リアンドウブツビョウイン

リアンどうぶつ病院

エリア 京都市西部
ジャンル ペット、動物病院(その他)

動物病院併設ならではの環境を活かして、ペットを大切にお預かりいたします

繊細なネコちゃんや大型犬も、のびのびと過ごせるお部屋をご用意しています お預かりスペースはワンちゃん・ネコちゃんとで別々になっていますので、ワンちゃんが近くにいると緊張してしまう繊細なネコちゃんも安心して過ごせる環境です。また、防音設備を施していますので、鳴き声が聞こえる心配もありません。
お部屋にはベーシックルームとスイートルームの2つをご用意しており、ペットの好みや飼い主さまのご要望に合わせてお選びいただけます。スイートルームは1.5畳の広さで、ネコちゃん用のお部屋にはキャットタワーを設けています。
ベーシックルーム・スイートルーム共に、お預かり中はスタッフが小まめに様子を確認し、衛生面にも常に配慮していますのでご安心ください。

※スイートルームのご利用は当院で受診と予防接種、ノミ・ダニ予防を受けたペットに限らせていただきます。

1頭1頭の生活スタイルや個性に合わせてお世話いたします お預かり中は、その子の普段の生活スタイルや性格・特徴に合わせてお世話いたします。
例えば、ワンちゃんのお散歩は基本的に1日2回ほどですが、お散歩に行く習慣のない子や、場所見知りの子は無理に連れて行くことはありません。反対に、お外での排泄が習慣の子には回数を増やしてあげることもできます。
事前のカウンセリングでワンちゃん・ネコちゃんのことを詳しくお伺いしていますので、お預けするにあたって何かご要望や不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

飼い主さまにご持参いただきたいもの ご飯に関しては、普段食べているものをご持参いただくようお願いしています。宿泊日数分、一回の量を小分けにしていただけると幸いです。
また、お家のにおいの付いたおもちゃやブランケット、ベッドなどがあると、より安心してくれやすいので、ぜひご持参ください。
ネコちゃんの場合は、トイレの仕様が変わると排泄を我慢してしまう子もいるので、いつも使用しているトイレと猫砂のご用意もお願いいたします。

ホテル滞在中にトリミングサービスをご利用いただけます トリミングでは、獣医師とトリマーが連携してシャンプー・カットにあたっていますので、シニアの子や持病のある子もお気軽にご相談ください。シャンプーは複数の種類用意しており、ワンちゃんの皮膚・被毛の状態に合わせて使い分けています。皮膚病治療にはシャンプー療法を取り入れ、なるべくお薬を使わないようにしています。
また、ミラブルシャワーを使用しています。超微細な泡が毛穴の奥の汚れまでしっかりと洗い流し、皮膚環境を整えるだけでなく、消臭効果やマッサージ作用も期待できます。シャンプーと併用することで、フワフワ・サラサラの仕上がりになるので、ぜひその効果を実感してみてください。
チェックアウトの日に、綺麗さっぱりしてご帰宅されてはいかがでしょうか。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

09:30〜17:30

基本情報

定休日 木曜日, 祝日
住所 〒615-8006
京都府京都市西京区桂上野西町231
電話番号 0066-9803-0958583
アクセスをみる

localplace体験談

  • 私が動物病院で猫の歯科定期健診をした話

    先日、愛猫の歯科定期健診のために、自宅近くの動物病院に行きました。獣医師は丁寧に口腔内をチェックし、歯石や虫歯の有無を診察しました。幸いなことに健康的で、特に異常は見つかりませんでした。これからも定期的に健診を受けることで猫の健康を保ちます。(30代・男性)

  • 少し太ってきた愛犬のフードについて相談

    愛犬の腹がモフっとなった。それで動物病院の先生にフードについて相談。先生のアドバイスは「食事量を見直すのと、成分バランスをチェック」とのこと。愛犬のため、調べるぞ!と気合入れつつ、先生と一緒に解決策を模索。この先も、にっこり笑顔で元気いっぱいの愛犬と一緒に過ごすために頑張ります。

  • 愛犬に狂犬病の予防注射をした話

    先日、愛犬と一緒にかかりつけの動物病院に狂犬病の予防注射をしに行きました。この注射は年に一度は必ず打たなければならないもので、愛犬の安全のために、必ず記念日などで忘れずに予防接種をしています。

localplace知恵袋

  • Q飼い犬の寿命について

    A犬種や体の大きさなど、飼い犬の寿命には多くの要因が影響します。一般的に、小型犬は12〜16年、中型犬は10〜14年、大型犬は8〜12年程度とされています。生活習慣や食事管理、適切な運動量、病気や怪我の予防など、オーナー自身が飼い犬の健康管理に努めることが寿命を延ばすために重要です。また、定期的な健康診断や予防接種、食事に合ったサプリメントの摂取なども寿命を延ばすのに役立ちます。

  • Qペットの散髪・洗浄が必要なわけを教えて

    Aペットの散髪・洗浄が必要な理由はいくつかあります。 まず、散髪は毛の長さをコントロールするために必要です。短くトリミングすることで、体温調節や皮膚の健康を保つことができます。また、毛玉の発生を防ぐこともできます。 次に、洗浄は汚れや臭いを除去するために必要です。ペットが外で遊んだり、散歩したりすると、毛には土や泥がついたり、皮脂や汗が付着して臭いが発生します。定期的にシャンプーをすることで、ペットの健康と快適性を保つことができます。 総じて、散髪・洗浄はペットの健康と快適性の維持に欠かせないケアです。

  • Qハムスターは懐きますか?

    Aハムスターは慣れることができますが、それぞれの個体の性格にもよります。一部のハムスターは人間との関係を楽しむことがあり、手に乗ったり撫でられたりすることを好むこともあります。しかし、他のハムスターは臆病な性格で、人間に慣れるまで時間がかかることもあります。ハムスターを懐かせるためには、ゆっくりと接し、安心感を与えることが大切です。短期間で強制的に慣れさせようとするのは逆効果となる場合もあるため、個々のハムスターのペースに合わせてケアすることが重要です。

周辺にある店舗