オヤマシカ

おやま歯科

最寄駅 谷山駅(JR) 出口 徒歩 14分
エリア 鹿児島市
ジャンル 歯科

私たちは患者様を第一に考え、長く自分の歯で噛めるようサポートいたします

鹿児島市東谷山にありますおやま歯科は、2016年10月に開院したクリニックです。開院前は、院長である私は大学病院保存科に勤務していました。現在の歯科医院では、歯を長持ちさせる保存治療を進んで取り入れています。保存治療ではなるべく歯を削らない、抜かない、虫歯・歯周病にしないことを主としています。

歯の健康を保つことで、ご自分の歯で長く噛んでいただくことは可能です。入れ歯になって初めて歯の大切さを知るのではなく、日常から歯の大切さを感じブラッシングやクリーニングを行っていただけるよう、私たちは患者様に様々なアプローチをいたします。
重症の虫歯であっても歯を極力残す治療にチャレンジし、長く自分の歯で噛めるよう丁寧な治療を行います。

保存治療のほか、小さなお子様の治療や義歯・ブリッジなどを行い、地域の皆様のために歯科医療を行っています。患者様の立場に立ち、わかりやすく丁寧に説明を行って誰もが納得出来る医療のご提供を目指します。
何かお口のことできになることがありましたら、皆様の地域密着型の歯科医院として、どのようなことでも相談に応じます。気兼ねなくご来院ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長小山 徹

院長小山 徹

当クリニックは2016年10月に開院いたしました。これから地域の方々のために、地域に根ざした医療を行っていきたいと思っています。なるべく歯を残す治療を心がけており、残せる可能性がある限り、抜かずに保存することにチャレンジしています。 天然の歯に勝るものはありません。私たちは皆様の歯を守るパートナーとして、よりよい医療の提供を目指します。歯に関することなら気軽な気持ちで、些細なことでもご相談ください。話しやすい環境を整え、患者様をお迎えしています。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/07/21 15:07

診療受付時間

09:00〜13:00
14:30〜18:30

基本情報

定休日 日曜日, 祝日
住所 〒891-0113
鹿児島県鹿児島市東谷山4-33-13
電話番号 0066-9801-992127
クレジットカード 利用不可
最寄駅 指宿枕崎線  谷山駅(JR) 出口 徒歩 14分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q子供に優しい歯医者の条件とは

    A一概には言えませんが、下記は重要と考えられます。 ・明るく清潔で、子供が落ち着いて過ごせる空間。 ・子供の話に真剣に向き合い、親しみやすい態度で接する歯医者。 ・子供が怖がらないように、手順を分かりやすく説明する。 ・治療の前に、子供が使い慣れたおもちゃや本などを提供して安心感を与える。 ・子供の痛みや不安に対応するために、鎮静剤を含む薬剤を適切に使用する歯医者。 ・子供の歯の健康管理に、親身になってアドバイスを行うことができる歯医者。

  • Q20代~30代に発生しやすい口腔疾患は何ですか?

    A20代~30代に発生しやすい口腔疾患には、虫歯や歯周病があります。 虫歯は、食事や口腔衛生の習慣の変化、ストレスや生活習慣の乱れなどによってリスクが高まります。 歯周病は、歯ぐきの炎症や出血、歯肉の腫れなどの症状が現れます。喫煙やストレス、過度な歯磨きや不適切な食事などが原因となります。 定期的な歯科検診や適切な歯磨き、健康的な食生活などの予防策を行うことが重要です

  • Q20代~30代に虫歯を予防するための食生活の改善点は何ですか?

    A1. 糖分の摂取を控える:ケーキやクッキー、スイーツ、炭酸飲料などの高糖分食品や飲料は虫歯の大きな原因です。可能な限りこれらの摂取を控え、取り組むと良いでしょう。 2. 定期的な食事をとる:食事を抜くと唾液の分泌が減少し、口腔内が乾燥しやすくなります。唾液には口腔内を清潔に保つ作用があるため、定期的に食事を摂ることが重要です。 3. 野菜や果物を多く摂取する:野菜や果物に含まれる食物繊維は、歯の表面をきれいにする働きがあります。また、これらの食品は唾液の分泌も促します。 4. 飲み物は無糖のものを選ぶ:スポーツドリンクやフルーツジュースなども糖分が多いので、飲むなら無糖のものを選びましょう。水やお茶などがおすすめです。 5. 酸性飲食物を避ける:飲料やフルーツなどに含まれる酸は、歯を溶かしてしまう可能性があります。酸性飲食物の摂取後はブラッシングを避け、水を飲むなどして口をすすぐようにしましょう。 6. チーズを食べる:チーズには、虫歯の発生を防ぐ効果があるとされています。これは、チーズが含むカルシウムやリン酸塩が、歯を守る一助となるからです。 7. フッ素を摂取する:フッ素は歯のエナメル質を強くする作用があります。フッ素を含む食品を摂取するか、フッ素配合の歯磨き粉を使用しましょう。

周辺にある店舗