ホンゴウシカクリニック

本郷歯科クリニック

最寄駅 (ニューシャトル)東宮原駅 出口 徒歩 8分
)東大宮駅 西口 車 7分
エリア 大宮・与野周辺
ジャンル 歯科

土曜診療!複数名の歯科医師が在籍!治療から予防まで任せられる、ご家族で通いやすい歯科医院

さいたま市北区本郷町にあります本郷歯科クリニックは、患者様が虫歯や歯周病にならないように予防歯科を提供しています。

歯を治療をすれば、もとの健康な状態に戻ると考えがちですが、実は治療をすればするほど歯の寿命は短くなります。
そして、二度と、自然の歯には戻りません。
この事実を沢山の人に知っていただきたい。
治療をしなければ、歯は長持ちします。
年齢とともに歯が悪くなるわけではありません。
しっかりとお口のケアができていないから歯が悪くなるのです。
かけがえのない、大切な歯を守るために、患者様と二人三脚で末長くお付き合いをする、予防歯科を推進いたします。

患者様にお口の状態を認識してもらい、予防意識を高めていただけるよう唾液検査、顕微鏡検査を導入し、虫歯・歯周病対策に努めています。

当院では一方的な診断と治療を行うのではなく、現在抱えていらっしゃる症状を、患者様ご自身に理解していただくことを重視しています。わかりやすく具体的な説明をさせていただくことにより、治療に対する不安を取り除くことを心がけています。

どのようなご相談でも構いませんので、まずは気兼ねなくお越しくださいませ。
スタッフ一同明るい笑顔で、お迎えいたします。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長浅川 志郎

院長浅川 志郎

歯やお口は、ご自身で様子を確認しづらいことから、痛みなどの症状が出ない限りは気にすることがないかもしれません。しかし、いったんお口の状態を悪くすると、口内だけでなくお身体の健康にも影響が出ると考えています。 健やかな人生を送るためには、「食べる」「話す」といった機能を担うお口の健康を保つことが大切です。歯が悪くなっても命に関わることはないと考えず、生活の質を下げないためにもお口の健康維持に意識を向けていただきたいと思います。 当院は、どなたでも通いやすい歯科医院となれるような環境作りに日々取り組んでいます。スタッフ一同、皆さまのご希望に添えるよう努めていますので、お困りのことがあれば何でもお申し付けください。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/05/26 02:46

診療受付時間

09:30〜13:00
14:30〜18:00

基本情報

定休日 日曜日, 祝日
住所 〒331-0802
埼玉県さいたま市北区本郷町1100イマイビル2A
電話番号 0066-9801-843519
最寄駅 伊奈線  (ニューシャトル)東宮原駅 出口 徒歩 8分
東北本線(宇都宮線  )東大宮駅 西口 車 7分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q赤ちゃんは歯が生え始めると泣きやすくなるのはなぜですか?

    A赤ちゃんが歯が生え始めると、歯茎に圧力がかかり、痛みや不快感を感じることがあります。この痛みや不快感が原因で泣きやすくなることがあります。また、歯が生える過程は赤ちゃんにとって新しい経験であり、不安やストレスを引き起こすこともあります。これらの要素が組み合わさり、泣きやすくなるのです。

  • Q歯の色を白く保つための方法は何ですか?

    A1. ブラッシング: 歯を白く保つための基本的な方法。食事後は特に忘れずにしましょう。ブラッシングはお口の中の食べ物の残りや細菌を取り除きます。 2. 歯磨き粉: フッ素入りの歯磨き粉を使用しましょう。フッ素はエナメル質を強化し、むし歯を防止します。 3. 歯間ブラシまたはフロス: 歯間ブラシやフロスを使って、歯間の汚れをきれいに掃除しましょう。 4. マウスウォッシュ: 口内洗浄剤も効果的です。これには、虫歯予防のフッ素や、口臭防止の成分も入っています。 5. 定期的な歯医者さんでのチェックアップ: プロのクリーニングが必要な場合には、定期的に歯医者さんへ行きましょう。 6. 食事: 砂糖たっぷりの飲み物や食べ物を控えめにし、野菜や果物を多く摂ると良いでしょう。 7. 歯のホワイトニング: 自宅でできるホワイトニング製品や、歯医者さんでのホワイトニング治療もあります。ただし頻繁に行うと歯にダメージを与える場合もあるので、専門家と相談しましょう。 8. 喫煙をやめる: タバコは歯に黄ばみや汚れを付け、歯を黄色くしてしまいます。 9. コーヒーや赤ワインなど歯に着色しやすい飲み物を控える: 飲む場合は、ストローを使ったり直後にもみがきをするなどの対策を取りましょう。 以上のことを心がけることで、歯を白く保つことが可能です。

  • Q歯の摩耗や破損が進む主な原因は何ですか?

    A主な原因は、以下の要素が挙げられます。 1. 歯ぎしりやかみ合わせの不調和: 歯ぎしりや噛み合わせの問題があると、歯同士が不適切に接触し、歯の摩耗や破損を引き起こす可能性があります。 2. 適切な歯みがきができていない: 正しい歯みがきの方法を実践していなかったり、歯みがきの頻度が不十分な場合、歯の表面に歯垢や歯石が溜まり、摩耗や破損を引き起こす可能性があります。 3. 食生活や生活習慣の影響: 酸性食品や飲料、砂糖の摂取量の増加など、不健康な食生活や生活習慣は、歯の健康に悪影響を与える可能性があります。 4. 歯科治療の不適切な実施: 歯科治療が不適切に行われると、歯の摩耗や破損が進む可能性があります。 以上の要素が、歯の摩耗や破損の主な原因として挙げられます。

周辺にある店舗