ヨーロッパの片田舎のような「植物のお部屋」で、フルーツたっぷりのケーキをどうぞ

カフェストリートと呼ばれるエリアにあるCafe The Plant Roomさんは、スイーツだけでなく、こだわりの紅茶やコーヒーなど、ドリンクメニューも充実しています。お客様にゆっくりと楽しんでいただくために営業時間を長くするなど、あらゆる部分でお客様が快適な時間を過ごせるようにという優しい心遣いを感じることができます。パスタやベーグルなどの軽食もご用意されているので、ケーキ以外のメニューもお楽しみいただけます。ショッピングの合間など、少し休憩したいときに、ふらりと足を運んでみてはいかがでしょうか。
鮮やかなブルーのオーニングがお出迎え
なんばマルイさんの裏手にある道を進むと、通称「カフェストリート」という、かつて喫茶店が多くあったというエリアがあります。Cafe The Plat Roomさんは、1968年創業の人気店で、店舗の外に飾られたたくさんの植物と青いオーニングが目印です。商業ビルや飲食店が周囲に並ぶエリアのため、お買い物帰りや仕事帰りの方でも立ち寄りやすいよう、22:30まで営業されています。
緑あふれる店内で食べるこだわり商品の数々
店内に足を踏み入れると、植物が大好きなオーナーがつけたという店名の通り、たくさんの植物がいたるところに配置されています。壁にはグリーンのほか、お花の額縁などが飾られており、それぞれのテーブルを彩っている花柄のクロスもオーナーが選ばれたものだそうです。席数は、1階が28席、2階は36席と多く、お客様をお待たせすることはほとんどありません。入口すぐ右手には「アムシュティー」という紅茶が壁一面にきれいに陳列されています。天然の香料を使用したフレーバーティーが人気のこの紅茶は、人工的な匂いのしない高品質なもの。16種類ものフレーバーをご用意しており、店内のカフェでいただくことも、茶葉のみのご購入も可能です。
思わず「かわいい!」と声に出してしまう、三原シェフ考案のケーキ
外のテントと同じブルーが印象的なショーケースは、時間にもよりますが多い時には10種類ほどの商品が並んでいます。中でも、店長である三原シェフの考案された「和栗」は、お店のラインナップでも珍しい和風な味わいのケーキ。しっかりとした甘みのある栗と小豆を使用した、もちもちでボリュームのあるメニューです。当初は秋冬限定で売り出したものの、籠に入ったかわいらしさもあいまって人気が出て、いまや定番商品となったそうです。また、ホワイトチョコのムースを使用した「フルリール」は、ゼリーでコーティングした花びらを表面にのせた、お店のコンセプトにぴったりの商品。一目見ただけで「かわいい!」と声をあげてしまう、写真映えするようなメニューもたくさんございます。ぜひご賞味ください。

 

ギャラリー

  • 外観

    外観

  • ショーケース

    ショーケース

  • 内観

    内観

写真ギャラリーを見る

 

Cafe The Plant Room(カフェ ザ プラント ルーム) 基本情報

店名
Cafe The Plant Room(カフェ ザ プラント ルーム)
住所
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波3-7-11
営業時間
日曜日:11:00〜22:30, 月曜日:11:00〜22:30, 火曜日:11:00〜22:30, 水曜日:11:00〜22:30, 木曜日:11:00〜22:30, 金曜日:11:00〜22:30, 土曜日:11:00〜22:30, 祝日:11:00〜22:30
オンライン予約
 

Cafe The Plant Room(カフェ ザ プラント ルーム)