ワタナベシカクリニック

わたなべ歯科クリニック

最寄駅 新倉敷駅 南口 徒歩 5分
エリア 倉敷市
ジャンル 歯科

むし歯や歯周病だけでなく、親知らずの抜歯や口腔がん検診など、歯科口腔外科の治療・診断にも幅広く対応

倉敷市新倉敷駅前の「わたなべ歯科クリニック」です。水曜を除く平日は18時(最終受付17時15分)まで、土曜日は16時(最終受付15:30)まで診療しています。JR山陽本線・山陽新幹線「新倉敷駅」の南口より徒歩5分、8台分の駐車スペースと駐輪場もございます。

当院には(公社)日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医が在籍しています。むし歯・歯周病だけでなく、神経に近い親知らずの抜歯やインプラント治療(※)、口腔粘膜疾患・口腔がんの診断など、幅広いお口のお悩みに対応が可能です。

また、歯並びの治療やかみ合わせを考えた矯正歯科治療(※)、お口のトラブルを未然に防ぐ予防歯科にも力を入れて取り組んでいます。定期的に検診にお越しいただければ、問題の早期発見と治療にもつなげられますので、将来的なお口の健康を守るためにも当院をご活用ください。

診療では分かりやすい説明を重視しています。治療前にどんなことをするのかお伝えして、治療後にも次回の治療内容や進捗状況についてお話しします。お口に関するお悩みがございましたら、ぜひ当院へお越しください。

※自由診療です。料金は料金表を確認してください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ


院長藤田 哲二

一言にお口のトラブルといっても、虫歯・歯周病はもちろん、お口の中のできものや複雑な生え方をした親知らず、顎関節症など、さまざまな症状があります。当院ではそんなお口のことで悩んだら、気兼ねなく相談できる歯科医院でありたいと思っています。 また、すぐに治療を進めるのではなく、まずは検査と説明の時間を持ち、患者さまに同意いただいてから治療へ移行するようにしています。初診時は検査・説明だけで済ませて、実際の治療は次回の通院から始める、というケースも少なくありません。 まずはしっかり話し合っていきましょう。治療の選択肢について詳しく解説しますので、不安なことや治療に対するご希望などがあれば遠慮せずお伝えください。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/07/14 04:58

診療受付時間

09:00〜12:30 -
14:00〜18:00 -
09:00〜13:00 - - - -
14:00〜16:00 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 水曜日, 祝日
住所 〒710-0253
岡山県倉敷市新倉敷駅前3-26
クレジットカード 利用不可
最寄駅 山陽本線  新倉敷駅 南口 徒歩 5分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q歯の色を白く保つための方法は何ですか?

    A1. ブラッシング: 歯を白く保つための基本的な方法。食事後は特に忘れずにしましょう。ブラッシングはお口の中の食べ物の残りや細菌を取り除きます。 2. 歯磨き粉: フッ素入りの歯磨き粉を使用しましょう。フッ素はエナメル質を強化し、むし歯を防止します。 3. 歯間ブラシまたはフロス: 歯間ブラシやフロスを使って、歯間の汚れをきれいに掃除しましょう。 4. マウスウォッシュ: 口内洗浄剤も効果的です。これには、虫歯予防のフッ素や、口臭防止の成分も入っています。 5. 定期的な歯医者さんでのチェックアップ: プロのクリーニングが必要な場合には、定期的に歯医者さんへ行きましょう。 6. 食事: 砂糖たっぷりの飲み物や食べ物を控えめにし、野菜や果物を多く摂ると良いでしょう。 7. 歯のホワイトニング: 自宅でできるホワイトニング製品や、歯医者さんでのホワイトニング治療もあります。ただし頻繁に行うと歯にダメージを与える場合もあるので、専門家と相談しましょう。 8. 喫煙をやめる: タバコは歯に黄ばみや汚れを付け、歯を黄色くしてしまいます。 9. コーヒーや赤ワインなど歯に着色しやすい飲み物を控える: 飲む場合は、ストローを使ったり直後にもみがきをするなどの対策を取りましょう。 以上のことを心がけることで、歯を白く保つことが可能です。

  • Q幼児の虫歯はどのように予防すればよいですか?

    A幼児の虫歯を予防するためには、以下の方法が効果的です。まず、適切な歯磨きを習慣づけましょう。乳歯が生え始めたら、柔らかい歯ブラシとフッ素入りの歯磨き粉を使用して歯を磨きます。また、定期的な歯科健診も重要です。歯科医によるプロのクリーニングやフッ素の塗布は虫歯予防に非常に役立ちます。さらに、栄養バランスの良い食事や砂糖を適切に制限することも重要です。加えて、おしゃぶりやミルクの夜間の摂取は避けるようにしましょう。幼児の虫歯予防には、定期的な歯磨きと歯科健診、健康的な食事が不可欠です。

  • Q小学生・中学生期の歯科診察の頻度はどのくらいが適切ですか?

    A小学生・中学生期の歯科診察の頻度は、一般的には年に2回が適切とされています。これは、歯の健康状態を定期的にチェックし、予防処置や早期治療を行うために必要な頻度です。また、子供の歯並びや噛み合わせの変化を追跡するためにも、定期的な歯科診察が重要です。ただし、特に虫歯のリスクが高い子供や歯の状態に問題がある場合は、より頻繁な診察が必要となる場合もあります。

周辺にある店舗