ビジューデンタルサロン

ビジューデンタルサロン

最寄駅 浦和駅 西口 徒歩 7分
エリア 浦和周辺
ジャンル 歯科
新着情報
最終更新日:2024年02月21日
高齢者の口腔ケア
高齢者の口腔ケアには特別な注意が必要です。加齢により、歯や歯茎の健康状態が変化し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、多くの高齢者が乾燥口や嚥下困難といった問題を抱えており、これらは食事の質や全身の健康にも影響を及ぼします。そのため、定期的な歯科検診を受け、適切な口腔衛生習慣を維持することが重要です。さらに、入れ歯やブリッジなどの装置を使用している場合は、これらが正しくフィットしているかを確認し、必要に応じて調整を行うことも大切です。高齢者の口腔ケアは、単に歯を健康に保つだけでなく、全身の健康維持と生活の質の向上にも寄与します。適切なケアとサポートにより、高齢者も快適な日々を送ることができます。

土日祝も19時まで診療。予防を通して、一人ひとりのお口の健康を支えます

さいたま市浦和区仲町の「ビジューデンタルサロン」は、京浜東北線の浦和駅から徒歩7分の場所にある歯科医院です。忙しい方にもご都合に合わせて来院していただけるように、土曜日と日曜日、祝日も19時まで診療を行っています。

当院は患者さまのお口の健康を長く支えるために、治療だけでなく予防にも力を入れています。歯科医院に初めて通院したお子さまには、慣れていただくために治療のトレーニングを行っています。

待合室にはキッズルームを設けるなどして、ご家族で通いやすい環境を作りました。急患にも対応していますので、お口に関して少しでも気になることがありましたら、ぜひとも当院にご相談ください。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

メッセージ


院長藤村 直樹

当院は予防に注力し、小さい頃から虫歯を発症しにくいお口作りができるようにサポートします。お口の悩みを持っている方はもちろんのこと、お子さまの口を虫歯から守りたいと考えている方も、ぜひともご来院ください。

もっと読む

ネット予約の空き状況

※「ネット予約の空き状況」は情報が古くなっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報取得日 2024/02/22 17:25

診療受付時間

10:00〜13:00 - -
14:00〜19:00 - -

基本情報

定休日 火曜日, 金曜日
住所 〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤埼玉県さいたま市浦和区仲町2-4-22関井ビル1階
電話番号 0066-9803-370422
最寄駅 京浜東北線  浦和駅 西口 徒歩 7分
アクセスをみる

localplace体験談

  • 予防のための虫歯点検

    先日、予防のために歯医者さんで虫歯の点検を受けてきました。予想外に身体の調子や生活習慣が歯に影響を及ぼすと教えてもらいました。初期段階での虫歯発見で、大きな治療を必要とせずスピーディーに治しました。これにより、時間と費用を節約できました。皆さんも是非、定期的な歯医者さんでの点検をお勧めします。早期発見、早期治療が最善の戦略です。

  • 虫歯が気になり歯医者さんで治療

    最近、甘いものを食べると歯が痛むようになり、虫歯かもしれないと思い、急いで近くの歯医者さんを訪れた。予想通り、虫歯が見つかり、すぐに治療を始めてもらった。痛みや不快感を最小限に抑えてくれる新しい無痛治療を選んだので、想像以上にスムーズに治療を進めることができた。治療後は痛みがなくなり、再び食事を楽しむことができて安心した。これをきっかけに、日々の歯磨きや食生活の見直しを行うことに決めた。

  • 歯医者さんで口臭について相談

    口臭が気になったので、お勧めの対策を尋ねるために歯医者さんを訪れました。毎日の歯磨きだけでなくフロッシングも重要で、特に夕食後のお手入れを念入りにするようにとアドバイスしました。さらに、定期的な歯石取りも口臭予防になると教えてくれました。水分補給の大切さも強調されました。口臭が気になる方、ぜひ試してみてください。

localplace知恵袋

  • Q小学生・中学生期に矯正歯科を受診するべき時期は何ですか?

    A一般的には、小学生のうちに矯正歯科を受診すると良いとされています。乳歯が抜け始め、永久歯が生え揃っていく頃、歯並びの問題や顎の発育の違いが顕著になるためです。中学生期になると、成長が進んでいるため、矯正治療による効果も出やすくなります。ただし、個人の状況によって適切な時期は異なるため、歯科医師の診断と相談が必要です。早めの受診が将来的な歯並びの問題を予防し、正しい咬み合わせを形成するのに有効です。

  • Q小学生・中学生期の歯磨き習慣をどのように促進すればよいですか?

    A小学生・中学生の歯磨き習慣を促進するためには以下の方法が有効です。 1. 適切な歯磨きの手順や技術を教える:歯磨きの重要性や正しい歯みがきの方法を子供たちに教えましょう。 2. 定期的な歯科検診を受けるようにする:歯医者に通うことで虫歯や歯周病の予防や早期発見ができます。 3. 楽しい歯磨き体験を提供する:子供が楽しんで歯磨きをするように、子供向けの歯磨き粉や歯ブラシを使用したり、歯磨きソングを歌ったりすると良いです。 4. 親のサポート:親が毎日の歯磨きを例えば「歯みがきは朝晩2回」と定着させ、子供を励まし続けることが大切です。 5. 歯磨きの大切さを語る:健康的な歯と口の状態が生活全般に影響を与えることを子供たちに理解させましょう。

  • Q歯の摩耗を防ぐためにどのような対策がありますか?

    A1. 正しい歯みがき: 歯磨き粉に含まれる適度なフッ化物は、酸によるエナメル質の溶解を防ぎ、エナメル質を再石灰化します。また、硬すぎるブラシを使用せず、適度な力で優しくブラッシングすることが重要です。 2. 優れた食事バランスと飲み物: 酸化物やすり減らし剤が多い食事や飲み物は、歯のエナメル質を痛めてミネラル化を制限します。 3. 歯科医師との定期的な診察: 頻繁に対話し、全体的な口腔衛生状態を把握します。歯や歯ぐきの問題があればすぐに取り組むことが可能です。 4. 反射的な口の行動に注意: 爪を噛む、ペンを噛む、歯軋り等は歯をすり減らす原因となりますので、これらの行動は避けるべきです。 5. フッ素塗布: フッ化物はエナメル質に結合し、酸による溶解を防ぐことが知られています。一部の歯科医師は、フッ素を直接歯に塗り、硬化を助けることを提案することがあります。 6. 口腔装置の使用: 寝ている間の歯ぎしりや口元の緊張を防ぐために、歯科医師はマウスガードやオクルージョンスプリントを提案することがあります。 7. 砂糖を含む飲み物やスナックの摂取を控える: 頻繁な砂糖の摂取は、酸を作り出す細菌の活動を刺激し、歯のエナメル質を傷つける可能性があります。

周辺にある店舗