習志野市で人間ドックを提供している医療機関3選!おすすめ情報掲載

習志野市
千葉県習志野市は、県庁所在地の千葉市と接しています。また、同県9カ所の2次医療圏(一般的な医療を提供する地域。厚労省が医療法にもとづいて複数の市町村を単位に定めます)のうち東葛南部医療圏に属します。総合病院も少なくないエリアのため、人間ドックの受診施設選びに迷いやすいといえるでしょう。

この記事では、習志野市で人間ドックを提供している医療機関を3つ紹介しています。いずれの医療機関も、生活習慣病はじめ、がん・心臓病・脳卒中の兆候を調べ、早期に発見して対処する予防医療を実践しています。特徴やおすすめのポイント、受診費用などの情報を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介する人間ドック施設

1. 千葉県済生会 習志野病院 JR総武本線 津田沼 北口から、バスで10分 

千葉県済生会 習志野病院

JR総武本線 津田沼 北口から、バスで10分 

出典:https://www.docknet.jp/

基本情報

●施設名:
千葉県済生会 習志野病院

●所在地:
千葉県習志野市泉町1-1-1

●アクセス:

・JR総武本線 津田沼 北口から、バスで10分 

・京成本線 京成大久保 北口から、徒歩15分 

診療時間
08:00-11:30

検査コース費用

  • 人間ドック(経鼻or経口胃内視鏡)
    50,050円(税込)
  • 人間ドック(経鼻or経口胃内視鏡)+脳ドック
    83,050円(税込)
  • 人間ドック(経鼻or経口胃内視鏡)+心臓ドック
    94,050円(税込)
  • 人間ドック(経鼻or経口胃内視鏡)+乳がん・子宮がん検査(エコー含)
    68,750円(税込)
  • 人間ドック(経鼻or経口内視鏡)+脳ドック+乳がん・子宮がん検査(エコー含)
    101,750円(税込)

千葉県習志野市泉町の「千葉県済生会 習志野病院」は、病床数400床を備える総合病院です。「地域住民の健康と福祉の増進への寄与」を信条に掲げ、予防医療として各種人間ドックを提供しています。施設全体は8階建てです。1階の一角にある健診センターで人間ドックを提供しています。

そして、がん・心臓病・脳卒中なども初期には自覚症状に乏しい場合が多いとして、健康上の自覚症状がない時期からの人間ドック受診を推奨しています。アクセスは、JR総武線「津田沼駅」や新京成線「新津田沼駅」からバス利用、京成本線「京成大久保駅」から徒歩約15分などの方法があります。駐車場も設置されています。

総合病院併設の特徴にもとづいて検査から診療に対応

総合病院に併設された健診センターで提供されている人間ドックであることが特徴のひとつです。そのため、受診の結果、再検査や精密検査が必要な所見が見つかった場合、病院側の各診療科が引き継いで担当します。そして、さらに必要な場合は診療までフォローしています。人間ドック受診から診療移行まで一貫した医療を提供する体制にあるといえます。

安静時・運動負荷・ホルター各心電図検査を実施する心臓ドック

日本循環器学会認定「循環器専門医」が担当する心臓ドックを用意し、全身の健康チェックを実施する人間ドックに盛り込んでいます。心臓病リスクの早期発見が目的です。検査項目には、安静時心電図検査や運動負荷心電図検査、ホルター心電図検査などがあります。このうちホルター心電図検査は、小型の心電図を身に着けて24時間の波形を記録します。そのため、受診日の前日に来院して装着するスタイルです。

 

まとめ

この記事では、千葉県習志野市で人間ドック提供している医療機関3つを紹介しました。いずれも、生活習慣病をはじめ、がん・心臓病・脳卒中など重篤な病気のリスクの早期発見と、発見された場合の診療を含むフォローに取り組んでいます。そして同時に人間ドックは、受診後の生活における指標ともなります。

なぜなら、高血圧・糖尿病・脂質異常症など生活習慣病は、偏った食事・運動不足など生活の乱れで進行し、重篤な病気のリスクも高めてしまうからです。それを防ぐためには、人間ドックの定期受診を通じた健康チェックが有用です。どこの医療機関を選択しようか迷われている方は、こちらを参考に選んでみてください。

千葉県済生会 習志野病院
JR総武本線 津田沼 北口から、バスで10分