オーナーからのメッセージ

やさしい墓じまいで、心穏やかな墓石処分を。大切な記憶を丁寧にお手伝い。

やさしい墓じまいでは、安心して墓石の処分をお任せいただけます。少子高齢化が進む現代では、お墓を継承する人がいなかったり、遠方の墓参りが困難になるケースが増えています。私たちはそんなお悩みを抱える方々に寄り添い、時間や費用、手続きの面で最適な墓じまいのサポートをご提供します。親族とのコミュニケーションも大切にし、誤解やトラブルを防ぐためのアドバイスも行います。佐久市のやさしい墓じまいで、心穏やかな墓石処分を実現しましょう。お気軽にご相談ください。

更新日: 2024-02-19

オーナーからのメッセージ一覧

 

「やさしい墓じまい」で、納得のご供養を!墓じまい費用や墓石処分などでお悩みなら、佐久市の「やさしい墓じまい」にご相談ください。新しいお墓の在り方を考えている方をトータルでサポートいたします。

少子高齢社会となり人口の都市集中が加速する近年、「墓じまい」を考えているという方が増えてきました。「自分も高齢になり、遠方への墓参りをするのが困難になってきた」「お墓を継承する人がいない」などの悩みがある方も少なくありません。しかし、「墓じまい」をするには、それなりの時間とお金と労力がかかりますし、親族の理解も必要になってきます。よくわからないままに「墓じまい」を進めると、出費がかさんだり手続きに時間がかかったり、誤解からトラブルの原因になってしまうことも。

「墓じまい」をする時には、どのようなことが問題になりやすいのでしょうか?

「墓じまい」をする上で、よく問題になること

  • 相談先がわからない
  • 相場や費用について知りたい
  • 事務手続きの仕方がわからない
  • お寺や親族に反対された

佐久市の「やさしい墓じまい」では、「墓じまい」に関するお悩みに迅速にお答えいたします。お客様のご希望にそった「墓じまい」のプランを、定額でご提示させていただきますのでご安心ください。複雑な事務手続きは、「やさしい墓じまい」のスタッフが書類の確認をして代行提出いたします。まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

0120-471-037

「やさしい墓じまい」とはどんなサービス?

「やさしい墓じまい」では、「墓じまい」に必要なものをまとめてセットとしてご提供しています。

「墓じまい」で主に必要になるのは、主に下記の3つです。

墓石の解体処分

墓石の解体処分

「墓じまい」をする時は、今あるお墓の墓石を解体し、土台も撤去して更地に戻さなければなりません。自分の手で行うことは難しいので、専門業者に依頼することになります。個人で墓石解体工事の業者へ直接依頼することも可能ですが、撤去工事費は石材店によって様々です。「やさしい墓じまい」では、墓石や土台の処分費用もセット料金に含まれているので、安心してご利用いただけます。

お骨の取り出し

お骨の取り出し

お骨を取り出した後は、新しい場所でご供養していただきます。新しいご供養場所では「永代供養」を選択される方が増えております。「永代供養」とは、お墓参りに行けない人のために、お墓の管理なども行ってくれるご供養方法です。「永代供養」には、大きく分類して「永代供養墓」「納骨堂」「散骨」「樹木葬」の4通りの方法があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合ったご供養方法をお選びいただけます。

申請書類の提出代行

申請書類の提出代行

お墓を解体して別の場所に納骨する時には、行政手続きが必要になります。まず必要なのが、新しい供養先の「受入証明書」。次に、役所から「改葬許可申請書」をもらって必要事項を記入し、「改葬許可証」を入手します。この時に、遺骨がお墓に埋葬されていたものだと証明してくれる「埋葬証明書」も必要になります。「やさしい墓じまい」では、必要書類はスタッフが事前にしっかりとチェックを行い、責任をもって役所へ代理提出いたしますので、煩わしい事務手続きに翻弄される心配はございません。

「やさしい墓じまい」では、これらの各サービスをすべて含めた料金プランでご案内しております。すべてを個別の業者に頼んで個人で行うとなると、大きなご負担となります。墓じまいを佐久市で実施する際は、ぜひ「やさしい墓じまい」にご相談ください。

墓じまい費用

税抜198,000円~(税込217,800円)

墓石解体・撤去やご遺骨の取り出しも含めてのお値段です。
申請書の提出代行も行いますのでご安心ください。

~2m²未満税抜198,000円~(税込217,800円)
2~3m²未満税抜238,000円~(税込261,800円)
3~4m²未満税抜268,000円~(税込294,800円)
4~5m²未満税抜298,000円~(税込327,800円)

※墓じまいにかかる費用は、お持ちのお墓の広さによって変わります。
5m²以上のお墓の所有されているお客様は、お電話にてご相談ください。

0120-471-037

「やさしい墓じまい」が選ばれる理由

「やさしい墓じまい」が選ばれる理由

全国対応の墓じまい

「やさしい墓じまい」は、日本全国どこでも「墓じまい」の対応が可能です。遠く離れた場所の「墓じまい」はもちろん、離島での「墓じまい」もご依頼いただけます。全国に職人のネットワークをもっているのが、「やさしい墓じまい」の強み。地域ごとの基準をクリアした職人が、お墓の調査から解体・処分まで、責任をもって行います。経験豊富な職人だからこそできる納得のサービスを提供している「やさしい墓じまい」を、ぜひご利用ください。

業界最安値水準198,000円(税込217,800円)~

「やさしい墓じまい」は、業界最安値水準の198,000円(税込217,800円)から「墓じまい」が可能です。「墓じまい」の費用と一口にいっても、いったい何にどれくらいのお金がかかるのか、わからないことが多いものです。「やさしい墓じまい」では、わかりにくい「墓じまい」の費用を、お墓の面積によってすべて定額のセット料金で、わかりやすくご案内しております。長年「墓じまい」に携わってきたからこそできる、安心・安全で合理的なセットプラン。まずは、お気軽にお問い合わせください。

佐久市で墓じまいについて詳しくご相談したいお客様は「やさしい墓じまい」にお気軽にお問い合わせください。

お客様の声

「やさしい墓じまい」をご利用いただいたお客様よりご感想をいただております。一部ご紹介しますので、お申し込み時の参考にご利用ください。

50代男性
50代男性スムーズな対応に感謝しています

全く知識がないまま、墓じまいを決めてしまいましたが、役所の手続きも行っていただき、面倒なことは全てお手伝い頂けたという印象です。依頼してから墓じまいをして新しいお墓に引越しするまでスムーズにすすんだことにとても感謝しています。ありがとうございました。

60代女性
60代女性思い切って墓じまいして良かったです

20年悩んでやっと決断できました。お墓が山の中にあって私も高齢者と呼ばれる年齢になり、なかなか1人でお墓参りをすることが難しくなってしまいました。しかし、先祖代々のお墓を引越して良いものか1人で悩んでいました。思い切ってやさしい墓じまいに連絡してみてよかったです。

50代男性
60代男性プロに頼んで正解でした!

友人から紹介を受けてやさしい墓じまいを利用させていただきました。一応一通り調べてから連絡したのですが、お坊さんのことや役所関係のことはやっぱりプロに頼んで正解だと思いました。専門家から知識をいただいてしっかり行うことができたので、先祖も満足していると思います。

よくある質問

お墓参りのたびに手を合わせる、家族のお墓。先祖代々受け継がれてきた大切なお墓を、この先管理していけるか思い悩む人が増えています。
お客様よりいただく「墓じまい」に関しての質問をまとめました。

「墓じまい」のセットには、何が含まれていますか?
墓石の解体と処分、土台の撤去、お骨の取り出し、申請書類の提出代行が含まれています。その他、オプションもございますので、お気軽にお問い合わせください。
取り出した遺骨は、どのようになりますか?
遺骨を取り出した現地にて、お客様にお引き渡しいたします。遺骨の取り出しに立ち会えないお客様には、郵送のご案内をさせていただいております。
次の供養先が決まっていません。
「やさしい墓じまい」では、「永代供養」をご希望の方に新しい供養先もご紹介しております。「永代供養墓」「納骨堂」「散骨」「樹木葬」など、様々な形式がございますので、お客様のご希望にそった、新しいご供養先をお選びいただけます。
墓じまいにはどれくらいの期間が必要ですか?
お墓の形状や季節によっても異なりますが、必要な書類がそろっている場合でも1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。お客様のご都合に合うよう、可能な限り調整させていただきますので、まずはご相談ください。

この他にも墓じまいについてご相談や質問がありましたら、佐久市の「やさしい墓じまい」にお問い合わせください。

0120-471-037

「墓じまい」ことはじめ

「墓じまい」を考えるタイミングは、どのような時が多いのでしょうか?一般的には、お盆やお彼岸など、お墓参りをするタイミングで「墓じまい」を考えることが多いようです。実際に遠方のお墓がある場所に出向きながら「この先、墓参りが続けられるだろうか」と不安になるのでしょう。また、夫婦それぞれの地元のお墓を管理しなければならない負担も大きいようです。さらに、お盆や年末年始など、兄弟姉妹や親戚が集まるタイミングで「墓じまい」の話が出るということも。同じ理由で、誰かが亡くなった時も「墓じまい」について話し合う機会になっています。

では、実際に「墓じまい」を行うのは、いつが適切なのでしょうか?「墓じまい」の時期について、決まりは特にありませんが、お寺の繁忙期を避けて行うのが無難です。お参りに来る人が多いお盆・お彼岸の時期や年末年始は避けて、解体工事を行うのがいいでしょう。また、雨が降ると工事がなかなか進まないので梅雨の時期も避けて行います。なお、豪雪地帯では冬も雪かきなどで費用がかさむ可能性があるので、おすすめできません。

そして、「墓じまい」を進める時に大切なのが、関係者への配慮です。「お墓の行く末について思い悩んでいる」ということを、まずはお寺や親類に話しておきましょう。この時、「墓じまいをしたい」と話すのではなく、「今の場所にあるお墓を守っていけるか不安だ」という言い方にするのがポイントです。自分の悩みを打ち明けるというスタイルで話すことで、相手も「相談された」と捉えるからです。「相談」であれば、相手も親身になって一緒に考えてくれるでしょう。

実際の「墓じまい」に関する費用や手続きなどの相談は、「墓じまい」を専門に行っている業者に聞くのが一番です。最近では、「墓じまい」に必要な作業を、すべてまとめてセットで行ってくれる業者も増えてきました。複雑な事務手続きも代行してくれるようなので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

墓じまいの流れと手続き

お墓を別の場所に移す「墓じまい」には行政手続きが必要です。手続きの前後に必要な流れを解説します。

  1. 01関係者に事前相談し理解を得ておく

    墓じまいを行うには、親族や寺院の住職など関係者への相談と理解を得るのが重要です。

    たとえ、あなたにお墓の権利があっても、親族がいるときは墓じまいを行う前に相談をおすすめします。独断で勝手に決めてしまうと、後々トラブルに発展する恐れがあるため、事前に理解を得ておきましょう。

    また、お墓がある寺院の住職とも事前に話し合うべきです。墓じまいは、墓石を撤去し更地に戻し、ご遺骨を別の霊園や寺院に移すことです。墓じまいは檀家解消と同じ扱いとなるため、菩提寺にもその意向を伝え、トラブルを未然に防ぐことが望ましいです。

  2. 02新しい納骨先を見つけ契約する

    墓じまい後の新しい納骨先を探し、契約を結ぶ必要があります。希望する霊園や寺院の墓地が見つかった場合、まずは空きがあるか確認しましょう。霊園や寺院によっては、墓地の募集期間が限られており、希望するタイミングで納骨できないケースもあるため、注意が必要です。

    また、新しい納骨先で「受入証明書」を発行してもらう必要があります。受入証明書の発行は、行政手続きを進める際に必要となる重要な書類ですが、自治体によって不要な場合もあります。

  3. 03墓石撤去前に行政手続きを終わらせる

    墓じまいを行うには、「墓地・埋葬等に関する法律」に基づいた行政手続きが必要です。行政手続きは、墓石撤去前に完了させる必要があります。手続きの流れは以下のとおりです。

    1. 1.役所から「改葬許可申請書」を取得する
    2. 2.新しい納骨先から「受入許可書」を取得する
    3. 3.現在の納骨先から「埋葬許可証」を取得する
    4. 4.改葬者が現在の墓地の使用者と異なる場合は、役所で「改葬承諾書」を取得する
    5. 5.役所で「改葬許可証」を取得し、新しい供養先に提出する

    上記の手続きは、墓石撤去や新しい納骨先へ納骨する際に不可欠です。そのため、関連するすべての文書を用意しておくようにします。

  4. 04墓石を撤去する

    墓石を解体する作業は、石材店に依頼します。民営霊園や寺院の場合、指定された石材店がある可能性があるため、事前に確認しておきましょう。一方で、多くの公営霊園では特定の石材店の指定がなく、自分で石材店を選ぶことになります。

    また、墓石を撤去する前には、「閉眼供養」を行うのが一般的です。閉眼供養とは、お墓に宿っていた魂を抜く儀式で、納骨時に行うお経による魂入れの「開眼供養」の儀式と同様に重要とされています。儀式は、故人への敬意を表し、魂の安らぎを願うための重要な工程となります。

  5. 05新しい供養先で納骨する

    新しい供養先で納骨を行う際は、まず「改葬許可証」を提出する必要があります。その後、ご遺骨を新しい墓地や納骨堂に安置します。

    墓石を撤去する際と同様に、開眼供養を行うのが一般的です。開眼供養は、新しい供養先で故人の魂を穏やかに迎え入れ、安置するための重要な儀式です。この儀式を通じて、故人への敬意を表し、魂の安寧を祈ります。

墓じまいの費用相場

墓じまいにかかる費用は、主に「墓石の撤去費用」「行政手続き費用」「新しい納骨先にかかる費用」の3種類に分けられます。墓石撤去だけなら20~50万円ですが、新しい納骨先と契約する場合は、総額30~100万円以上かかるケースもあります。

  • 墓石の撤去費用の相場

    墓石の撤去費用は、主に以下の3種類が挙げられます。

    ・墓石解体費用:20万円~
    ・開眼供養のお布施費用:約3~10万円
    ・離檀料:無料~約20万円

    墓石の解体には石材店への依頼が必要で、相場は、1平方メートルあたり10~15万円程です。加えて、ご遺骨の取り出しも依頼する際は、別途3~5万円程かかります。

    墓石の撤去作業前には、魂を抜くための「閉眼供養」が一般的に行われます。閉眼供養は、読経を行うため、お寺への「お布施」が必要です。お布施の相場は3~10万円程ですが、お寺や宗派によって金額が異なることがあります。

    「離檀料」は檀家を離れる際にかかる費用です。必須ではありませんが、これまでのお寺への感謝の意を表して、通常の法要の2~3倍の額をお渡しする場合もあります。

  • 行政手続き費用の相場

    墓じまいの行政手続きでは、各種証明書の発行に関する手数料が必要です。相場は数百円~1,500円程度ですが納骨先や自治体によって金額が異なります。

    ・埋葬証明書:0~1,500円(現在の納骨先)
    ・受入証明書:0~1,500円(新しい納骨先)
    ・改葬許可証:0~1,000円(役所)

  • 新しい納骨契約にかかる費用の相場

    新しい納骨先での契約には、「納骨費用」と「お布施」の2種類の費用が関わってきます。費用差が大きいのは、納骨先の宗派や施設によって、必要な金額が異なるためです。

    ・納骨費用:約5~250万円
    ・お布施費用:約3~10万円

    他のご遺骨と一緒に納骨する「合祀(ごうし)墓」の相場は、約5万円程で永代供養費用として一度だけ発生します。
    一方、納骨堂の相場は約10万円からで、納骨時以外にも毎年の管理料が必要です。一般墓の相場は約80万円からで、こちらも年間管理料が発生します。
    その他の納骨先の相場は、樹木葬は約20万円、散骨では約5万円、手元供養では数百円からとなります。

    お布施費用は、開眼供養の際にお寺にお渡しするお礼の費用を指します。

 

【墓じまい 墓石処分】佐久市の墓じまい費用はやさしい墓じまい 基本情報

店名
【墓じまい 墓石処分】佐久市の墓じまい費用はやさしい墓じまい
サービス提供エリア
長野県佐久市  
※対応可能エリア
営業時間
24時間お問い合わせ可能
定休日
無し
電話番号

0120-471-037

 

閉じる

<前の写真へ

次の写真へ>