オーナーからのメッセージ

オークレープのある一帯は交通量が多く、交通事故のリスクが高いです。周りをよく見て運転しましょう。

沖縄県は、この時期になると梅雨時期を迎えます。雨の日のお出かけは、屋内施設が良いでしょう。那覇市松尾2丁目の大川ビル2階にあるオークレープは、クレープの名店です。季節のフルーツクレープやマルゲリータ風ピザクレープ、創業当時からあるティラミスクレープなど、豊富なメニューからクレープを楽しめます。またオークレープは、フォトジェニックでおしゃれな店内も見どころです。オークレープのある大川ビルの一帯は、那覇市の商業地帯にあります。交通量が多く、対向車や横からの車との交通事故が考えられます。事故で愛車が壊れてしまったときは、宜野湾市のカーネクストにお気軽にご相談ください。廃車買取でお力添えいたします。

更新日: 2022-05-25

オーナーからのメッセージ一覧

 

  • ※買取例 ●ダイハツ テリオスキッド 買取価格:2,000円 年式:平成…続きを見る

宜野湾市のどんな車も0円以上での買取保証!車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも廃車費用・レッカー代・手続き費用など完全無料のカーネクストにお任せください!

TOPCLASSTOPCLASS費用

車検切れ・事故車・他走行車どんな車でも
廃車費用・レッカー代・手続き費用など

完全無料カーネクストにお任せください!

宜野湾市の廃車買取対応エリア

どんな車も0円以上で買取!

0円0円
鳥

宜野湾市の廃車手続き、廃車買取り、事故車買取りのお悩みを解決します。これまで大切に乗ってきたお車を何かの理由で売却・処分する際に、中古販売業者やディーラーに依頼するのが一般的ですが、手数料・諸費用が予想以上にかかったり、手続きの煩雑さにわずらわしい思いをするケースも多いようです。宜野湾市のカーネクストは、その廃車処分の疑問や不安に徹底的にお答えするために宜野湾市の廃車買取りのサービスをスタートしました。廃車手続きが初めての方も安心してご利用いただけるよう、明瞭な価格設定、0円以上の買取保証、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料にしました。

宜野湾市で初めて廃車にされる方に(カーネクストとは)

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの宜野湾市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

査定料査定料

宜野湾市のカーネクストの特徴

カーネクストでは、突発的に事故した車、動かない車も、日本全国すべての都道府県で引取りに対応しているので、お客様がお住まいの宜野湾市へも、廃車対応へ向かいます。レッカー引取りも諸手続きに関してもすべて無料です。追加で発生する費用は一切ありません。

バー

0円以上買取保証!
廃車買取!

0円以上買取保証!宜野湾市の廃車買取

カーネクスト白い車 では、廃車となる中古車も世界中の顧客へ販売する経路を保有しております。マッチングすれば廃車でも買取可能です。もし、大きな傷やへこみがある中古車の場合は修復をして海外市場へ、 又はパーツやスクラップとして資源の再利用する事が可能なので日本で廃車同然の中古車にも実は十分な価値があります。自動車のリユースを通してカーネクストは地球環境にも貢献しています。

バー2

引取代・レッカー代無料!
事故車・不動車買取

引取代・レッカー代無料! 宜野湾市の事故車・不動車買取

赤い車

突発的に事故をしてしまった車、動かない車もカーネクストでは全国対応しているので宜野湾市へも事故車、不動車を引取に伺います。 レッカー引取や諸手続きに関しても全て無料です。追加で費用が発生することは一切ありません。損傷が軽度な事故車や、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取ができます。 修理は必要となりますが、海外では「日本の高い整備技術」が中古車への付加価値となります。

バー3

独自の海外販売ルート
商業車やディーゼル車の買取

独自の海外販売ルート! 商業車や宜野湾市のディーゼル車の買取

トラック

カーネクストは海外輸出販売の直売ルートを保有しております。 海外で日本車は安心・高品質のブランドとして、特にディーゼル車や商業車(バンタイプ)は高価買取が可能です。 使われなくなった古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車も世界中ではまだまだ必要とされています。カーネクストはマッチした販売経路を的確に判断するノウハウとマーケティング力で、商業車やディーゼル車の高価買取を実現しています。

宜野湾市廃車手続きの流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。

鳥2

無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話よりお申込みください。

査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、宜野湾市の廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

バー4

1.問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

まずはカーネクストに お電話(0120-901-418)でご相談ください。 最短5分以内に回答いたします。 年中無休、8:00~22:00まで受付しています。

※無料査定では、車種や年式、状況を確認させていただきます。お手元に車検証をご用意いただけるとスムーズにご案内できます。
バー5

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

お電話で詳細を伺った後、ご成約となれば、 廃車手続きの今後の流れなど詳細をお電話でお伝えします。

◆不動車や事故車の場合はレッカーが必要となりますので、 自動車の保管場所の道路状況(広い・狭い等)をお伺いし 引取り方法を決定いたします。

◆ご成約の確認書をFAXかメールにて送信いたします。

レッカー引取りの料金、面倒なお手続きもすべて無料です。
※廃車のお引取費用は無料です。 ※カーネクストでは廃車のお引取を最短当日、土日祝でのお引取にも対応いたします。 (一部地域を除く) ※ご成約後も引取日まで乗っていただけます。 ※1時間以内に確認書が届かない場合はお手数ですがご連絡ください。 ※今なら取引日から56日以上前にお申込みいただくと5000円分のクオカードプレゼント
バー6

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

◆車のある宜野湾市までレッカー車で伺います。 当日お立ち会いできない場合も引取りできます。

◆自走が可能なお車、不動車のお車と共に

保管場所までお引取にお伺いいたします。

引取り前日の夕方頃までに直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。
※引取り前日の午前中に直接伺うドライバーより連絡をさせていただきます。 ※引取りの時間は当日の交通事情等の影響により、3時間程度の時間幅をいただいております。 ※引取り日時の変更は前日までにご連絡ください。(変更は無料) ※成約後のキャンセルは、レッカー手配にかかる違約金として一律30,000円をご請求いたします。 ※事前連絡をいただければ、カーネクストでは予備のバッテリーにつなぐ用具を準備したり、 車が動かない状態であれば積載車やレッカー手配も無料で対応いたします。 お電話の際に正確に情報をお伝えください。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー7

4.必要書類の記入

◆中古車として販売する際は一時抹消手続き、解体する場合は 永久抹消の手続きを行います。

◆印鑑証明書など、ご本人でないと発行できない書類もございますので お客様自身でご準備ください。ご用意いただく書類のご案内を成約内容の確認書に記載させていただきます。用紙に記入ご捺印の上、引取り担当ドライバーにお渡しください。

※立ち会いなしの場合は郵送でも対応しております。 ※お車の解体に必要な書類もご準備ができない場合はお買取りできない場合がございます。 ※エリアにより異なりますがお車の引取の際に書類をお渡し頂くこともあります。 ※お伺いしていた内容と実際の状況が異なる場合はお車の引取りができない場合があります。
バー8

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

廃車の買取をさせていただいた場合、廃車手続きに必要な書類が本社書類課に到着し、不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へ お振込みいたします。

※抹消手続きの費用は無料です。

手続き完了後、抹消手続き完了のお知らせを お送りします。 抹消手続きが完了致しましたら、お客様のご住所へ「抹消手続き完了」の書類をお送りいたします。

お客様自身で「車の任意保険の解約」、 「自動車税の還付受取」をお願いします。 詳しくは宜野湾市の【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクストまでお問い合わせください。

宜野湾市以外でも廃車買取りの対応可能!

カーネクストは日本全国、すべての都道府県でご利用できる廃車・事故車買取りのサービスです。

日本地図

全国3,000カ所以上のネットワークで、宜野湾市の廃車に関する手続き、お車の引取りをご案内させて頂いております。「他社では断られたのですが、こちらは大丈夫でしょうか」などと言ったお問合せを頂くこともあります。ご安心ください。カーネクストは、お電話一本で、宜野湾市へすぐに駆けつけます。

宜野湾市の車買取専門スタッフが365日対応!

カーネクストは年中無休で対応をいたします!

スタッフ

カーネクストは、365日・年中無休で、コールセンタースタッフがお待ちしております。また、安心してご利用していただけるように、スタッフの顔と名前をホームページ上に公開しております。経験豊富で廃車手続きに詳しく、プロ意識を持ったスタッフばかりです。廃車買取りのご依頼だけではなく、ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にお電話ください。

廃車買取でよく頂くご質問をご紹介いたします

  • 廃車にかかる費用はどれくらいですか?
    カーネクストでは廃車にかかる費用は、お引き取り~廃車手続き完了まで一切かからないのが特徴です。
    「費用は無料」は当たり前の様な気もしますが、廃車買取業者の中にはホームページ上では費用は無料と記載しつつも実際は、「動く車の場合」や「面倒な手続きが発生しない場合」のみというケースもございます。
    お客様にとってご利用しやすい廃車買取業者は掛かる費用が明確であることです。カーネクストでは廃車にかかる費用は一切なく、追加費用も一切かからないサービスを徹底しております。ご質問にも明確にお答えいたします。
  • 廃車をする際に、リサイクル券は必要ですか?
    リサイクル券はリサイクル料金を支払った事を証明する物です。
    廃車時はリサイクル券も必要となりますが、もしお手元にない場合はまずはカーネクストにご連絡ください。車検証をお手元に用意していただき、オペレーターへナンバープレートの番号と車台番号をお伝えいただければ、リサイクル料金の支払い確認ができます。
    通常ですと、平成17年以降に購入した自動車はリサイクル料金を支払い済みになります。ただ例外もあり、未払いの場合はカーネクストにて自動車のお引き取り後にリサイクル料金をお知らせし、お支払いいただきます。
  • 廃車後の自動車税の還付金について教えてください。
    毎年4月1日時点で自動車を所有している場合、1年分の自動車税を前払いする必要があり、廃車した際には残っている期間の分だけ月割計算で還付されます。カーネクストにお申込みいただきますと、カーネクストが抹消登録を代行することで自動車税の還付もされますのでお客様自身で還付に関する手続きは不要です。
    その他還付金などで気になる事がございましたら、お電話にてご質問ください。
  • 廃車時に自動車保険を解約したいけど必要書類は送ってくれるの?
    保険会社が必要とする廃車証明書や契約書は全てカーネクストにて揃いますのでご安心ください。
    任意保険はお客様自身で解約する必要がございますが、自賠責保険は通常の場合、車検についているものですのでお客様ご自身で解約手続きをしていただく必要はございません。

車検切れの車を買取ができる理由

私達の生活で長距離から短距離まで移動をするのに便利な車。こうした車は購入金額も高いですが、その後の維持費も結構かかるものです。人によってはこの維持を疎かにすることで、車検切れの状態になってしまうこともあります。もし、そのような状態になった場合にあなたはどうしますか?今回は車検切れになった車の処分方法をご紹介します。

自家用車を持っている人は必ず車検を受けなければなりません。忙しいとどうしても先延ばしにしてしまいがちですが、そうなると車検切れが起こることにつながります。車検が切れてしまった車で公道を走行することは法律で禁止されています。車検切れの車で公道を走行した場合は、罰則として6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになります。また交通事故を起こしてしまったら、車検切れと自賠責保険切れの罰則だけではなく、実刑が伴うこともあります。

では、車検切れになってしまった場合、お客様がとれる方法には何があるでしょうか?例えば車検切れの対処としては、仮ナンバー制度で再び乗れるようにする方法があります。しかし、役所への手続きや自賠責保険への加入手続きなどご自身で行わなければならない作業が多いです。もちろん専門業者に代行してもらうことは可能ですが、手続きの代行には費用がかかります。そんな時におすすめなのが廃車買取です。廃車買取業者であれば車両の運搬や廃車手続きなども無料で代行してくれます。また無料査定も行っていますので、後から料金を請求される心配はありません。このことから買取に出した方がお客様にとってメリットがあるのはお分かりになっていただけたかと思います。

なぜ、このような車検切れの車の買取ができるかというとお客様と買取業者の双方にメリットがあるからです。お客様としては無料で廃車手続きを行ってもらえるだけでなく、買取に伴う売却益を得ることができます。一方で、業者側のメリットとしては、輸送および販売の際に車検切れによる影響はないため、車の状態が良ければ好条件で販売を行うことが可能となり、その利益を得ることができるのです。

廃車買取のカーネクストでは車検切れになってしまった車も高く買取をしています。宜野湾市のカーネクストでは明瞭な価格設定や買取保証はもちろん、廃車処分にかかるレッカー代や書類の代行を無料で行っています。車検切れの車の買取はカーネクストにお任せください!

CTA

廃車買取専門スタッフが年中無休で対応いたします

お電話での無料査定はこちら!

CTA

通話無料 年中無休で対応! 営業時間8:00~22:00

お気軽にお問い合わせ下さい!

webフォーム

24時間受付中

沖縄県の廃車買取費用

沖縄県は大小160の島からなる日本で最南端の県です。日本で唯一の亜熱帯気候に属する自然環境で観光の名所が多数あります。一番大きい沖縄本島に人口は集中しており、首里城やジンベイザメのいる主ら海水族館など観光客が訪れます。また沖縄本島から離れた島々も人気があります。自然豊かで沖縄固有の動物も多く生息しており、イリオモテヤマネコは国の天然記念物として有名です。ハイビスカスやプルメリアの花々は沖縄全域で年中見ることが出来ます。熱帯の植物園のように感じることが出来るのも、全国でも沖縄県ぐらいです。農作物ではパイナップル、海産物ではモズクや車エビの生産量が日本一です。
沖縄県の自動車車保有事情について
沖縄県の自動車保有台数は約86万台で全国25位です。これを1世帯当たりの自動車保有数を算出すると沖縄県の世帯数は約66万世帯ですので、1.29台でこちらも全国25位です。因みに九州地方で比較すると鹿児島県1.17台、宮崎県1.28台、熊本県1.31台、大分県1.28台というように、1世帯の保有台数は九州地方とほぼ同じ状況です。やはり鉄道がなく、交通機関が自動車ということもあり、生活必需品であることが分かります。通勤や通学、買い物など利用する頻度が高いことも挙げれられます。1世帯に1台以上あることはちょっとした外出には必要になることが理解できます。
沖縄県の道路事情について
上記でも取り上げましたが沖縄県は那覇市内にあるゆいレール(モノレール)しかなく、観光も含め、移動の際には自動車です。バスやタクシーでの移動も多いこともあり、道路の渋滞は頻繁に起こります。特に通勤通学時間、帰宅する時間帯は渋滞がひどくなりやすいです。運転する際に気をつけなければならないことは、バス専用レーンが道路に整備されていることです。渋滞の起こりやすい時間帯に円滑に交通の流れを良くするために用意されているので、その時間に関しては一般の自動車はそのレーンを走ることが出来ません。そこを走ると違反になってしまうこともありますので注意が必要です。また、沖縄県の一般道はアスファルトも他県とは違い、道路の色が白っぽくなっています。これはアスファルトに石灰岩が入っているからです。夏の日差しが強い沖縄ですのでアスファルトが傷まないようにしています。道路は比較的滑りやすいので、特に雨の日の運転には充分気をつけましょう。
沖縄県の事故件数
沖縄県の令和元年度の事故件数は4075件で死亡者は36名です。事故の内訳として交差点での事故が最も多く全体の5割以上を占めています。出合い頭の衝突や追突事故には気をつける必要があります。また、観光客が多いこともあり県外の人がレンタカーを運転していて事故を起こすこともあります。出勤・登校時間の8時~10時と帰宅・下校時間16時~20時に事故が多発しているので自動車の運転は意識して注意をしていく必要があります。
沖縄県で廃車される車の件数
沖縄県で廃車される車の件数は約8千台です。いつも安全運転していても事故を起こしてしまうこともあります。自動車の運転はリスクがあります。そのような状況になった場合、軽度な場合であれば修理をしたり、買取金額も付くでしょう。しかし、自走するのが困難な自動車ですと、下取りも厳しいこともあります。その際には廃車をすることになるかも知れません。それでは、廃車にする方法はどのようにすればよいのでしょうか。
沖縄県で自分で廃車する方法について
沖縄県で自分で廃車する方法をお伝えします。まず、廃車にする申請ですが沖縄県にはエリアによって3つの事務所があります。沖縄本島にある「沖縄総合事務局運輸部陸運事務所」宮古島にある「宮古運輸事務所」石垣島にある「八重山運輸事務所」です。こちらで各管轄のところで行います。廃車の際には事前に印鑑証明書を用意しておきましょう。手続きの内容としては、永久抹消登録と一時抹消登録があります。永久抹消登録は今後使わない自動車を完全廃車にする申請で、申請料は無料です。一時抹消登録は一時的に自動車に乗らない場合にする申請になります。申請料は印紙代350円がかかります。用途によって使い分けることが必要です。廃車をする際にかかる費用はその他何があるのでしょうか。自動車の解体費用、リサイクル費用、レッカー代などです。1つずつ説明していきます。廃車処理をする為には自分で解体するのは困難な為、専門の解体業者にお願いをすることになります。費用については個々の解体業者によって異なりますが、一般的には2万円~3万円ぐらいかかります。また、廃車をする自動車が2005年以前に新車購入している場合、リサイクル料金もかかります。これは、2005年以降の場合は新車購入した時に事前に費用を支払っているので問題ありませんが、それ以前は支払う必要があります。費用は車種にもよりますが7,000円~2万円程度かかります。また車検が切れて公道を走れない、自走するのが困難な事故車の場合は輸送するためにレッカー代も必要です。沖縄県は沢山の島からなっている県ですので、離島の場合はレッカー代も多くかかります。金額は地域や輸送距離にも影響が出てしまいますが、1万円~3万円程はかかります。レッカー代に関しては、業者に複数見積もりを出してもらうことが重要です。少しでも費用を抑える為にも1つのところで決めないことをお勧めします。廃車にかかる費用をお伝えしてきましたが、それ以外に戻ってくるお金があります。還付金です。具体的には自動車税と自動車重量税です。毎年支払いをしている自動車税は所有者が4月から翌年3月の税金を前払いして納めます。廃車処理を行い抹消登録をすると、その翌月から翌月の3月までの残金が還付金として手元に戻ってきます。また、自動車重量税は新車購入時や車検の時に支払っていますが、こちらも同様で廃車した際に有効期限が残っている場合については還付対象になります。戻ってくる金額については車種によっても異なってきますので事前に調べておくと良いでしょう。現状かかる廃車費用の補填にも利用出来ます。
沖縄県で廃車をディーラーに依頼する方法について
廃車手続きをするにも遠方であったり、時間的にも余裕がない場合には、ディーラーに依頼することも可能です。面倒な手続きや解体や還付金の申請についても、全て代行してくれるので自分で行うよりハードルは下がります。ただ、代行してもらう分、ディーラーに対して自動車の引き取り代や代行手数料は支払うことになります。一般的な相場として1万5千円~2万5千円程です。それ以外に解体費用や申請等を含めると割高になります。自己負担が増えてしまうことがネックになりますので、その点は理解しておく必要があります。
沖縄県で買い取り業者へ廃車を依頼する方法について
廃車を自分で行う場合とディーラーで行う場合をお伝えしてきました。確かに手間と費用面がデメリットです。それでは、その両方を解決できる方法はあるのでしょうか。沖縄県で解決できる方法として「買取業者」に依頼することが挙げられます。カーネクストでは申請手続きは勿論のこと自動車の解体、還付金の対処も無料で代行しています。つまり、廃車に費用はかかりません。気軽に依頼が出来て還付金を貰うことも出来ます。買取業者に廃車を依頼することで、面倒な手続きや費用もかからない状態にすることが可能です。万一乗っている自動車が動かなくなり、廃車をせざるを得ない場合には、カーネクストにご相談下さい。専門のスタッフが丁寧にお答えさせて頂きます。

沖縄県の車処分方法

白い砂浜、透き通る海、数多くの名所を求めて日本国内外から多くの人々が訪れる沖縄県。そんな沖縄県ですが、本島は自動車社会でいくつも渋滞スポットが存在しているのです。通勤・通学の時間帯には、バスレーン規制が行われ渋滞の原因となっています。さらに、ハイシーズンともなれば観光のメッカである沖縄県は、一般道だけではなく高速道路も渋滞しやすくなります。現在、自動車を保有されている方でも「車を手放そう」「新しい車に買い換えよう」など、処分を考えている方もいることでしょう。ここでは、自動車の処分方法について説明します。
自動車には、いくつかの処分方法がありますが、はじめに「廃車」についてお話ししましょう。私たちが普段使用している廃車という言葉は、抹消登録という言葉に置き換えられます。抹消登録は、一時的な抹消を意味する「一時抹消登録」と、永久的な抹消を意味する「永久抹消登録」の2つの手続きに分かれています。抹消登録の手続きの説明の前に、登録識別情報制度という言葉を耳にしたことがありますか?平成20年に導入されたこの制度により、車検証が2つのタイプに分類されました。2つのタイプとは、「Aタイプ車検証」と「Bタイプ車検証」です。車検証を見れば冒頭に「A」もしくは「B」が明記されているので、直ぐに識別できます。では、Aタイプ車検証とBタイプ車検証の2つにはどういった違いがあるのでしょう。まず、Aタイプ車検証には、「所有者」と「使用者」の欄があります。もし、所有者と使用者が同じ方でなければ、2ヵ所にそれぞれの名義が記載されており、所有者と使用者が同じ方であれば、使用者の欄には「***」と記載されているでしょう。尚、Aタイプ車検証は所有者か、代理人を立てての手続きになります。次にBタイプ車検証ですが、所有者欄はなく「備考」の欄がありリース会社や、オートローン会社などの所有者情報が記載されているでしょう。この欄に記載されている所有者情報が、現所有者でない場合もあります。これは、所有者が変更しているのに、車検証上は更新されておらず元所有者が記載されたままになっている状態です。後々、備考欄に記載された所有者への連絡は必要になるので、そのときにわかります。所有者への連絡が必要な理由は、登録識別情報を保持しているからです。登録識別情報とは、6文字の英字(アルファベット)と数字で構成された情報になります。
登録識別情報の次は、手続きで必要な書類等のお話です。用意が必要な書類等は、「申請書」「自動車検査証」「手数料納付書」「印鑑証明書」「ナンバープレート」になります。代理人を介しての手続きの場合は、「委任状」もご用意ください。手数料納付書には、自動車検査登録書を添付し、印鑑証明書は発行~3ヶ月以内のものが有効となります。また、一時抹消登録と永久抹消登録では、必要な書類等の内容が異なるので、手続きの際には国土交通省のホームページに記載されている詳細をご参照ください。
さて、これから処分される自動車は普通自動車でしょうか?軽自動車でしょうか?この2つでは、抹消登録手続きの場所が異なります。普通自動車の抹消登録となれば、国土交通省が日本各地に設置した地方運輸局での手続きです。沖縄県では、浦添市にある沖縄陸運局(沖縄総合事務局陸運事務所)での手続きになります。そして、軽自動車の抹消登録は、軽自動車検査協会での手続きです。沖縄県では、浦添市にある軽自動車検査協会沖縄事務所での手続きになります。
抹消登録の手続きが終わった後に、先払いした自動車税が返還される還付金制度があることをご存じでしょうか?抹消登録後、自動車を解体する日程の連絡があります。その解体日を自動車税事務所に申請してください。沖縄県では、浦添市にある沖縄県自動車税事務所で申請可能です。抹消登録の手続きが完了して、1~2週間程度で印鑑証明書の住所に還付金通知書が送られてきます。指定された金融機関で、「身分証明書」「還付通知書」「認印」を提示して還付金を受け取りましょう。ただし、軽自動車は還付金の対象ではありません。車処分に関しての内容
廃車の説明については、お分かりいただけましたでしょうか?では、それ以外の処分の方法についてお話しします。元々、廃車とは自動車を査定するわけではないので、金額的にプラスになる要素と言えば還付金くらいでしょう。プラスどころか、解体にかかる費用などがあります。しかし、「売却」では、自動車を査定し買取してくれる上、廃車でかかるような費用や手続きの労力を省けるのです。売却先については買取業者、中古車業者、ディーラーなどが挙げられるでしょう。売却の前に知っておかなければならないことが、査定を依頼する先によって審査基準が違うので、同じ自動車でも金額には大きな差額が生まれることもあります。10万円単位の金額差になることもあるので、まずはインターネットで買取の相場、評判、口コミなどの情報を収集しましょう。売却の話になると、「ディーラーの査定額は安い」などとよく言われますが、実際に買取業者や中古車業者の買取査定額に比較すると低くなりがちと言われています。そもそも、ディーラーは中古車を買取して販売することが本職ではないからでしょう。
それでは、ディーラーでの「下取り」ならどうでしょう?長いお付き合いのディーラーをお持ちの方は、下取りしてもらい新車に買い換えた経験があるのではないでしょうか?下取りとは、新車に買い換える際に、自動車を査定してもらい、その金額を車体などから割引することです。売却とは逆に、「ディーラーでの下取り査定はお得」と、お考えの方が多いのではないでしょうか?ところが、ディーラーでの下取り査定額も買取業者や中古業者より、10~20%も低くなると言われています。しかし、新車販売はディーラーの本職です。下取りが決まれば、それは新車が売れるということになります。このようなディーラーの事情もあるため、十分と言って良いほど、交渉の余地があるのです。下取りの査定額が低かったとしても、がっかりしないでください。ディーラーでの下取りの真のメリットとは、アフターフォローや、独自のメンテナンスパッケージなどのサービスにあるからです。新車という高い買い物をしている顧客に対し、売りっぱなしではなくトラブルのときでも手厚く対応してくれるでしょう。これだけではなく、自動車メーカーが出資して成り立っているディーラーも数多くあり、倒産して購入した新車が納車されないなどのリスクは限りなく低いです。
さて、最後に紹介する処分方法は、「譲渡」になります。不要になった自動車をどなたかに譲渡したことはありますか?自動車は、日用品や食べ物などと違い渡して終わりではありません。譲渡に伴い「所有者名義変更」と「移動登録」の手続きが必要となります。元所有者(譲る方)は「申請書」「手数料納付書」「自動車検査証」「譲渡証明書」「印鑑証明書」「印鑑」の用意が必要です。新所有者(受け取る方)は、新所有者と新使用者が同じ名義の場合、「印鑑証明書」「印鑑」「自動車保管場所証明書」、新所有者と使用者が同じ名義でない場合、新所有者は「印鑑証明」「印鑑」、新使用者は「住所を証する書面」「自動車保管場所証明書」を用意します。譲渡の費用は、登録手数料500円と、ナンバープレート交付手数料約2,000円です。交付手数料は、元所有者のナンバープレートを使用すれば不要となります。
ここまで、4つの処分方法について説明しました。廃車は最後の処分方法としてお考えいただき、まずは売却や下取りなど出費を抑えられ、自動車を査定して金額として評価してもらえる処分方法から試してみましょう。

宜野湾市の廃車手続きお役立ち情報

宜野湾市で廃車手続きを行う運輸支局や自動車検査登録事務所は下記を参照ください。

沖縄総合事務局陸運事務所

住所:〒901-2134
沖縄県浦添市字港川512番地の4

電話番号:050-5540-2091

管轄区域:那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡

取扱いナンバー:沖縄ナンバー

沖縄事務所

住所:〒901-2134
沖縄県浦添市字港川512番12

電話番号:050-3816-3126

管轄区域:那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡

取扱いナンバー:沖縄ナンバー

宜野湾市の廃車買取対応地域

廃車買取のカーネクストは宜野湾市内の下記地域で対応が可能です。

大山/真志喜/我如古/大謝名/宜野湾/宇地泊/普天間

宜野湾市の駅付近にお住いのお客様も対応可能です。

お気軽にお問い合わせください。
0120-901-418
WEBフォーム

 

ギャラリー

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:S-MX
    買取価格:5,000円
    年式:平成9年
    走行距離:110,000km

  • メーカー:ボルボ<BR>

    メーカー:ボルボ
    車種:S60
    買取価格:10,000円
    年式:平成13年
    走行距離:70,000km

  • メーカー:トヨタ<BR>

    メーカー:トヨタ
    車種:イスト
    買取価格:13,000円
    年式:平成14年
    走行距離:128,000km

  • メーカー:ホンダ<BR>

    メーカー:ホンダ
    車種:アコードワゴン
    買取価格:10,000円
    年式:平成11年
    走行距離:138,500km

写真ギャラリーを見る

 

宜野湾市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト 基本情報

店名
宜野湾市【廃車手続き 廃車買取 事故車買取 軽自動車】無料の廃車買取・処分カーネクスト
サービス提供エリア
沖縄県宜野湾市  
※対応可能エリア
営業時間
8:00~22:00
定休日
年中無休
電話番号

0120-901-418

 
 
 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>