タケペットクリニック

たけペットクリニック(トリミング)

エリア 新潟市
ジャンル ペットサロン、トリミング

新潟県新潟市西区にあるたけペットクリニック(トリミング)の情報です。

ご要望を聞かせてください 飼い主さまのご要望にできる限り合わせたスタイルを提供するために、飼い主さまのご希望を細かく伺うことを大切にしています。部位ごとにどんなカットが良いかお話を聞かせていただき、写真や雑誌をお見せしながらわかりやすいように仕上がりのイメージをお伝えします。
負担の少ないトリミングの提供 トリミングが苦手な子にも負担なく施術を受けてもらえるよう、すばやく終わらせることを心掛けているほか、汚れがよく落ち乾くのが早いシャンプー剤を使用する、何を嫌がるのかを把握し一頭一頭に合わせて洗い方を変えるなど、負担の軽減のために工夫しています。
健康状態の管理について 施術の際は皮膚・被毛、そのほか健康状態の確認を行っており、異常がある際はすぐに獣医師と連携して確認を行っており、動物たちにも飼い主さまにも安心のできる環境でトリミングを行っています。持病がある子やシニアの子でも、その時のその子の状態に合わせて出来る限りのケアを行いますのでお任せください。

当院の獣医療の提供は日頃の健康相談やワクチンの接種からいざという時のご対応まで、飼い主さまのお悩みに広く対応できる環境を整えており、複数名の獣医師が協力して動物と飼い主さまの健康で楽しい毎日をサポートしています。誰でも訪れやすい暖かな雰囲気ですので、お気軽にご相談ください。

ご都合に合わせてご利用ください 当院のペットホテルでは、ワンちゃんやネコちゃんにくわえてうさぎやモルモット、ハムスターなどの小動物もお預かりいたします。当院で診療したことあるペットであれば、どの子も滞在可能で、大型犬にも入院用個室を使ってご対応いたしますので、一時預かりからお泊りまで飼い主さまのご事情に合わせて便利にご利用ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

09:00〜12:00

基本情報

定休日 日曜日
住所 〒950-2022
新潟県新潟市西区小針2-39-3
電話番号 0066-9802-9684323
アクセスをみる

localplace体験談

  • 少し太ってきた愛犬のフードについて相談

    愛犬の腹がモフっとなった。それで動物病院の先生にフードについて相談。先生のアドバイスは「食事量を見直すのと、成分バランスをチェック」とのこと。愛犬のため、調べるぞ!と気合入れつつ、先生と一緒に解決策を模索。この先も、にっこり笑顔で元気いっぱいの愛犬と一緒に過ごすために頑張ります。

  • 獣医さんオススメのドックフード

    近所の動物病院の獣医さんからお勧めされたドックフードがすごくいいらしく、買ってみました。本当に結果がよかったです。皆さんも獣医さんに相談してみてください。

  • 愛犬に狂犬病の予防注射をした話

    先日、愛犬と一緒にかかりつけの動物病院に狂犬病の予防注射をしに行きました。この注射は年に一度は必ず打たなければならないもので、愛犬の安全のために、必ず記念日などで忘れずに予防接種をしています。

localplace知恵袋

  • Q秋田犬について教えてください

    A秋田犬は、日本原産の大型犬種で、主に猟犬として飼われています。筋肉質で力強く、勇敢な性格が特徴で、体高が60センチメートル以上、体重が30キログラム以上になることが多いです。毛色は、赤や白、虎斑といったバリエーションがありますが、特に赤い毛色が代表的です。飼い主への忠誠心が非常に強く、護衛犬としても優秀なため、警察犬や盲導犬としても活躍しています。ただし、しつけがしっかりとされていないと、他の犬や人間に攻撃的になることがあるので、注意が必要です。

  • Q犬の適切な食事や給餌時間は?

    A犬の食事や給餌時間については、その年齢や体調、活動量などにより変わります。以下に基本的なガイドラインを示しますが、個々の犬の健康状態やニーズに合わせて調整することが重要です。 **子犬(0-6か月)** 子犬の成長は非常に速く、十分な栄養素を必要とします。一般に、子犬は1日3回から4回食事をすることが推奨されます。 食事には、子犬の成長に必要な栄養素が含まれている専用のフードを選びましょう。給餌量はフードパッケージの指示に従うか、獣医に相談してください。 **成犬(1歳以上)** 成犬は1日2回、日中と夕方に食事を与えるのが一般的です。食事の時間はできるだけ一定に保つことが最も良いです。朝と夕方に給餌すると、食事の間に十分な運動時間が確保できます。 **高齢犬** 年齢と共に、犬のエネルギー需給は減少します。高齢犬用の食事は、消化しやすくカロリーが低く、年齢に応じた栄養素が含まれています。 高齢犬は便秘になりやすいため、食物繊維を多く含む食事が推奨されます。また、病気や特定の問題に対応するために特別な食事を必要とすることもあります。 **食事内容** 犬の食事はバランスが重要です。主な栄養素としては、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが必要です。 また、食事量については犬の体重、運動量、健康状態などによって変わります。適切な食事量を決めるためには、獣医師と相談することが最良の方法です。 以上の情報は一般的なガイドラインであり、あくまで参考の一つです。犬が健康を維持するためには、定期的な健康チェックと適切な栄養摂取が必要です。獣医師と相談しながら、犬に最適な食事や給餌時間を見つけてください。

  • Qロシアンブルー(猫)について教えてください。

    Aロシアンブルーは、ロシア原産の美しい灰青色の短毛種の猫です。その魅力的な外見は、スリムで優美な体型、黄緑色の目、中程度のサイズや鈍い喉元等で構成されています。性格は、自分の主人にしかなじまないことも多いですが、仲間には優しく親切で、高い知能からいつも物事を計画しています。そのため、運動量が少ない人や高齢の人でも飼育しやすく、かつ家族みんなが楽しんで飼うことができる愛らしい猫です。

周辺にある店舗