのは、猫との適切なコミュニケーションを図りつつ、猫がストレスを感じないような環境作りを心掛けることです。

  • Qペットの抜け毛について

    Aペットの抜け毛は、季節や種類、健康状態などによって異なります。例えば、犬の中には一年中抜け毛が多いものもいれば、季節限定で抜け毛が増えるものもいます。また、健康状態が良くない場合やストレスを抱えている場合、抜け毛が増えることもあります。抜け毛を減らすためには、ブラッシングや適切なシャンプー、栄養バランスの良い食事などが効果的です。定期的にペットの体調チェックをし、必要に応じて獣医師に相談することも重要です。

周辺にある店舗