サクラマチシカシンリョウジョ

桜町歯科診療所

最寄駅 浦幌駅 出口 徒歩 8分
エリア 十勝川温泉・狩勝高原周辺
ジャンル 歯科

地域の皆様のお口の健康を守ります。

十勝郡浦幌町の桜町歯科診療所です。私たちは、地域密着型の歯科医院として、地域のみなさまに頼られ、愛される歯科医院を目指しています。歯は、虫歯になったら治療をするのは当然ですが、虫歯にならないように予防をすることもとても重要です。虫歯の治療は、悪くなってしまった部分を削って詰めるのですが、黒く変色している部分の周りの、一見正常に見える部分にもすでに虫歯菌が潜伏している可能性があります。詰めた後に内側から虫歯が再発しないよう、黒くなっている部分よりも少し広めに削っておくのですが、日々のケアや定期的なメンテナンスを行わないと、生活習慣や体質などの要因で、虫歯は再発します。そうすると、また広い範囲で削らなくてはならないので、これを繰り返すといずれ歯はボロボロになり、抜歯せざるを得なくなります。しかし、虫歯は十分なケアとメンテナンスで予防することが可能です。ご家庭でのケアはもちろん、歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けることで、虫歯を未然に防ぎ、もし虫歯があっても早期発見・早期治療が可能です。みなさまの大切な歯を守るためにも、ぜひ一度クリーニングや検診、相談のみでも構いませんのでぜひ来院してみてください。虫歯だけでなく、歯周病の治療や入れ歯の治療、お子さまの虫歯治療など幅広く対応しています。院長をはじめスタッフ一同、親身になって相談に応じます。歯とお口のお悩みは、桜町歯科診療所にお任せください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長川村 周徳

院長川村 周徳

みなさま、こんにちは。 地域住民の皆様に愛される診療を目指し、日々研鑽を積んでいく所存です。 よろしくお願いいたします。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/05/22 03:42

診療受付時間

09:00〜12:00
14:00〜18:00 -
14:00〜16:00 - - - -

基本情報

定休日 日曜日, 土曜日, 祝日
住所 〒089-5614
北海道十勝郡浦幌町桜町17-1
電話番号 0066-9803-484843
クレジットカード 利用不可
最寄駅 根室本線  浦幌駅 出口 徒歩 8分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q乳児の口内を清潔に保つためにはどうすればよいですか?

    A乳児の口内を清潔に保つためには、以下のポイントに気を配ることが重要です。まずは、毎日の食事や授乳後に、清潔な布やガーゼで優しく口内をふき取ることです。また、歯茎のマッサージや柔らかいブラシを使った歯磨きも行いましょう。必要に応じて、歯科医師に相談してください。加えて、乳児の吐瀉物やよだれなどの汚れをこまめに拭き取ることも重要です。最後に、母乳やミルクを与えた後に、水分を与えることで口内をすすぐことも有効です。

  • Q歯磨きを嫌がる幼児にどのようにして歯磨きをさせるべきですか?

    A歯磨きを嫌がる幼児に対して、以下のアプローチを試してみることが有効です。 1. 良いモデルを示す: 自分自身の歯磨きを幼児の前で行いながら、楽しそうにしている姿を見せましょう。子供は模倣することが好きなので、良いモデルとなることで興味を持つ可能性が高まります。 2. ゲームや歌を取り入れる: 歯磨きをゲームのようにして楽しくすることで、幼児の関心を引くことができます。例えば、歯ブラシを動かす方向を歌に合わせて教えたり、歯磨きの時間を競争として楽しんだりすると良いです。 3. 場所や時間を工夫する: 歯磨きを行う場所や時間を変えてみることも有効です。たとえば、歌や絵本を歯磨きの時間と結びつけたり、お風呂で歯磨きをすることでリラックスした状態で行うことができます。 4. 選択肢を与える: 幼児には選択肢を与えることで、彼らが自分で決める楽しさや責任感を持たせることができます。たとえば、歯磨きの前にどの歯ブラシを使うか選ばせたり、歯磨きの順番を決めてもらうと良いです。 最も重要な点は、歯磨きを楽しい体験として捉えてもらうことです。プレッシャーや強制は逆効果になる場合があるため、優しく忍耐強く接することが大切です。

  • Q歯科クリーニングの頻度はどのくらいが理想的ですか?

    A理想的な頻度は個々の口腔状態や生活習慣により異なりますので一概には言えませんが、一般的には6ヶ月に1回を目安にするのが良いとされています。ただし、口腔状態が悪い場合や、歯周病のリスクが高い場合は3ヶ月に1回、更に病状によっては1~2ヶ月に1回というように、頻度を増やすこともあります。最適な頻度については、定期的に歯科医に相談することをおすすめします。

周辺にある店舗