アンジョウシカイイン

あんじょう歯科医院

最寄駅 杉田駅(神奈川県) 西口 徒歩 1分
新杉田駅 出口3 徒歩 7分
エリア 磯子・根岸・杉田
ジャンル 歯科
新着情報
最終更新日:2024年03月05日
やせ気味の方は、栄養不足によって
やせ気味の方は、栄養不足によって歯や歯茎の健康に影響が出る可能性があります。特に、カルシウムやビタミンDの不足は歯の強度を低下させ、歯茎の病気のリスクを高めることがあります。そのため、バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素をしっかりと摂取することが重要です。また、定期的な歯科検診を受けて、早期発見・早期治療に努めることも大切です。健康な体と口腔環境を保つためには、全体的な生活習慣の見直しも効果的です。

杉田駅から徒歩1分!通院回数を減らすために、まとめて治療をすることも可能です

横浜市磯子区杉田のあんじょう歯科医院は、京急本線の杉田駅から徒歩1分の立地にございます。横浜市営バスの杉田駅前からも徒歩1分でアクセスできるため、通勤や通学で電車やバスをご利用する方にとって通いやすい立地です。平日は夜19時半まで診療しているため、お仕事や学校の帰りに通っていただくこともできます。

当院は、お忙しい患者さまのお時間を無駄にしないために、通院回数を減らす取り組みをしております。一度のご来院でまとめて処置をすることで患者さまの負担を軽減しております。

また患者さまにご納得いただいた上で治療を進めるために、治療の経過をご説明しています。治療の経過を把握することで、通院のモチベーションにもつなげていただければと思います。

ご家族皆さまで通える環境を整えておりますので、お口のトラブルがあった際は当院へお越しください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

あんじょう歯科医院 理事長安定 和也

あんじょう歯科医院 理事長安定 和也

あんじょう歯科医院の理事長の安定和也です。 当院は、ご家族全員で通える歯科医院を目指しています。幅広い診療メニューをご用意しており、どんなお悩みにも対応いたします。また専門知識を持つ歯科医師陣が治療を担当し、患者さまの健康を真剣に考えています。大学病院との連携がしっかりと構築されており、必要な際には紹介が可能です。 さらに当院は英語、スペイン語、韓国語にも対応可能で、円滑なコミュニケーションが図れるように心がけています。何かご質問やご不明点がございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/04/19 17:35

診療受付時間

10:00〜13:00
15:00〜19:30
10:00〜14:00 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 土曜日, 祝日
住所 〒235-0033
神奈川県横浜市磯子区杉田2-1-4
電話番号 0066-9809-802723
クレジットカード 利用不可
最寄駅 京急本線  杉田駅(神奈川県) 西口 徒歩 1分
根岸線  新杉田駅 出口3 徒歩 7分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q歯周病のリスクは年齢とともにどのように変わりますか?

    A年齢とともに、歯周病のリスクは高まります。年齢の増加によって、歯のエナメル質や象牙質が薄くなり、歯の神経や血管への供給が弱くなるため、歯周組織が炎症しやすくなります。また、年齢が進むにつれて、免疫機能の低下や全身の健康状態の変化も歯周病のリスクに影響します。そのため、高齢者は特に定期的な歯科検診と適切な歯周ケアが重要です。年齢に応じた予防策を行うことで、歯周病のリスクを減らすことができます。

  • Q歯がちょっとでも痛かったら歯医者に行った方がいい?

    A歯が痛む原因はさまざまで、軽いものから重度のものまで様々です。しかし、痛みがある場合は早めに歯医者に行くことをおすすめします。病気を早期に発見し治療することで、症状が悪化する前に対処することができます。また、歯磨きの方法に問題がある場合も、歯医者に相談することで正しい方法を教えてもらうことができます。症状が少しくらいでも気になる場合は、歯医者に相談することをおすすめします。

  • Q歯周病の予防方法は何ですか?

    A1. 正しいブラッシング:歯と歯肉の境界にブラシを当て、ゆっくりと円を描くようにしてブラッシングします。 2. デンタルフロス:ブラシだけでは落としきれない歯間の汚れを落とすためにデンタルフロスを使用します。 3. 歯科での定期検診:専門家による定期的なチェックとクレーニングは、歯周病を未然に防ぐ大切な手段です。 4. 口腔内の乾燥注意:口腔内が乾燥すると、細菌が増えやすくなるため、水分補給をこまめに行います。 5. 健康な食生活:ビタミンCやD、カルシウムなどの栄養素が豊富な食事を心がけます。 6. タバコを吸わない:タバコは歯肉を痩せさせ、歯周病を引き起こす要因の一つです。 7. 適度な運動:適度な運動は血行を良くし、歯肉に必要な栄養素を送り届ける助けとなります。 8. 歯石を定期的に取る:歯医者に定期的に通い、歯石取りを行うことで、歯周病を防ぐことも可能です。 9. 口を清潔に保つ:口の中に食物の残りカスが残らないように、食後には必ず口をすすぐ。 10. アルコールの摂取を控える:過度なアルコール摂取は、口の中を乾燥させ、細菌の繁殖を促進します。

周辺にある店舗