ガクゲイダイガクニシグチエキマエシカ

学芸大学西口駅前歯科

最寄駅 学芸大学駅 西口 徒歩 2分
祐天寺駅 東口 徒歩 15分
エリア 学芸大学・都立大学
ジャンル 歯科

原因と治療内容を「知る」ことで不安を軽減。親身になって温かい治療をご提供いたします

目黒区鷹番の「学芸大学西口駅前歯科」は、東急東横線「学芸大学駅」から徒歩2分の好立地にあります。商店街の中にあるため、お買い物のついでなどに通院しやすい歯科医院です。土曜日と日曜日、祝日も20時まで診療しています。

治療前に患者さまにその内容をご理解いただくプロセスを大切にし、治療の痛みもできる限り抑え、不安を軽減することに努めています。「歯科医院は気軽に通える場所」と皆さまに思っていただくことが目標です。

費用面も患者さまへの負担軽減を大切にして、親身であたたかな治療のご提案をさせていただきます。これまで治療に対する恐怖心から歯科医院に足が向かなかったという方も、ぜひ一度ご来院ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ

院長小笠 仁嗣

院長小笠 仁嗣

初めまして。「学芸大学西口駅前歯科」院長の小笠仁嗣です。2013年に日本歯科大学を卒業し、2018年に当院を開院いたしました。 ただ悪くなった部分を治療するだけでなく、そうなってしまった原因をしっかりお伝えし、再び同じ悩みを抱えないための予防も大切にしています。日頃のセルフケアもサポートいたします。「歯科医院は痛くて怖いところ」というイメージを拭い、当院を「楽しく通うことができる場所」にしていきたいと思っています。ぜひ気兼ねなくお越しください。 【歯科医師を志した理由は?】 父は歯科医師でしたが、私はもともと会社員として働いていました。しかし、そうして社会人として働く中で、少しずつ父の歯科医師という仕事の魅力に気付き、いつしか志すようになっていました。 【歯科医師としてのやりがいは?】 治療を終えた時に、患者さまが喜んでいる様子を感じることができた時です。もともと私は人と接することが好きだったので、自分の治療によって誰かを笑顔にできるということに、喜びとやりがいを感じます。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/07/15 15:59

診療受付時間

10:00〜15:00 -
16:00〜20:00 -

基本情報

定休日 金曜日
住所 〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-15-233F
電話番号 0066-9802-392762
クレジットカード 利用可能
最寄駅 東急東横線  学芸大学駅 西口 徒歩 2分
東急東横線  祐天寺駅 東口 徒歩 15分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで歯石取り体験

    つい先日、歯医者に歯石取りに行きました。施術後はとても爽快な感じで、これまで気になっていた口臭も改善されました。忙しい日々でなかなか行きづらいかもしれませんが、自身の口腔健康のためにも、定期的な歯医者訪れを強くお勧めします。歯石取りは短期間で明らかな結果を感じられるので、自分を大切にしたい方はぜひ試してみてください。

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

localplace知恵袋

  • Q歯磨きを嫌がる幼児にどのようにして歯磨きをさせるべきですか?

    A歯磨きを嫌がる幼児に対して、以下のアプローチを試してみることが有効です。 1. 良いモデルを示す: 自分自身の歯磨きを幼児の前で行いながら、楽しそうにしている姿を見せましょう。子供は模倣することが好きなので、良いモデルとなることで興味を持つ可能性が高まります。 2. ゲームや歌を取り入れる: 歯磨きをゲームのようにして楽しくすることで、幼児の関心を引くことができます。例えば、歯ブラシを動かす方向を歌に合わせて教えたり、歯磨きの時間を競争として楽しんだりすると良いです。 3. 場所や時間を工夫する: 歯磨きを行う場所や時間を変えてみることも有効です。たとえば、歌や絵本を歯磨きの時間と結びつけたり、お風呂で歯磨きをすることでリラックスした状態で行うことができます。 4. 選択肢を与える: 幼児には選択肢を与えることで、彼らが自分で決める楽しさや責任感を持たせることができます。たとえば、歯磨きの前にどの歯ブラシを使うか選ばせたり、歯磨きの順番を決めてもらうと良いです。 最も重要な点は、歯磨きを楽しい体験として捉えてもらうことです。プレッシャーや強制は逆効果になる場合があるため、優しく忍耐強く接することが大切です。

  • Q子供が嫌がらない歯医者への連れて行き方

    A子供が嫌がらない歯医者に連れて行く秘訣は、以下の通りです。 1.話し合い:子供に歯科治療の必要性と重要性を理解させ、恐怖心を和らげるために、話し合いをすることが大切です。 2.前もって病院を見学:病院の雰囲気や歯科医師の様子を見学させることで、子供がなじんで安心できます。 3.プレイルーム、絵本、テレビなどを設置:待合室にプレイルームや絵本、テレビなど子供が楽しめるものを設置しておくことで、待ち時間が長くても退屈せずに過ごせます。 4.ポジティブな言葉遣い:歯科治療に対してポジティブな言葉遣いをすることで、子供の心情を落ち着かせます。 5.報酬としてのご褒美の提供:治療後にご褒美を提供することで、子供が積極的に治療に参加するようになります。

  • Q歯周病のリスクは年齢とともにどのように変わりますか?

    A年齢と共に、歯周病のリスクは高まる傾向があります。年齢が上がると、歯や歯茎の組織は衰えてくるため、歯周病にかかりやすくなります。また、年齢が上がるにつれて、歯石が溜まりやすくなることもリスクを高めます。さらに、免疫力の低下や慢性疾患の存在なども歯周病のリスクを増大させます。したがって、年齢が上がるほど予防や治療などのケアが重要になります。

周辺にある店舗