診療だけでなく交配や不妊治療にも対応し、ペットとの暮らしをサポートします

ワンちゃん・ネコちゃん、そして飼い主さまとの信頼関係を大切にしています 当院では主にワンちゃんやネコちゃんを対象に診療しています。普通診療、健康診断や避妊去勢手術を行っているだけでなく、人工交配や不妊治療にも対応し、しつけ教室も行っております。
犬や猫以外に、うさぎの歯の病気などにも対応しており、うさぎは骨が強くないため、診療の際は特に慎重に行っています。ハムスターなどが来院されることもあります。
また、セカンドオピニオンにも対応しております。人工交配や皮膚病についてご相談いただくことが多くあり、地域性もあってダニの治療をおすすめすることもあります。
夜間診療に関しては、最初から対応させていただいている動物に対し、出産などの対応をいたしております。基本的には夜間病院をご紹介させていただいております。
動物たちや飼い主さまに合わせて柔軟に対応できるよう、幅広く診療を行っています。
しっかりとした環境で獣医師により人工交配や不妊治療を行います 何度も自然交配にチャレンジしたけれど、どうしても妊娠してくれない場合や、「この子に赤ちゃんを産んでほしい」と思われている飼い主さまは、ぜひ一度人工交配をご検討いただければと思います。
人工交配を行っているブリーダーの方はいますが、動物病院で積極的に人工交配を行っているところは少ないというのが現状です。当院では、しっかりとした環境で獣医師が人工交配を行い、その後のサポートやフォローもいたします。
加えて、さまざまなニーズに合わせて対応いたします。ブルドッグやパグといった「短頭種」と呼ばれる鼻の短い犬の場合、自然交配することは不可能ですので、繁殖するには人工交配をしてあげるしか方法がありません。短頭種のほか、海外から輸入してきた犬種などで、自然交配による純血種の出産が国内では難しい場合も対応しております。
流れとしては、飼い主さまから詳しい状況をお聞きしたうえで、オスだけ来院いただくのか、メスも来院いただくか判断し、診療を進めていきます。場合によっては不妊治療も並行して行います。なお、猫の人工交配は通院が必要になりますので、お電話にてご相談ください。
また、犬の不妊治療も行っております。発情しない場合と発情しすぎる場合とがあり、発情のコントロールを行っていきます。排卵しても妊娠しない場合は、投薬によって治療していきます。大切なワンちゃんに対する「産ませてあげたい」という飼い主さまのお気持ちに寄り添い、できるかぎりお手伝いさせていただきます。
病気の予防や避妊去勢手術について ワンちゃん、ネコちゃんにはそれぞれかかりやすい病気があります。
犬がかかりやすいのは皮膚病、心臓病、腎臓病で、人と同じくガンも多く発生します。猫がかかりやすいのは伝染病と腎臓病で、突然悪化することが多いため特に注意が必要です。
犬の皮膚病にはアレルギーやダニによるものがあり、主な症状はかゆみです。心臓病の場合は主な症状として咳が見られ、悪化すると呼吸困難に陥ることもあります。ガンや腫瘍については、オスの場合は肛門周囲腺腫、メスの場合は乳腺腫瘍にかかることがあり、ほかに血液や内臓にガンや腫瘍ができる場合もあります。
猫の伝染病には、風邪の症状が見られる猫伝染性鼻気管炎(FVR)のほか、白血病やエイズなどがあります。腎臓病としては慢性腎不全があり、有害物質が正常に体外へ排泄されなくなってしまう病気です。加えて猫の場合は、目やにや嘔吐にも注意が必要な場合があります。
いずれも、病気が進行してしまう前に早めに検診を受けて対処することが大切です。また、犬、猫ともに環境の変化などによるストレスが原因で病気になることもあります。「ペットの様子がいつもと違う」と感じたら、一度受診していただくことをおすすめします。
しつけ教室 3ヵ月齢までのワンちゃんが3匹以上そろったときには、しつけ教室を行っています。しつけで大切なことは、小さいうちからしっかりと行っていくこと、また、飼い主さまがワンちゃんの名前を呼ぶようにし、ワンちゃんが自分の名前を認識することです。名前を覚えさせることでしつけは行いやすくなります。ワンちゃんに関しては、初回ワクチン接種の際にトイレと甘噛みのしつけのお話もしています。
またしつけに関して、ご来院いただいた飼い主さまに個別にアドバイスもさせていただいておりますので、お気軽にお尋ねください。
日頃のケアについてのアドバイス 日頃からブラッシングなどのケアを行うことが大切です。トイプードルなど毛が丸まっている犬種に関しては、絡まってしまうとブラッシングが難しく、ワンちゃんも嫌がります。そのようなときは、ペットサロンなどでケアのアドバイスをお聞きすると良いと思います。ご自宅でワンちゃんを洗ってあげるときには、シャンプー後にしっかりとすすぐようにし、ふけが出たり皮膚が赤くなったら中止するようにしてください。
また、ワンちゃんが高齢になってきたら、ドッグフードよりも手作りのフードを与えてあげるほうが良いと思います。食生活を改善することで皮膚炎が治るケースもありますので、食事など体の内面のことから見直すことが大切です。

 

ギャラリー

  • しっかりとした環境で獣医

    しっかりとした環境で獣医師により人工交配や不妊治療を行います

  • ワンちゃん・ネコちゃん、

    ワンちゃん・ネコちゃん、そして飼い主さまとの信頼関係を大切にしています

  • 病気の予防や避妊去勢手術

    病気の予防や避妊去勢手術について

写真ギャラリーを見る

 

シモダ動物病院 基本情報

店名
シモダ動物病院
住所
〒579-8003
大阪府東大阪市日下町6-2-9
営業時間
日曜日:09:00〜12:00, 月曜日:09:00〜12:00 17:00〜20:00, 火曜日:09:00〜12:00 17:00〜20:00, 水曜日:休業日, 木曜日:09:00〜12:00 17:00〜20:00, 金曜日:09:00〜12:00 17:00〜20:00, 土曜日:09:00〜12:00 17:00〜20:00, 祝日:09:00〜12:00
定休日
水曜日
オンライン予約
電話番号

0066-9802-9707643

 

シモダ動物病院

0066-9802-9707643

オンライン予約