茶道具の買取需要は?

何かを買取依頼する際に、その品目の買取需要が気になる方はいらっしゃるかと思います。確かに「買取需要=買取価格に直結する」という考え方も間違いではありません。
その点を踏まえて茶道具の買取需要はどうかと言いますと、「買取需要は高い」と言えます。
この買取需要の高さの一因としては、海外での骨董人気がございます。
海外では日本の骨董品に関しての人気が高く、茶道具もまたその人気に合わせて海外への販売経路も広がり、高値で買い取っても御釣りがでるほどの高値で取引されることもございます。
その中でも「茶碗」「茶釜」「花入」「香合」などは歴的価値やデザイン(装飾)などから注目されております。
ただ、販売経路が広がったとしても茶道具の買取に出される人が少なければ、その経路は廃れます。ですが、現在は遺品や高齢などを理由に使用しなくなった茶道具一式を買取に依頼される方も増えていますので、まだまだ販売経路が廃れることもなく、茶道具買取需要は高い位置にあります。
ご紹介した「茶碗」「茶釜」「花入」「香合」以外にも茶道具全般が買取対象ですので、もう使用しない茶道具がありましたら、一度査定に出されるのをおすすめします。
お客様が想像していないような高値がつくかもしれません。

よく取引される茶道具は?

茶道具の中でもよく取引(買取依頼)に出されるものは「茶碗」「茶釜」「水指」「花入」「香合」「盆」などが上げられます。これらは茶道をする上で必要不可欠であり、また複数所持していることから、一部を買取に出されることが多いです。中でも茶碗は茶道具の中ではもっとも買取依頼が多いです。
ただし、茶道具は骨董品としての価値が高く、有名作家の作品などは高価査定が付きやすく、無名の物には価値がつけづらい傾向にあります。その為、全ての茶碗に高い価値がつくものではないと知っておく必要があります。そしてこの考え方は他の「茶釜」「水指」「花入」「香合」「盆」でも同じことが言えます。
また、骨董品のコレクションとしても「茶碗」や「水指」「花入」「香合」は人気があり、茶道で使わず飾る為に求める方も多い為、おのずと買取依頼も多く求められています。
こういった求めるユーザーが多い物は、同じく買取依頼が多い傾向にあります。
もちろん先述したように全ての茶道具に高価査定結果が付くわけではありませんが、査定に出す事で思いがけない金額が提示されることもありますので、諦めず一度は査定に出しましょう。

表千家とは?

お茶の流派は複数ございますが、最近では買取依頼をいただくお客様より表千家と裏千家の違いを聞かれることがございます。お茶をご自身で行う方なら知っているお話しかもしれませんが、遺品などで茶道具を受け継いだ方からの依頼が最近増えているため、ご興味として聞かれる傾向にあります。
さて表千家とは茶道の中では「千利休」を祖とする千家流の流派の一つです。表がつくのはこちらが本家であるということ表しております。
この表千家は千利休のひ孫にあたる江岑宗左が表千家を確立し、後に江戸千家流、堀内流という流派もできました。特徴しては千利休が始めた茶道を守る傾向にあり、着物は地味なものを着る、茶筅は「煤竹」を使うなどが上げられます。
茶道の始まりを体験するのであれば、表千家の門を叩くのがいいかもしれません。

裏千家とは?

表千家と対を成す名前の流派である裏千家は、表千家と同じく千利休のひ孫の一人である、仙叟宗室が裏千家を確立しました。流派の名前の由来は表千家に対抗するなどの意図はなく、表千家の茶室「不審庵」の裏手にある「今日庵」で開かれたため裏千家と呼ばれるようになりました。
流派の特徴としては開かれた門戸です。表千家はどちらかと言うとあまり門戸を開いてはおりませんが、裏千家では多くの人に茶道を楽しんでほしい意向から、カルチャースクールや学校の部活動などの様々な場所で茶道を体験できるようにしております。そのため茶道人口の約半数が裏千家で茶道を学んでいると言われております。
また、茶道の席では表千家が地味な着物で行うのに対し、裏千家では華やかな着物を着てお茶をたてるなど、明るい印象が見られます。

西馬込の茶道具買取はウリエルにお任せください