アルマドウブツビョウイン

アルマ動物病院

エリア 長田区・須磨区・垂水区
ジャンル 動物病院、獣医師

兵庫県神戸市須磨区にあるアルマ動物病院の情報です。

手術ではなく内科的療法による治療にこだわっています 当院では、一次診療全科はもちろんのこと、循環器やヘルニアなどの神経病学にも力を入れています。できるだけレントゲンや症状から診断をし、手術ではなく薬とソフトレーザーなどの内科的療法で治療し、動物への身体的負担の軽減を目指しています。
ソフトレーザーは治癒期間を短縮できるだけでなく、患部に照射することで血行を促進し痛みを軽減する効果も期待でき、床ずれ治療にも使用されているものです。
より高度な治療が必要な際は、2次診療施設のご紹介もいたします。

敏感な性質の猫のために そもそも敏感な性質の猫は犬のニオイや鳴き声が大きなストレスとなります。そのため、当院では、ネコだけの診察時間「キャットアワー」設置。犬が来ていない時間に単独で診ることで、落ち着いて診療ができ、血圧も正確に測れます。「ほかの病院では暴れてしまったけれど、この病院なら怖がらずに診てもらうことができた」とのお声もあり好評です。怖がる子、繊細な子には、特におすすめです。猫の性質や扱いに精通したCATvocateの資格を持つ看護師もおりますので、ご安心ください。なお、キャットアワーは2回目以降からご利用が可能になるため、初診は通常の時間にお越しください。
いつまでも健康で長生きをしてほしいから 犬猫ともに歯はとても重要です。歯垢は放っておくと歯石となってしまい、歯ブラシでは落とすことができなくなり、さらに放置しておくと、歯周病や重篤な病気を引き起こしてしまうこともあります。
歯石を取る処置は全身麻酔をかけることになるため、歯石の量が多ければ多いほど、ペットにも負担がかかります。ぜひ早い時期からご家庭での日常ケアと病院での定期的な歯石除去をしてあげてください。
歯磨きを嫌がる子には、デンタルガムや、口腔内の細菌や炎症を減らす薬のご紹介などもいたします。さらに個別で歯磨きの指導もいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

定期的な健康診断で病気の早期発見早期治療をしましょう 端からみていて「おかしいな」と気づいたころには、すでにペットの病状は随分進行してしまっている場合があります。当院では、犬・猫ともに、若いうちは1年に1回、6~7歳を越えたら1年に2回の健康診断をおすすめしています。例えば、純血種の猫は心臓の病気が隠れていることもありますが、聴診してもわからないことがほとんど。健康診断時の血液検査で異常がないかを調べておけば安心です。また、犬は春のフィラリア予防の際に併せて行うこともできます。その他、爪切りや肛門腺絞りなど身の回りのお手入れで来院された際に、体重を測ったりするなど簡易的にチェックをすることもできます。病気になってから来る場所でなく「健康を管理する場所」として、ぜひ当院をお役立ていただければと思います。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

09:00〜12:00 -

基本情報

定休日 木曜日
住所 〒654-0151
兵庫県神戸市須磨区北落合4-5名谷北センター内
電話番号 0066-9802-9690813
アクセスをみる

localplace体験談

  • 少し太ってきた愛犬のフードについて相談

    愛犬の腹がモフっとなった。それで動物病院の先生にフードについて相談。先生のアドバイスは「食事量を見直すのと、成分バランスをチェック」とのこと。愛犬のため、調べるぞ!と気合入れつつ、先生と一緒に解決策を模索。この先も、にっこり笑顔で元気いっぱいの愛犬と一緒に過ごすために頑張ります。

  • 私が動物病院で猫の歯科定期健診をした話

    先日、愛猫の歯科定期健診のために、自宅近くの動物病院に行きました。獣医師は丁寧に口腔内をチェックし、歯石や虫歯の有無を診察しました。幸いなことに健康的で、特に異常は見つかりませんでした。これからも定期的に健診を受けることで猫の健康を保ちます。(30代・男性)

  • 愛犬に狂犬病の予防注射をした話

    先日、愛犬と一緒にかかりつけの動物病院に狂犬病の予防注射をしに行きました。この注射は年に一度は必ず打たなければならないもので、愛犬の安全のために、必ず記念日などで忘れずに予防接種をしています。

localplace知恵袋

  • Qアメリカンショートヘア(猫)について教えてください。

    Aアメリカンショートヘアは、アメリカ原産の猫種です。平均的な体重は3~7kgです。短い騙毛が密生しており、シルバー・クラシックタビ―といった色鮮やかな毛色が特徴です。性格は穏和で優しく可愛らしいとされており、抱っこされても落ち着いています。運動量が多く元気な猫とされており、あまり手間がかからないため初心者にもおすすめできる猫種の1つです。

  • Qゴールデンレトリバーについて教えてください

    Aゴールデンレトリバーとは、イギリスで生まれた犬種で、非常に人懐っこく、愛される性格が特徴的です。元々は狩猟犬として、鳥を取るのに適した犬種として育てられましたが、現在ではペットとして飼われることが多くなりました。体重は20〜36kg程度で、毛色は濃いゴールドから薄いゴールドまで様々なバリエーションがあります。運動量が多く、元気いっぱいな性格なので、しっかりとしたしつけや適度な運動が必要です。また、肉球や耳などの部位に感染が入りやすいため、定期的なケアが必要です。

  • Qゴールデンハムスターについて教えてください。

    Aゴールデンハムスターは小型の哺乳類で、一般的にペットとして飼育されています。体長は約10-15cmで、茶色や黄色の毛色が特徴です。夜行性で、比較的活発に動き回ります。 飼育環境としては、広めのケージやテリアリウムが適切です。エサは特製のハムスターフードや野菜、果物を与えることができます。また、適度な運動をするためにホイールやトンネルを提供すると良いでしょう。 性格は一般的に温和で、飼い主との親密な関係を築くことができます。ただし、臆病な一面もあり、急な騒音や動揺に敏感に反応することもあります。 長寿であり、平均寿命は2-3年程度です。定期的な健康チェックや清潔な環境の維持が必要です。また、社交的な性格のため、単独飼育よりも仲間と一緒に飼うことが好ましいです。

周辺にある店舗